ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

女性は口説かれるのが好き、女性を説得する3つの法則

女性は口説かれるのが大好き!

だから、男性は女性を口説くことが男としてのマナーであり、いい男のルールだと思いますが、最近はどうも口説けない・声をかけられない男性が増えてきたとNHKのある番組で言っていました。

声を掛けている男性はモテる。

有名な言葉に『美人の横に座れるのは美人に声をかけた人だけ』という名言がありますが、声をかけることはとても勇気がいることですが、それを乗り越えて素敵な女性をものにする。それが恋愛の醍醐味だと思いますが?皆さんはどう思いますか?

 

今日は女性を説得する3つの法則をお伝えしたいと思います。

 

女性は口説かれるのが好き、女性を説得する3つの法則

1.具体手的な表現方法をする事

女性は基本的に安心が欲しい。女性は不安を取り除いてくれる男性に好感を持つものです。具体的に言うと、「また連絡するよ」と言われるよりも「来週の水曜日に電話するね」と言われるほうが女性は安心するのです。

また連絡するという言葉は女性に足しては最悪の表現方法です。女性はあいまいさが何よりも嫌いなのです。女性からすれば、「もう会いたくない」と言っているようにも受け取られるのです。その女性を失いたくないと思っているのなら、こういう表現方法は絶対にしない方がいいようです。

女性は具体的にイメージする表現方法が何よりも安心するのです。

 

 

2.イメージが浮かぶ言い方をすること。

「今夜、電話するから」よりも「今夜の10時に必ず電話するからね」と言ったほうが女性はイメージがしやすい。そうすればお風呂をすませて準備もできる。女性は説得するとき、このように彼女自身がイメージしやすい表現方法を言ってあげる方が男の優しさだと思います。

 

仕事でも「終わったら帰っていいいよ」「適当に仕事片づけたら帰っていいよ」と言われると女性はさっぱり解らない。「え!どこまですればいいの?」逆に反発を食らうだけです。

賢い男性なら、「あと2時間やってくれたら帰っていいいよ」とか「ここまでやってください」と具体的に言えば、女性はきちんとその枠内で頑張れるのです。

 

 

3.女性を説得するには小声で話す。

女性はとても繊細ですので、大きな声よりも小声でゆっくりと話された方が好感を持ちます。

大声でガンガンやると、「内容と関係なく女性にはガサツな男」に映ってしまいます。

「この人は私の趣味じゃない」「こんなタイプは苦手」と最初の段階で嫌われてしまいます。

 

女性はある意味、つねに説得されたがっている部分があります。口説かれるのが好きで「いかに自分をいい気持にさせてくれる男性を求めている」、そんな男性を楽しみにしていると思ってください。

自分をいい気持にさせてくれる、そんな男性との出会いを楽しみにしているのです。

小声で低い声を出すというのは心理学的にも繊細で知的な人だと判断されます。また大きな声で話すしてしまうとバカで軽率な人とみられます。

 

小声で話すことは女性が安心するからです。

 

最近、彼女(妻)と上手くいっていないぁと感じているのなら、この3つの法則を使ってみてください。きっといい関係に戻れるかもしれません。

女性を安心させることが何よりも男にとって大切なことなのです。

 

女性の心に中のモヤモヤや不安を解消してあげること!

 

そして、

男性は恋人(妻)を説得しようとする時「愛している」といういい方をしますが、でもこれはあまり説得力のあることではないようです。

なぜなら、漠然としているから。

具体的にどうし愛しているのか?または愛している結果としてどうなるのか?

それが女性が知りたいことなのです。

“LOVE


“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ