ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

女の色気、男の色気【人を引きつける色気の作り方】NO1

ラブローション社長のブログにようこそ!

生きる上で最も大切なことは色気だと思う。

20代の若いころには色気の意味がよく理解できませんでしたが、年齢を重ねると色気が仕事も恋愛も人間関係においても、そして子育てにおいても最も重要なこと大切なことだと感じるようになりました。

 

女の色気、男の色気【人を引きつける色気の作り方】NO1

これまで多くの魅力的な男女と触れ合ううちに、感じたことはセクシーな人ほど何をしても上手くいくといことです。

今日はその理由をお伝えしたい!

仕事でも恋愛でも、色気のある人のところに人が集まってきます。男同士でも、『あいつには負けたな!』と感じる相手はだいたい色気のある男です。

外見は奇麗なのに、なぜか?モテない。そんな女性もいます。そんな人に限って色気がない。
美人=セクシーではないということ。

 

魅力とは色気です!

お店でも会社でもそうですが、流行っているお店や伸びている会社というのは魅力がある。そこで仕事をしてる人に色気がある。

人生に花を添えるのは、色気。

色気は生き方そのものです。あなたのすべてが表れる。

色気には知性があります「知性や教養はないけどセクシー」ということはありません。

 

色気が溢れている男は新しいことにチャレンジしていたり、何かに夢中になっていたり、仕事で自分を高めている時に男の色気がでてきます。いい男でもチャレンジしていない時や冒険をしていない男には色気は出てきません。

①色気のある男は誰に対しても優しい。
色気のある男は弱いものに対して、優しさを持っています。強いものには向かっていく強さも持ち合わせているものです。そんな男にはセクシーな魅力がにじみでるようです。

 

②色気のある男は女性の意見を肯定することができる。
時々、男女で意見を交わして激論をしている人達をみますが、色気のある男は女性に対して言葉の攻撃をしたりしないもの。夫婦でも恋人でもそれは同じことだと思います。

 

③色気のある男は知っていても知らないふりをする。
知識を見せびらかす男ほど色気がないものです。色気のある男は知っていても知らないふりができる。相手に花を持たせることができるものです。特にそれが弱い立場の人ならなおさらです!

 

④色気のある男は年齢を気にしない。
仕事も恋愛も年齢は関係ありません。色気のある男ほど、自分の年齢も相手の年齢にも気にしない余裕を持ち合わせているものです。

 

⑤色気のある男は孤独を楽しむことができる
孤独を楽しむことができる人は愛のある人だと思います。自分の心がいつも幸せだから孤独も寂しさも友達にできる。だから人にも優しくなれるようです。

 

⑥色気のある男は過去にこだわらない。
色気のある男は終わった過去にこだわりません。悪いことも良いことにも。次に来る新しい未来の出来事がもっと素敵なことだと知っているからです

 

⑦色気のある男はいつも目標や夢を追いかけている。
色気のある男たちはいつも未来の夢を子供のように追いかけているものです。それがたとえ60歳でも70歳でも80歳になっても!そんな男に女性は堕ちてしまうものです。

 

⑧色気のある男は恋の喜びと悲しみを知っている。
心を燃やすくらいの激しい恋をしたことのある男なら喜びと悲しみの深さも知っています。その人なしでは生きていけない、そんな恋の経験がある男なら本当の色気を知っているものです。

 

⑨色気のある男は笑っている顔がいい。
色気のある男ほど、笑顔がよく似合う。どんな時にも周りを笑顔に変える力を持っているもの。そんな男に女性は魅力を感じるものです。

 

⑩色気のある男はモノを大切に扱う
色気のある男ほど物を大切に丁寧に扱います。大切に丁寧に扱えない男に女性を幸せにしたり、イカせることはできないと思います。

 

⑫色気のある男ほどシンプル
色気のある男ほど、ファッションも仕事の進め方もそして生き方もシンプル。無駄な装飾がない。自分自身をよく知っているからだと思います。

 

⑬色気のある男はSEXも丁寧。
自分を満足させるよりも女性を満足させることに集中するから、女性のためのSEXを心がけているから大切に丁寧に愛することができるようです。

 

今日は「女の色気、男の色気。人を引きつける色気の作り方NO1を書いてみました。せっかく生まれてきたからには、素敵な色気を出して、もっと人生を楽しんで恋人・妻と素敵な関係を持ち続けていただきたいと願います。

 

愛することは=色気!なのかもしれませんね!

では素敵なラブタイムをお過ごしください。

“LOVE


“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ