デリケートゾーン
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

デリケートゾーンのニオイの元となるおりものや経血などの分泌物、みなさんは観察したことがありますか?   例えば、『便』はその名の通り『身体からの“お便り”』と言われていますよね。硬い便だったら、水分が足りなかったのかな?とか、柔らかい便だったら、何か悪いもの食べたかしら?とご自身の食生活を振り返ることがあると思います。   実は便だけでなく、おりものも身体からのお便りなのです。におい、色、粘性などしっかりと観察してみると身体の状態がわかるようになってきます。   デリケートゾーンの変化~おりものの粘性 おりものは月経サイクルに合わせて粘性を変化させます。 生理が終わって排卵までの卵胞期は、おりものの粘性は下がり、どちらかというとサラサラの状態に近づきます。無色透明で、指で触ると10㎝ほど伸びる(糸を引くイメージ)と言われています。排卵が終わって次の生理までの黄体期は、卵胞期と比べると粘性は上がり、不透明であまり伸びない(糸を引かない)状態になります。   排卵というのは卵胞という卵子を包んだ膜から卵子が飛び出てくることです。精子と出会うために卵子は飛び出してきます。たくさんの精子に入ってきてもらわないといけないため、粘性が低くなるのです。   それに対して黄体期は、もし排卵によって受精していたら妊娠成立となるので、細菌やウィルスなどの外敵組織が入ってこないように粘性を上げる必要があるのです。卵胞期は受精に向けて、黄体期は体を守るために粘液の粘性も変化させているというわけです。女性の身体は素晴らしいですね。   みなさんも、まずは月経サイクルに合わせたおりものの粘性を、ご自身で観察してみてください。   粘液力の大切さ 粘液がしっかり出るということは、身体にとって大切なことです。また、先ほど粘性のお話をしましたが、卵胞期にしても黄体期にしてもある程度の粘性があるということもやはり大切なことです。   粘液とは、体内に侵入しようとする細菌やウィルスなどの病原体を、身体の中に入れないようにブロックしたり、体内に入ってしまった異物を排出するために活躍する体液のことです。私たちの身体を最前線で守ってくれる活躍部隊なのです!ということは、粘液が十分に分泌できないということは、異物と戦うことができず、免疫力が下がるというわけです。   少し視点を変えて考えてみましょう。例えば、鼻水を想像してください。   風邪をひいたら鼻水がでますね。鼻の中も粘膜なので同じように粘液が出ます。そんなにひどくない時は透明でサラサラの鼻水が出ますが、ウィルスに感染していると鼻の中でウィルスとの闘いが起こり、黄色く粘性の高い鼻水が出ますよね。   きちんと粘液が出ていたら、身体の中に入ってくる前に鼻の粘膜という身体の入り口部分で闘いを起こして、鼻水として外に出してくれるのです。このシステムがきちんと起動していることが、免疫力があるという状態です。   デリケートゾーンの観察~おりもののにおいと色 先ほど、鼻水に例えてお話ししましたが、膣の中も細菌やウィルスなどの外敵組織が入ってきたら闘ってくれます。もし、ご自身のおりもののにおいがいつもより強かったり、黄色みがかっていたら、もしかしたら何かしら感染症状があるのかもしれません。これも個人差があるので、まずは日ごろの自分の状態を知るためにも、日々観察しておくことがおススメです。   通常、膣は外敵組織が入ってきたらそれと闘って外に出す力、いわゆる自浄作用が高いと言われます。この自浄作用に一躍かってくれているのが、デーテルライン桿菌という常在菌です!この常在菌がいてくれるおかげで膣内は酸性となり、病原菌や雑菌の繁殖はできなくなります。   もしも界面活性剤が入ったボディソープなどでデリケートゾーンをゴシゴシ洗浄していると、この常在菌が一掃されてしまう可能性があります。この常在菌がいなくなると、菌と闘うことができなくなるため、ますます感染しやすい状態になります。洗浄はとても大切ですが、ソープでゴシゴシではなく、オイルで優しく洗浄されることをおススメします。   デリケートゾーンのにおいの原因 デリケートゾーンのにおいの原因は感染だけでなく、ムレ、栄養の偏り、ストレスなどもあります。   これからの季節は特に汗をかきやすいため、ショーツの素材が通気性の悪いものだとムレやすくなります。レーヨン、ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維のものよりは、シルクやオーガニックコットンなどのものがおススメです。生理中は、ナプキンをこまめに変えるということも大切です。   また、アンダーヘア周りは汚れが残って細菌が繁殖しやすく、それがにおいの原因になることもあります。しっかりと丁寧に洗い、保湿することが大切です。   栄養については、添加物の多く入ったような加工食品ではなく、季節のお野菜やフルーツ、そして発酵食品など、バランスよく食べることが大切です。   疲労やストレスによってホルモンバランスが崩れ、免疫力が下がるために細菌に感染しやすくなり、においに繋がることもあります。普段からのストレスマネジメントもデリケートゾーンを守るために大事なのです。   まずは普段の分泌物の状態を知り、洗浄・保湿などのデリケートケアを丁寧に行い、さらに栄養やストレスのバランスをとることでデリケートゾーンをクリーンな状態にして、HAPPYな毎日を送りましょう。     【プロフィール】漆川沙弥香 骨盤底筋ケアの専門家・理学療法士 女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。     デリケートゾーンの臭いやムレ・黒ずみ対策に!オーガニックデリケートケアがおすすめ👇👇

>記事を読む

ジョンマリお客様サポート担当のスタッフのまゆみです。いつもお客様にはメールでお世話になっております。 ブログを書くのは1年ぶりなんですが、どうしても皆様に伝えたくて!   デリケートケアのブームがやっと日本にも来た~~! もう最高です!   欧米では当たり前のデリケートケア、なぜか日本だけが世界で一番遅れているんですね!不思議ですが!デリケートゾーンのケアはとっても大切なのに!   今年になってやっとブームが来たんだ、そんな感じがしてます。でもまだ知らない女性のために今日はスタッフのまゆみから自信をもってお知らせしたいと思います。   「こんなにいいことを黙ってちゃいけない、伝えなくちゃ!」そんな気持ちが芽生えて書いてます。   初めてケアする女性のために、女性にとってお顔やボディのお手入れとっても大切です、そしてこれからはデリケートゾーンのお手入れも大切なケアだと思います。   今日はデート!、綺麗にメークしてもなぜか?しっくりこない、そんな経験があると思います。そんな時はデリケートゾーンのケアを見直してください。女性ホルモンのバランスが悪いとお肌のケアをしてもイマイチ。   女性ホルモンとお肌のツヤはつながっているんですね!女性ホルモンのバランスが整うとお肌もピカピカ・ウルウルになるんですね。ビックリするほど変わりますよ!   そして、デリケートケアすると女としての自信が増してくるんです!! 自分を大切にしてる私!   「なんか?最近、輝いているよね!」 「何かしているの?」 って本当によく聞かれます。同じ女性としてとっても嬉しい!女子力がアップしている証拠ですね! 女として痛い濡れないなんて恥ずかしい アソコのニオイや黒ずみが心配? 最近、ムレてしまって痒くて!   そんな悩みで、恋のチャンスやせっかくのラブタイムを逃したりしてませんか?大好きな彼とのラブタイムなのに自信がない。そんな女性の味方がデリケートゾーンのケアコスメなんです。   『美しい膣は女の自信』 デリケートゾーンのニオイ・黒ずみ・ムレを解消して自信あるカラダに大変身!! 綺麗な膣は女の武器! 嫌なニオイ・ムレにもさよなら! スッキリ!爽やか~!   デリケートゾーンのお手入れは年齢に関係なく、始めてみるといいと思います。私もこんなに変化するなんて思いませんでした。ジョンマリの商品が大好きなんです。だから毎日楽しくお仕事しています。実は私もジョンマリの社長から言われて初めて、デリケートケアを知ったんです。世界にはこんなケアの方法があるんだ!スゴイ!   「私が、アソコのケアをするの?最初はドキドキでした」 最初はそんな感じだったので、皆さんのお気持ちはとっても理解できます。 「興味はあるけど、ちょっと私には?」でも大丈夫ですよ!   恐る恐るケアすると、1週間ほどで快感です!2週間くらいすると、え!こんなに変わるの!ってビックリします!でも個人差があるので、あまり言うといけませんが、でもケアしているほとんどの方が「私もケアして良かった!」と言われています。   ジョンマリのデリケートケア一度、始めてみませんか?本当にいい感じになりますよ!   もし、気にいらなくても定期購入なら20日間の返金保証がついてるので安心です。1週間くらい使ってみてどうも私には合わないわ!と思われれば、お客様サポート担当の松田まゆみまで連絡して抱ければキャンセルもできるます。95%のオーガニックなので、天然成分がどうしても合わない方もいると思います。   「でも?キャンセルすると悪いかな?」なんて思わなくても大丈夫です!   ジョンマリは小さな会社ですが、お客様の愛と幸せのためにトコトンこだわった会社ですからご安心してください。本当に気にいったものを使った方がいいので、ぜひ一度デリケートケアにトライしてみ下さい!   ドイツやイタリア、アメリカのオーガニック・デリケートケアの良い商品も今は沢山あるので、一度使って比較検討されるといいと思います。   ジョン&マリーオーガニックの デリケートケアならこちらから! どうぞ!👇👇

>記事を読む

ラブローションの楽しい使い方!   ラブローション(潤滑ゼリー)の使い方はとっても簡単なんです。 手に取って塗るだけなんです、ジョンマリのラブローションはオーガニックなので、少量だと乾きが早いので多めにつけるととてもいい感じになります。   コンドームとの相性もいいウオーターベースなので、溶けたりしないので安心して使用できます。膣の中に入っても、安全な成分なので大丈夫!   ジョンマリのラブローションは化学成分で作らてた潤滑ゼリーに慣れている人にはちょっと物足りないかもしれません。ヌルヌル感もそれほどないのと乾きが早いので、アレっと思われるかもしれません。 ヌルヌル感で楽しむローションプレイには不向きだと思います。   ジョンマリのラブローションは女性の膣の安全と保湿と香りにとってもこだわった潤滑ゼリーなので、性交痛はもちろんですが、ラブタイムを楽しんで愛を深めてほしいそんな二人に使って欲しいんです!   女性のカラダはとってもデリケート、だから安心して使ってほしい。 天然成分95%、肌にすごく優しい潤滑ゼリーなんです。     そして! ラブローションもいいけど、ちょっと遊んでみたいそんな恋人達にはプレイジェルHOT&COOLがあります!ニューヨーク在住の愛するマリアさんがプロデュースしたちょっと楽くて感じて美味しいプレイジェル。   HOTは女性のアソコが熱く燃えて、イイ感じになって新しい感覚かな!Gスポットを探す時にも役にたちますよ!(笑) COOLはひんやりして、男性に塗ってあげるとウっと声を上げるような爽快感みたいですよ!   私のおすすめは、HOT! 舐めてもス~ゴ~ク美味しいから、オーラルセックスにも楽しいですね。プレイジェルは少しの量で効果があるから、意外と減らないんですね!(笑)ラブタイム30回分くらいですね!   美味しいから、ちょっとベタベタするけど、ちゃんと最後までなめてあげてくださいね! HOTジェルで熱く感じなかった女性はほとんどいないので、かなりお勧めですよ! ちょとマンネリかな? ちょっと最近なんとなく? そんな時には絶対、プレイジェルで熱く燃えてください!   詳しくこちらからどうぞ!👇👇👇

>記事を読む

暑い夏には、ひんやりするジョンマリのプレイジェルCOOLでひんやり美味しいラブタイムを!   ようこそ!ジョンマリ社長のブログへ!   女性のカラダが潤えば、男も嬉しい! 皆さん~ ワクワクしてますか? 恋してますか? 愛しあってますか? 感じあってますか? 愛されてますか?   愛する男と女の関係で一番大切な事は、相手を変えようとしないこと! 解っちゃいるけれど、これが一番難しい。 つい自分の都合のいいように変えようとするのが人の気持ち。 これは男女同じだと思います。でも特に男の方が強い傾向があります。   相手を変えようとするから、摩擦がおこってしまう。 出逢ったころは「そのままの私が好きだよって言ったくせに!」半年もたつと、あれこれ注文をつける。   相手を変えようとするから、溝ができてしまう。「このままの私ではダメなの!」となる。 男だって、あれこれ言われるとだんだんと嫌になる。     男にとって女性を自分好みの色に染めるのは楽しいことですが、それはもう100年も昔の話。(男社会の時代の話) 20代の頃なら、「アナタ色に染められたい~」なんて思う女性もいるけれど、30代も後半になってくると今の時代、そんなことしたら「その程度の稼ぎでなに言ってんのよ!」なんて言われるから気つけた方がいい。     男と女の関係で、一番の修業は相手を変えようとしないこと! 男は言いたことをぐっと我慢してニカッと笑う、女性には勝とうとしないこと。   変ようとしなれば、人間関係は意外と上手くいく。 変えようとして嫌われてセックスレスになるよりも、好かれて愛しあった方がいい。 人を変えようしないことは、とても難しいことです。   それが究極の愛だと思います。     恋も仕事も相手を変えようとして、失敗ばかり。   「また、スカート買ったの!」 「ごめんなさい。」 「大丈夫だよ、来年はもっと買えるように頑張るから!」 こんな会話がいい。 こんな男がいい。   決して、 「また買ったの!」 「一体なに考えているだ!」 「俺が、、、、、」なんていう男はいずれセックスレスになるか、ちょっと古いけどアガサ・クリスティーの映画のように『そして、誰もいなくなった』なんてことになる。(笑)ホントですよ。     男と女の関係は不思議がいっぱい。 答えなんて、みつからない。 でも、お互いが認めて大切にしあえれば女性は濡れて潤う。   女性のココロとカラダを潤すことのできる男になったほうがいい。 女性の身も心も枯れさせてしまうそんな男にならないためにも、ぜひ女性を変えようとしないことです。   ジョンマリは日本で初めてのオーガニックな潤滑ゼリー(ラブローション)、デリケートゾーンケアの専門ブランドですが、男女の関係を少しでもいい関係にして愛しあって欲しいと願っています。   愛を知って、成長すること。   男は「稼いで、優しくて、面白くて、セックスが上手い。そして時々社会貢献」   セックスが上手い男とは「女性を変えないこと、そのままの女性を認めて愛すること」だと思います。   女性のココロとカラダは、一番デリケートなもの、世界で一番大切な場所です。 セックスの上手い男になって、女性を喜ばせて幸せにしましょう。

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ