デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

男が自宅出産を経験して感じたこと、男にも知って欲しい出産のこと!

『セクシャルコスメの会社の社長さんの子育てって、どんな感じだったのですか?』

と言う質問がきたので、お伝えしたい。

 

セクシャルなことに関係がないような質問に思われるけれど、とても大切だし出産後からセックスレスになって、歯車がズレていった夫婦も多くいるので、今日は「男の出産」についてお伝えしたいと思います。

 

結論からいうと、世の中のすべての男は出産に立ち会う!

 

義務化して立ち会わない男は、もう二度とセックスができない。マスターベーションもしてはいけない。というような法律を作ってもいいと思う。

 

笑い話のようだが、本気でそう思っている。

 

そして、男は4歳になるまでは子育てに積極的に参加したい方がいい。仕事で稼いで経済を安定させることも大切ですが、それ以上に4歳までの子育ては大切だということ。

 

企業側も、4歳までは育児サポート制度みたいなものを作って、残業無しにして男も育児を4歳までは参加できるような体制を整えてあげること。

 

今は、こんなことを思っています。(*昔の俺は全く違う考え方です)

何よりも、

生命の誕生の瞬間を見逃すなんて、それも我が子の。もったいない!

人生で、一番ドラマチックで大切な瞬間を他人に任せるなんて、本当にもったいない!と思う。

 

その光景を自分の目で見て感じて、我が子を自分の手でとり上げ、へその緒を切るくらいのことをしてみる。そのあと胎盤の後処理なども経験すると女性のことが少しは理解できるし、子供にとって何が大切かがわかると思う。

 

今日は偉そうに言うけど、これから結婚する男や、あなたの妻が妊娠しているなら絶対に出産に立ち会うことをおススメする。絶対に!

 

4歳になったら、その後は子どにはお金がかかるから、男は一生懸命に稼ぐこと。

三つ子の魂100まで。ってことわざがあるけど、昔の人はわかっていたんだね!

 

4歳までの時期は一番可愛い、その間に脳は一生分の成長をするから、しっかりと右脳を育ててあげることが大切だと思う。

 

右脳が一番育つのは、愛情をもって接することです。

 

そして、なによりも「食」に関しては徹底的にこだわること。添加物や化学調味料の入ったものは一切食べないように配慮すること。

 

経験から言うと、マクロビ食が赤ちゃんには一番いい。動物性のものもできれば極力減らし、乳製品もできれば減らしたほうがいい。 お肉や乳製品を母親がたべていると、乳腺がつまったり、おっぱいがまずくなるから赤ちゃんが飲まなくなる。

 

子供ができた時、出産に関すること、食に関すること、子育てに関する勉強はかなりした。

 

結果、食はマクロビ食とローフードがいいことが理解できたし、脳は右脳をバランスよく育てることがいいことも理解できた。

 

そして、大自然に触れさせ、子供をよく観察すること。その子の特性をみて、親は子供が持っている才能の邪魔をしないことだということも理解できた。

 

こんな風に書いていると、いい父親のように見えるけれど、ほとんどは離婚した元妻がやっていたこと。俺はそれを邪魔しないようにしただけ。

 

結婚生活には失敗したけれど、子育てに関しては、娘は素敵な女性に育っているので良かった思う。

 

 

男親として言えることは、世界のどこに行っても、何があっても、「私は絶対に愛されている!」ということを確信できていれば、どんな問題がおきても大丈夫!。間違った方向にはいかないと、そう思っています。

 

もし、世界中の人から誤解を受けても、世界にたった一人、「私は愛されている。信頼されているから!」と思えていれば、人は元気に前を向いて生きていける!。それが父親としてできることだと思っています。

 

子育て論なんて、カッコつけて言うほどのものはないけれど、自分が経験して感じたことです。

 

実際は子育てのおかげで、多くの知らないことを学ばされた。そんな感じです。

 

 

男の俺が言うのも変ですが、この世で子育てよりもダイナミックで面白くて、楽しくて大切なものはありませんので、これから出産される方は、二人でよく話し合って、良い方へと向かわれることをお勧めします。

 

男なら意地を張らずに素直になって、出産に立ち会ってみてください。ダサいことでもなんでもないと思いますよ。

 

僕の場合は女の子だったので、男の子供はまた違った育て方があったかもしれませんが、残念ながら僕には経験がないのでわかりません。

 

そして、最後に出産後にくるセックスレスの問題があります。

 

女性の体は子育てを優先するようになっているので、夫を本能的に拒否してしまうようです。

 

出産後の2年くらいは女性は子育てに一生懸命で夢中になるので、セックスレスや離婚の危機はどうやら、この時から少しづつジワジワと訪れます。

 

男はこの時期をよく理解して、浮気をせずに奥さんを大切にしてくあげてください。

 

この時期は男にとって、性的に一番ストレスがたまる時期なので、二人コミュニケーションをとって、男はこっそりとAVビデオでも見ながら、一人で楽しむことが一番!

 

ジョン&マリーは「幸せなパートナーシップ」の提案をする会社です。

今日は、偉そうに書きましたが、もっと早く女性のことがわかっていれば失敗もしなかった。若い方なら、俺の失敗を参考にして、幸せなパートナーシップを築いて欲しいと思います。

 

 

若くても、出産後の女性の体は子育てのストレスなどで濡れなくなったりし、出産時の会陰切開や、産後の経過などで、性交痛などになる場合もあります。ので理解をしてあげてください。

 

そんな時は、ジョン&マリーのラブローションを使って、優しく愛撫をして痛くならないように挿入してください。

 

それから、会陰切開をしないでいいように、ジョン&マリーのセンシュアル・マッサージオイルを妊娠中は使ってマッサージをしてスムーズな出産を試みてください。

 

後々のセックスライフにもとっても役に立ちます。

 

以上。こんな感じです。

 

 

今思えば、こうやって自宅出産をして、俺が子供をとり上げ、へその緒も切って、胎盤の処理もしました。

 

この体験が20年後に、ジョン&マリーのアイディアとして、男と女の幸せのお手伝いをする為に必要な事だったのだと考えれば、人生とはホントに面白いし、終わってみるまで何があるかわからないと思う!

 

 

人生は一度きり!

思い切り楽しんで、エネルギッシュに生きたいと思います!

 

一家に一本!

ラブローションで夫婦円満!

日本中のすべてのご家庭にラブローションを!

 潤滑ゼリー、ラブローションならオーガニックを!
“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ