デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

セックスが気持ちよくない?|ラブローション専門ブランド

セックスが気持ちよくない、という女性たちが増えている!

 

残念ですが、今そんな女性たちが増えていると言います。

 

セックスは誰の為にあるのか?

基本は2人の為にあるものですが。

 

 

女性が満足して、初めて男の喜びになる。

男女のセクシャルな関係を研究していて、女性の満足が男の喜びになります。男が射精して満足して終わるセックスの時代は終わりを告げています。

 

まだ、男性本位のエッチしか知らない。

これがセックスだ!と思っている男性はこれからの時代、女性から好まれることはないでしょう。

 

セクシャルなことに関して、女性は男性よりも開けていますが、女性は男性からの優しさを求めています。

 

女性は愛したい性質。 愛して愛されたい。これが女性の本質です。

ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!

 

男というものを極めていくと、一言でいうなら!

男の価値は『優しくて、ユーモアがあって、お金を稼いで、セックスがうまい(女性に優しい)。そして、社会に貢献出来る男』ということになります。

 

 

女性が気持ち良いセックスを体験するには、男性の愛撫の上手さと丁寧さが大切だということは誰でも知っていること。

 

 

女性にとって気持ちいセックスとは?

 

自分がしてもらいたいことを、確実にしてもらうこと。

あなたがして欲しいことを、素直に伝えられる関係になること。

感じる場所を教えてあげること。

 

「わたしの秘密の場所を、アナタだけに教えるね!」なんて言われたら、男はイチコロですね!

 

あまり気持ちがよくないのに、彼に悪いからという理由で気持ちいいフリしないことも大切ですね!

 

 

 

それでも、気持ちがよくないなら!

セックスの上手い男性と巡り合う?という運命の出逢いしかありませんが!

 

 

本当のエクスタシーは「もっと自分を開放してあげること」から生まれると思います。

ほとんどの女性は自分の殻にこもって、自分の良さを出しきっていないように感じます。

 

 

 

海外のモデルや女優のように!

それぞれの名言をご紹介しますね。

 

●キャメロン・ディアス(女優)

『私たちは、セックスをするためにこの世界に生きているのよ』

 

 

●ミランダ・カー(モデル)

「ミランダカー」の画像検索結果

セックスをしないと、体が引き締まらなくなってゆるんじゃうのよね。

セックスすればするほど、胸やお腹がキュっとなるの!

 

 

●リタ・オラ(モデル)

関連画像

セックスは、肌を通して相手を知る大切な事なのよ!

 

 

 

●ケイト・モス(イギリスのモデル)

セックスに自信を持つことが、40歳を超えてさらに輝きつづける秘訣だと思うの!

 

 

人生を真剣に楽しんで、自分を開放している女性達の言葉だから説得力があります!

 

 

女性に喜ばれる気持ちの良いセックスをしたければ、セックスのテクニックを磨くことも大切ですが、甘い言葉や女性が濡れる雰囲気、体が思わず潤う美味しい食事も大切ですね。

 

 

そして、

時にはジョン&マリーのラブローションやプレイジェルを使ってみるのも悪くないと思います!

 

 

 

女性にはたくさんの感じる部分があり、それを探し当てることは男にとって一番楽しいことです。

女性によって感じる場所はまったく違います。

同じ女性でもその日の気分や雰囲気でも変わってくるから女性は不思議です。

 

 

女性の性感帯を探す楽しさと、中々見つけられないもどかしさと。その両方が男女の関係をまた楽しくさせてくれるんですね。

 

 

イッタふりをするよりも

「どう? 感じる」

「う~~ん、ちょっと違うかな」

「今日はお預けね、また今度探してね!」

 

そんな会話の方が、男は燃えてあなたを追いかけるたくなる!

 

そんな男と女の本音の関係が心地いい。

 

 

イッタふりして別れた後に、SEXの下手な男だったわ!なんて言わないように!

男も「すごく良かったわ!」と言われた後で、セックスの下手な男だった!なんて思われないようにしたいものですね!(笑)

 

 

女は雰囲気で感じ、言葉で潤い、触れて濡れる
女性はある一定の限界点を超えると感じ続けます。

男とは全く違う感じ方をします。

男が感じる部分は90%がペニスですが、どうも女性にはそれが中々理解できない。男と女のエクスタシーの感覚は違います。

 

体を触られて気持ちがいいのは男女同じですが、男で首筋が感じるなんてことはあまりありません。どちらかというと、くすぐったいというのが本音。

 

ただペニスの周りには特別な感じる部分が男にもあります。
男も言葉で「燃えるスイッチ」が入る!
女性が自分の腕の中で、体をヨガって熱い言葉を発すると燃えてしまうのも事実。また服を脱いだ時のランジェリーで興奮することもあります。
男は目と言葉で興奮する。
年齢によってはコスチュームやプチSMプレイなども、マンネリから抜け出すにはいいことですね。

 

女性は雰囲気で濡れ、男性は雰囲気よりも視覚で燃える!ことを知ってください。
男性は雰囲気で女性を酔わせ、女性はセクシーな服やランジェリーで男を目で誘う。長年連れ添った男女の間でも、忘れてはならないことですね。

 
「女性」と「おばさん」の違いは?
女性は「いつまでも男を誘うことを忘れていない人」オバさんは「もうそんなことに興味がない人」とある女性が言っていました。

 

 

男の力量は、女性がいつまでも魅力的にいられるようにすること。

女性はどんなに年を重ねても、素敵な女でいたいと思うもの。それを男は忘れてはならない。

 

 

ジョン&マリーの潤滑ゼリーやラブローションは女性の潤いのために開発したものですが、女性が喜べば男は嬉しいものです。

 

男は女性を喜ばせることに生きがいを感じて、そんな女性の笑顔をみるのが楽しい。
あなたの大切な方が「おばさん」にならない為に、いつまでも美しく可愛いままで年齢を重ねさせてあげて下さい。

 

それが男の存在価値です。

 


“LOVE


【SEXが気持ちよくない 関連記事】

ラブローションを知らない方はこちらへ♡

殿方に知って欲しいセックスで濡れる時間帯

ラブローションの選び方

初めての方へ【ラブローションの使い方】


 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ