ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

男の使命とは女性を守ること、女は守られて美しくなっていく!

ジョンマリ社長のブログへようこそ!

 

潤滑ゼリー(ラブローション)の発売から、1年半が過ぎました。お陰様で多くの方々がお買い求めいただき心より感謝いたします。

産婦人科様やエステサロン様などからも販売したいとお声を頂き、本当に嬉しく思います。

また、海外からもお問い合わせをいただき嬉しく思います。

 

 

離婚して、不思議な縁でラブローションの会社を作りました、今度はフランス式のデリケートケアの製品の販売を計画してますが、ジョン&マリーの原点は男女の関係をHAPPYに、そして愛を深めること。

 

 

今日も、51歳のチャーミングで笑顔の素敵な女性とカフェで、2時間ほどお話をさせていただきました。

 

 

彼女は今月、離婚する。

「結婚生活の卒業」、そして「本音で生きる」ことを選択されたそうです。自分自信に嘘のない人生を歩んでいきたい。それが彼女が選択した心の中だと思いました。

 

 

お話をお聞きしているうちに、男の役目とは使命とは何か?

そんなことを考えました。

 

おカネを稼いで、経済的に豊かにする。

夢や目標を向かって歩んでいく。

社会に貢献し、誰かの役に立つ。

 

でも、その原点は「女性を幸せにする」ことだと思います。

 

幸せ=守ること。

何があっても君を守る。

家族を守る。

 

言葉ではなく、行動で。

その安心感が、女性を癒す。

 

女性にとっての希望とは?

この人について行こう!

何があっても、この人なら信じられる!

 

女が男に惚れるとは、実はこんなことだと思います。

 

女性は誰かに守られている安心感があれば本当は幸せ、それが望んでいることではないかと思いました。

日本で言う「粋な男」フランスで言う「センシュアルな男」とは、守ることのできる男のことだと自分なりに解釈しました。

 

会社のトップなら社員を守る。

夫なら妻を家族を守る。

リーダーならチームを守る。

 

時にはユーモアに、笑いを取り入れて守ることもある。

 

でも最近は、誰も守ってくれない。だから誰も信用できない。そんな関係が出来上がっているように思いました。

 

20代・30代の方には、少し古臭い生き方もしれませんが、これが男として生まれたきた役目だと今は思います。

 

そして、本気で愛していないと守ると言う言葉は言えません。結婚詐欺師なら何度でも言えるでしょうが、まともな男なら、愛がないと言えない言葉です。

 

女は守られて、綺麗になっていく。

もし、二人の関係がうまくいっていないのなら一度本音で話し合ってみてはどうでしょうか?

男はプライドが高いので、めんどくさい素振りをしますが、実は女性を守りたいけど守れない男ほど素直になれないんです。

 

男は自分の弱さを認めて素直になることは時には大切なことだと思います。女性は意外と受け止めてくれるものです。(女性の方が心が広い!)

 

過去に、

女性を守れなかった男として、今日はお話をお聞きしながら、ふっ~とこんなことを思いました。

 

 

最後に、

最近よく聞かれることがあります。

『離婚してよかったことは何ですか?』と。

 

答えは、結婚も離婚も一度は経験できたこと、離婚してジョン&マリーの会社を作っので女性のことが少しだけ理解できるようになったことが良かったこと。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!。

 

 

潤滑ゼリーならオーガニックを!

二人の愛を深めるラブローションなら、ジョン&マリー!

“LOVE

デリケートケアのジャムウソープはこちらからどうぞ!
“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ