デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ


恋愛のお悩み lovelessen - 恋愛のお悩み

心が開くことによって、カラダがいつもより感じるセックスになる

男と女の相談室~セックスについて


ジョン&マリーでは不定期ですが多方面からゲストをお呼びして、「男と女の相談室」という楽しいトークセッションを開催しています。

第2回目の今日は京都・大阪から2名のセックスの専門家をお呼びして、女性4名のオブザーバーを含め、参加者は合計6名。

 

その内容を交えながら、男女のセクシャルなことをお伝えしたいと思います。

少しでも皆様のお役に立てれば!二人の関係がHAPPYになりますように!

 

 

セックスで違う自分を演じていませんか?


やはり男女の関係はとても奥が深い。

深すぎて、時々迷路にはまってしまうこともあります。

100人いれば、100通りの男女の恋愛とセックスの関係がある。

 

そのなかで!

大切なことは相手に「嫌われたくないという気持ちが強すぎて、違う自分を演じてしまう」こと。

恋愛もセックスも相手に好かれたい、嫌われたくないという強い想いが誰にでもあります。

その壁を乗り越えて、嫌われてもいい!

これが本当の私だから!

ある程度の開き直りがあったほうが、本音で話せてセックスも自分らしくなっていい。

 

 

必要なのは、嫌われる勇気


恋愛もセックスも人間関係も、嫌われることの怖さが根底にあります。

でも、この壁を超えていかないと、前に進めないのが男女の関係。

嫌われも、いい!

怖いけど、この勇気が必要ですね。

 

沢山の男女の関係をみていると、嫌われるのを気にして本当のことが言えない。セックスにおいても本当にしてほしいことを言えない関係が多い。

恋愛でも、嫌われるのが怖くてつい嘘をついてしまう。

嫌われるのが怖くて、自分をごまかしてしまう。違う自分を無意識に演じてしまう。

 

それに疲れてしまって…

 

「20代のころはそれでもよかったけど、30代になるとそんな自分が嫌になる」

「見た目もセンスも悪くないのになぜか…」

「好きなる相手は妻子持ちの男性ばかり」という彼女。

「30代で一度も気持ちいいセックスをしたことがない」

「40代、今まで一度もエクスタシーを感じたことがない。そんなにセックスって気持ちいいの?」

 

セックスの悩み=人間関係の悩み

 

本当の自分をさらけ出すことがとても難しい~~

大切なことは何か?

 

世の中には沢山のセックスが気持ちよくなるテクニックが氾濫しています。

愛撫の仕方、クリトリスの舐め方、Gスポットの場所、ポルチオの攻め方など。

 

ある程度の基本的なテクニックは必要ですが、その前にもっと大切なことはやっぱり ”思いやり”

男性から女性への、相手を大切にしたいという思いやり。女性の美しい体にはシャボン玉のように優しく触れ、射精するためのセックスではなく女性が感じる女性のためのセックスであること。

 

この前提があってテクニックがあれば、最高の心地よさを女性が味わえるのです。

 

 

心を解放していつもより感じるセックスを


女性を安心させる、女性の心を解放させる。

心も体もリラックスさせること。

心が開くことによって、カラダの機能がいつもより感じる体になるのです。

 

女性が感じれば、あとはお互いの本能のままにセクシャルな時間を楽しんでいい。遠慮せずにどうすればもっと感じるのか?大胆になって、お互いをむさぼりあってもいい。

 

そのためにラブグッズやラブローションが必要なら、遠慮せずに使ってみる。

時にはプチSMもコスチュームプレイもあっていい。

感じることに遠慮はいらない。

 

大切なのはセックスは気持ちいいということを知ること。

 

最初から上手な男女はいないので、お互いで高めあいながらエクスタシーにいくこと。

カラダだけの快感と心を伴った快感、二つの快感がある。

今日がいつも「この人とは最後のセックス」だと思って交わることで、いつもとは違う奥深い快感が味わえるものです。

 

セックスは心と体の最高のエクササイズ。

 

最低でも週に2度はエクササイズとしてした方がいい。月には2度は濃厚なラブタイムがあればもっといい。

何度も言うけど、セックスに嘘がないことがなによりも一番気持ちがいい。

これ以上の気持ちよさはない。

 

セックスは素晴らしいコミュニケーション、もっと自信をもっていいんです。

 

以上、第2回「男と女の相談室」でした。




ランキング

ページトップへ