デリケートゾーン
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

女性と会話して思うことは、女性は言葉で良い方向へも悪い方向へもどちらにも変化するということ。 もっと言えば「言葉で潤って濡れて、熱く燃えてどんどん綺麗になっていく」こともできる。   日本の男性は女性に甘い言葉をかけないことが美徳のように思っているけど、たぶん武士道の精神(習慣)がいまだに残っているからだと思います。時代はもう武士の時代ではないので、そろそろ日本男子も言葉で甘く女性の心を開いて満たしてあげることをしたほうがいい。   女性の心が満たされれば、熱く濡れて輝いてくる。 それほど言葉は大切なものだと思います。   心が満たされないとつい、つまらないことを言ったり、愛のない行動をしたりしますよね!   もしあなたが男なら、   ●自分の言っていることに、愛があるだろうか? ●自分の言っていることが、目の前の人を傷つけけていないだろうか? ●自分の顔に今、愛があるだろうか? ●自分が出している雰囲気に、愛があるだろうか?   そんなことを考えて、目の前の大切な人と接してみてほしいと思います。 中々、できることではないけれど、これが「愛の道」なのではないかと思います。     「愛」って何ですか?というと、 「優しくて親切なこと、一緒にいて心地いいこと」だと思います。 優しくて、親切な事って、簡単にいうと悪口や愚痴を言わないことです。   まずは自分を満たす。 満たされること。 愛とは満たされていることだと思うんです。 自分で出来ない時もあるから、そんな時は誰かに満たしてもらうこともいいと思う、それが恋人や夫婦や仲間だと思います。   ジョンマリ社長の僕は魂は永遠に続いていくと思っています。 永遠に続いて愛を学ぶんでいるんですね。   そして、なぜ? デリケートゾーンのケア(美膣ケア)をするといいことが起こるのか?というと自分を大切に扱うからだとおもうんです。大切にすれば、満たされるから人生がいい方向へと歩き出すんですね。   それが神の愛なのではないかと思います。   ”貴女はもっと自分を大切にしてもいいんですよ” ”自分で自分を満たしてあげてみてくださいね!” そんなメッセージだと思います。     不安ていうのは、愛と心が離れている状態だと思うんです。満たされていれば不安はやってこない。 満たされていると、幸せだし笑顔もあふれ出す。 言葉一つで満たすことも、不安にすることもできる。     人は何度も何度も死んでは生まれ変わってきて、沢山の愛を経験して最後は大きなお空の神に近づいていくと思っていれば、不安や悩みなんてないと思っています。 僕はそう思っているんですね。 ジョンマリを通して、愛を伝えるのが僕の運命。 これが僕の幸せなんです。   でもそんな時でも、解らなくなって迷うこともあるからワクワクすること、気持ちが高鳴る方向へと向かいうことにしています。   自分の好きなことをする! 我慢をした先に幸せがあるなんて嘘だと思います。   もし、 貴男がモテないのなら答えは簡単、一緒にいて居心地が悪いから。居心地の悪い人は自分を許せない人だから、他人も許せない。人を許せるって人は居心地がいいから、沢山の人が集まってくるんです。だからモテるんですね。 モテる法則って、実はとても簡単なんですね。     満たされている人は相手の話を聞き、満たされいない人は自分の話ばかりする。 オッサンと呼ばれる男は、自分の話ばかりしている男のことですね。 貴方もオッサンにならないように気を付けてください。     セックスも同じことで、満たされているセックスはやっぱりお互いが気持ちいい!心がつながっている感覚があって楽しい。でも満たされていないセックスは悲しいから、悶々としないで素直になって言葉に出して言ってみることも大切。   相手に悪いから言えない、なんて言わないで。どうしてほしいのか?男も女性も素直になって言葉に出してみると、「え?こんなことで良かったの?」「こんな感じで満たされるの!」なんてことが意外とある。     そして最後にコンプレックスはだれにでもあるから、それを武器にしてブラッシュアップすると意外といいことがおきる。 僕のように離婚や失恋のコンプレックスを武器にジョンマリのアイディアが閃いたように、コンプレックスがアナタの武器になることもある。 そして、コンプレックスが満たされると幸せになれるから!     人生って意外と簡単だと思えるようになりました。 愛も成功も幸せもそんなに難しいものでなくて、簡単に手に入るものだと思います。 「愛のある言葉を使って、悪気地や愚痴を言わないようにする」本当はたったこれだけで、すべてが手に入るんですね。   ぜひ、愛のある関係を楽しんで素敵な人生を送ってください。   アナタの大切な人を満たして、熱く濡れて愛してあげてください。そして本当の女性の幸せと潤いのある人生をプレゼントしてあげてください。

>記事を読む

ジョンマリのフェロモン香水が今、「福岡の博多」の街がスゴイことになっています!!!!   え? 何? 教えて~~!   といいうことで、奇跡のような出来事が続けておきているので、今日は少しだけご紹介します。     実は、昨年11月サンプルテストでフェロモン香水を渡していたSさん38歳独身。 付き合っている彼氏はいるけど、、、、? もう限界!これ以上待てない!   煮え切らない彼と今日こそは、これで最後と思ったその日に結婚を申し込まれたそうです。 あまりのことでビックリ、予想していなかったので唖然。 そして号泣。 メイクはグチャグチャで「もうお嫁にいけない」と嬉し涙!     結婚を告白されたSさんと彼とは3年ほどのお付き合い、でも中々結婚までたどり着かない。 それで、その日はジョンマリのフェロモン香水をつけて、デートに出かけたそうです。 サンプルで貰っていたけど、つけるのをず~っと忘れていたそうです。 それで、なにを思ったかどうせダメだから、フェロモン香水でもつけていざ、最後の晩餐会へと出陣!   といいうことで、笑顔で「結婚しま~す!!」と報告がありました。(笑) その話を聞いたときに、僕はフェロモン香水の効果じゃないないと思うけど、フェロモン香水が幸せの役に立てたのなら嬉しいですね!     そんな話をある方にしたら、私も絶対ホシイイ~~! 女性の年齢は42歳、美人。 僕の友人の友人。   彼女は最近、離婚したばかり。 次の恋はしたいけど、、、、、。 それから、1か月後、なんと彼氏が! え! ほんとに! 離婚したばかりで! ルンルン気分!     そんな女性達の恋の噂が広まって、彼女も恋が上手くいっていない30代の後輩の女性にこんなものあるよ!と渡したのが「ジョンマリのフェロモン香水!」 (写真ゴールドは女性用)     「そんなもので!何が変わるの!」と言いながらもシュシュっとつけては喧嘩ばかりしている彼と待ち合わせの場所へ。 そして、彼が来る前になんと2人の素敵な男性から声をかけられたそうです。 それもかなりの清潔ないい男。当然誘いは断ったけど、超HAPPY。ルンルン気分!   「キャー」 「ワタシってモテるんだ!」 もう彼女は大はじゃぎ、それを聞いた 他のスタッフも「欲しい~~」といことで、昨日フェロモン香水を大量にお届けいたしました。     ちょっとだけ遊び感覚で、 「恋を引き寄せる香水があったらいいよね!」 「仲直りできたらいいよね!」 「今日は愛し合いたい、それとなく合図するような香水があったらいいよね!」   「ん~、今日のこの香りは?。なるほど!今日は早く帰ってくるね!」 「は~~い。ルンルン!待ってます~!」   というこんな感じで、作ったのがオーガニック・フェロモン香水なんです。     香りには結構こだわったので、女性用も男性用も上品ないい香り。 ただ、オーガニック成分95%で作ったので、香りの持続力はありません。効果は2時間が限界。 2時間をすぎると、香りも効果も消えてなくなってしまう。   「世界で初めてのオーガニック・フェロモン香水」なんですが、いまいちネットでは香りやその良さが伝わらないので、思ったよりも売れていないんです。   でも? そんなことがあって、口コミで売れるようになりました。 お客様がジョンマリはネット通販ですが直接お買い求めにオフィスまで来られるんです(笑)   フェロモン香水、一般的にはなんかいかがわしい?ような雰囲気がしますが、ジョンマリのフェロモン香水はかなり真面目に作ったんです。オーガニックで作ったフェロモン香水なんて誰も考えない!   なぜって? 原材料がめちゃクちゃ高いから。(笑)   「女性を幸せしてくれてありがとう」 「とっても喜んでいますよ~」 その一言で、やっぱり作ってよかったと思いました。     まさかこんな形で広まっていくとは!   さあ!オーガニック・フェロモン香水で恋の冒険の旅に出よう! 新しい恋を探したい人にも! 仲直りしたい人にも!   そして そっけない彼氏をギャフンと言わせたい貴女に、フェロモン香水でモテモテになって、たまにはヤキモチを焼かせてあげてください!  

>記事を読む

離婚して思うことは、色々な感情が相まって複雑になったりするけど、終わってみればいいものだと思います。   ジョンマリ社長のブログへようこそ!   今日は 32歳の女性から、離婚について相談されたので「幸せな離婚の始め方」を僕なりの経験を交えてお伝えできればと思います。     離婚のにはいくつかのパターンがあると思う。 1浮気が原因? 2経済的な理由? 3夫婦という修業の終わり? 4他に好きな人ができた? 5嫌いになった? 6DV? 7セックスが不満足? 8心のすれ違い?(コミニューケーション)     離婚の原因はざっとこんな感じだと思う。 色々なことが複雑に絡まって、離婚という結果になる。 原因は何だろうと?考えても、説明できる正確な答えはみつからないから深刻にならなくていいと思います。   大切なことは成長できたかどうか?   結婚と離婚で成長できたことは何か、学んだことは何か?それがわかれば次に進んでいい。   ちなみに僕の場合は3・7・8が原因だったけど、終わってみればどれも素敵な体験だし、人間的にかなり成長できた。   離婚はこれから始まる新しい世界の扉を開けてくれるためのものだから、決めたら覚悟をして次に扉に向かっていけばいい。 後は意外とどうにかなるものです。   でも、不幸なのは終わった二人の関係なのに、経済的な理由や世間の目を気にして前に進もうとしないこと!     そして、もう一つ どうしても相手に対して「思い」が残っているのなら、素直になってみること。 その感情は本当に「思い」という愛の感情なのか、それとも「失いたくない」という怒りや依存の感情なのか?   どちらの感情が大きいのか?をしること。   経験から言うと、いいたことを言った後に、感謝が芽生えればそれは離婚しても上手くいくけど、怒りや依存の感情で心がざわついていれば、それは後で自分を苦しめることになるから自分自身のケアが必要になる。     幸せな離婚の始め方だけど、 実はそんなものはない!   出会ったことに感謝して、一緒に過ごした月日に感謝して、別れに感謝する。 これしかない。   けど、感謝出来ない!   その時は 円満に離婚する魔法の言葉を使うしかない! 「この人がいつまでも幸せでいられますように、湯水のごとく幸せが訪れますように」と祈ること。   あなたの心が落ち着くまで、何度も何度も祈る。   『そんなこと絶対に言えない!』なんて言わないで祈ってあげる。   そうすると、その言葉を言った人の心が落ち着いて幸せになっていく。 不思議ですが自然と円満に別れられる。   これが「幸せなお別れの方法」なんです。     これができれば、卒業。 次の人生の扉を目指してもイイことが山のように起きてくるから安心していい。   不安なんてない。   それでも、もし不安が押し寄せてきたら魔法の言葉を唱える! 『この人がいつまでも幸せでいられますように、この人に湯水のごとく幸せが訪れますように』   ぜひ、実践してみてください。 きっと、良い方向へと向かいます。   最後まで読んでくれた貴女に『幸せがいつまでも訪れますように』!  

>記事を読む

女性は自分より上だと思う男、伸ばしてくれる男に惚れるもの。 ダメな男は上にあがろうとする女性のエネルギーを止めようとする。自分より上にあがってほしくない。上にあがられるのが怖い。 女性が自分より上になることに耐えられない小さな男。でもモテる男は成長したいと頑張っている女性を助けてあげるのが男の度量というもの。   もっと上にもっと上にあがりたいとする女性を応援し押しあげてくれる男が魅力的な男。   ジョンマリ社長のブログへようこそ!   今日は半年前に書いたブログから、少し付け加えてお伝えしたい。   女性は大空をはばたく鳥のようなもの!鳥かごのなかに閉じこめると女性は死んでしまう。 外へ出してあげれば、世界中を飛び回る。それを応援してやれるのが甲斐性がある男。   もし結婚していたら、男はなおさら女性を応援すべき奥さんが楽しむこと、頑張ろうとしていることを旦那は止めてはダメだ。そんなことをすると僕のように離婚されてしまう。   妻から愛想をつかされる。   所詮、 男は女性には勝てないのだから、好かれるようにしたほうがいい。 好かれるには女性を鳥かごに入れないこと、外に外に開かさせてあげること。そうすれば女性は必至で男を助けてくれる。それが女の母性というもの。   女性を伸ばして、見える世界を広げてあげる、女性は成長するのが大好きだからそれを手伝ってくれる男に惚れる。   それがカッコイイ男というもの。 粋な男だ。   女性は自分より大きな男、自分より上だと思える男に惚れる。そのうち女性は男を追い抜いてしまう、その時に男はどうすればいいのか? 『お先にどうぞ!』って見送れる。それが言えない男は嫌気がさされる。 オードリヘップバーンもあのデザイナーのココ・シャネルも男に育てられ、追い抜いて先にいってしまった女性達。     世の中には2種類の女性しかいない。 男の窮屈なカゴの中で我慢をするか、外に飛び出してはばたくか!   いい男なら外に飛び出していく女性の邪魔をしないことだ。そんな男なら女性は離れない。 男の役目は女性のエネルギーを開放して、好きなことをさせてあげること。   女性は自分を抑えてつけているエネルギーを開放したいと思っている。 自分を開放して我慢をやめて自由になるとすごいパワーを発揮できる。 こうして書いてみると、簡単だがこれが男はなかなか出来ない。女性にとって嫌われる男と惚れられる男の差はたったこれだけ。   世界の半分は女だ。 一度の人生なら、嫌われるよりもモテたほうがいい。   セックスにおいてもそれは同じこと。 下手な男のセックスは自分本位、魅力的な男のセックスは女性を開放させてあげるセックスをする。 そんな男から女性が離れるわけがない。 そんな男には生き方に余裕があるから色気が漂う。   女性の心と頭の中とカラダを開放させてあげること、くれぐれも決して潜在的に持っている女性パワー閉じ込めないように。それをすると女は逃げていく。心は離れていく。     もし、女性から愛想をつかされたのなら、考えてほしい。 貴男は女性を解放させたのか?それともと閉じ込めてしまったのか?     ふと半年前のブログを読み返してみて、その通りだと思った。 ついつい女性を枠の中に閉じ込めようとしてしまう。これが男の本質なのかと思うと我ながら小さな男だと思う。 今の時代は女性が男のように仕事し、男が女性のようにエステやサロンで肌のお手入れをする時代になった。   でも、 女性は女性として生まれてきた。そこに意味があるから女性性を高めて潤って、いつまでも美しくいて欲しい。つまらない男のようにいかつい顔してお金を追いかけて、「男なんてつまらない生き物ね」なんて言う、そんな潤わない女性になって欲しくないと思う。   そして男も男として女性を大切に守って、鳥かごから解放してあげてほしい。   男と女の関係は奥が深いから、これだという答えはないが、ただ一つ言えることは女性が女性として健やかにいられることがこの世の楽園だと思う。    

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ