ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

潤滑ローション「本当は男性に買ってほしい」

潤滑ローション(ラブローション)は誰が買うの?

 

ラブローションは男性が買って常備してほしいというのが女性のささやかな願いです。

 

50才を過ぎたせセックスには必ずラブローションをベットの枕元にそっと忍ばせておいてください。それが女性から見たデキル大人の男のマナーなんです。

 

 

女性にとって、生理があがることとは何を意味するのか

女性の生殖細胞である卵子は、お母さんのお腹の中にいるときにすでに700万個と最大となり、その後減少して、生まれたときには200万個、思春期の初潮のときには50万個の卵子を卵巣に持っています。

 

そしてこの卵細胞の発育に伴って、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌し、2次性徴や女性らしい体型などが形作られていきます。思春期以降の女性では、常に十数個の卵細胞が発育を開始しています。

 

そのうち通常毎周期1個の卵子を排卵しますが、そのほかの大部分の卵子は消滅します。そうしてその後も卵子数は減少を続け、50歳過ぎには完全になくなってしまいます。現在の日本女性は平均51歳で生理があがっています。

 

女性にとって、生理があがるというのは、卵子を体の中に蓄えていない状態、つまり生殖活動を終わりにしたということです。生物学的には「女性」ではなくなったのですが、生理があがったとしても性欲がなくなったというわけでもなく、女性としての魅力を保ち続けている人もたくさんいます。

生理があがる前兆とは

生理があがる前兆はそれこそ千差万別です。参考までにいくつか挙げてみると

・まず生理の周期が開くようになります。今まで比較的規則正しい周期で生理がきていたのに、間隔が乱れてきて「あれ?もしかして」と思うようになります。出血量も一時的に多くなりますが、その後徐々に減少してあがった。

 

・1か月に2回も生理がきたと思ったら、今度は2、3か月こなかったり。予定日でないのに突然、不正出血が出ることもあり、ナプキンを常に携帯していないと不安でたまらなかった。

 

・1回あたりの生理の期間が長くなり、普段は1週間くらいだったのが10日くらいになったり、逆に3日くらいで終わってしまったりと、とにかく生理のサイクルや量が乱れっぱなしという時期が3年ほど続いてようやくあがった。

 

このように生理があがるまでのプロセスは人それぞれです。自分がどのパターンで生理があがるのかを知りたい場合、もっとも有力視されているのが自分の実の母親から生理があがった時期の状況を聞くというもの。どうやら遺伝子の関係で体質が似ている場合が多いので、症状などが似てくるようです。

基礎体温の変化で生理があがる前兆を知る

女性の体温は排卵期を境として低温期と高温期に分かれます。生理が終わって排卵日までの間は卵胞ホルモンであるエストロゲンが活躍して、低温となります。そして排卵があると、今度は黄体ホルモンであるプロゲステロンが生理開始直前まで働き続け高温状態を維持します。

生理があがるとこの高低差がなくなり、体温が一定となるので、排卵が行われていないことがわかります。生理があがったかどうかを調べるためには血液検査などの方法もありますが、普段から基礎体温を測っておけば、こうした変化もわかりやすくなります。

生理があがってからの体の変化

女性ホルモンであるエストロゲンの恩恵は、生理があるうちはあまり感じませんが、生理があがってから痛切に感じてきます。それは更年期障害の諸症状だけでなく、体の機能低下から始まり、美容的な衰えなどさまざまです。女性ホルモンが減ることで起こることはたくさんあります。

①肌の張りがなくなり、たるみやシワが増加する

「美のホルモン」といわれるエストロゲンは、コラーゲンの産生を促進する作用があり、肌にハリとつやをもたらして、肌をみずみずしくさせます。

ところが生理があがって、エストロゲンの分泌が急激に減ってくると、コラーゲンの産生力が衰え、肌のターンオーバーも乱れてくるため、シミが残りやすくなり、肌細胞も再生されなくなって、しわの原因にもなってしまいます。

 

②髪の毛がパサパサ。そして薄毛になる

髪の毛も皮膚の一種ですから、エストロゲンが減少することで、ハリやコシ、つややかさが失われていきます。薄毛の悩みは男性だけだと思われてきましたが、最近では薄毛に悩む女性も増えてきました。

もともと女性は、女性ホルモンであるエストロゲンの作用で薄毛になりにくかったのですが、ホルモンバランスの乱れによって、抜け毛や薄毛が進んでしまいます。特に、生理があがって更年期に入った女性は、頭頂部の薄毛が多くなるようです

 

 

③太りやすくなる

女性は一生に3回太りやすくなる時期があるといいます。1回目は思春期、2回目は妊娠・出産、そして3回目が生理があがった更年期です。

女性ホルモンであるエストロゲンは食欲を抑えたり、代謝を高めるなどの作用があります。このホルモンがいきに厳守してしまいますから、同じ量や内容の食事を続けているとエネルギー消費されずに余分な脂肪として蓄えられていきます。

④自律神経のバランスが崩れる

生理があがることで、ホルモンのバランスが崩れます。そうするとホルモンのバランスを整えていた自律神経のバランスも崩れてきます。自律神経とは、体温を調節したり、呼吸をしたり、内臓を動かしたりと、人間の基本的な生命維持を行うのに欠かせない働きです。

この自律神経のバランスが崩れることで、ホットフラッシュが起きたり、めまいや頭痛、精神的にイライラしたり、うつになることもあります。

⑤頻尿

エストロゲンの減少によって、皮膚や粘膜が潤いを失くしてしまうため、膣や尿道の粘膜も潤いを失くしてしまい、尿道も狭くなってしまいます。こうして尿道が狭くなると膀胱にたまった尿は勢いを失い、尿が出るまでに時間がかかったり、力んでもほんの少ししか出なくなってしまいます。

また子宮を支えている組織がゆるむことで、子宮が下に下がってきて、時には子宮が膣の外へ飛び出してくる子宮脱になることもあります。子宮が下がってきたことによって尿道が圧迫されて尿が出にくくなったり、膀胱を圧迫するため、尿を膀胱にためておくことができずに頻尿になってしまいます。

 

 

⑥メタボになりやすい

メタボは別名「内臓脂肪症候群」と呼ばれているように、内臓脂肪の蓄積によって引き起こされる一連の症状のことです。放置すると心臓病や脳卒中といった重篤な病を招きかねません。

生理があるうちは、エストロゲンの影響で血中のコレステロール値が抑えられていますが、生理があがってしまうことで、血中のコレステロールが上昇してしまいます。

善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールや中性脂肪が上昇してしまい、動脈硬化症を発症しやすくなります。

 

 

⑦免疫力が低下する

エストロゲンは自律神経に働きかけて、免疫力を高める作用があります。しかしエストロゲンの分泌減少によって、免疫力が低下するため風邪などの病気にかかりやすくなります。

⑧体毛が増える

女性の体は女性ホルモンだけの影響を受けているだけではありません。男性ホルモンも女性の体の中には存在します。その女性ホルモンが減っていくことで、男性ホルモンが優位になります。

 

生理があがった途端に体毛が濃くなってしまったという人もいます。スネ毛や腕の毛、鼻の下の産毛も濃くなってカミソリで処理しなくてはならないということが増えてきます。

 

 

 

⑨ボディラインが変わる

女性ホルモンの減少によって乳房が小さくなったり、ヒップとウエストのメリハリがなくなってきたりします。エストロゲンは、より女性らしい体つきを維持するのに必要なホルモンですから、減少すると体型にも変化があらわれてきます。

生理があがって更年期障害が始まってしまったら

生理があがって更年期障害が始まってしまったら、生活習慣を振り返って、無理をしていないか、バランスのいい食生活になっているか、ストレスがたまっていないかなどチェックしてみましょう。

生理があがったあとの体調に個人差があるのは、3つの要因が関係しているからです。そしてその要因がいくつか重なり、複雑に絡み合うことが原因です。

 

日本人は、生理があがって治療が必要なほどの更年期障害を起こす人は10~20%といわれています。欧米では、更年期女性の2~3人に1人が、すでにホルモン補充療法を受けているといいます。

 

 

女性は生理があがって、2年くらいするとさまざまな症状が現れます。ところがその原因が分からず、自分の体が一体どうなってしまったのか戸惑う人が少なくありません。一人で悩むより、行きつけの婦人科を受診して、更年期外来を紹介してもらいましょう。

資料掲載サイト https://welq.jp/5497

女性の体はとてもデリケート、ぜひ50歳を過ぎたら男性はもっと女性の体のことをケアしてあげてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ