デリケートゾーン
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

全3回コースの『デリケートゾーン・ケアセミナー』が終了しました。   延べ70名の女性が参加してくれました。 デリケートケアのニオイ・黒ずみ・かゆみなどのデリケートな悩みから性に関することから、パートナシップまで! 内容的にはHOTで熱く、濃いくてためになる話ばかりだったと参加された方からの感想でした!     1回目の講座はゴッドハンドの手を持つリンパ・セラピストの高瀬恵美さん。 恵美さんは予約の取れない超人気のセラピストです。 デリケートケアをすることの意味や女としての魅力の作りかたなど、興味津々の内容だったそうです。   2回目の講座はサーファーでティラピス・インストラクターの窪田春美さん。 2時間笑いぱなっしで口座で、男の僕は参加できないのでどんな内容なのかわかりませんが参加された女性たちは参加してよかった!と口そろえていわれていました。   3回目の講座は産婦人科の看護師で子宮と膣の関する専門家の右藤恵美さん。 子宮と思考がつながっていることや、会陰マッサージの仕方などどれも初めて聞く驚きの内容で楽しい2時間だったようです。   講座終了後はオーガニック料理とオーガニックワインで盛り上がり、1か月後に再度みんな集まることになりました!     といことで、参加されたかたのお話をお聞きしていると! 中々言えないけれど、ほとんどの女性が抱えている悩み。 それが「恋愛とセックス」そして、パートナシップのようです。   男は彼女や妻を小さな枠に閉じ込めようとする。 かごの中の鳥のように。 閉じ込めて出したくない。 だから、息苦しくなってどうしていいのか?そんな旦那とはセックスもしたくない!   というのが女性の意見。     男は女性をかごの中に閉じ込める理由は、自信がないからですね! 女性をかごから出してしまうと羽ばたいてしまってもう帰ってこない! そりゃ、そうだ!   「お~~い帰っておいで」と叫んでみても、もう後の祭り。 だから、男はカゴの中に女性を閉じ込めるんですね!   いい女ほど、閉じ込めたくなるそれが男の気持ち。 そうならないためにも、男は日ごろから女性を熱く甘くリードして、満足させること。 大切にすること。   『もうアナタなしでは生きていけない、感じない。』   そんな男と女の関係になることだと思います。   男は女性の心と身体も含めて、未来に夢と希望を与えてあげることが大切だと思います。 『今は大変だけどこの人となら、いつか必ず!幸せを!』 そんな男に女性は惚れるようです。   そんな男性となら、女性もカゴの中でも楽しいから自由でいられる。   女はいつまでも夢見る少女、だからいつまでも夢を見させてあげるのが男の役目。 結婚詐欺師が良く使う手だと言われていますが、「騙されてもいいから夢を見させてよ!」それが女心なのかもしれません。     セックスの目的は女性の開放だと思っています。身も心も自由にすることそれがセックス。男が射精するための行為は未熟な男のすること。   女として身も心も自由にしてくれる男から女性が離れることはありません!   枠に閉じ込めないで私をもっと自由に伸び伸びとさせてよ! 愛するダーリン!!   そんな女性たちの声が聞こえてきそうですが、男としていえることは一つ!   この世の中には男と女しかいない。   女性を幸せにするのは男の使命。 みんなで女性を幸せにして、身も心もトロトロにして! 自由に羽ばたいても、最後に帰ってくるところは愛しのダーリン、アナタのところ!   そんな時にはジョンマリのとろけあうラブローションで!愛をもっと深めるのも悪くない!   女性を自由にトロトロにする!無添加の潤滑ゼリーなら! ラブローションはこちらからどうぞ👇👇 ボディ全体の潤いとモチモチ肌には、 『酵素玄米ジャムウソープ』はこちらから👇👇

>記事を読む

こんにちは! ジョンマリ社長のジョン・サンデーです。   昨日は2度目のRadio出演でした。 僕のつたない恋愛や離婚の経験が誰かの役に立てたのなら、本当に嬉しいと思います。 なかなか声を大にして言えない「LOVE&SEX」をオシャレに楽しく、ブログを書いたりお話をしています。     そして、 今日は朝から嬉しいメールが2件届きました。 デリケートゾーンのケア製品「エナシリーズ」を使って頂いているお客様からの感謝のメールです。   30代 Aさん 「こんにちは、ジョンマリさん」 「クリーム(ブライトニング・セラム)をつけ始めてから、デリケートゾーンのシェーバー後の色素沈着が薄くなってきました!」 「かぶれもなくなり、嬉しい限りです」 「カラダ全身につけたいので、特大サイズがあれば欲しいところです!(笑)」   *このお客様はアトピーの敏感肌な女性なので、喜んで頂けてとても嬉しいですね。       40代 Bさん 「初めてのデリケートケアなので、最初は少し緊張しましたが慣れてくるととてもいい感じです」 「香りにも癒されて、毎日のお風呂が楽しみなりました」 「気になっていた、痒みも気にならなくなってきたので良かったです」     デリケートゾーンのケアを発売して以来、沢山の女性から質問を頂きました。 「ジョンマリの社長は女性だと思っていました!」 「男性がどうして、こんな商品をおもいついたんですか?」   最初は男が女性のデリケートゾーンケアの製品を考えるって、変な男に思われたらどうしようって考えて、落ち込んだりしのですが、こんなに沢山の女性から嬉しいメッセージを頂くと、やはり勇気と自信が湧いてくる。     勇気を出して作ってよかった!と思います。     他にもデリケートゾーンのケアをしている女性の方からの感想として? ①セックスレスだった旦那と新婚時代のようにルンルンになりました! ②女として自信が湧いてきました。! ③男のように頑張ってきたけど、私は女だったんです! ④いつも悩んでいた、かゆみやムレが無くなりました! ⑤恋することに積極的になりました!   などなど、使って頂いている女性のかたからの素直の感想です。     デリケートゾーンのケアをしている女性って、「ちょっと飛んでいる女性じゃないの?」「それとも性に対して進歩的な方じゃないの?」そんな風に思われがちですが全く違います。   自分自信を大切にしている方、どちらかと言うと真面目に真摯に女性としての生き方を求めている方のように思います。   ジョンマリのデリケートケアの愛用者には、クラシックバレエの先生だったり、医療関係の方だったり、自然派志向の方や、健康に関するインストラクターの方など自分の生き方を持っていて、女として自立をしている大人の女性が多くいらっしゃいます。   デリケートゾーンのケア製品は開発に2年かかりました。 クオリティの高いオーガニック素材でどこまで良いものが作れるのか?そして大切な香りにこだわりって作りました。すべての女性が幸せなることを思い作ったデリケートケアコスメ。   日本ではデリケートケアをしている女性は25%だと言われています。4人1人がケアをしているまだまだ後進国なのですが、その良さが広まれば、すべての女性が必要なケアだと思います。   『女性が美しく潤い輝けば、男は嬉しい!』   セクシャルなことを恥ずかしがらずに、人と比べないで自分らしくいられること。それが今の日本の女性に必要な勇気だと思います。   アナタがアナタらしくいられることが、何よりも幸せなこと。   そんな大人の女性たちに使ってほしい。   デリケートゾーンのケアで女が変わる。女性が変わる! そんな劇的に変化する女性達がこれからも増えていくことを応援したいと思います。     興味はあるけど、一歩を踏み出せないあなたに! ぜひ、一度勇気を出して使ってみてください! 自信をもってお勧めします!   詳しい内容はこちらから👇👇👇!

>記事を読む

今日は福岡のコミテン×ラジオ局に呼ばれて、30分ほど話をさせて頂きました。   実は、表に出ることは好きではありませんが、ジョンマリを知ってもらうにはやっぱり、頑張って出ないといけない!と思いお話をさせて頂きました。   セクシャルトーク 「男と女の幸せのレシピ」ということでお話をしました。   打ち合わせの時に、 出逢ったほとんど全員の方から、聞かれることですが! 「何故、ラブローションの会社を作ろうと思われたのですか?」 「そのアイディアはどこから?」 などなど。     もう何百回と答えてきた内容ですが、やっぱり不思議ですね。 化粧品業界の人間でもない、ましてやネットショップなんて興味なんかない。 (実はネットショップで買い物をしたことが、一度もなかった。ホテル予約と航空券以外は。)   そして、男と女の恋愛やセックスも素人な男が、いまや恋愛とセクシャルな関係の専門家としてこうやってRadioに招かれて話をする。   人生ってやっぱり、終わってみるまでわからないと思う。 そして、今度は名古屋のある団体からセクシャルな講演の依頼が飛びこんできた。   もし、何かで迷ったり悶々としている人がいたら、今の僕ならこう答えます!     未来は何が起こるか、まったく予想がつかない! だからワクワク・ドキドキ! 安心していい!   未来は、希望にあふれている! 未来は、あなたを待っている!   どんなに、悩んでいても大丈夫! 失恋しても、旦那と別れても、仕事を失っても、何も困ったことではない! 必ず良い方向へといきます!   だから、安心してどんどん進んでください!   さあ、未来はあなたが思っている以上に明るい!   今日はそれを伝えたい! ラブローションの会社が変なことを言っているけれど! そう思って生きた方がいいことが必ずやってくる!   ということで!     ジョンマリでは、もうすぐ! 夏だ!恋だ!フェロモン香水だ! プロジェクトスタートします。     今年の夏は、恋をして楽しんでほしい! 恋人のいないあなたも、失恋して落ち込んでいるあなたも、離婚まじかなあなたにも! オーガニック・フェロモン香水で恋を引き寄せよう!     フェロモン香水で愛しあおう!! 恋が芽生えた二人には、ジョンマリのオーガニック・ラブローションで愛を楽しんでください! レッツ!ラブラブローション!   いつもこんなことを考えて楽しんでいます! 人生は一度きり、思いきり恋をして、愛し合って楽しんで感じあう!  

>記事を読む

先月6月と言えばジューンブライドでしたね✨ 今年、めでたくジューンブライドを迎え、幸せな新婚生活が始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。   愛するパートナーと愛する時間を過ごし、その結果、新しい命にも恵まれたらこんなに嬉しいことはないですね。   そこで今日は、妊娠に備えての身体づくり!その中でも膣を柔らかくすることの大切さについてお伝えしたいと思います。   膣を柔らかくすること   えっ?膣を柔らかく?   もしかしたら、今までご自身の膣を柔らかくするなんて考えたことがなかったかもしれません。   私も、膣はどこか恥ずかしいもの、汚い部分などのイメージがあり、自分で触ることに抵抗がありました。ましてやデリケートゾーンのケアをするなんて、そんな意識は全くなかったのです。   でも仕事柄、産後女性の骨盤ケアをする中で、この膣や会陰部の柔らかさが大切だと実感するようになりました。   では、なぜ柔らかくすることが大切なのでしょう?そしてどうしたらいいのでしょうか?     出産時の膣の状態をご存知ですか?   まずは、出産時の膣がどんな状態がいいのかみてみましょう。   妊娠すると、子宮(子宮体部)が大きくなります。通常出産時は、   子宮体部-子宮下部-子宮頸部-膣-外陰(会陰)   というラインを通って胎児が産まれてきます。   この中で一番胎児が出てくるときに抵抗になるのが、子宮頸部です。   子宮頸管は、妊娠中に子どもが出てきてしまわないように、しっかりと出口をしめてくれています。子宮頸管は、妊娠していない時は鼻翼(こばな)のような硬さと言われています。   それが出産にむけて徐々に唇のような柔らかさになり、最終的に出産時にはマシュマロのような柔らかさになるのです。   一番抵抗(硬さ)のある子宮頸管でもマシュマロのような柔らかさになるので、膣もそれくらい柔らかい状態でいる事が大切です。   みなさんの膣はいかがでしょうか?     膣が硬いとどうなる?   では、膣が硬いとどうなるのでしょう?   先ほどお伝えしたように、胎児は、   子宮体部-子宮下部-子宮頸部-膣-外陰(会陰)   というラインを通って産まれてきます。   膣から外陰(会陰)は繋がっているので、この膣から会陰の部分が硬いと、赤ちゃんが通る際に裂傷がおこったり、切開をしないといけなくなります。これが、いわゆる会陰裂傷・会陰切開と言われるものです。   私は、産後女性の骨盤底筋エクササイズや骨盤ケアをしているのですが、施術に来られる多くの方は、会陰切開をしています。   会陰裂傷においては、約80%の方が経験しているという報告もあります(裂傷の程度に差はあります)。   会陰部の中でも会陰腱中心(会陰体)と言われる膣のすぐ後ろの部分は、骨盤底筋群がたくさん付着しています。   ということは、会陰裂傷や会陰切開をすることで、この骨盤底筋群が働きにくくなり、それが腰痛、尿漏れそして性交痛の原因になるのです。     会陰裂傷の原因は?   会陰裂傷には様々な原因がありますが、その中の一つに、膣の入口が狭い・会陰の伸展性が乏しいということが挙げられます。   初産婦や高齢出産の方は、そうでない方と比べると膣の入口が狭いと言われています。   膣はケアをしていないと年齢とともに乾燥して委縮しやすくなります。そうすると弾力性も低下し、伸展性が悪くなるのです。   では、どうしたら会陰裂傷や会陰切開を予防できるのでしょうか?   マッサージケアで予防する   会陰裂傷の予防には、妊娠後期にオイルなどの潤滑剤を使用して会陰部をマッサージすることが推奨されています(マッサージをする場合は、医師の許可を得てください)。   ある研究では、会陰マッサージを行うと、行わなかった場合と比較し会陰裂傷が約2割減少していると報告されています。   妊娠してから会陰マッサージで柔らかい膣の状態にしておくことはとても大切ですね。   では、妊娠する前からできることはないのでしょうか?   先ほど、妊娠後期に会陰マッサージをするとお伝えしましたが、それまで会陰マッサージをしていなかった方が、妊娠後期に入っていきなり自分の会陰と向き合うというのは、心理的にもそして技術的にもハードルが高いのではないでしょうか?   できることなら、妊娠する前から会陰マッサージをすることをおススメします。     マッサージのやり方   まず、リラックスした姿勢になります。背もたれやクッションにもたれたり、温かいお風呂場で行うのもおススメです。   <会陰マッサージ> ●人差し指か中指の腹に2~3滴オイルをつけ、会陰の周囲をUの字を描くように左右にマッサージします。   ●慣れてきたら、小さな円を描くようにクルクルマッサージします。     ちなみに、会陰マッサージと合わせて膣口のマッサージもおススメです。     <膣口マッサージ> ●オイルを親指と人差し指につけ、親指の先を膣入口に軽くひっかけます。   ●人差し指で膣口を挟むようにして、そのままゆっくりUの字を描くように左右にマッサージします。     この際に使用するオイル選びも大切です。   経皮吸収という言葉を聞いたことがあるでしょうか?皮膚を通して吸収される率が、腕の内側を1とするとデリケートゾーンは42倍と言われています。 そんなにデリケートな部分につけるオイルは慎重に選びたいですよね。     こうして妊娠前からマッサージしておくことで、柔軟性のあるやわらかい膣になり、出産時の会陰部のダメージを予防することができますね。   ちなみに!膣や会陰部をマッサージすることは、出産時のためだけでなく、普段パートナーと愛し合う時にも良い影響を及ぼします。楽しみながらマッサージケアをしてみてください。     【プロフィール】 漆川沙弥香 理学療法士 39歳   女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。     エナシリーズの美膣マッサージオイルはオーガニック100%!マッサージケアで美しい潤いを♪

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ