女性ホルモンのバランスを整える│女性の【美と健康】のために必要なこと

│女性の美と健康のために必要な女性ホルモン


女性ホルモンのバランスを整える

 

これは、多くの女性にとって興味のある部分であり、同時に“どうしたら女性ホルモンのバランスがとれるの?”という悩みでもあると思います。

 

どんな高い美容液をお顔に塗るよりも、自身のホルモンをしっかりと分泌できたほうが、お肌が艶やかでピカピカになるとも言われていますよね。巷には多くの食品やサプリメントなどが存在しますが、情報が多すぎてどれが自分に合っているのかわからないという意見も多く聞きます。

 

実際に女性ホルモンがきちんと働いてくれるためには、どんな栄養をとって、どんなからだのケアをしたらいいのでしょうか?

 

│女性ホルモンは何でできているの?


ホルモンには

・アミノ酸由来のもの

・コレステロール由来のもの

があります。いわゆるタンパク質で作られているか、脂質で作られているかということなのですが、実は女性ホルモンはコレステロール由来のホルモンなのです。

 

みなさん、コレステロールってあまり摂らないほうがいいと思っていませんでしたか?私は思っていました(笑)

 

一般的にはなんだか悪者ですよね。でも実は、良質な脂質をとることはホルモン分泌にとても大切なことなのです。

 

│ホルモンってどうやって働くの?


ホルモンは、「内分泌細胞で産生される内分泌系の情報伝達化学物質」と言われています。女性ホルモンは、視床下部というところから下垂体に指令が出て、そこから卵巣に届くことで機能を発揮します。

 

では、視床下部から卵巣までどうやって届くのかというと、血液循環にのって運ばれて行くのです。

 

ということは!

 

血液の流れが良好であるほうが、女性ホルモンが卵巣まで届きやすいということなのです。冷えがある女性はその流れが滞りやすく、女性ホルモンの働きも低下することが考えられます。

 

女性はからだを温めたほうが良いと言われますが、からだを温めることは、女性ホルモンの働きから言っても大切なことなのです。

 

│ホルモンとストレスの関係


もう一つの大事なポイントは、ホルモンとストレスとの関係です。

 

コレステロール由来のホルモンには性ホルモンとコルチゾールという、ストレスがかかったときに分泌されるホルモンがあります。

 

ストレスというのはからだにとっては危機的なものなので、生命危機管理として何よりも最優先されるのですが、例えばすごーーーくストレスがある場合、ストレスホルモンと性ホルモンどちらが優先されるでしょうか?

からだが危機的状態なのに、のんびり性ホルモンを出している場合ではないですよね。

 

脂質をとったとしても、ストレスがあると性ホルモンにいくはずのものがストレスホルモンにとられてしまって、女性ホルモンの働きが低下してしまうというわけなのです。

 

ストレスがあるときって、月経随伴症状が強くなりませんか?もしかしたらこういったストレスと女性ホルモンの関係も、それらの症状を強くする要因の一つかもしれません。

 

ここまで、女性ホルモンの組成と働きについてお話ししてきました。

女性ホルモンの働きを良くするには、良質な脂質を摂取して血液循環を良くし、ストレスマネジメントを行えることが大切であるとわかっていただけたかと思います。

 

│女性ホルモンが働くための良質な脂質とは?


良質な脂質ってどんな脂質なのでしょうか?ここでは“酸化”の観点からお話ししたいと思います。

 

脂質には

・飽和脂肪酸

・不飽和脂肪酸

があります。

 

簡単に説明すると、不飽和脂肪酸はその名の通り“飽和”していない状態。飽和脂肪酸は“飽和”している状態の脂です。

ということは、飽和していない不飽和脂肪酸には活性酸素がくっつきやすくなるのです。

 

活性酸素がくっつくと酸化して過酸化脂質となり、それらが身体を駆け巡ることになります。過酸化脂質は身体にとっては異物なので、免疫反応としては攻撃対象となり、からだのあちこちで炎症が起こることになります。

 

よって、酸化の観点からみた良質な脂質とは、飽和脂肪酸のことになります。

 

│良質な脂質がとれる食べ物


飽和脂肪酸というと、常温で固形になるものをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。良質な脂質がとれる食べ物として、具体的には

・バター

・ココナッツオイル

・生クリーム

・卵黄

・お肉の脂

などが該当します。

 

│まとめ ~ 女性ホルモンのバランスを整えるために


女性ホルモンのバランスを整えるには

・飽和脂肪酸の脂質をとる

・からだを温めて血液循環をよくする

・ストレスをマネジメントする

 

これが、女性ホルモンの働きをスムーズにさせるために大切なことだと言えます。

 

│女性ホルモンの分泌を促すとっておきの方法


もうひとつ女性ホルモンの分泌を促す大切な要素があります。それはデリケートゾーンのケアをすることです。

 

デリケートゾーンケアを始めて、身体が女性らしい曲線美になったり、表情が柔らかくなったり、優しい気持ちになったと言われる方が多くいらっしゃいます。

 

いつまでも美しく健康で潤いのある女性でいたい方は、ぜひ今日から試してみてください。

 


【プロフィール】漆川沙弥香 Women’s Holistic Health Company(WHHC)代表・骨盤底筋ケアの専門家・理学療法士

女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。
WHHCホームページ:https://fukuoka-whhc.com/

こちらの記事も人気です

セックスの痛みを解決したい!性交痛の原因とデリケートゾーンのケア 彼氏は大好きだからたくさんスキンシップをはかりたいけれど、セックスをするとデリケートゾーンに痛みがあってセックスを楽しめない、ということはありませんか?…続きを読む

月経前症候群(PMS)を和らげるとっておきの方法 みなさんは、生理前にイライラしたり、下腹部が張って痛みや重だるさがあったり、肩こりや腰痛が出ることはありますか?私は、以前この月経前症候群(PMS)に振り回されて…続きを読む

超簡単・いつセックスが始まってもOKな身体にする魔法の石鹸 セックスの始まりは突然です。パートナーとベッドで横になっているとき、ソファーでくつろいでいるとき、ふとお互いの目が合ったり、肩が当たったり、指先と指先が触れたり…続きを読む

 

この記事が気に入ったらいいね!


オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ