40歳に必要なのは、デリケートゾーンのケアと幸せホルモン力

日本では5人に1人の割合でデリケートケアをしています。現在、20代、30代、40代、50代、60代のお客様に使って頂いています。ほとんどの女性が初めてのケアですが、時々「海外に行った時にケアしていたから探していたの」と言うお客様もいます。

 

|女性の美と健康の源とは?

女性の美しさにはメイクやスキンケアといった外見による美しさが主流ですが、今注目されているのが「膣まわり」のケア。日本女性は恥ずかしさもあり、あまりオープンにはしませんが、欧米、特にフランスではごく一般的に行われています。膣のケアをすることはカラダのバロメーターを知るうえでとても大切な事であり、女性にとって一番大切な場所。膣のケアって何?って思うかもしれませんが、顔と同じようにお手入れすることが女性にとって何よりも大切なケアなのです。

 

 

膣のケアを日常的にすることで、粘液力や免疫力が高まり、女性特有の不妊症や更年期障害、ウツといった症状も和らぎます。年齢を重ねるうちに、膣の粘液が減少して、乾燥しやすくなり、つまり肌と同じように膣も老化するということなんです。40代こそ膣ケアをして、粘液力を高めることが大切です。毎日のスキンケアをするように膣のケアを行い、粘液力を高めることをお勧めします。

 

 

 

|理想的な美しい膣とはどんな膣?

理想的な膣とは、粘膜の水分をたくさん含み、伸び縮みして弾力のある状態。膣が潤っていることで肌にツヤやハリといった外見の美しさを引き出すことができます。さらに、パートナーとの触れ合いによってハッピーマインドをもたらす「幸せホルモン」が分泌されます。

 

女性の体はパートナーとの触れ合いやコミュニケーション、そしてセックスで脳からβ―エンドルフィン、オキシトシン、というホルモンが分泌されます。これは別名”幸せホルモン”と呼ばれ優しい感情が生まれてきます。仕事や子育てのイライラやストレスが一瞬で吹っ飛び、穏やかな気持ちにしてくれます。ふたつのホルモンがでるような心地よいセックスが出来れば、膣の粘液もたっぷり出るようになり理想的な美しい膣「美膣」になります。

 

 

 

|いつまでも若々しい女性でいるために

いつまでも若々しい女性でいるためには、「自分の膣」と向き合うことが大切です。弾力があり、みずみずしく潤っている膣にすることで心と体の美しさにつながります。そして愛する人とのコミュニケーションを大切にすることで、老化のスピードをゆるめ、毎日が幸福感に包まれます。

 

パートナーと愛し合うことで、他のどんな行動からも感じることができない大きな幸福感は女性にとっていつまでも若々しくいられる一番の美の秘訣です。

 

 

|幸せホルモン力をアップさせる

”幸せホルモン力”を高めるものには、香りがあります。香りは自律神経と脳にダイレクトに届き、心身にリラックスさせる効果があります。ゼラニウム、ネロリ、チュベ―ローズ、ラベンダー、ローズなどの女性におすすめの香りです。また香りを体内に取り入れることで、植物の持つエネルギーが心をケアして幸せホルモンを高めてくれます。

 

ジョン&マリーのデリケートゾーンケアには幸せホルモン力をアップさせてくれる香り成分が含まれています。女性としての感受性をサポートして、マインドを開いてくれるローズ、カーネション、モモ果実などのハーブエキスがバランスよく含まれています。

 

 


 

毎日の膣ケアで”美膣で潤うからだ”つくり、カラダを洗う時に丁寧に膣を洗い、入浴後は保湿と美肌効果のある乳液を、そして最後の仕上げはオイルマッサージで膣、会陰をケア。だんだんと膣が愛おしい存在になるはずです。

定期コースならいつでも15%オフ、お得な特典付き!

ジョン&マリーの品質基準、大切な場所だから徹底的にこだわりました。

この記事が気に入ったらいいね!


オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ