デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

パリではラブローション|潤滑ゼリーが大人気

潤滑ゼリー ラブローション in Paris


パリでは潤滑ゼリー、ラブローションが恋人達の間で密かに人気というのはもうご存知ですか?

その火付け役となったパリのブランドが「SXSENS」いうブランドです。

20代30代の女性達で立ち上げたブランド、今やその波は世界中に広がっているみたいですね。日本でもネットョップで買えるようですが、まだまだアダルトグッズ扱いみたいでとても残念です。

 

ラブローションやラブグッズは、ヨーロッパではデパート、ドラッグストアなどで誰でも簡単に、恋人とコスメやジュエリーを選ぶように買うことができます。「今日はこれで楽しんでみる?」なんて二人で今日のプレイをイメージしながら買っている姿は日本では考えられません。

 

 

江戸時代はセクシャル先進国だった?!


セクシャルな文化が遅れている日本ですが、実は江戸時代までは世界で一番進んでいた国だったんですね。

 

そうなんです!実はセクシャルな文化が一番進んでいたなんてホント?っていう感じですが、いつから今のように秘密にして表現できないようになってしまったのでしょうか?

 

とっても不思議ですね!

 

昔の日本は世界でも類を見ないセクシャルなことが大らかで寛容な国民性だったのに、いつのまにか遅れた性文化になってしまったんですね。

現在、海外では江戸時代のSHUNGAアートが世界中で絶賛されています。昨年も東京、今年は京都で展示会が開催されましたが、なんと予想を上回る来場者数だったそうです。

何故、春画アートがこんなにブームなのか?それは日本では秘め事として封印されてきた男女の性が表に出る時代がやってきた。そんな風に思います。日本のセックスレスは世界でもビックリされるほど、5割以上の家庭がセックスレスという統計も出ています。

 

パリやイタリア、北欧では信じられない統計だそうです。ひと月に一度か二度のセックスの日本と、週に3回が平均のフランス。その差は歴然ですね!日本人もパリの男女のように愛を育んでほしいですね。

 

ヨーロッパでは親から子供に性の知識をありのあままに教えています、日本のようにコウノトリが運んできたなんてことはありません(笑)

 

日本は週刊誌やAVが教科書の役目をしているので、10代から間違った情報が氾濫してしまっているんですね。性はとても大切なこと、素敵なことです。だから楽しく正しい情報を知って欲しいと願います。

 

だから、ジョン&マリーは恋人達が大らかに性と愛を語り合える。隠さなくてもいいこと。そんな男女の関係が作れればと思ってます。ジョン&マリーはそんな素敵な世界をつくるためにできたオーガニック・セクシャルコスメの会社なんです。

 

性を恥ずかしがらずに楽しんでいい。そんな大人の男女の関係が理想だと考えています。パリの男女のように楽しくオシャレに語れる大人が増えるといいですよね。

 

 

セックスをもっと楽しく素敵な時間にしてほしい。

愛を深めて、喜びあるオーガニックライフを!あなたに届けたい。潤滑ゼリーラブローションで二人でラブラブ!

“LOVE


“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ