デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

女性のセクシャルな3つの悩み【性交痛、セックスレス、臭い】

誰にも相談できない女性のセクシャルな悩み 

TOP3をご存知ですか。

 

1.性交痛

2.デリケートゾーンの臭い・黒ずみ

3.セックスレス

 

セクシャルな悩みというものは女性の年齢を問わず、生活をする上で深刻な悩みとなるものですよね。でも、解決をする方法がなかなかないとも聞きます。誰かに聞いてほしいけど、誰に話していいかわからない。そもそも相談できないという内容ばかりではないかと思うんです。

 

こういう類の悩みって。

 

 

 

中でも、TOP1である性交痛からセックスレスになったというケースを聞くことがよくあります。

 

 

セックスにおける性交痛は、セックス自体をとても嫌なものにしてしまう原因になりますよね。十分に濡れていない状態でのセックスは痛みの原因になりますし、それの繰り返しでセックスが苦痛になってしまうのでしょう。

 

 

日本のセックスレスは深刻な問題と言います。

セックスレス大国日本と言われてるほどです。

 

 

なのに、誰にも相談できないとってもデリケートな悩み。

 

 

ジョン&マリーはこの問題にも真面目に取り組み、素晴らしいセックスライフを取り戻してほしいという願いをもって男と女の幸せな関係を研究しています。

 

 

さて。

このTOP1である、そもそもの「性交痛」って何かご存知でしょうか?

 

 

潤い不足からくる性交痛がほとんどではないでしょうか。

セックスの時の潤い不足は誰にでも生じる可能性があることですよね。

 

 

リラックスできない時。

疲れている時。

なにか悩んでいる時。

 

などなど・・・。

 

 

「性交痛」とは、セックスのときに感じる特有の痛みです。

ペニスの挿入時や激しく指を動かされた時に生じる痛みなのですが、本当につらいものだと言います。

 

男性では、尿道に細い管みたいなものを入れた感覚とも言います。

 

 

セックスの時の性交痛の経験の調査(ジョン&マリー調べ 2015年9月)

 

女性50名中37名の方が性交痛を感じたことが「ある」と答えました。

感じているのに濡れない悩みの原因は一体何なのでしょう。

 

 

セックスの時にどうしても痛いと感じてしまう潤い不足。

この潤い不足が性交痛の一番の原因なんです。

 

 

 

女性のカラダはとてもデリケートです。

膣の中の粘膜もとてもデリケート。

 

優しく扱って欲しいものなのです。

 

 

それに、男性も女性が痛がっていると気持ちが萎えてしまいますよね。

気持ちが萎えると、ペニスも萎えます。

 

だから、そのままセックスを続ける気持ちがおきないでしょう。

 

 

 

男性のみなさんは、まずゆっくりと女性の身体をマッサージして、リラックスさせてあげてください。

お互いに触り合って、緊張を解きほぐしあってみませんか。

 

 

 

疲れている時

神経が高ぶっている時

いらいらしている時

男性が勃たなくなってしまう時があるように

女性も濡れなくなることがあります。

 

 

ラブローションをお互いに触れあって緊張を解くマッサージに使ってもいいですし、そのまま膣部に潤滑剤として使ってもいいですよね。

 

 

 

 

性交痛が悪いわけではありません。

パートナーが嫌いな訳ではないのに、濡れないことへの罪悪感や自己嫌悪に陥ったりする方もいるでしょう。

 

 

でもですね。

セックスにおいて一番大切なことは、パートナーとのコミュニケーションです。

 

だから、お互いに触れ合って、お互いのカラダを知り合って、その気持ちを伝えあうことに時間をかけてみてくださいね。

それを怠ることで、後々セックスレスになることもありますので。

 

 

 

性交痛が悪いわけではありません。

そして、痛みを感じさせる男性が悪いわけでも、痛みを感じる女性が悪いわけでもありません。

 

 

お互いが気持ち良い、満足するセックスを目指して身体を探って行きましょう。

その時は、ジョン&マリーのローションをお使いくださいね♪

 

痛みが解消されて、素敵なラブタイムを過ごせますように♡♡♡

 

 

潤うカラダは女の幸せ。

ジョンマリのデリケートケアでニオイ・黒ずみ・ムレを解消していつまでも潤いのあるカラダになって、永遠に愛される女性になってください。

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ