デリケートゾーン
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

|モテる男のフェロモンの法則とは? 手前味噌で申し訳ありませんが、これまでの経験でモテていた時とモテない時を比較してみると、ある法則があることに気付きました。   過去を振り返って、モテているときは学生時代・社会人も含めて、汗を流して必死に夢や目標を追いかけていたり、何かに熱中している時、夢中で目標に向かっていた時だっと思います。女性を意識していない時に、モテていたように思います。   突然、飛行機でCAに電話番号を渡され「後でね」とウインクされたり、グランドキャニオンで夕日を眺めていると、スペイン女性にナンパされたり、またある時は偶然、再会した学生時代の友人に告白されたり。   今思えば、 夢や目標を追いかけているときに、女性が好む男の色気フェロモンが出ているのかもしれません。女性はそのフェロモンの魔法にかかる?。とこれまでの経験を通して感じました。   その反対で心が沈んでいたり、女性を追いかけている時は意外とモテない。どんなに明るくふるまっていても、女性を引き寄せるフェロモンはでない。 |生きる情熱がフェロモンをあふれ出す 小手先のテクニックを使って女性を落す男性もいますが、恋のゲームとしてはそれも楽しい。それを望んでいる女性もいるので、ギブ&テイクとしてはいいけれど、しかし、人生は一度きり。   この世を去るときに、思いっきり誰かを愛した、愛された。俺に悔いはない。そんな恋を一度は経験したいと思うのは誰でも同じだと思います。自分自身のすべてをかけて誰かを愛する。   そんな経験をした人は年齢に関係なく魅力的です。上手くいかなかったけど、その経験をさせてくれた男性や女性に出会えた人はラッキーだと思います。   モテるフェロモンとは、お金やファッションや学歴じゃなく、その人が放っている生きる情熱のようなエネルギーだと思います。   熱く燃えるような情熱は、国籍や肌の色、年齢も超えて愛される。どんな仕事でもいい、その仕事にどれだけの情熱をかけているのか?、思いを込めているのか?   そんな男からフェロモンが出ている。そして、そんな男が放っているフェロモンには女性を、うっとりさせる癒しや優しさも含まれている。ように思います。 |恋を引き寄せるオーガニック・フェロモン香水 ジョン&マリーは日本で初めてのオーガニック・ラブローションの専門会社からスタートしました。世界でも大変珍しい会社であると思います。この仕事に最高の情熱と思いを込めて取り組んでいます。   オーガニック・フェロモン香水は、大人の恋を楽しむためのフレグランスとして生まれました。成分も95%がオーガニック。無農薬、有機栽培。だから、ジョン&マリーのフェロモン香水の香りの効果は2時間。   天然成分なので、安心。妊娠中のや出産後のちょっとした外出やオシャレにも安心してご使用になれます。   女性用は、「恋に魔法をかける」と言われているチューベローズとバラの香りで、男性の恋をしたい気持ちを刺激します。男性用は、女性の気持ちを優しく包みこむイランイランとジャスミンの香りで、爽やかなイメージを与えてくれます。   モテる人も、これから恋を始めたい人も、もう一度愛されたい人も、ぜひ、オーガニック・フェロモン香水で素敵な出会いを引き寄せて、愛で満たされて欲しいと思います。

>記事を読む

「世界には、愛を贈る人と、愛を奪う2種類の人間しか存在しない」あなたはどちら側の人生を生きるのか?   ジョンマリ社長のブログへ、ようこそ!   最近、人と出会って感じることです。でも、愛を奪う人(欲しい人)もホントは愛を与えたいと思っている。だけど今はエネルギーが足りていないからう、出来ないだけだと思います。だから悪くない。心を愛で満たしたら、与える側になればいいと思います。   いつも、愛を与えてくれる人も、時には疲れてパワーがなくなることもあるから、誰かに充電して欲しい。そんな時に側にいてくれる人がいたら、それが一番の幸せだと思います。   離婚を告げられて、気が付いたことがたくさんあります。 側に素敵な人がいつもいたのに、気がつかなくて。「もう二度と合わない方がいいね」と言われて解ったことがあります。   気がつくのが遅かった、アホな男だと思う。離婚を言われる方よりも、言う方がもっと辛い。。そんな女性の気持ちもわからないで、本当にダメな男だったと大切なものを失って気がつきました。   本当に素敵な女性だったと思います。時々、もし時が戻るなら初めて出会った時に戻して欲しいと思うこともあります。情けないけど、今度は失敗しないのにと思う。でもまた、同じところで失敗するのかもしれませんね。(笑)   だから、皆さんにはそんな失敗なんかしないで、愛を深めて幸せになって欲しいと願います。   こうやって日々、書いているブログは、失敗から学んだ事ばかりなので、きっと役に立つと思います。セックスのテクニックやエクスタシーを感じるテクニックは僕にはわかりません。でも、愛しあう意味は解ります。   「あなたの側にいる人は奇跡」だということ。それを忘れないでほしい。   今、振り返ってみると、僕は愛を奪う側の人間だったと思います。いつも奪ってばかりで、元妻さんは疲れ果ててしまったんですね。もうこれ以上はダメだと感じたのだと思います。恥ずかしいですが事実です。   だから、人は愛を与える側になることが大切だと思います。いつももらってばかりで、わからなくなっていたんですね。当たり前になってしまって、失って初めて気づいたんですね。   人生は失敗しないと、解らないことばかりですね。でもジョンマリのファンの皆さんは、僕の経験をいかしてもっと素敵な関係を築いていただけたらと思います。   では! 今日も、皆さんのHAPPYのために一生懸命に書きますね!(笑) |楽しむエッチと潤うセックスの違い エッチとセックスの違い。エッチは遊びの要素が入った楽しむためのプレイ、セックスは心や愛がある潤う行為だと思います。   若い独身女性なら、できるだけ女性が「潤うセックス」を経験したほうがいい、遊びのエッチに慣れてしまって、それがセックスだと勘違いしないためにも。   ご夫婦なら、マンネリを打破するために、エッチの要素を取り入れて二人で楽しむことをおススメします。プチSMプレイもいい、少しだけ変態プレイもお互いが許すならいい。ラブグッズを取り入れた遊びもいい。ジョンマリのプレイジェルでエクスタシーを感じあうのもいい。   ご夫婦なら二人で楽しむセックスがおススメ。楽しんだ先に、愛が深まることもある、壊れそうな関係が修復することもある。ただ、女性の人格を無視したプレイは避けた方が無難ですね。嫌われないためにも!   セックスを楽しむための時間を一緒に作って話し合うことをおススメします! 恥ずかしがらずに、ぜひチャレンジしてみてください。   |最高のセックスとは、潤いを与えあう行為 女性が心から満足する、潤うセックスが最高のセックスだと思います。 どんなに女性から迫っても、女性は受け身だから男を待つことになる。男の愛も欲望も射精もすべてを受け入れてくれる。男を受け入れて包んでくれる。それが女性。そして、男は女性の性エネルギーを受け取って羽ばたける。   男は女性の「性エネルギー」で心が充電できたら、頑張って仕事して稼いで女性を守って、女性に「安心と信頼と潤い」の性エネルギーのお返しをする。   女性は元気になって、また男に与える。その潤いの循環がいいセックスであり、愛だと思います。最高のセックスとは、ベッドの上だけじゃなくて、日々の生活の中にある「潤い」だと思います。   愛を与えあうことは難しい時もあるけど、潤いを与えあうことはできる。どんな言葉をかけると、彼女や妻は潤うのか?どんな態度なら女性が潤うのか?それが答えだと思います。   ギクシャクした二人の関係にも、ちょっとした潤滑油(潤い)を与えて、滑りをよくすることで円満になることもある。日々の生活に潤いを、それをめざせばセックスレスなんてないと思う。   女性は心が潤わないと、カラダは濡れないものです。無理にテクニックで濡れさせても心が乾いたままでは、感じない。身も心も潤って女は天国に行ける。と思うから! |ラブローション(潤滑ゼリー)で、潤いを! ジョンマリは、潤滑ゼリー・ラブローションの専門ブランドから始まった小さなオーガニックコスメの会社です。現在は、デリケートゾーンケアなどの「女性の潤い」をテーマに女性のセクシュアリティを高める商品開発をすすめています。   お客様からは、 「もしもの時に、ラブローションがあると、安心して濡れることができます」 「夫のことは好きだけど、どうしても痛い時もあるから、そんな時は潤滑ゼリーが必要なんです」 「セックスレスだったけど、ラブローションで盛り上がりました!ありがとう」 「濡れるようになりました!、安心しました」 「妻との関係がもとに戻りました!!!」   などなど、こんなお声をたくさん頂きます。 セックスはこの世で一番大切な行為です。いつまでも大切にして魅力的な人生をおくってください。 一家に一本!  ラブローションで家庭も円満!

>記事を読む

もうすぐクリスマスですね。 クリスマスというと女性はみなさん気持ちが高まり、ウキウキするのではないでしょうか。街もイルミネーションで華やぎ、楽しみなイベントのひとつですね。   可愛いコートを買ったり、コスメをクリスマスバージョンにそろえたり、外見を整えたくなりますよね。私も数年前までは、お洋服を買ったり、アロママッサージに行って身体を引き締めたりと、外見を整えることに一生懸命になっていました。   もちろんそれも大事♡   ですが☝今年はさらに身体の中からもキレイになってみませんか?     │デリケートゾーンのケアで内面から潤う女性に デリケートゾーンケアは、女性にとって大切な部分を自分でケアをすること。   そうすることで、自分自身を大切にすることに繋がりますし、またマッサージの刺激によって女性ホルモンの分泌も促されやすくなります。   フランスのある産婦人科医によりますと、自分からホルモンがしっかり分泌されることは、どんな高い美容液をお顔に塗るより、お肌がツヤツヤになる効果があると言われています。     女性が美しく輝くためには、まず『自分を大切にすること』が大事だと思っています。女性はどこか満たされないことがあると、買い物に依存したり、甘いものに依存したりしがちです。   私は過去に過食をしている時期があったのですが、それは寂しいときか、もしくはイライラしたときでした。 いつも心に満たされない穴が開いていて、買い物依存になったり、甘いものを過食したり、もしくは彼氏に依存したり・・・。   自分の心に空いている穴を他の何かで埋めようとしていたのですね。     例えば、買い物や過食というのは一時的には満たされたような気持ちになるのですが、またすぐにぽっかりと空いている穴に気付きます。   そうなのです。自分の心の穴を満たすためには、自分以外の何かではなく、自分自身が満たしてあげることが大切なのです。     │自分を大切にして、心の穴を満たしてあげる 自分を満たす方法はたくさんあると思います。もちろん心のトレーニングが必要だと思いますが、心を満たす一つの方法として、デリケートゾーンケアをおススメします。   私自身がデリケートゾーンケアでまず初めに行ったことは、   1.丁寧な洗浄 2.保湿 3.会陰マッサージ     1.丁寧な洗浄 デリケートゾーンの洗浄に関しては、ずっと今までもやってはいましたが、界面活性剤の入ったソープでゴシゴシ洗っていました。 ですので、今日のデリケートゾーンの状態はどうかな?など意識を向けることもなかったですし、ヒダの間まで丁寧に洗うなど、そこに時間をかける意識すらありませんでした。   エナ ウォッシュエッセンスオイル 大人女性の贅沢な美容オイルウォッシュ “弱酸性のデリケートゾーン専用洗浄オイル” 肌になじみ、しっとりと洗い上げる低刺激のエッセンスオイル。デリケートゾーンに塗ってしばらくおくだけで、汚れやニオイの元となる古い角質を浮き上がらせて清潔をキープ。天然の有効成分が臭いの元を直接洗浄します。こすり洗い不要だから黒ずみがひどくなる心配もありません。 2.デリケートゾーンの保湿 次に保湿。お顔は丁寧に保湿をするのに、デリケートゾーンを保湿するという概念はまったくありませんでした。乾燥したらどうなるか?なども全く考えたことがありませんでした。でもよく考えると、粘膜組織なので、乾燥すると粘膜から粘液が出にくくなり、潤いが低下し黒ずみや免疫力の低下に繋がりますよね。   エナ ブライトニングセラム 保湿と美肌ケアで潤うカラダづくり “黒ずみ・乾燥が気になる方に” 「黒ずみ」と「乾燥」を引き起こす様々な原因にアプローチして作られたデリケートゾーンケア専用の保湿・美白クリームです。100%天然の美肌成分と保湿成分を配合。繊細な部分に使用するため、女性のカラダに合わせた優しい成分と植物の力を最大限に引き出しました。デリケートゾーン以外のVゾーンや気になるお尻の黒ずみにも安心してご使用いただけます。 3.会陰マッサージ そして会陰マッサージ。これは仕事柄、産後女性の骨盤ケアをしていることもあり、会陰切開しないためには会陰マッサージが大切だという概念がありました。けれど、それは妊婦さんに必要なことで、妊娠していない時は特に関係ないと思っていました。   エナ センシュアルマッサージオイル アーユルヴェーダオイルで”潤う美膣” オーガニック100%のデリケートゾーン専用マッサージオイル アーユルヴェーダの処方でつくられたオーガニック100%の膣ケア・マッサージオイル。浸透性に優れ、皮膚や筋肉、粘膜とも親和性が高く、膣をはじめ、乾燥して硬くなったデリケートゾーンを潤してやわらかくする働きがあります。妊娠・出産期の会陰切開予防ケア、更年期ケアやエイジングケアにもおすすめです。     │デリケートゾーンをケアして変わったこと デリケートゾーンのケアを実践して、実際に何が変わったのか。   ≪身体の変化≫ ✓ 骨盤底筋群の使い分けができるようになった ✓ オーガズムを感じやすくなった ✓ 分泌物から自分の体調に気付くことができるようになった ✓ 冷えが改善した(35度台⇒36度台)     ≪心の変化≫ ✓ 毎日丁寧に触ることで、自分を愛でられるようになった (デリケートゾーンを優しく包み込むように保湿をすると、心も包まれる感覚になります) ✓ 女性でいる喜びを感じられるようになった ✓ デリケートゾーンが汚いと思わなくなった。むしろ愛おしい感覚。 (以前は汚いところと思っていました) ✓ 久しぶりに会った人に女性らしくなった、優しい雰囲気になったと言われた ✓ イライラやセカセカがなくなった   などなど、心にも身体にも変化が起こりました。 徐々に自分自身を大切にできるようになることで、イキイキと楽しい毎日を送っています。     女性は、いつどんな時も“美しくいたい”と思う生き物だと思います。その心のエネルギーはとても大切です。 女性の象徴であるデリケートゾーンのケアをすることで、さらに美しく輝くことができるのではないかと感じています。   クリスマスに向けてぜひ今日から始めてみてください。   【プロフィール】漆川沙弥香 骨盤底筋ケアの専門家・理学療法士 女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。 WHHCホームページ:https://fukuoka-whhc.com/

>記事を読む

魅力的な女性はとにかく素直。 欲しいものは「欲しい」とちゃんと言える。それがいい。自分を幸せにするために遠慮はしない。 男が間違っても、ちゃんと謝れば可愛く許してくれる。だから男も安心できる。   ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ! |永遠に愛される女性が知っている7つの美ケア 美肌・美膣・美乳・美脚・美髪・美指・美唇    女性の魅力を追及したら、この7つになった。魅力的な女性なら、みんな密かに行っているケアだと思う。この7つを潤わせることが女の魅力のカギだと思う。   そして、女性は顔を特に重要視するが、男はそれほど思っていない。 輝いていれば、女性の顔は美しく魅力的にみえるからそれでいい。顔で大切なことは、唇が潤っているかどうか?、唇の口角がきゅんと上に向いているかどうか?だ。   女は細部が美しいと魅力的に見える! その中で一番はやはり指だ。 美しくすっ~とした指は、女の魅力を何倍にも増してくれるから、指を見ているだけで、男はエッチなことを想像するし、触るだけで男は濡れることもある。   7つの美「美肌・美膣・美乳・美脚・美髪・美唇・美指」が潤っていれば、女性は美しい。   その中で大切なケアが美膣ケア、日本とヨーロッパの女性は考え方が逆、フランスやイタリアの女性は、見えない所を念入りにケアするけど、外見はいたってシンプル。日本女性は見えるところをするけど、見えない部分はそれほど。   ランジェリーも同じことが言える。   何故、フランスやイタリア、北欧の女性がセクシーで魅力的なのか?。それはデリケートゾーンのケアの違いだと思う。日本女性は奥ゆかしさという良さもあるけど、これからはもっと日本的な清楚でセクシーな魅力をだしてもいいと思う。   最近はファッショにしても、男と女が同じものを着るジェンダーレスな服も多いけど、やはり女の魅力を引き出すのは女性のためにデザインされたものだと思う。 |女は美しくなるために生きている ジョン&マリーという仕事を通して、多くの女性とであう。20代~60代くらいまで実の幅広い層の女性達と色々な話をする機会に恵まれている。   60代でも美しく輝いている女性もいれば、30代で女を捨てている?そんな人もいる。でも、女を捨てた女性達でもデリケートゾーンケアをすれば、ビックリするほど変化するから見ていてスゴイなぁと思う。   30代、40代、50代の女性達がドンドン美しく潤っている。そして、少しづつ女の幸せを引き寄せている。そんな女性達を間近にみて、思うことは「女は美しくなるために生きているし、生まれてきた!」と感じる。   だから、「女性を美しくしない男は犯罪」だと思うようになった。男が生まれてきた目的は、女性を美しくすることそれでいいと思う。女性をキレイにするために、政治も経済も化学もテクノロジーもその役目を果たせばいい。   それが、この世界の幸せかもしれない。「女性がいつも笑って、機嫌よくいられる社会がいい」そんな社会を僕らは作っていく。 いつも男目線で書いているので、女性からの批判もあるかもしれないと思うけど、俺はそう思う。 |女性のココロとカラダを潤わせること 女性を潤わせること。それがジョンマリの僕らのテーマだ。 時々、失言をして失敗もするけど目標は潤い、それに尽きる。   女性が潤う言葉は?、食事は?、女性が潤う音楽は?、女性が潤うセックスとは?。それを考えること。あなたの大切な人が、どうすれば潤うのか?それを考えるのが男の仕事だと思う。   男は女性を潤わせて起つ!それでいい。   ジョンマリも女性を潤わすためのコスメを提供している。男が女性を潤わすためにつくったセクシャルコスメ、ぜひ一度使って愛を深めてほしい。 ”美膣で潤うからだ” はじめてください!  

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ