女はズルい、だけどそこが可愛い|女のズルさをわかってあげると男も一人前

女性から好かれる男は、女のズルさと、可愛さを知っている。

 

「女はズルい、だけどそこが可愛い」男なら女の可愛さを理解して女性とつき合うことで、夫婦関係や女性関係が上手くいくものです。また会社でも女性スタッフと上手くいきます。

 

キャバクラ嬢でも自分の誕生日になると「シャネルのバックが欲しい」とねだる。でも、あなただけに言っているのではなくて、お得意さん全員に言っている。誕生日になると、同じシャネルのバックが10個くらいもらえる。1個だけを残して、あとは全部売りはらう、それが女のズルさなんです。「ありがとうございます~。いつも、使っています~」と甘い声で言えば男は嬉しい。

 

そんなズルさが可愛いんです。

 

 

新婚の時には、「愛しているわ、あなたさえいれば何もいらない!」と言っていた女性が、子供が産まれると、「ねえ、生命保険もっと保証の大きいのにして」となる。「あなたが死んでも、私たちは生き残るわよ!」と。

女はズルい、でもそこが可愛いんですね。

女のズルさをわかってあげる男は器が大きい!

 

旦那が働いた分は、全部管理するけど、自分の収入は全部自分で使うのが女性。旦那は380円のノリ弁当で我慢しているのに、妻は友達とおしゃべりしながら1500円のデザート付きのランチを食べている。

女はズルい、でもそこが可愛いんですね。

 

離婚しても、妻が夫から多額の慰謝料を請求するのは当たり前、夫から妻に慰謝料の請求はしない。

女はズルい、でもそこが可愛いんですね。

 

男と女では考え方がまるで違う。男はこれを理解すると、幸せになれる。男の器の大きさは女性のズルさをわかってあげて、知らないふりをしてあげること。

 

女性は夫に黙って高価な着物とか買うけど、着て出かけるときには堂々と着ていく。「いつ買ったんだ?いくらしたんだ!」なんて野暮なことは聞かないで、一言「似合うな!」とだけ言うこと。そして、「今度はもっといい着物を買えるように頑張るよ」とだけ言って知らないふりをする。

女はズルい、でもそこが可愛いですね。

 

 

女性は「旦那のお金は私達のもの、私のお金は私のもの」これが女性の基本的な考え方です。(笑)

女はズルい、でもそこが可愛いですね。

 

と言うことで、男は女性には絶対に勝てないから、ぐっと我慢して女のズルさを理解する、俺の器を大きくしてくれていると思えば、あなたもモテる男の仲間入り。「妻は俺をモテる男にしてくれていたのか!」と考える。男と女は摩訶不思議、ちょっとした考え方のコツで上手くいく。

 

男にとって、女は特殊な生き物、どんなに考えてもわからない。ジョンマリの社長さんは女心を良くわかっているわね!と言われて鼻の下を伸ばすと、すぐにガツンとやられる。

女はズルい、でもそこが可愛いんですね。(笑)。

 

 

だから、男と女は面白い。

女性はちょっとの心づくしで、態度がひょんと変わるものです。いい男なら、そんな女性の心理を理解してまるごと優しく包み込んであげること。そして女性から沢山パワーをもらって、モテた方がいい。

 

女にはズルさがある、それをわかって知らないふりをしてあげることで、夫婦の争いごとは半分に減る。せっかく好きになった女性、もう少しだけいい男になって、妻にも外でもモテてみる。

 

 

でも、どうしてもダメな時は、👇👇こちらを読んでみる。

喧嘩した男と女の仲直りする7つの流儀

 

男と女の仲直りの秘訣を書いています。喧嘩して嫌な思いをして、傷つくよりも喧嘩もゲームにして女性に花を持たせてあげること。それも色気のある男の生き方。女は摩訶不思議、昔のように女性が黙って男についてくる時代は終わったんです。奥さんに嫌われて、セックスレスになる前に、ぜひ女のズルさを、理解して仲良く付き合う事をお勧めします。

 

女のズルさを可愛いと、思えるようになると、男も一人前です。

 

マンガ「ルパン三世」のように何度も騙されても、ホレているルパンのように、可愛いフジコちゃんのようになってみるのも、女として悪くないと思います!では。

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!


オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ