ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

恋愛は「男と女の言葉の心理戦争」

恋愛は「男と女の言葉の心理戦争」です。

 

恋愛は相手よりも優位に立った方が断然有利、この戦いは楽しいものであり仮に負けたとしても深刻になる必要はありません。

ハリウッドスターでもそうだが、あれほど愛し合って結婚したのに別れるときは泥沼の戦いを演じます。

 

アメリカでもヨーロッパでも日本でもそれは世界共通の法則のようですが、以前結婚式の鐘の音はこれから始まる戦いの合図だと書いたことがありますがその通りだと思います。

 

今、笑っているあなたはすでに経験者であるし、その意味がよく分かっているはずだ。

え! わからない!

大丈夫です。いずれ解ります。

 

男と女ほど面白い生物はこの世には存在しません。

結婚は戦いであり、戦争である。ではその戦争をどうやって平和な解決へと導けるかだと思います。

 

相手が喜ぶ術さえ知っていれば、つまらないケンカやゴタゴタに巻き込まれないし、会話の中にほんの少しのユーモアを交えれば、たとえ喧嘩をしていても最後は笑顔になると思いませんか?

 

浮気や感情のもつれによるケンカ以外の8割はどちらが正しいか」でもめていると思います。

 

「俺が正しい!」

「いいえ、私の方が正しい!」
どちらが「正しいか」で口論し合えば、答は永遠に出ることはありません。

 

何故なら

私の意見が正しいと言えば、相手を否定することになるし、相手の意見が正しいと認めればこちらの考えは間違っていることになる。
決してそんなことはない。

どちらの意見も考えも間違いなんてない。

世界中のどの国の男女のケンカの始まりもこんな些細な事からみたいです。

 

ではこれを解決するにはどうすればいいのか?

答えは「お互いの考え方の違いを認める事」なのですが、これがすごく難しい。

これが出来ればほとんどの事は解決できる。

 

男は自分の考えの枠の中に女性をハメ込もうとするするし
女性は男の小さな枠の中にはめられないように抵抗しようとする。

男と女は「征服欲と自由欲」との楽しい戦いのようなものです。

 

男は女性を征服したがるDNAが生まれながらに持っているし、女性は自由でありたいと願うDNAを持っている。

では言葉と言う魔法を持って生きている我々はどうすればいいのか?

 

キーワードは「楽しい」である。

 

どちらの意見が「楽しい?」で言葉を交わしていみると意外とケンカにならないし、これまでの些細な出来事がウソのように丸く収まりmす。

「君のその考え方は楽しいね!」
「そう!ありがとう。」
「でもあなたのその意見も楽しくて素敵だわ!」
「いやいや、君の考え方の方がもっと楽しいよ!」

 

これは恋愛でも仕事でも人間関係においてもこの術を知っているだけで大抵の事は上手く行きます。

仕事だとこれが「面白そうですね」「ワクワクしますね」となり上下関係でも営業先でも気を悪くする人はまずいません。

 

正しいよりも楽しいで物事を選択してみる。

これは人生を楽しくするために必要なエッセンスでもあります。

 

暗い人よりも楽しい人の周りには人は寄ってくるだろうし、当然楽しそうにしている会社の製品の方がはるかに売れるだろうと思います。

恋愛でもいつも楽しそうにしている女性はやはり魅力的であり、そんな女性と会話をしてみたいと思うのは男なら自然なことであると思います。

 

女性はよくパワースポットのある場所に行くのが好きですが、でも自分自信がパワースポットになれば、男たちは向うからあなたを目がけてわんさか集まってくると思いませんか?
パワースポットに行くよりも自分自信がパワースポットになる。

もう少し補足すると、パワースポットと言うのは「魅力」ということになります。

 

あなたが持っているあなたらしい魅力をだすということ。

どんな女性も必ず何らかの魅力を持っています。

 

その魅力出している女性と出せないでくすぶっている女性がいるだけだと思います。

 

JOHN & MARYの僕たちがコンセプトにしているORGANIC  SEXY  LIFE「本当のあなたに出逢う」はまさしくあなたが本来持っている魅力を再発見する事なんです。

 

他の誰かに憧れる必要もない、あなたの素晴らしさはあなたの中に眠っているということを僕たちは伝えたい。

それが僕たちジョン&マリーの楽しいことなんです。

正しい⇒楽しい

 

人生は楽しいの選択です。

楽しい選択をしてこれからも大いに笑って進んで行きましょう。

ジョン&マリーはいつも貴女の応援をしています。

 

最後まで読んでくれてありがとう

ジョン・サンデー

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ