ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

女の知らない「男」の本音

「贅沢なレストランでこのワインは美味い、まずいと言った話をしているような男とはあわない方がいい」

彼がワインの専門家であるなら別ですが、普通の仕事をしていてお酒の味を誇るような男なら素早くつき合いを断つほうが賢明だと思います。

 

仮にそんな男の妻になったとしても、そんな男は別の女性を連れてどこかのワインバーで同じ会話しながら口説いていると思います。

 

もし、惚れるのなら彼の将来と志を買うような優しさと気骨のある男性を選択してほしい。

男の財産や贅沢に惚れて、幸せなることは映画かドラマの世界だけです。

 

今日は男というものを少しだけ知ってもらいたい、そんな気持ちを込めてお伝えしたいと思います。

 

いい男が絶対選ばない女とは

今の世の中、条件のいい男を捕まえるのはむずかしいと覚悟しなければなりません。

 

いい女ほど?いい男を捕まえられない。そんな女性にならないためにも気つけてほしい6つの心得として。

①自分をいい女だと勘違いしている

②顔の美しさが売り物になると思いっている

③頭の中は関係ないと思っている

④自分中心に「愛」というものを考えている

⑤付き合っている男たちのレベルが低い

⑥年上のレベルの高い男女に好かれる言葉使いが出来ない

 

こんな女性達は遊び相手の男はたくさんいると思いますが、社会で活躍しようとしている男たちは、性格の悪い女性は選びません。

「男・ぜいたく・遊び・エッチ」この4つしか興味のない女性は遊びの男達からすると都合のいい相手でしかありません。

 

いい男たちが結婚を考える女性は良妻賢母、もっとズバリ言うと頭のいい女性が好きです。

一般常識やマナー、言葉の使い方を知っている女性、目上の方との接し方を心得ている女性を選びます。

 

顔が綺麗、スタイルがいいというだけでは、遊びに便利な女性として都合よくつかわれるだけです。

 

「いい男っていないわねえ」という女性には、いい男がただ素通りしているだで、いないわけではありません。

いい男に避けられていることに、気がつかないそんな女性にはならないように気を付けてほしい。

 

いい男はすぐ近くで、いつもあなたを見ているということを忘れないように!

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ