ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

女性が知らない男のプライド|時には賢い女になってみるのも悪くない!

こんにちは、ジョンマリ社長のブログへようこそ!

 

先日のジョンマリ社長のセクシャルセミナーで、女性の皆さんが一番、興味津々で聞かれていたのが男の頭の中のことでした。

男っていったい何を考えているのか?それを知りたい!

 

「男ってそんなことを考えてるんですね!初めて知りました」(40代の女性)

「男の人ってそんな風に思うんですね、いままで逆のことばかりしてました」(30代女性)

「私がモテない理由がわかりました」(30代女性)

「もう一度、夫に優しく接してみます」(50代女性)

「男って面倒くさい生き物なんですね、(笑)かなりデリケートですね」(40代女性)

「賢い女になって、手のひらで彼を転がしてみます!頑張ります(笑)」(30代女性)

「目からうろこでした、知らないことばかり」(40代女性)

「いつも嫌われるんです、その理由がわかりました。今日から実践してみます」(30代女性)

「とても勉強になりました」(20代女性・男性)

 

解っていたつもりでも、全然的はずれ!それじゃ、モテないしいつもケンカばかり!そんな女性たちの声。

男の頭の中は、意外と単純でわかりやすい!でも女性には複雑に見えるようです。

男は時々、面倒くさい生き物なので同じ目線で戦っても自分(女性)が傷つくだけなので賢い女性になって、手の中で転がして、いい気持ちにさせた後で高級ブランドのバックでも買ってもらった方がいい。

 

夜の銀座のママのように!これがいい!

お互いのために!

 

ただ「男のプライド」だけは、知っておいた方がいい。

これを知っておかないと、女性も嫌われることがある。

 

男の本質は誰かのために頑張っていたい生き物。特に好きな女性には喜んでほしい、だから頑張るんですね。

 

男は男らしさにとてもこだわるものです。男のロマン、男の色気、男の夢、男の情熱など。

 

男が誇りに感じていることを茶化したり、男が真剣に話始めたりしたときは、たとえうっとしい内容でもあっても反論しないで、最後まで聞いてあげること。。これは男にとってとっても大切なことなんです。

 

特にオッサンになればなるほど、その傾向は強い!(笑)

 

夜の銀座の優しいママのように、最後まで聞いてあげること。「え!そんなことできません!」なんて気難しいことを言わないで、貴女が聞かなければ、彼(夫)は夜の街に出かけてあなたの代わりに聞いてくれる女性を求めるだけ。男の話を聞いてくれた女性にプレゼントをする。

 

貴女に手に入るはずのルイ・ビトンのバックが、他の女性のところに行くだけ!

そんなことにならないように、そこはぐっと我慢して、賢くなって「うんうん」とうなづいて優しく聞いてあげる。

男の小さなプライドを大切にしてあげてください。男はそれだけで満たされる生き物です。

男のプライドを優しく包んで、あなたの手で大きな男にしてみる。そんな女としての生き方もあると思います。

 

男に勝ちを譲って、負けてあげること!

「やっぱり、ア・ナ・タにはかなわないわ~

 

「今日は私がワインをおごるね」と言って、「今日は奮発しちゃった」と言って1000円のワインでも買ってきて二人で愛し合う。熱く愛し合った後にはベッドの中で「バックが壊れちゃったの~、困ったわ~、どうしよう?~」なんて甘い声でそれとなく、おねだりをしてみる。

 

そんな楽しい関係も時にはいいものです。

夫婦でも真面目に考えてすぎて、言い争って後で傷つくよりも、賢い女になって獲物をゲットする(笑)

 

男と女の面白いゲームだと考えて楽しくしてみる。

それな愛のかたちもある!

 

と86歳になる可愛い叔母さんが言っていました!夫婦喧嘩も笑いに変える、女が賢くなって二人の関係が楽しくなる努力をした方がいい。それが長続きする秘訣だと言っていました。そういえば叔母さんの部屋にはエルメスのケリーバックが色違いで並んでいたような気がします!

 

“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ