ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

選ばれる女から「選ぶ女の時代へ」

今の時代は女性から男を誘わないと口説けない時代になってきたようです。

『女が男を選ぶ時代がきた!』

 

夫婦間において、もう昭和の古き良き男女の関係は終わりを告げています。
若い男は草食男子とか言われ、漫画・ゲームなどに没頭し恋愛の対象としては?

 

夫は家庭を便利にしてくれる生活用品的な存在であって、女性は文化的存在の男たちを外に求めているとある女性誌の元編集長が語っていました。

 

そして元編集長は「男が稼ぎ、女が家を守る」時代は妻は夫が一人いれば満足していた。
今の時代は「男も稼ぎ、女も稼ぐ」という時代それぞれが結婚していながら、 別々の生活圏をもつようになってきた。

男も女もそれぞれ一人ずつの配偶者ではもの足りなくなってきた。とも書いていました。

 

そして女たちは社会的パートナーを探し始めている!
どういうことかというと、妻たちは生活者としての夫と、社会的・文化的な存在の男を必要としているのだそうです。

 

独身女性にアドバイスするのなら、社会的・文化的ないい男を探してその男と結婚しようとする努力は捨てるべきだと。生活者の夫は出来るだけ、稼ぎのいい男でよく、自分の趣味に合うようないい男はもう一人外でゆっくりと探せばいい。

 

元編集長の時代感を感じ取った生の声だと思いますが、時代が変わったのか?

いや!

そうではないかもしれません。

 

実は私の家系では昔からこの考えた方がありました。
「結婚は経済的に裕福な男とする」

多少の浮気ぐらいあたり前であり、男で浮気の出来ない男は経済的にも稼げないものだという考え方がありました。

 

だから女性は裕福な男とお見合いをして、経済的な幸せをまず手にいれること、愛情はあとからついてくるという人生の先輩達の話を聞きながら、そんなものだろうかと思っていたが、何十年とたった幸せな従妹の家庭を見ると、やはり人生の先輩達のいうことは正しかったというしかはありません。

 

私の家系が現在の日本よりも最先端を行っていたのかどうかはわかりませんが、幸せの条件としてやはり経済は最優先であることは間違いないようです。

 

愛は?

どこに行ったの?

 

『何を寝言をいっているの!
人生はそんな生易しいものではないのよ!』と天国でほほ笑んでいる祖母の声が聞こえてきそうですが。(笑)

 

そんな状況の中で育った僕にとって、愛のないセックスが出来るのか?という素朴な疑問がいつも頭をよぎっていましたが、現実は簡単でだれでも結婚すれば愛のないセックスを楽しんでいました。

そして、そのうちに同じ屋根の下で暮らし、子供が生まれてくると、愛のある幸せな家庭に見えるてくるから、人生とは本当に不思議だと思います。

皆、裕福で自由な愛のあるセクシャルライフを送っています。

 

「心配するな!」

「愛はあとから追いついてくる。」と言っていた祖母の笑顔が今でも忘れられません。

 

愛を求めて、家を飛び出した僕は世界をさまよい随分と遠回りをしてしまったようだと思いました。

しかしそのおかげで色々な愛の形もあることが解かりました、どちらが幸せなのかはそれぞれの価値観なので、比べるものではありませんが、それぞれが満足をしていればそれでいいと思います。

 

ただ僕はいい人生を選択したと思っています。

もし?

「もう一度生まれ変わっても、同じ人生を歩いて同じ女性と巡り合ってまた恋をしたいと思う」

今度はもう少しだけ、恋愛がうまくなていると思いますが。。。(笑)

couple-1502620__480

今日の題目から随分とそれてしまいましたが、「男から選ばれる」時代は確実に終わりをつげているようです。

『一流大卒出のアナウンサーと高卒出のプロ野球選手の結婚を見れば、それが良く分かる』

『どう考えても、知的な才女と文化的なコミニューケションが合うわけがないと思うのだが』とも元編集長は語っていました。

 

世界で一番幸せな国ブータンでは女性が夫を選び、妻は他に彼氏を持っても許される国だそうです。

当然、不倫という概念もありません。

 

男の時代は終わったのか?

それとも女性が強くなりすぎたのか?

 

だから男は優しい男に走るのか!と思うこともあるが、幸せと言う尺度から言えばどちらでもいい。

とりとめのないことを書いてしまいましたが、確実に「女性が男を選ぶ時代がきた」ということだけはどうやら真実のようです。

 

女性から選ばれない男達に幸あれ!

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

JOHN&MARY CEOジョン・サンデー

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ