デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

性交痛や濡れないなんて、もう言わせない!私は濡れて熱くなる!

ジョン&マリーからお知らせです。

やっと、世界最高水準のオーガニック・デリケートケアコスメが完成しました。

オーガニックレベルは96%~100%で作りました。

 

2年の歳月を費やして、やっと完成しました!

 

ラブローション同様、何度も何度も試行錯誤しながら、オーガニックレベル95%以上という世界最高水準にチャレンジしました。

 

現在販売されているフランスやイタリア・ドイツなどのデリケートケアコスメと比較しても最高レベルのケアコスメです。

ジョン&マリーはオーガニック・ラブコスメで世界一を目指しています。

 

なぜならデリケートゾーンは皮膚の42倍の吸収率、だからトコトンこだわり抜いたんです。

 

 

年齢に関係なく女性なら「潤うからだ」つくりに役立ててほしい。

女性性をアップして、

性交痛や濡れないなんてもう言わせない!

熱く濡れて、潤ってほしい!

 

ということで!

美膣のススメ!


センシュアルビューティー・ケアで「もっと輝くあなたに」

 

女性なら当たり前のケア、そろそろ始めてみませんか?
膣ケアとは“自分を大切にすること”。
女性として生まれた貴女にとって実はものすごく大切な場所。
命をつないでいく、女性としての自分を尊重する場所・・・それが膣なのです。

最近、膣ケアしていますか?

 

「ケア不足」&「勘違い」でデリケートゾーンのトラブルが増えています。
美容が大好き!という方でも、案外お手入れをしていないデリケートゾーン。
フランスやアメリカではものすごくオ-プンに語られていて、母から娘へ伝えられる大切なコミュニケ-ションの1つであり、デパ-トにも化粧品と一緒にデリケ-トゾ-ン用品が置かれているぐらい。

 

海外ではオ-プンなんですね。

 

しかし、日本ではあまり語られることが少ないデリケ-トゾ-ンケアなので、自己流のケアで思わぬトラブルを招く恐れもあります。
膣は女性を魅力的にしてくれる大切な場所ですから、お肌のケアをするのと同じ感覚で、普段から丁寧にお手入れをしてほしいと思っています。

 

 

毎日お顔を洗うのにデリケ-トゾ-ンはそのままでいいのでしょうか?
ケアの現状とトラブルについてこんなデータをご紹介します。

 

Q1:デリケ-トゾ-ンケア商品を使っていますか?

現在使用している 26.7%
過去に使用していた 30.0%
使用した事はないが興味がある 41.3%
使用したことも興味もない 2.0%

 

専門のケア商品を使っている人は4人に1人。実際にケアしている人は少数派なんですね。

 

 

Q2:デリケ-トゾ-ンケアで悩んでいることは?

かゆみ 62.0%
ニオイ 50.3%
おりもの 41.3%
ムレ 38.3%
黒ずみ 25.7%
かぶれ 20.0%

 

2人に1人が「かゆみ」と「ニオイ」に悩んでいること、実にたくさんのトラブルで女性達は日頃から悩んでいることが分かります。きちんとケアをせずになんとなくで放置しているという現状。

 

デリケ-トゾ-ンのケアは健康のためにも必要なんです。

 

おりものや経血が分泌され、垢もたまりがちな場所なのでムレやすい。こういった汚れをケアするだけで、ちょっとしたかゆみなどは十分に防げます。
しかし、多くの女性が“自己流”でケアをしている現状もあります。

 

 

デリケ-トゾ-ンはph値が弱酸性。けれど、ドラッグストアなど手軽に使用できるボディ-ソ-プはアルカリ性であったり界面活性剤などの石油成分で作られています。

膣には「自浄作用」という外部の菌から膣内を守ってくれる作用があり常に弱酸性に保っておく必要性があるのですが、デリケ-トゾ-ン専用ソープ以外のものを使用していると自浄作用を弱めるどころか善玉である常在菌まで奪い、経皮吸収率がとても高いデリケ-トゾ-ンには使わない方がよいのです。

 

年齢を重ねるとお肌が乾きやすく、肌のごわつき感が増すもの。でも、それはお顔だけではなく全身で生じる現象です。デリケ-トゾ-ンも例外ではなく、次第に乾燥しやすく、会陰や膣の筋肉も硬くなってきます。
そして今、年齢に関係なく膣粘液が十分に出ないという日本人女性が増えているのです。

 

ドライアイ、ドライマウスという乾燥症状同様に、ドライバジャナという膣粘膜に十分な粘液が出ずに乾燥している状態の膣の方もいます。そうすると、性行為時に痛みが生じたり気持ちいいと感じず、セックスの時間が苦痛になる・・・という事もあります。

 

デリケートゾーンが乾燥する原因として

1洗いすぎ&ウォシュレットの使いすぎ
2ストレス
3女性ホルモンや自律神経の乱れ

 

膣粘液のおかげで、外部からの菌から膣内を守ってくれているという点や射精された精子が子宮内をスム-ズに移動するサポートの役割もあるので妊娠には必要なのです。膣液の分泌は、不妊症・更年期障害などにも深く関わっていると医学的にも証明され始めており、膣内の乾燥は意外と侮ってはいけません。

 

ニオイやかゆみの原因として、雑菌・食生活の乱れ・おりものの質が上げられます。
黒ずみはおもに、肌への摩擦・ホルモンバランスの乱れなどによるメラニン量の影響があります。
デリケ-トゾ-ンの悩みは1度気になりだすと「自分だけこんなニオイがするのだろうか」など色々と考えてしまう方もいますよね。

 

ケアをしていないデリケ-トゾ-ンの状態というのは衛生的にも良くないですよね。
膣ケアをし、女性は体を開発すると今よりずっとキレイになれるのをご存知でしょうか。
気持ちいいと感じるたびに、女性ホルモンや成長ホルモン、オキシトシンやβ-エンドルフィンという幸せホルモンが全身に行き渡り、心が癒されながら肌や表情にも変化をもたらします。

 

十分な粘液が出てこそ感度の良い状態をキ-プでき快感を得垂れるもの。
自分の性器に触れケアをすることは、女性が自分の内にある魅力に気付き、それを表現していくことにつながるんですね!

 

 

美膣ケアで女性性をアップして、潤うカラダになりましょう!

すご~~く気持ちいですよ!

デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーン かゆみ

デリケートゾーン ニオイ

これで解決ですね!

 

発売は5月22日です!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ