ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

セックスと心とカラダと膣との関係について

性交渉は男性の喜びのためだけのものではありません。

今日はセックスについてお伝えしたいと思います。

 

セックスはあなたとパートナーと二人で楽しむものです。お互いに自分が楽しみたいという気持ちと相手の喜びも大切という気持ちがあって初めて満たされた性生活となります。

 

国立病院機構千葉医療センター産婦人科医長大川玲子先生のお話より抜粋

女性は性交渉で時には痛みや苦痛があるものだと言われますがそれは間違いです。性交痛も性機能障害の一つです。

しかしながら、女性は我慢しているのでそこから抜けられないばかりか、男性も女性も痛がることを異常だと思わなくなります。

パートナーの望みを一方的に受け入れるのではなく、自分の好みを見つけ相手に伝えることが大切です。

 

性嫌悪症

・セックスが嫌で嫌でたまらない。

・体に触れられただけで鳥肌が立ち、セックスレスが続いている。

セックスを嫌い、その行為をすることができない症状で、男性にも起こりますが、圧倒的に多いのが女性です。性欲もあり、マスターベーションも可能、しかしセックスは嫌で恐怖心をもっている状態です。

 

具体的にはパートナーと腕を組んで歩くことはできても、密室で性的な雰囲気になることを恐れるのです。一見、仲の良いカップルが多いのも特徴です。結婚後、一度もセックスのない未完成婚のカップルもいます。

 

性を嫌悪する原因はさまざまですが、直接的には夫の不倫、夫のED、強姦の体験など。また、間接的には近親姦体験、反性的養育歴(セックスは汚いもの、と言われながら育った環境など)が考えられます。

 

 

性興奮障害

・セックスをしようとしても、膣が濡れてこない。

・セックスの途中から膣が痛くなり、快感も感じない。

 

女性は性的欲求が高まれば、いわゆる「濡れてくる」のはよく知られていますが、小陰唇など性器が充血し、膨張してくる等の反応も起こります。性興奮障害は充血期における障害なので、血管の充血作用がないため、潤滑作用が起こらず(濡れない)、膣の拡張もなく、オーガズムも起こらない症状を指します。

 

 

オーガズム障害

・セックスをしても、一度もオーガズムを感じたことがない

・マスターベーションではオーガズムを感じることができる

オーガズム障害とは、「オーガズムがまったく起こらないか、または非常に遅れる。これは状況視定的で(すなわち、ある特定の状況の時にのみ起こり)、この場合は心因性と思われ、あるいは不変であったりするが、心理的処置に反応する場合以外は、身体的あるいは体質的な要因を簡単に除外することはできない。

 

オーガズムの機能障害は男性よりも女性により一般的にみられる」、つまり、セックスをしても「いかない」「いけない」という障害です。前述した興奮障害と合わせ、日本では不感症と呼ばれることもあります。

 

一度もオーガズムになったことがない場合を原発性オーガズム障害、ある時期まであったのにオーガズムを感じなくなった場合を二次性オーガズム障害、マスターベーションではオーガズムになるが、パートナーとの性行為ではオーガズムにならないような場合を状況性オーガズム障害といいます。

 

 

◆オーガズム

女性の場合、性交だけでオルガスムに達する人は全体の20%程度。70%以上の女性はクリトリスへの刺激がないとオーガズムに達しないのです。また、“セックスにおおいに満足している”というカップルに、ある医療機関が行ったアンケート調査でも、毎回オーガズムを得る人は約半数しかいませんでした。

 

つまり、性の満足度は必ずしもオーガズムを経験しなければならないというものではないようです。すべての感覚に個人差があるように、セックスの感覚にも個人差があることは当たり前だといえるでしょう。

 

 

<マスターベーション>

オーガズム障害をもつ人にとって重要なのは、自分の性的感覚に没頭することです。まず、自分でオーガズムを楽に体験できるようにするため、マスターベーションが有効です。

 

罪悪感を抱く人は、自分へのタッチングだと理解するようにします。クリトリスや小陰唇への刺激や時にバイブレーターを使って、オーガズムを得るようにします。

 

 

性的疼痛障害

・痛くてペニスが挿入できない

・夫の手が外陰部に触れるだけで激痛が走る

性交痛障害には「膣痙」と「性交疼痛症」の2つの症状があります。

 

【膣痙】

セックスの途中でペニスが抜けなくなり、救急車で運ばれたという話が面白おか語られ、膣痙をこの症状と勘違いしている人が多いのですが全く違います。

ペニスを挿入しようとすると、膣が収縮してペニスをはじきだし、挿入できない症状を膣痙といいます。主に心理的な原因によりますが、まれに処女膜強靭症など、身体的な状態が原因となっている場合もあります。

 

 

女性性機能障害(FSD)

女性性機能障害は主に「こころ」が原因だといわれます。性を拒否する心の奥底には、育ってきた環境やこれまでの体験してきたことのいわゆるトラウマ、長年の夫婦間の葛藤が原因となっていることが多いようです。

 

主な心理的原因

・反性的養育(性を汚らしいものと育てられた環境)

・母親の過干渉(精神的に自立できていない)

・レイプ体験

・近親姦体験

・中絶・死産

・パートナーのED

・極度の怖がり、痛がり

もちろん、身体的原因もあります。重大な病気が隠されていることもあるので、「おかしいな」と思ったら、早めに医療機関に受診することが大切で

 

 

女性性機能障害の改善

女性性機能障害(FSD)の治療は、セックスへの罪悪感や恐怖感を減らしていくことを目的にしています。そのために、まずセックスが楽しいものであることや、カップルがお互いの感情を伝え合うことの大切さを学べるような訓練法があります。

 

ロマンチックな小説やソフトポルノを読んだり、素敵な恋愛映画を積極的に観ることで、性的イメージを豊かにし、人が性的存在であることを受け入れるようにします。

 

また、オーガズムは訓練次第です。オーガズム障害をもつ人にとって重要なのは、自分の性的感覚に没頭することです。まず、自分でオーガズムを楽に体験できるようにするため、マスターベーションが有効です。

 

罪悪感を抱く人は、自分へのタッチングだと理解するようにします。クリトリスや小陰唇への刺激や時にバイブレーターを使って、オーガズムを得るようにします。

 

 

性的空想

ロマンチックな小説やソフトポルノを読んだり、素敵な恋愛映画を積極的に観ることで、性的イメージを豊かにし、人が性的存在であることを受け入れるようにします。マスターベーションをすることも有効です。(お役立ち商品 : キューピッズ ボウ)

 

 

 

 

タッチング

センセート・フォーカス・テクニックの中で、中心となる訓練で性機能障害の基本技法です。

タッチングは、性交に対する恐怖を除き、言葉を使わないでコミュニケーションをするのが目的です。お互いが全裸になり行ないますが、なるべく性的な意味をもたないようにするのがポイント。

触られた時はその感覚をよく感じるように努めるるようにします。そして相手にどのようにしてもらいたいか、どのくらいの強さにしてもらいたいかを伝えます。

つまり、もう少し強く、あるいは弱く触れて欲しい時は、言葉ではなく、お互いの手を重ねて意志を伝え合うように試みます。

 

 

 

若い世代に増えるセックスレス

セックスレスで特に問題なのは、本来エネルギーに満ちたはずの若い世代にセックスレスが増えていること。「セックスしたくてもできない」のではなく、「セックスしなくてもいい」「セックスは面倒くさい」と考える人が珍しくないのだそうです。風俗やマスターベーョンだけで十分だと。

若い世代のセックスレスは、新しい対人関係が苦手という人や、恥をかくことを恐れる人にも多いといわれます。

パソコンや携帯電話でのコミュニケーションは上手でも、生身の人間を相手にコミュニケーションするのは、どうやら苦手らしいのです。

そんな不毛な対人関係が、いつしかカップル間にも影を落とし、肉体的、精神的な交流であるセックスを避けさせている、のかもしれません。

 

ストレスが性欲減退の原因?

セックスレスが増えている原因のひとつは、複雑な現代社会のしくみがもたらすストレスだといわれます。

セックスには大脳の働きが大きく作用します。脳を活性化するために必要なのは、いわゆる五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)です。五感を発達させる刺激が減ると、性的快感をキャッチするアンテナがさびついてしまうといわれます。

 

ストレスは五感をさびつかせ、狂わせ、性欲を減少させます。働きすぎ、不況による家計の心配、子どもの世話、老親の心配・・・。また、増えつつあるうつ病に処方される抗うつ剤も性欲減退の原因になります。

 

 

セックスレスを解消しよう!

セックスレスの期間が長ければ長いほど、セックスレスの修復は難しいといわれます。セックスレスの解消はどうぞお早めに。

長年連れ添ったカップルが、「倦怠期」という理由でセックスをしないという現象は多くみられます。しかし実際、中年期以降のセックスレスの多くは、ED(勃起障害)と女性の性機能障害が原因だといわれています。

 

「年だから仕方がない」とあきらめていませんか。「生殖」から解放された中高年のセックスこそ、人間本来のすばらしいものなのです。

中高年、老年になっても定期的にセックスをしているカップルは、精神的に安定し、健康で長生きするというデータもあります。

 

心身に異常がなくて、セックスレスのカップルは、「相手への怒り」が潜んでいることもあるそうです。仕事一筋で家庭のことは妻に任せきりの夫への怒り、女らしさを忘れ、自分にかまってくれない妻への怒りが、「セックスしたくない」という気持を起こします。鬱積した不満が2人の関係にヒビを入れていきます。

 

 

話し合い、触れ合い、豊かなセックスライフを

セックスライフがなくなった場合には、なぜなのか、1度じっくり話し合ってみるといいでしょう。例えば、EDであること、更年期障害でつらいこと、パートナーに訴えてみてはどうでしょうか。

 

最近はうつ状態を引き起こす男性の更年期障害も増えているそうですし・・・。「愛されていないのでは」という疑心暗鬼から開放され、「あ、そうだったのか」と晴れ晴れするかもしれません。お互いが理解し合い、いたわり合うことが大事です。

「どうしようか」と悩んでいた性機能障害の治療も、パートナーの後押しがあれば、きっとうまくいくはずです。

 

日本人は、「触れない」民族だといわれます。手をつなぐ、肩を抱く、キスをする…一緒に暮らして長くたつと、日常生活で性的な意味なく、こうした触れ合いをすることはほとんどありません。

 

触れ合いは、いたわり合いです。相手をいとおしみながら触れ合うことで心が安らぎます。中高年になると照れくさいと嫌がる人が多いのですが、まずは腕に触れたり、肩に触れたりすることから始めてみませんか。

 

お互いへの爪きり、耳掃除、マッサージなどもすばらしいコミュニケーション方法です。

セックスレスの垣根を無くすには、心と体、両方のコミュニケーションを2人で心掛けることが大切です。

そうです、まずはコミュニケーション!大切なのは、2人の絆を守ろうとする姿勢です。

相手のことを思いやる、豊かなセックスライフはそんなところから育ってくるはずです。

 

 

上のように、うるおい不足=更年期というだけでなく、ホルモンバランスが乱れる要因もあり、うるおい不足は必ずしも特定の年代の女性が持つ悩みとはいえません。

 

 

 

以上 とても参考になる内容ですね。

性に関することを正しく知る事によって、不安を解消して楽しい性ライフをお送りください。

ジョン&マリーオーガニック スタッフ情報でした!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ