ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

愛しあう男女の「SEXとLOVEローションと思いやり」

愛し合う二人の関係において、セックスとローションというのはこれからの時代は大切な要素だと思います。

 

なぜならラブタイムは二人が楽しむためのものだからです。ラブタイムはベッドの上だけのことではなくて、朝目覚めた時からデートが終わってマイホームに帰り着くまで、そして自分のベッドの中で眠りについた時に今日のデートを振り返って思わず笑顔になる。

 

その全ての過程がラブタイムだと思いませんか?

 

余韻を残して別れたばかりなのにもう一度会いたい、もう一度二人で溶け合いたいと思わせることが男としての力量じゃないかと思うんです。

 

 

こんにちは。ジョン&マリージョン・サンデーです。

 

僕たちは今時代の大きな変化の中で生きていると思いませんか?

世界中を旅して沢山の恋人達と話して思ったことです。

 

少し以前なら会話の中にセックスの話題を入れると嫌らしい男とか、下品とか思われていたと思いますが、今ではそんなことはないですよね。

男女が自然にセクシャルなことを話題にしてもそれほど違和感がなく話せる時代になったように思いますが、皆さんのところではどうですか?

 

 

日本よりも固いお隣の国韓国を旅した時には数年前までは儒教の教えが残っていてセックスの話題は出来ない雰囲気があったのですが、今では20代30代の方達と会話をしても楽しそうに話してくれますし、大人でもセックスは生活を高める上で大切なことだということを言われる方もいます。

 

 

フィリピンには昨年3カ月ほど滞在した経験があるので、沢山の友人も出来ました。

 

フィリピンでのお国事情もあるのだろうと思うけど、年齢差があるカップルがとてもたくさんいます。例えば20歳のフィリピン女性と60歳の白人紳士のカップルなど街を歩いているとどこにでもいます。手をつないで仲良く楽しそうにまるで親子のように歩いている光景をよく見ます。

 

僕の友人にも30歳のフィリピン女性と67歳のイギリス紳士のカップルがいます、滞在中よく食事に誘われてフィリピン料理を楽しみました。二人はとても仲良しで愛し合っているのが良く分かります。時々ケンカもしますが幸せであることにはまちがいありません。

 

イギリス紳士は病気で奥さんを亡くされ、子供たちも自立したのでセカンドライフを仕事で訪れたことのある暖かいアジアの地に求めそうです。

 

タイ、マレーシア、インドネシア、そしてフィリピンを旅して偶然彼女に出逢った! もし彼女がいなければフィリピンには住んでいなかったという話を聞いていて男女の出逢いとはホントにわからないと思います。

 

チャンスがあれば当然子供も欲しいと言っていた彼の笑顔は幸せで一杯だったことを思い出します。

 

 

男と女の出逢いに恋に年齢や国籍は関係ないとつくづく思います。日本では残念ながら年の離れた恋人と言うのは抵抗があるようですが、男性でも女性でも日本で良い人と巡り合えないのなら勇気を出して海外に出かけてみるのも悪くないと思います。

 

日本だけで恋をすることを考える時代はもう終わりに近づいているのかもしれないですね。

 

 

恋愛とセックスをするという行為が命を輝かせて、生きる希望や楽しみになる。これは男も女も同じではないかと思います。

男だからとか女性だからということはありません。生きるとは性そのものだと思います。

 

好きと言う感情がどこから湧いてくるのか?不思議だと思ったことはありませんか?

今まで何も感じなかった人をある日突然好きになる。旅行先で偶然運命の人と出会う。ケガで入院した先で出逢う、あの日あの場所に行かなかったら出逢わなかった。

 

そんな奇跡が人生にいたるところにあります。

 

人は人を好きなって愛を知るために生まれてくると僕は信じています。男と女が基本ですが愛の形には男と男、女と女と言う形もあります。

どちらも愛には違いなので今では偏見はありませんが、やはり僕は女性が好きです。

 

挿入し射精すること、イカせることがセックスではないということを最後に伝えて今日は終わりにします。

 

いつかあなたに素晴らしい愛とセックスが訪れますように!

 

ジョン・サンデー

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ