ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

ジャスミンLOVEローションで「彼を誘惑」

「媚薬アロマ」の力で、より官能的なセックスの時間を……

 

ジャスミンの香りがもたらす「催淫効果」

 

こんにちは!ジョン&マリーです。

開発中の商品の一つにオーガニック・ジャスミンローションがあります。

 

ジャスミンハーブをloveローションに取り入れた理由についてリ理由とその効果をお伝えしたいと思います

香水やアロマオイルの原料として、広く用いられている「ジャスミン」の精油。

 

その濃厚な甘さを持つフローラルな芳香は、「香りの王様」と言われ、古来より人々を魅了してきました。さらに、ジャスミンの香りには強い催淫作用(性欲を高め、陶酔感や幸福感をもたらす効果のこと)があり、香水の原料として用いられたほか、インドやアラブ地域では、クレオパトラの時代から「媚薬」として親しまれてきた香りでもあります。

 

 

「媚薬」ジャスミンの香り成分の秘密

現代のアロマセラピーでも、ジャスミンの香り成分は、血行を促進して身体を温め、精神をリラックスさせる効果があるため、媚薬としての効果が高いとされています。

では、そんなジャスミンの香りを構成する4つの香気成分に注目して、古代から現代まで人々に「恋の媚薬」として愛されてきた秘密に迫ってみましょう。

 

 

・「酢酸リナリル」

ジャスミンの主な成分のひとつ。脳内神経伝達物質のひとつである、セロトニンの分泌バランスを改善する効果があります。セロトニンは、快感や恐怖など、ヒトの「感情」をコントロールする神経伝達物質で、精神面を安定させる作用を持っているので、気分をリラックスさせ、性行為への不安や恐怖を和らげてくれるのです

 

・「インドール」

ヒトの性フェロモンと似た香りと働きを持つ、「インドール」。これは嗅覚を通じて脳の性中枢を直接刺激し、快感をもたらすエンファリンやドーパミンの分泌を促してくれる成分です。肉体の感覚や意識を敏感して、男女ともにセクシャルな気分を高め、性感をアップさせてくれる作用を持っています。

 

・「ゲラニオール」

インドールと同様に、女性のフェロモンといわれるエストロゲンの分泌を促す効果があるので、男性を惹き付け、性的な興奮度を高める効果が期待できるのです。

 

 

ジャスミンの香りに惹かれない男性はいない?

ジャスミンの香り成分はフェロモンと同様の働きを持っているせいか、男性にとってもその香りはとても印象に残りやすいようです。

また、ジャスミンの香りを嗅ぐと「落ち着く」と言う男性も多く、恋人からジャスミンの香りがすると、深い安心感に包まれて、普段は口にできない愛の言葉を言えたり、思い切って大胆なセックスにも挑戦できたりするみたいですよ。

 

 

「香りの王様」は「媚薬」の王様だった?

このように、ジャスミンの媚薬効果はきちんと科学的な原理に基づいていたのですね。

緊張や不安を取り除き、セクシャルな気分を盛り上げて、肉体の感覚を研ぎ澄ます……。ヒトの「五感」すべてに作用し、高揚感や幸福感をもたらしてくれるジャスミン。さすが「香りの王様」と言われるのも頷けます。

 

 

「もっと彼を惹きつけたい」「自分自身も大胆な気持ちになって、官能的なセックスがしたい……」と思っている女性はたくさんいるはず。そういう方はぜひ、パートナーと愛し合う際にはジャスミンのアロマを部屋に焚いたり、香水をまとったりしてみてください。

 

その強力な催淫作用で身も心も開放され、奔放に快楽を求める愉悦のひとときが過ごせるでしょう。

 

付き合いたてで緊張感のあるカップルも、マンネリ気味のカップルも、ベッドにジャスミンの香りを漂わせれば、きっとお互いに深く満足できるセックスができて、愛の絆もいっそう深まるはずです。

 

 

いかがでしたか?

loveタイムにジョン&マリーがオーガニック・ジャスミンにこだわったのか?

その理由が少しだけ解ってもらえましたか、いつもと違うラブタイムをジャスミンで試してみては?

 

今日は違うあなたが見つかるかも!!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ