愛する男と女の関係で一番大切な事は、相手を変えようとしないこと!

暑い夏には、ひんやりするジョンマリのプレイジェルCOOLでひんやり美味しいラブタイムを!

 

ようこそ!ジョンマリ社長のブログへ!

 

女性のカラダが潤えば、男も嬉しい!

皆さん~

ワクワクしてますか?

恋してますか?

愛しあってますか?

感じあってますか?

愛されてますか?

 

愛する男と女の関係で一番大切な事は、相手を変えようとしないこと!

解っちゃいるけれど、これが一番難しい。

つい自分の都合のいいように変えようとするのが人の気持ち。

これは男女同じだと思います。でも特に男の方が強い傾向があります。

 

相手を変えようとするから、摩擦がおこってしまう。

出逢ったころは「そのままの私が好きだよって言ったくせに!」半年もたつと、あれこれ注文をつける。

 

相手を変えようとするから、溝ができてしまう。「このままの私ではダメなの!」となる。

男だって、あれこれ言われるとだんだんと嫌になる。

 

 

男にとって女性を自分好みの色に染めるのは楽しいことですが、それはもう100年も昔の話。(男社会の時代の話)

20代の頃なら、「アナタ色に染められたい~」なんて思う女性もいるけれど、30代も後半になってくると今の時代、そんなことしたら「その程度の稼ぎでなに言ってんのよ!」なんて言われるから気つけた方がいい。

 

 

男と女の関係で、一番の修業は相手を変えようとしないこと!

男は言いたことをぐっと我慢してニカッと笑う、女性には勝とうとしないこと。

 

変ようとしなれば、人間関係は意外と上手くいく。

変えようとして嫌われてセックスレスになるよりも、好かれて愛しあった方がいい。

人を変えようしないことは、とても難しいことです。

 

それが究極の愛だと思います。

 

 

恋も仕事も相手を変えようとして、失敗ばかり。

 

「また、スカート買ったの!」

「ごめんなさい。」

「大丈夫だよ、来年はもっと買えるように頑張るから!」

こんな会話がいい。

こんな男がいい。

 

決して、

「また買ったの!」

「一体なに考えているだ!」

「俺が、、、、、」なんていう男はいずれセックスレスになるか、ちょっと古いけどアガサ・クリスティーの映画のように『そして、誰もいなくなった』なんてことになる。(笑)ホントですよ。

 

 

男と女の関係は不思議がいっぱい。

答えなんて、みつからない。

でも、お互いが認めて大切にしあえれば女性は濡れて潤う。

 

女性のココロとカラダを潤すことのできる男になったほうがいい。

女性の身も心も枯れさせてしまうそんな男にならないためにも、ぜひ女性を変えようとしないことです。

 

ジョンマリは日本で初めてのオーガニックな潤滑ゼリー(ラブローション)、デリケートゾーンケアの専門ブランドですが、男女の関係を少しでもいい関係にして愛しあって欲しいと願っています。

 

愛を知って、成長すること。

 

男は「稼いで、優しくて、面白くて、セックスが上手い。そして時々社会貢献」

 

セックスが上手い男とは女性を変えないこと、そのままの女性を認めて愛すること」だと思います。

 

女性のココロとカラダは、一番デリケートなもの、世界で一番大切な場所です。

セックスの上手い男になって、女性を喜ばせて幸せにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!


オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ