ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

愛しあうSEX「求めあうセックス」

愛し合うセックスと求めあうセックス。

言葉のニュアンスの違いですが、愛し合うセックスには時間をかけて優しく愛撫し女性とともに深い世界へと入っていくようなイメージがあります。

 

求めあうセックスには本能的で野性的なものを感じます。

部屋に入った瞬間からディープなキスをしてむさぼりあうようにカラダを交わす。

 

最近の女性が喜ぶ恋愛とSEXのテクニック本には髪をなでてキスをして首筋から・・・・・・と細かく書かれているものがあります。

時間まで決められていてとても親切なのですが?

 

 

30代の男性からこんな疑問を受けました。

 

彼は有名なSEXテクの先生の本を読み、マニュアル通りにこの順番を繰り返していたそうですが、次第に女性も男性も何か物足りなくなってきた。

 

マンネリとは違うけど、理由は解らないという疑問でした。

 

僕は「感じるセックスの専門家」ではないので、詳しいことは解りませんがただ一つだけ言えることはもっと本能のままでいいのではないかと思います。

愛やセックスを頭で考えすぎない。

 

セックスの基本は女性のためにあるということだけ認識していれば時に本能に任せたラブタイムも必要だと思っています。

僕たちが提案している「オーガニックSEX」は女性の為にあるものですが、料理で言うなら月に一度か二度のフランス料理のフルコースのようなセックスです。

 

時間をたっぷりとかけて、前菜から一つ一つ楽しむいつも違う豪華なセックスです。

でも時間のない普段の二人には「カジュアルSEX」でもいいと思います。

 

 

しかし絶対にしてはいけないSEXは!

男だけが射精して終わる「ジャンキー(添加物)セックス」です。

これは本能や情熱に任せたセックスとジャンキーセックスは違うものです。

 

ジャンキーSEXは女性を悲しませるセックスです、これを続ければ男のあなた自身も最後は悲しむことになります。

 

 

愛し合う二人が久しぶりに会う時や

何かの衝動で燃え上がるような恋の時や

ケンカしていた二人が何かのきっかけで仲直りをする時や

セックスをご無沙汰していた男女や

 

そんな時のセックスは本能のほうがいいと僕は思います。

 

不思議ですが、いつもは濡れない女性でもそんなときの女性は瞬間から熱く濡れているものです。

そんなときにマニュアル通りにキスから順番になんてしていたら、かえって冷めてしまいます。

 

特別な夜はオーガニックSEXで優しくディープに!

いつもはカジュアルSEXで楽しくエンジョイ!

そして、熱く燃える本能のSEX、お互いの性の情熱を素直に見つめ隠さないディザイア (desire)SEX!

 

このすべてがジョン&マリーが提案している「オーガニック・セクシーライフ」なんですね。

 

マニュアル通りの内容で忠実に守りながら、それはそれで楽しいものだとおもいますし、性の入門偏としてはAVよりもいいと思います。

書道でも柔道でも初級・中級・上級があるように性にもあります。

 

是非、入門偏から始まり、段階を経て上の階級へと成長していきたいとものです。

 

*でも、上級偏からおかしな道にそれる方も最近はいますので、その編はご注意!

 

愛し合うSEXと求めあうSEXどちらも素晴らしい!

 

SEXから体を交わしてから愛が芽生えることもあります。

逆に愛があるはずなのに、SEXをしてから愛が冷めるときもあります。

男女の仲とは本当にわかりません。

自分自身を信じて、あなたの本能が命じるままに生きることが大切だと思います。

 

ラブローションを通して愛を語る。

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

JOHN & MARY ジョンサンデー

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ