ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

欲望のスイッチをオンにする。

欲望のスイッチをオンにする。

 

多くの方の恋愛相談をうけていると、自分の欲望にフタをしている方が実に多くいることに気づきました。

男性も女性も同じですが、真面目な方や道徳に縛られている方や長い間自分の感情を出さないで生きてきた方に多いように思います。

 

素直な欲望は生きる上でとても大切なこと。

程よい欲望は目標になります。

素直な欲望はまわりの人を感動させることもあります。

そして何よりも自分自信を解放させて、生き生きと輝いて生きることができると思います。

 

 

実は僕の実家も道徳にはとても厳しい家系だったので、自分の欲望に素直なることに随分と抵抗を感じたとがあります。

健全な欲望を持つこと素直な欲望を表現することを行うと人生がとても上手く動き始めたように感じています。

仕事も恋愛も人間関係も上手く回り始めたんですね。

 

欲しいものは欲しい!

良いもの素敵なものを我慢することはない!

最高にオシャレして、美味しい料理を楽しむ!

 

そのために人を傷つけてはいけませんが、適度な欲望はやる気や夢に変わります。

 

 

恋愛もセックスも同じで、好きな人をデートに誘えない。

食事さえも誘えない男性が今社会問題としてNHKの番組で取り上げられていました。

恋愛をしない、できない男が急増している。

食事の誘い方から、どんな風にデートをすればいいのか?

それをコーチングしてくれる先生もいるそうです。

 

 

何故?

誘えない男たちが増えたのかはわかりませんが、先日30代の男達3人を連れて合コンパーティに誘ったことがあります。
どちらかというとイケメンの彼らですが、女性が目の前にいるのに全く話をしない。

女性は会話をしたいのに無視をする。

要は人に対する気遣いが出来ない子供なんですね。

僕はこの若いバカたれどものために必死になって場を盛り上げようとしているのですが、全く盛り上がらない。

 

 

頭にきた僕は

お前たちに聞くが彼女は欲しくないのか?
セックスを最後にしたのはいつなんだ?

お前たちはオナニーの神様の申し子なのか?

 

などと質問をぶつけてみました。

 

すると彼らは渋々答えたのです。

実は童貞なんです。

は?

30歳で童貞なのか?

一流大学を出て、一流企業に入って童貞なのか?

いったい今まで何をしてきたん?

 

ひょっとして男が好きなのか?

おれを襲うなよ!

 

などと冗談を交えて、呆れてしまったのですがヨクヨク聞いてみると女性は好きなんだそうです。

本当はキスもしたい、セックスもしたい。

それをずっと隠して生きてきたようです。

 

自分の欲望にフタをして生きてきたんですね。

ほんの一例かもしれませんが、これが現実なんですね。

ヤンキーや暴走族に何人も彼女がいるのに、なんで一生懸命に生きているお前たちに彼女が30年もいないのか?

おかしいと思わないのか!

 

ということで!

これで帰しては男としての名に傷がつくということで!

再び合コンの場で「彼らは童貞だけど、それでもいい人いますか?」

と女性達に聞くと、一気に場が盛り上がり、さっきまで旬としていた女性達も花が咲いたように輝きだして「は~いOKです」と声が楽しそう!

 

それからは嘘のように楽しいパーティになって、3人とも彼女をつれて次のお店へと消えていきました。

その後、どうなったのはしりませんが、人の魅力とは欲望にフタをしていると本当の魅力が出てこないんだと思います。

その人だけが持っている輝きみたいなものを自分で抑え込んでいる。

 

女性だっていい男に抱かれたい。

それが真実です。

 

自分の欲望に素直になるというとはとても簡単なようで難しい。

でも!たった一度の人生、自分の欲望に素直になって楽しんだほうがいいと思いませんか?

お空の神さまが人間に与えてくれた欲望という最高のプレゼント。

ぜひ、大切に使っていきましょう!

 

ジョン・サンデー

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ