ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

嫉妬は神様からの素敵なプレゼント

こんにちはJOHN&MARYのジョン・サンデーです。
今日は「嫉妬の感情」に悩んでいる30代の女性から相談があったのでそれについて書いてみますね!

 

何故?

人を好きになると嫉妬という感情が芽生えてくるのか?

 

自分のものにしたい!

不安や嘘をつかれているかも?
相手のことを信じたい!

などなど、恋をすると色々な感情が湧き上がってくるものです。

嫉妬ほど自分自信が嫌になる感情はありませんが、これも人間が持つ素直な感情だと思えばいいと思いませんか?

 

恋愛においての問題は嫉妬している感情を黙って押し殺し、自分の中に秘めてしまうこと、感情を表に出さないことです。

女性なら、「私は今あなたに嫉妬しているのよ!」と可愛く言えば、相手はその人を愛しく思うものです。

 

感情を素直に言えるほうが精神的にはいいように思います。

自分の感情を素直に出す。

嫉妬が悪い感情という罪悪感を取り除き、嫉妬は素敵な神様のプレゼントだと思ってどんどん素敵な嫉妬をしましょう!

 

嫉妬深い女ではなく、嫉妬はするけど、かわいくて素敵な女に変身する方がいいと思いませんか?

「嫉妬されてうれしいでしょう」と高飛車に出るくらいが恋愛は丁度いいものです。

 

 

実は男は嫉妬されてイヤだとはそれほど思っていません。

イヤなのは嫉妬されてストーカーになったり、心の中にため込んだ感情をある日爆発させたり、悶々として暗い雰囲気を出されるのがいやなんです。

 

男は女性から可愛く嫉妬されると何とも言えない心地よい感情が沸いてきます。
恋をもう一歩先に進めるために素敵な嫉妬攻撃も悪くはありませんね。

 

男の嫉妬ほどみっともないものはないと男同士では言われていますが、女性なら嫉妬は可愛いものです。

 

どんどん嫉妬して彼をチヤホヤさせてあげましょう!

 

そしてある日、あなたが嫉妬しないでいると男は急に慌ててしまうのです。

今まで自分の思うとおりだった彼女が急に思うとおりに?にならなくなった。

今度は彼があなたに嫉妬する番ですね!

 

 

恋の駆け引きは楽しい!

是非、嫉妬と言う感情を恋を楽しむために使ってみたらどうでしょう?

「そんなこと難しくてできません!」

いえいえ!

嫉妬に狂って、感情を乱してケンカするよりも楽しんだ方が恋は素敵なもに変わります。

 

素敵な女になって、彼に嫉妬させてください。

 

 

嫉妬して嫉妬される。

愛して愛される。

同じことだと思いませんか?

 

恋をすると心の中に眠っている色々な感情が目を覚ましてきます。

自分の心の中にどんな感情が眠っているのか?

それを発見するのが恋愛なのかもしれませんね!

嫉妬の感情もその中の一つ。

 

自分自身の新しい感情を見つけて、セクシーライフを楽しんでください。

違う素敵な自分を発見して、新しい自分に変身してみましょう!

 

恋をして嫉妬して、いい女になる!

僕はそう思っています!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ