ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

セックスの「不満」を彼に上手に伝える方法

今こそ秘めた思いを解き放って。セックスの「不満」を彼に上手に伝える方法

 

愛するパートナーとのセックス。

本当は不満があるけれど、彼との関係を壊したくないから自分が我慢すればいい……。そうやって、つい感じているフリをしたり、痛みに耐えたりしていませんか?

セックスは、カップルにとってもっとも大切な時間であり、お互いに深い満足感を得て、初めてコミュニケーションとして成り立つもの。

 

今、あなたの心には「もっとこういうふうに触って欲しい」「こんな言葉をかけてほしい」「絶頂に達してみたい」という、秘めた欲望があるはずです。

 

これから、男性の性質や気持ちを理解した上で、あなたが抱える不満や欲求を、どのようにパートナーへ伝えたらよいかを一緒に考えていきましょう。

 

 

男性は皆、女性に「最高に感じて欲しい」と思っている

パートナーの前戯や、体位などに不満を抱いている女性は多いですが、あなたのパートナーを含むほとんどの男性は、自分の指や舌、ペニスで、相手に気持ちよくなってもらいたいと思っているはず。

 

でも男性は、女性が見せる「反応」でしか、快感度を推測する方法はありません。ですからあなたのパートナーも、あなたがたとえ演技をしていたとしても、表面上感じている様子を見せてくれていたら、「きっと満足してくれているんだろう」と判断して、これからも同じやり方を続けるでしょう。

 

男性はただでさえも、察するのが苦手な生き物。だからこそ男性たちは「相手が感じているのかどうか、自分ではわからないから言って欲しい」「して欲しいことがあったらちゃんと伝えてきて欲しい」と思っているのです。

 

ほとんどの男性は、愛する女性の身体を優しく大事に扱って、オーガズムに導きたいと思っているのですよ。だから我慢しないで、思い切ってパートナーにも「本心」を伝えましょう。

 

男性は意外とあなたの反応に気付いていない!?

男性はセックスの最中、「メスを妊娠させたい」という生殖本能に支配され、「射精」というゴールに向けて神経を集中させているため、女性が本当に感じているのか、それとも演技しているのか、どうしても考える余裕がなくなってしまいがち。

興奮にまかせてつい強く触りすぎてしまったり、女性の反応に注意を払えず、痛い思いをさせてしまったりすることがあるのです。

 

ですから、射精を終えて冷静な気持ちになったあとに、「気持ちよかったかな? 満足してくれたかな?」と不安を抱くことも多く、そういうときは特に、「何か不満があったら積極的に伝えてほしい」と思うようです。

 

 

セックスの不満や要求を、彼へ傷つけないように伝えるにはどうしたらいい?

でも、あなたが今抱えているセックスのストレスを、パートナーにハッキリと「ずっと痛いと思っていた」「正直あまり気持ちよくない」など伝えてしまったら、相手は、「俺のセックスを拒否された、否定された」「彼女は演技をして、俺に嘘をついていたんだ」とあなたへ不信感を募らせて、2人の信頼関係や、今後のセックスライフに悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

男性はプライドが高く、そして女性以上にナイーブですから、自尊心を傷つけないように「伝え方」に注意しなければなりません。

 

ではこれから、そんなナイーブな男性に、セックスの不満や要求を彼に受け入れてもらうための「上手な伝え方」をお伝えしますね。

 

 

「自分自身」を主語にする。

「どうして○○してくれないの?」「○◯されるのは嫌だ」と、相手の不手際を責めるのではなくて、「私は○○された方がうれしい、気持ちいい」というふうに、「自分自身」を主語にした伝え方を意識してみてください。

 

そうすれば、相手を否定することなく、スムーズに気持ちを伝えることができるので、彼もすんなりとあなたの気持ちを受け入れてくれるはずです。

 

 

「女性側」から提案する

セックスのシチュエーションや、内容に物足りなさを覚えているときは、自分から「◯◯してみない?」と提案するのもよいでしょう。

例えば、いつも自宅でのセックスだったら、行きたいホテルを自分で調べて、「ここに行ってみたい」とお願いしたり、あなたが好きな内容のアダルトDVDを一緒に見ながら「こんなセックスをしてみない?」と、自分から誘ってみたりするのです。

 

彼は、愛しいあなたからのお誘いだったら快く受け入れてくれるはず。

 

 

セックスの最中に、自分から誘導する

自分の不満感を言葉で伝えるのに抵抗があるならば、セックスの最中、彼任せにするのではなく、女性の方から変化を作ってみましょう。触って欲しいところに彼の指を誘導して、「ここを触って欲しい、舐めて欲しい」「もっと優しくして(激しくして)」と色っぽくお願いしてみるのです。

 

挿入の最中も、騎乗位など自分がリードできる体位を取って、彼のテクニックに頼らず、あなたの力で、本当に満足できるセックスを実現させましょう。

 

彼も、あなたの積極的な変化を喜んでくれて、彼の方からも「今日はこうしてみようか」と工夫や提案をしてきてくれるようになるかもしれません。

 

 

セックスは重要なコミュニケーション。自分の気持ちは素直に伝えて。

カップルにとって、セックスは重要なコミュニケーションのひとつ。2人で協力し合い、より快感を高め合うことが何よりも大切です。

お互いへの愛を深める行為で、不満やストレスを感じてしまうのは悲しいこと。遠慮せず、でも相手を思いやりながら自分の気持ちを伝えることで、パートナーとの愛の絆はいっそう深まっていくでしょう。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ