ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

ときには理想の女を演じてみる

女性はあくまで、男が希望するタイプになりきることです。

もし、彼が娼婦のようなサービスを求めるのならそうしてあげた方がいい。

なぜなら、その方が彼が勇ましく雄々しくなれるからです。

 

反対に初々しく、恥ずかしそうにするほうが彼が安心しるのであれば、そうしてあげたほうがいい。

「イッタふり」はあまり関心しませんが、セックスの行為中は常に彼が望んでいる女性像に近づけたほうが彼は喜びます。

 

女性は基本的に欲望が強いので「もっと、ほしい」と信号を送りそうですが、それで興奮する男性もいます、相手によっては「もうダメ、もう満足」と言ったほうが喜ぶ場合もありますし、そちらのほうが彼の自信を取り戻します。

 

実は男も女も軽いサド・マゾ趣味があるものです。

体質と言ってもいいと思います。

ある場面ではサドになったり、また違った場面ではマゾになったりします。

恋愛とセックスで言えばどんな時にSになるのかMになるのかを知っておくとお互いの性の不一致がなくなります。

 

 

何度もデートを重ねたのなら、お互いの体質を知ることができますが、最初はわからないものです。

例えば、女性が本来はMの体質でイジメられたいと思っているのに、彼もM体質だと女性はストレスがたまるものです。

Mでいるときに喜びを感じるのにSになってしまいつい小言をいってしまう。その逆もあります。

 

お互いにどちらのタイプなのか?

あなたが賢い女性なら彼のために会話やキスやペッティングで彼の性嗜好や趣味を解ってあげておくといいと思います。

 

彼を趣味や体質を理解して一度、理想の女を演じてみる「いい女の男を虜にするコツ」です。

 

男は一度でも理想の女になってくれた女性を可愛く、愛おしく思うものなんです。

理想の女になって、彼を虜したら今度はちょっと意地悪して小悪魔にもなってみる。

 

男と女の恋のゲームはどちらが上位者になったほうが有利!

恋の駆け引きも恋愛を盛り上げる手段のひとつとして時には取り入れてみるといいですね。

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ