ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

潤滑ローション「濡れない悩み抱えていませんか」

濡れない悩みは貴方だけではありません。

濡れない…

悩みを抱えていませんか?

実は今、濡れない・濡れにくいという女性が増えています。

中には、セックス自体が気持ち良くないという方や、セックス自体に興味を持てない方が増えているのです。

セックスでの不満は、私生活での不満やイライラにも繋がるため、女性だけでなく男性にも大きな問題なのです。

今日は濡れない人のために少しだけ、参考になればと思って書いてみますね!

 

 

どれくらい濡れればいいの?

性行為で男性がペニスを挿入します。

その際にスムーズに膣内にペニスが入り、男女ともに出し入れしても痛みがなく気持ち良さがあれば正常な分泌量・濡れ具合と言えます。

肌と肌が普通に擦れあう感じがする場合は性交痛の原因となり、濡れ方が不足しています。

濡れる量としては、あふれんばかりに濡れて陰部全体がびちょびちょになる人もいれば、 中のほうだけがしっとり濡れたり、 ほんの少し内部が湿った感じのする方ももちろんいます。

逆に、中にはかなり濡れすぎることを悩んだり恥ずかしがる方もいます。

大量に濡れることは恥ずかしいことではなく、セックスでの気持ちよさ・満足感をあげてくれるため、より多く濡れることの方が好ましいです。

 

濡れない原因は?

 

『生理やその日の体調で濡れない』

濡れない原因として、当然ながら女性は毎月生理もあるため、その日の体調にも影響されます。

そのため『濡れない・濡れにくい日がたまにある』という方は、全く問題ではありません。

逆に、そのことで悩む方がストレスになってしまうため、気にし過ぎないほうが良いです。

しかし『毎回なかなか濡れない・感じにくい』という女性の場合は、原因がかわってきます。

 

 

『彼が下手で濡れない』

男性がセックス下手であったり、自分本位であったり、相性があっていないために濡れないという場合です。この場合は男性のテクニックや気遣いなどを改善することになり、男性側の問題となります。

 

 

『パートナーや男性にそこまで興味がない』

女性は、心で感じる生き物であるため、好意がない場合には全く濡れないということが、往々にしてあります。

特に風俗等で働いているセックス経験の多い女性に意見を聞くと、興味がない男性に対しては全く濡れないという意見があります。

逆に好意のある男性に対しては濡れやすくなるとのことです。

つまり、女性の精神状態が濡れることに大きく作用している実体験とも言えます。

 

 

『オナニーのしすぎで、セックスで濡れない』

オナニーでは濡れるのに、セックスになると濡れないという方がいます。

この場合はいくつかの原因が想定されます。

1つめの原因としては、男性とのセックスでは1人でのオナニーと違って緊張や羞恥心が起きるため、その緊張のために濡れなくなるというものです。

性体験の少ない女性や繊細な性格の女性におこります。

もう一つの原因として、オナニーの感度・気持ちよさに慣れてしまったために、男性の指や口・ペニスでは感じにくくなってしまったという場合です。

濡れない悩みと同様に、オナニーではイけるのにセックスではイけない女性も増えています。

 

『先天的な体質で濡れにくい』

生まれもった先天的な体質により、濡れやすい・濡れにくいの差はあります。ただし、これは性体験の数や質により改善されるものです。

オナニーすることや、男性とのセックスの回数が増えるにつれて身体が発達するため、濡れるようになりまたイけるようになります。

ただし男性が下手であったり自分本位である場合など、女性にとって満足のできないセックスの場合には、なかなか改善されません。

 

濡れるための基本改善方法として

基本的な体質改善はもちろん大事なことですが充分な睡眠をとったり、正しく栄養のある食事をとることが大切です。

女性の精神状態が濡れることに大きく影響を及ぼすため、ストレスをなるべくためないようにすることも大事です、後はセックスに罪悪感を持たないことも大切な要素です。

パートナーとのコミニュケーションを深めてなんでも話あえる環境を作っておければベストですね。緊張をほどいて、リラックスできる環境をつくることが一番のコツなので日頃のコミニュケーションを大切にしてください。

きっと、素敵なラブタイムがあなたを待っていると信じています。

安心してくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ