ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

恋は「神様からの最高のプレゼント」

世話好きの女性はモテる、男は基本的に母親のような女性に好意をよせるものです。

 

どんなに美人でスタイルが良くても、ボッーとして気がきかない女性は人気がありません。しかし、その反面わがままであけっぴろげな女性は意外と人気があります。

 

男でありながら女性的な魂をもっている人は女性にわがままを言われるのがうれしいようです。

世話好きな女性が好まれると言っても、あまりに深入りされると男は逆にイヤなものです。

 

男と女の関係は複雑で不思議、それがあるから恋愛は楽しいのかもしれません。

 

そして男が好む第一はやはり性的な魅力があるということです。

 

 

基本的に男はずるい生き物だと思います。

しかしずるい男が意外と真面目な男よりもモテるというのも女心の一つでしょう。遊びの空気が漂っている火傷しそうな男に女性はそそるものを感じるといことをよくお聞きします。

 

また気の利くおとなしい女性は男は結婚相手として考えます。

 

しかし美人でも暗い表情の女性は男は敬遠してしまいます。

 

なぜなら!

男は自分よりもエネルギー値の高い女性が好きなんです。(強い女性がホントは好きなんです!)

 

年上の女性は姉さん女房といって昔から好まれます。

面倒見が良くて、気が利く。そして大らかで浮気をしても許してくれそうな少し年上の女性。わがままな男達にとっては最高の女性なんですね。

 

出会いがあって、関係を深めたいと思えば、セックスに至るのは自然な流れです。

セックスが二人の関係を深めることもあれば、残念ながら別れるきっかけになってしまうことも珍しくありません。

フランスでは交際をする前にセックスの相性を確かめてから交際をするかどうか決めるということは普通にあることです。

 

セックスにおいて男は自信がない分、やはり女性にはそれほどの経験がない人の方がいいと本音では思っているので、たとえ年齢やキャリアを重ねていても最初は「処女のごとく」男に花を持たせてやってください。

 

セックスにおいてほとんどの男は比べてしまいます。

あなたのことが好きであればあるほど、過去の男と比較してセックスにおいてどうだったか?

過去の男よりも良かったか?
過去の男よりもテクニックは?
自分のペニスの大きさは。

 

女性には本音は言いませんが、過去の男と勝負してしまう愚かな一面も男の可愛さと思っておおらかに見てください。

セックスにおいて男は焼きもちなんです!

ウソでもいいので、「あなたが初めて私を女にしてくれた人。」なんて言われたら男は全員、天に登るくらいうれしいんです。

あなたのは小さくない。

良かったこと、感んじたということを伝えてあげてください。それだけで男はあなたを愛おしく感じますから!

 

 

男はとてもわがままです。

あなたから迫ってキスしてほしいと言うと「そんなに俺が欲しいのか」と男にはこたえられません。

しかし何度も続くと、逆に嫌がられ次第にゲンナリするものです。

それは男の征服欲と関係しています。

征服する前と征服した後では欲望がまったく反対になることを覚えておいてください。

 

 

男は征服前に女性から迫ってくることは大満足ですが、征服した後は迫らないで少し距離を置いてじらすことも聡明な女性には必要です。

男は自由になる女性に魅力を感じなくなる生き物だということを忘れずに。
あなたが何でも自由にさせると男は次の獲物を探しにでかける生き物です。

 

浮気は次の獲物を探しに出かける狩りのようなもの。

 

女性であるあなたはいつも最高の獲物だと男に思わせること。

それができればいつまでもあなたを愛し続け追い続けますよ、男とはそんな生き物なのです。

 

男って面白い生き物でしょう!

 

このコツがわかると、男って単純!簡単です、そうなると益々あなたはいい女に変身!

是非、男に追いかけさせるいい女になっていつまでもHAPPYな関係を続けてください。

 

男は一旦追い続けることにスイッチが入ると手に入れるまで燃え上がりますから。

*でもこれを悪用するような女性にならないようにしてくださいね!

 

やはり恋愛は楽しくて面白いですね!

恋愛はゲームだったり、スポーツのようだったり、テクニックや技も必要な時もあったりします。

神様が与えてくれた最高のプレゼントですね!

せっかくのプレゼントなら思いっきり楽しましょう!

いいこともそうでないことも全部楽しんでいきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ