デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

つらい生理痛の原因と緩和のためのセルフケア│おすすめ対策はコレ!

多くの女性の悩み、生理痛(月経痛)

みなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

何とも言えないギューッとした鈍痛と、動けなくなる感じ。これはなかなか表現しにくい痛みですよね。

生理痛が強い方の中には、「うずくまるくらいの痛みを伴うため、毎月薬を飲んでいます。」という方もいらっしゃいます。薬を飲まないと日常生活が送れないこともあるかと思います。

 

生理痛(月経痛)の原因は諸説あります。

✓ 子宮内膜症や子宮筋腫などの器質的な問題がある場合

✓ 器質的な問題がないにもかかわらず痛みが出てくる場合

 

今日は、器質的な問題がないのに痛みが出てくるメカニズムと、ご自身でできるセルフケアをお伝えします。

 

 

│つらい生理痛(月経痛)の原因をきちんと知っておきましょう


まず、生理の痛みが出てくるメカニズムですが、排血の時にはプロスタグランジンという物質が分泌されます。

 

このプロスタグランジンは、

①子宮の収縮を促して経血を体外に排出する

②血管収縮作用があり、子宮への血流量を減少させる

③子宮内の神経を痛みに過敏にさせる

という作用があります。

 

排血の際には、なくてはならない物質ではあるのですが、月経困難症(月経痛がもっとひどくなった状態)をきたす女性は、子宮内膜より産生されるプロスタグランジンが多いことが報告されており、「より多量に分泌されたプロスタグランジが過度に子宮筋を収縮させ、血管の攣縮や子宮筋の虚血などを引き起こすことによって本症が生じる」と推測されています(医学的にも明確な原因ははっきりとはしていません)。

 

では、なぜプロスタグランジンが多く分泌されなければならないのでしょうか?

 

 

│プロスタグランジンと自律神経との関係性


排血の時に分泌されるプロスタグランジンと自律神経との関連をみてみましょう。

 

通常、排血の際には副交感神経というリラックスした神経が働き、スムーズに排血が促されます。

ところが、ストレスが多かったり、イライラしたり、心配事があったりと交感神経が優位な状況になっていると、うまくリラックスできず排血が行いにくくなります

そうするとどうなるでしょうか?

 

子宮内膜が剥がれて出てくる経血というのは、機能を終えた物質なので、外に排出されなければなりません。

でも、排出できないという状況が起こると、子宮はさらに収縮して外に押し出そうとするのです(これは、からだの防衛機能としてとても素晴らしい働きです)。

 

その時に必要となるのが子宮筋収縮の働きをもつプロスタグランジンです。通常の排血の際にも分泌はされていますが、うまく排血できない場合には、必要以上のプロスタグランジンが分泌されなければならなくなります

 

しかも、プロスタグランジンには「子宮内の神経を痛みに過敏にさせる」という働きがあるため、必要以上に分泌された結果、通常よりも多くの痛みを伴うことになるのです。

 

ということは☝

根本解決しようと思うと、まずは副交感神経が優位なリラックスした状態を作ることが大切になります。

 

 

│生理痛を緩和するためのセルフケア


ご自身でできるセルフケアとして、生理前から生理にかけては

✓ できるだけストレスを少なくする

✓ 身体に負担の少ない食べ物を摂取する(お味噌汁・ごはん・お漬物など。なるべく加工品や菓子パンなどを避ける)

✓ 睡眠時間をしっかりとる

ということが大切です。

 

また、呼吸を深くゆっくり行って自律神経を整えたり、デリケートゾーンをマッサージすることもおススメです。

 

 

│デリケートゾーンのマッサージをおススメする理由


デリケートゾーンにある筋肉は骨盤底筋群と呼ばれ、交感神経が優位になるとその筋肉の緊張も高くなる傾向があります。

ということは、骨盤底筋群の筋肉を緩めてあげることで自然と心も身体も緩んでくる可能性があるのです。

 

お風呂に入って身体が温まったときに、浴槽にもたれてリラックスした姿勢で会陰部のマッサージを優しく行うと、自然とリラックスしてきます。

会陰部を指の腹でクルクルっと優しくさする感じでも良いです。ゆっくり深い呼吸をしながら行うとさらにリラックス効果が望めます。

 

デリケートゾーン専用のマッサージオイルでデリケートゾーンの悩みを解消しよう!

エナ センシュアルマッサージオイル

アーユルヴェーダオイルで”潤う美膣” オーガニック100%のデリケートゾーン専用マッサージオイル

アーユルヴェーダの処方でつくられたオーガニック100%の膣ケア・マッサージオイル。浸透性に優れ、皮膚や筋肉、粘膜とも親和性が高く、膣をはじめ、乾燥して硬くなったデリケートゾーンを潤してやわらかくする働きがあります。妊娠・出産期の会陰切開予防ケア、更年期ケアやエイジングケアにもおすすめです。

 

デリケートゾーンの柔軟性がある方は心と身体の柔軟性も高いように思います。生理中のマッサージは抵抗がある方もおられると思うので、普段からこのマッサージを行っておくことをおススメします。

 

特に、生理前はより身体が緩む時期なのでおススメです。

普段からのデリケートゾーンケアとストレスマネジメントで、健やかな月経を迎えてください。

 


【プロフィール】漆川沙弥香 骨盤底筋ケアの専門家・理学療法士

女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。
WHHCホームページ:https://fukuoka-whhc.com/

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ