デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
フェロモン香水一覧
ジャウムソープ

女性は27歳で女になり、45歳から本当の女性の魅力が開花する!

ジョンマリ社長のブログへ、ようこそ!

 

男からみると、女性の分岐点は大きく分けて2度あるように思います。

 

一度目は27歳の時、学生から社会に出て色々なことを体験して、自分を大きく見せたり、カッコつけたり、殻にこもったり、良くも悪くも社会の荒波にもまれ、理不尽なことや未熟な愛を経験する。

 

そして、未熟な自分に、これでいいのだろうか?と疑問に思い、これからどう生きよう?と考える年齢が27歳だと思います。

 

 

それから30代、40代。大人の恋や愛、男のウソや本当の優しさ、現実と理想の違いを経験する。45歳になると女は悟る。自分らしくありたいと。

 

女の本当の魅力は45歳から始まる。誰かに合わせたファッションもイヤ!、人に媚びるのもイヤ!、子育てもある程度落ち着いた! ダンナもキライ!(笑)

 

このままの私でダメなの?

女性としての身体の変化もでてくる、肌ももう若くない。自分のカラダに自信が持てなくなる年齢。

 

こにままオバサンになるの?。それとも女の魅力をもったままの生き方ができるのか?。悩む!

その分岐点が45歳という年齢だと思います。

 

多くの女性達をみてそう感じます。

 

以前よりも濡れなくなったり、感度が落ちたり、旦那との関係にワクワクしなくなったり。もう女として終わりなの?

 

いいえ!違います!

 

45歳からが本当の女としての魅力が開花する年齢、それまでの期間は、魅力的な女性になるための予備練習のようなもの。

 

45歳からの女性の魅力は、30代の女性とは違うものがあります。でも多くの女性達はそのことに気づいていない。若さを追い求めて、魅力とは反対の方向へと向かっているように感じる時があります。

 

 

年齢に応じた魅力で、生きている女性は美しい。

 

 

男も女も年齢に応じた美しさがある。その年齢にならないと出せない魅力。経験しないとでない魅力がある。

経験の数だけ味がでる。体験の数だけ愛が深くなる。

 

自分の殻をひとつ、ひとつ、破って成長していく。少女から大人の女性へ、そして魅力的な女へと!

 

殻を破って心をオープンにしていくことで、若い頃は許せなかったことが45歳の今は笑って許せることもある。30代では受け入れることが出来なかったことが45歳では包み込める。

 

20代30代では、弱くて出来なかったことが45歳の今では強くなれる。

 

それが45歳という年齢だと感じます。

 

あのオードリー・ペップバーンでも、20代30代はずっ~と自信が持てなかった。

結婚も2度、失敗している。だから大丈夫!

 

 

本当は「そのままで大丈夫」なのに、自信が持てないから、自己重要感が低いから、誰かと比べて落ち込んでしまう。

 

自己重要感が低いと、ダメな男ばかりを好きになってしまう。仕事もしない男。女性にお金をせびる男。暴力をふるう男。浮気ばかりする男。。。。

 

そんな男とつき合って、別れられなくなってしまう。

 

自分の中に、「そのままの私で大丈夫なの!」がないと愛される価値がないと思い込んでしまって、誰かに愛されたいからダメな男を選んでしまう。

 

自己重要感が低い人、劣等感がある人、「そのままの私で大丈夫」がない人は、同じような人を引き寄せてお互いに惹かれ合って好きになる。

 

フラれることが怖くなったり、恐怖に感じたりする。

フラれることは、「自分自身を否定された」と勘違いしてしまう。

 

 

だから、大丈夫!。そのままのあなたでいい!。

そのままのあなたで魅力的になればいい。

 

それにやっと、気づくのが45才と言う年齢だと思います。

だから、それに気が付いた女性は魅力がバラの花のようにパッ~と開花する。

 

なんだぁ~、このままの私で良かったんだぁ~!

 

世の中の多くの男は、女性の意見や考え方を否定するのが好き。女性を変えようとするのが好き。自分よりも成長して欲しくない、男よりも下にいてほしい。

 

いい男と呼ばれる人は、女性が成長することを応援するからモテる。

 

「俺よりも先に行っていいよ!、俺もすぐに頑張って追いつくから!」それが言える男は自己需要感が高い男、そんな男なら付き合っても幸せになれる。

 

お金持ちでも会社の社長でも、自己重要感の低い男は、社員に怒ったり、怒鳴ったりする。自分よりも弱いと思う人を攻撃して、自らの自己重要感を満たそうとする。

 

そして、自己重要感の低い男は幼稚なセックス、又は危ない行為を要求する。

 

 

恋愛で大切なことは、自己重要感の高い男性かどうか?で相手を選んだ方が幸せになれる。それには自分自身が自己重要感を高めて満たされている女であること。

 

でももし、自己重要感の低い時に出逢った恋なら、それに気が付いたなら、お互い話し合って二人で一緒に高めあう努力をすると幸せになれる。

 

でも、頑張ったけれど努力をしたけれど、もう無理なら、さっさっと別れて別の自己重要感の満たされた男と恋をした方がいい。

 

女は27歳で自己重要感を高めることに気づき、自分を愛することを学ぶ。45歳でこのままの私でいいんだぁと気づいたら。それが女の魅力の始まり。

 

幸せなパートナシップへの道のりは、男と女が「そのままで私で大丈夫!」「そのままのあなたで大丈夫!」だと、理解しあえれば上手くいく。

 

幸せなパートナーシップのコツは、相手を変えないこと。そのままを認めてあげることです。「そのままの私で大丈夫!」で心をいっぱいに満たして、幸せなパートナーとの関係を築いて欲しいと願います。

 

 

幸せな夫婦や家族が増えること。それが一番の社会貢献だと思います。

 

一家に一本!

ラブローションで夫婦円満!

世界はHAPPY!


“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ