恋愛のお悩み lovelessen恋愛のお悩み

愛し合うセックス、求めあうセックス 言葉のニュアンスの違いですが、愛し合うセックスには時間をかけて優しく愛撫し女性とともに深い世界へと入っていくようなイメージがあります。   求めあうセックスには本能的で野性的なものを感じます。 部屋に入った瞬間からディープなキスをしてむさぼりあうようにカラダを交わす。   最近の女性が喜ぶ恋愛とSEXのテクニック本には髪をなでてキスをして首筋から・・・と細かく書かれているものがあります。 時間まで決められていて、一見とても親切なのですが…     マニュアル通りのセックス 30代の男性からこんな質問を受けました。   「SEXテクニックで有名な先生の本を読んで、マニュアル通りにこの順番を繰り返してセックスをしていました。最初はとても良かったのですが、繰り返すうちに彼女も僕も何だか物足りなくなってきたんです。マンネリとは違うのですが、理由がわからなくて。」     僕は「感じるセックスの専門家」ではないので詳しいことは解りませんが、ただ一つだけ言えることはもっと本能のままでいいのではないかと思います。愛やセックスを頭で考えすぎない。     フランス料理のようなセックス、カジュアルなセックス セックスの基本は女性のためにあるということだけ認識していれば、時には本能に任せたラブタイムも必要だと思っています。   僕たちジョン&マリーが提案している「オーガニックSEX」は女性の為にあるものですが、料理でいうなら月に一度か二度のフランス料理のフルコースのようなセックスです。   時間をたっぷりとかけて前菜から一つ一つ楽しむ、いつもと違う豪華なセックスです。 でも時間のない普段の二人には「カジュアルSEX」でもいいと思います。     絶対にしてはいけないセックス 絶対にしてはいけないSEXがあります。それは、男だけが射精して終わる「ジャンキー(添加物)セックス」です。本能や情熱に任せたセックスと、ジャンキーセックスは違うものです。   ジャンキーSEXは女性を悲しませるセックスです。これを続ければ男のあなた自身も最後は悲しむことになります。     本能のままに愛し合うセックス こんなときのセックスは本能のままなセックスがいいと僕は思います。   ・愛し合う二人が久しぶりに会うとき ・何かの衝動で燃え上がるような恋のとき ・ケンカしていた二人が何かのきっかけで仲直りをするとき ・セックスをご無沙汰していた男性と女性が愛し合うとき   不思議ですが、いつもは濡れない女性でもそんなときの女性は瞬間から熱く濡れているものです。 そんなときにマニュアル通りにキスから順番に…なんてしていたら、かえって冷めてしまいます。     オーガニック・セクシーライフ ♡ 特別な夜はオーガニックSEXで優しくディープに ♡ いつもはカジュアルSEXで楽しくエンジョイ! ♡ ときには熱く燃える本能のSEX。お互いの性の情熱を素直に見つめ隠さないディザイアSEX(desire:強く望む)   このすべてがジョン&マリーが提案している「オーガニック・セクシーライフ」なんですね。   マニュアル通りの内容で忠実に守りながら、それはそれで楽しいものだと思いますし、性の入門編としてはAVよりもいいと思います。 書道でも柔道でも初級・中級・上級があるように性にもあります。   是非、入門編から始まり、段階を経て上の階級へと成長していきたいものです。   *でも、上級編からおかしな道にそれる方も最近はいますので、そのあたりはご注意を!   愛し合うセックスと求めあうセックスは、どちらも素晴らしい!   SEXから体を交わしてから愛が芽生えることもあります。 逆に愛があるはずなのに、SEXをしてから愛が冷めるときもあります。 男女の仲とは本当にわかりません。 自分自身を信じて、あなたの本能が命じるままに生きることが大切だと思います。     イイ女ほどセックスが好き 以前、LOVE&SEX イイ女ほどSEXが好き という内容の雑誌が発売されました。   かなり大胆な見出しですが、ハリウッドスターたちが自らのセックス感について語っています。 下品な感じではなく、真面目にセックスを語るハリウッドスター達、その中の一人にキャメロン・ディアスがいました。自由奔放にLOVE&SEXを楽しんでいる様子がとても好印象でした。   日本では女優がそんなことを語ればすぐに仕事がなくなるお国柄ですが、自由な国アメリカならではと思います。 「SEX AND THE CITY」という映画がありますが、当初日本ではウケないと言われていました。ところが公開されると大ヒット。ニューヨークに住む4人のキャリア女性が織りなすラブロマンスを面白くユーモアに、そしてセクシーに男女の思いの違いを表現している映画だったと思います。   男と女の違い。 それぞれのキャラクターの人間的な思考に関しては賛否ありますが、男の目線から見たとき、男の気持ちをよく理解している映画でもあると思いました。   「ストーリーは単純明快、ファッションがいっぱい詰まったオシャレな映画で、あとには何も残らない」と批評する人が多いと聞きました。   でも! ラストシーンで「華やかに演出する形だけにこだわった女心」と「結婚式なんて関係ない二人が愛し合っていればいい」という男の気持ちの違いに主人公のキャリーは気がつきます。 そして二人は市役所で結婚の誓いをたて、親友たちに祝福されてハッピーエンドとなります。   恋する女心と男の気持ち、30代の大人の恋愛関係を描いた内容で、とても楽しく見ることのできた映画だったと思います。男にはわからない女心を垣間見た感じです。この映画でもそうですが、人間関係においてSEXはとても大切な事であるということです。   人を好きになってSEXをする、ごく自然な行為です。唯一、他人に自分の全てをさらけ出すことのできる行為がSEXだと思います。 大胆になる必要はありませんが、本当の自分をだしてどうしたいのか?を素直に言える関係がいいと思います。   どこが感じるのか?どうすれば感じるのか?どうしてほしいのか? もっと素直に言える関係になれたら人生もセックスももっと素敵になる、そんな気がしています。     いいセックスをしている女は顔も体も綺麗になる 女性は愛のない世界では生きていけない   もう少し突っ込んで言わせてもらうなら、愛のあるセックスをしている女性は顔も体も綺麗であると言うことです。 先日もあるカフェでお会いした女性がいます。 表情がとても豊かで美しい。女の艶というのがある。会話が弾み失礼とは思いましたが、年齢をお聞きしました。   なんと、60歳を超えていました。実際には40代半ばにしか見えません。一緒にいたもう一人の女性は年の離れた妹さんと思っていましたが、実は娘さん。僕の仕事が何なのかをお話しすると、さらに話が弾みました。   どこからみても色っぽい 娘さんの前ですが、今でも週に一度は愛し合っていると言われていました。そのための準備には余念がないということも。   「今日もそのために娘とヨガをして備えているの」と悪戯っぽく話される口元がまた色っぽい。 旦那様は外科医でいつも張りつめているので、週に一度のラブタイムが旦那様のパワーになっている、そんな風にお話をされていました。   この女性のお話をお聞きして思ったことは、セックスライフが充実していたらその人の人生は豊かなものであるということ。   女性はひとつ満足を得ると、それですべてが満足をするという特性があります。セックスライフが満足感を得ている女性は、仕事や家庭においても不満を抱くことが少ないようです。そして、こんなにも美しく輝いていられるのかと思いました。     ラブローションを通して愛を語る。 今日も最後まで読んでくれてありがとう!

>記事を読む

本当にセックスを卒業したのですか? セックスレスの問題が取りざたされているようですが、本当にセックスレスのままでいいのだろうか?と思います。   最近何人かの女性から、私は50歳になったからもうセックスは卒業かな。もうこの年でセックスをする体力もないから。という言葉を聞きました。男から見ると、そんな女性に限って魅力的に見えません。   本当にそうなのでしょうか? そう言うことで、自分の欲望を抑えているのではないかと思えてなりません。   頑張って生きることに夢中になっていて、愛することを忘れてしまっているのではないかと思ってしまいます。 諦めている。   男女の愛する行為に年齢制限があるなんてとても思えません。自分で年齢を決めて諦めているようにしか思えない。 年齢が高くなれば、恋もセックスもしない?そんなバカなことは言わないで、もっと素直に人生を楽しんでみたら?   あなたもそう思いませんか?     女性はもっと素直に感じていい! 女性にもっと素直に感じてほしい!そんな思いを込めて、ジョン&マリーではプレイジェルを開発しました。   セックスで一度もオーガズムを感じたことのない女性もいます。そんな方のために考えられた商品です。 エクスタシーやオーガズムを感じることは自然なこと。女性としての幸せをもっと感じてほしい。     セックスレスを解消したいなら、愛の言葉を伝えよう 相手はいるのにセックスレスなら、愛の言葉から伝えることから始めてみてはいかがでしょうか?   「ありがとう」 「美味しいね」 「いつもゴメンね」 「感謝しているよ」 「綺麗だね」 「愛してるよ」   愛の言葉は色々あります。 毎日少しずつ、言葉を重ねてみてはどうでしょうか? きっと、もつれた糸が少しずつほどけてきますよ。   焦らず、ゆっくりと。   セックスレスなら愛の言葉を伝えることから始めよう! ふたりが出逢ったときのトキメキを思い出したいのなら、ジョン&マリーのファーストラブローションをお勧めします。 ハーブの力で恋に堕ちたあの時を思い出すように作られています。   ファーストラブ ローション 恋に落ちたときめきを思い出す…初恋の香りのスペシャルローション ピュアでひたむきな『ファーストラブ(初恋)』の香り。「甘くてフルーティな香りが、初恋の気持ちを思い出させてくれる」「パートナーと新鮮な気持ちで盛り上がれた」など、たくさんのお悦びの声を頂いています。ピーチのフルーティな香りと、ほのかに香るカーネーションの繊細な香り…   誰にも遠慮することなく、恋をして愛しあう。これが自然な姿です。     セックスでお悩みのお客様からの質問 『妻が最近、濡れなくて困っています。どうしたらいいのでしょうか?』という質問をいただきました。   濡れないことは悪いことでしょうか?濡れないといけないのでしょうか? そこから考えを変えてみては?   濡れなくて痛いから潤滑ゼリーを使う。それは今までの考え方です。 これからは二人でセクシャルな関係を楽しむためにラブローションを使う。そんな風に考えてみたらどうでしょうか?   今までの潤滑ゼリーは男性にとって気持ちのいいものがほとんど。または旦那にバレずに潤滑ゼリーを内緒で挿入するもの。 でも、どこかおかしいと思いませんか?   セックスは二人のためのものなのに、内緒で挿入? 僕たちジョン&マリーはそんな男性目線の性を根本から変えていきたいと考えています。セックスは男性が気持ちよくなって、射精して終わり。そんなコンビニセックスから早く卒業してください。   これからのセックスは女性のために女性が満足して、喜びに変わるセックスを心がけてください。 厳しく言えば、男は射精しなくてもいいのです。   だから、ジョン&マリーのラブローションは男性が気持ちよくなるためのヌルヌルした化学成分は一切入っていません。 女性のお肌とデリケートな粘膜を保護し、保湿するためにお肌に限りなく優しいラブローションなんです。   もしあなたが男性なら、大切な妻や彼女のお肌や粘膜のことを考えてみてください。粘膜にパラベンや保存料、防腐剤の入ったものを塗りますか?中に入れますか? そんな男が女性を心から満足させることが出来ると思いますか?   性行為は人生にとって、大切な行為の一つです。AVビデオやエロい雑誌などに惑わされずに本当の『性愛』に目覚めてほしい。 それが女性に心から満足してもらう一番の近道だと思います。   そんな男性にジョン&マリーのラブローションを使ってもらいたい。それが私たちの願いです  

>記事を読む

セックスが嫌いでどうしても好きになれない パートナーのことは大切で愛しているけど、どうしてもセックスが好きになれないというあなた。   セックスは愛し合う男女だからできる特別なコミュニケーション。好きな人とセックスを楽しめたほうが絆も深まり、人生も豊かになりそうですよね。     セックスが好きになれないのはどうして? セックスが好きになれない理由って、本当に人それぞれだと思います。セクシャルな行為をするのが恥ずかしい、身体にコンプレックスがある、愛撫されても感じないなど、色々理由がありますよね。   昔の恋人に傷つくことを言われて、それがトラウマになっているという場合もあったりして…   セックスの悩みって本当にデリケートな問題だから、真正面から向き合うのがなかなかつらいですよね。   でも、セックス嫌いを克服するためには、セックスが好きになれない原因について一度じっくり考える必要があると思います。     パートナーとの信頼関係が出来ていないから、セックスも好きになれない セックスが好きになれない理由は人それぞれですが、突き詰めていったら「パートナーのことを心から信じることができていない」という理由に行きつくのではないでしょうか。   信じていないから身も心も許すことができない。だからセックスを汚らわしいと思ったり、安心して裸を見せることができなかったり、正直に自分の気持ちを伝えられなかったりするんですよね。   まずは「自分は彼から愛されている。大丈夫」と自信を持って、彼を信じるところから始めてみませんか?     パートナーを信頼して、正直な気持ちを伝えることが大切 あなたはセックスをすることに対して気が進まないにも関わらず、「セックスを拒否したら嫌われてしまいそう」だと、我慢して仕方なくセックスに応じていませんか? いやいや応じていたら、ますますセックスが嫌いになってしまうかもしれません。   彼のことを愛していてこれからもずっと一緒にいたいと願うのなら、彼を信じて「こういう理由でセックスが好きになれない」ということを正直に伝えてくださいね。   あなたのことを本当に愛してくれていれば、パートナーはきっとあなたの言葉に真剣に耳を傾けてくれるはずです。   あなたのパートナーも、あなたが気が進まないままセックスに応じているなんて知ったらきっと悲しいはず。パートナーはあなたを感じさせたい、深く愛し合いたいと思ってあなたと抱き合っているのですから。   彼のテクニックに不満があるのならば、きちんと「もっとこういうふうに触って欲しい」と具体的に説明してあげてくださいね。       ありのままの自分を愛せるようになることも必要 女性はみんな、多かれ少なかれ性に対する悩みは抱えているもの。   それでも自分の身体やテクニックを磨いたり、もっと気持ちよくなるためにはどうすればいいか彼と話し合ったりして、よりすばらしいセックスができるよう頑張っています。   もし身体にコンプレックスがあって積極的になれないのであれば、ダイエットやエクササイズ、お肌のお手入れを頑張って少しでも自分を好きになれるようにしてくださいね。   彼はあなたの身体も心もひっくるめてあなたを愛したいと思っているのですから、その愛に応えて自信を持って彼の前で裸を見せられるようになりましょう!   また、貞操観念が強くてセックスという行為自体に「はしたない」「恥ずかしい」という抵抗を感じて、自分の欲求を抑えこんでしまう方もいると思います。   でも、そんなことは考えなくて大丈夫です。「セックスを通して好きな人とより深く結ばれたい」と思うのはとても自然なことだから。   セックスとは、本来ヒトの生殖行為です。だから性欲の正体は「子どもを残したい」という人間に備わった本能なのです。だから恥ずかしがらないで、本能には素直に従いましょう。   あなたの周りにいる真面目そうな男友達も、清純な雰囲気の女友達も、恋人や伴侶とセックスをしています。 みんなしていること。そう思ったら、セックスに対する抵抗もなんだか薄れてきませんか?   自分の身体も、心も、素直な気持ちで愛してあげてくださいね。     セックスが痛くて嫌いになったのなら もしあなたがセックスのときの痛みや性交痛でセックスを嫌いになってしまったのなら、ラブローションを使えばすぐに解決するかもしれません。   「今日も痛いかもしれない」と思って身構えると、身体に余計な力が入ったり濡れにくくなったりして、セックスで痛みを感じやすくなるという悪循環になりますよね。   そんなとき、ベッドルームにラブローションを用意していれば「これがあるから大丈夫」と安心できます。   オーガニック・ローズローション ローズの香りにうっとり包まれて… 愛が深まる夢見心地のラブタイムを 『こんなに良いバラの香りはじめて…』『高級感のある香りに彼も私もうっとり…』そんな声を多くいただく、ジョン&マリー1番人気のラブローションです。古くから「芳香の女王」と愛されてきたバラの香りには、ストレスを緩和させたり、お肌を美しくする効果があるとも言われています。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ジョン&マリーのオーガニック ・ローズ ローションは、できる限り自然由来の材料で開発された身体に優しいラブローション。オーガニックレベルは世界最高水準の99.5パーセント。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現したとっても身体に優しいオーガニック・ラブローションです。   もちろん質感にもこだわりが。お肌に塗る化粧水とほぼ同じ成分構成により、ずっと触っていたくなるようななめらかな肌触り、高級美容液のような質感を実現しました。   ダマスクローズの甘い香りはあなたに女性としての自信と幸福感を与え、不安や恐れを取り除いてくれる力があります。     なめらかラブローションで、愛の時間もスムーズに ラブローションは、デリケートな部分にみずみずしい潤いを与えてスムーズにサポートしてくれるほか、痛みによる緊張をなくして、二人のコミュニケーションにも潤滑材の役割を果たしてくれますよ。   ラブローションは、あなたのデリケートゾーンをケアして守るとっておきの美容液です。セックスが痛くて苦手、でもラブローション未体験というあなたは、ぜひジョン&マリーオーガニックのオーガニック・ ローズローションを使ってみて。   きっとセックスってこんなに気持ちよかったの?とびっくりするはずですよ。  

>記事を読む

いつもと同じワンパターンのセックス パートナーとのセックス、気づけばワンパターンになっていませんか?   いつもベッドに入ったら、キス→前戯→挿入という決まった順番。 いつもと同じキス、いつもと同じ愛撫、いつもと同じ体位… 彼は射精して気持ちよさそうだけど、まるで流れ作業みたいなセックスばかりしていると、なんだか大切にされていないような気がして寂しくなってしまいますよね。     ふたりのセックスマンネリ度をチェック! セックスのマンネリ度をチェックしてみましょう。こんな気持ちになったことはありませんか?   ❤ いつも似たようなエッチ、なんだか物足りない! ❤ 回数が少ない気がする。もっとセックスしたい! ❤ もっと気持ちよくなって、思いっきりイってみたい! ❤ たまには刺激的なSEXを楽しみたい! ❤ いろんなラブグッズを試してみたい!   お付き合いが長くなり、セックスの回数を重ねると、どうしてもマンネリになってしまいます。相手に対しての刺激が減ってしまい、いつも同じようなセックスを繰り返してしまう…   交際してから3年を過ぎると、どんなカップルもマンネリ化すると言われています。それはセックスでも同じです。     どうしてセックスがワンパターンになってしまうのか 彼がいつもと同じセックスをしてしまう理由。 それは、あなたのことがどうでもよくなったからではありません!   ワンパターンなセックスをしてしまうのには理由があります。 あなたを大切に思っていないわけでも、欲望を感じなくなっているわけでもありません。   長年、同じ相手とセックスをしていると、お互いに「感じるポイント」を知り尽くすことになります。そうすると、同じところを同じ触り方で愛撫するようになって、毎回同じようなセックスになるわけです。   感じるポイントを的確に押さえてくれるセックスは確かに気持ちいいけれど、新鮮味はまったくないですよね。   彼もあなたと初めて身体を重ねてから今までの間、彼なりに「どうしたら彼女を気持ちよくさせられるだろうか?」と、前戯やペニスの動かし方など試行錯誤を重ねてきたと思います。そうやって試行錯誤して、あなたが一番気持ちよくなれるやり方を彼の中で確立させたのではないでしょうか。   そうなんです。彼はあなたと長い間セックスを重ねてきて、いつの間にかあなたへの前戯を、自分の中でマニュアル化してしまったのです。そして、そのマニュアルだけが正解だと、彼はひとつのパターンに固執するようになったのかもしれません。     彼がムードを大切にしないのは仕方がないこと 彼がムードを大切にしてくれないのは、実は脳の構造上仕方がないこと。   無意識のうちにマニュアル以外のことは必要ないことだと判断して、雰囲気作りには意識が向かなくなり、おろそかになってしまうのです。 元々男性は、脳の構造的に「結果」や「ゴール」に重きを置くので、そこに至るまでのプロセスは重視しない傾向があります。だから射精というゴールに早く達したいあまりに、セックスを始める前の雰囲気作りがついおろそかになってしまうのです。合理的な男性脳ならではですね。   それに比べて女性は過程を重視しますから、すれ違いが生まれてしまうというわけです。     付き合い始めた頃はムードたっぷりのセックスをしてくれていたのに 付き合い始めた頃は素敵なホテルに連れて行ってくれたり、「可愛い」「キレイだよ」とうれしい言葉をたくさんかけてくれたりして、よいムードを作ってくれようとしてくれていましたよね。彼はきっと、大好きなあなたにいいところを見せたい、好かれたいと頑張ってくれていたのだと思います。   でも、付き合いが長くなるにつれてカッコつけなくても大丈夫だと思い、つい「素」の部分が出てきたのでしょう。   あなたも彼と付き合い始めの頃と比べて、ファッションやメイクなど、「ま、いっか」とちょっと手を抜いてしまう日もありますよね。彼もそれと同じです。 「もう付き合いも長いし、頑張らなくていいよね」と思っているのでしょう。決して悪気はないのです。     ワンパターンなセックス、どう変えていけばいい? 彼がムード作りを頑張ってくれたり、変化のあるセックスをしてくれたりするようになるためには、どうすればよいのかが悩ましいところです。   あなたが何も言わなければ彼も変わってくれないので、ここは勇気を出して彼にあなたの不満を打ち明けてみましょう。マンネリを解消するために必要なのは新しい刺激です。   彼ももしかしたら、あなたに言えないだけで色々試してみたいことがあるかもしれません。だからあなたの方から、マンネリなセックスを打開するきっかけを作ってあげてくださいね。   お互いを大切に思っているならば、自分が「こうしたい」と思っていることを言うのが大事です。 「こんなことしたいなんて言ったら引かれてしまうかな」と思うのは、パートナーを心から信じきれていない証拠。   お互いに相手と強い絆で結ばれていると感じるならば、「セックスでこんなことをしたい。してみよう」と自然に話し合えるはずです。セックスは最も深くて密なコミュニケーションです。     最初の一歩 ❤ 愛撫を工夫して、セックスのマンネリ解消にチャレンジしよう! 1.「きょうはいっぱい愛してあげるね」と自分から濃厚な愛撫をする 前戯があっさりしている彼なら、先にこちらから濃厚な愛撫をしてあげてみてください。いつもはしないところまで全身くまなくキスをしたり、フェラもゆっくり丁寧にやって。 まだ知らなかった彼の感じる部分がわかるかもしれません。   いつもよりたくさん愛してあげると、彼の方から『今度はオレがしてあげるね』と濃厚な愛撫をお返ししてくれます。     2.愛撫のときにお願いをしてみる いつもと同じ愛撫になってしまいがちな男性には、細かくお願いをしてみましょう。 「もうちょっと優しく」「もう少しだけ強く」「もっと上の方を」など、希望を伝えてみると男性も愛撫しやすくなります。あなたが気持ちよく感じることができれば、それを見る彼も嬉しいはず。   コミュニケーションを取りながら愛撫をしあえば、ふたりだけのもっと気持ちのいいセックスに変わっていくと思います。     3.ラブグッズを使っていつもとひと味違うラブタイムを ちょっとだけ勇気を出して特別なラブグッズを活用してみると、彼とのセックスがより新鮮で楽しくなるかもしれません。 彼と深く繋がることができる特別な時間を、とっておきのラブアイテムを使ってよりエロティックで甘美なものにしましょう。   もしかしたら、ラブグッズに対して「彼に嫌われてしまうかもしれない」「恥ずかしい」と抵抗を感じるかもしれません。  もしそう思っているなら、まずはオーラルプレイ用のラブローションからチャレンジしてみるのがおすすめです。   せっかくなら、シロップのように甘くていい香りの食べられるラブローションを使って、お互いの身体を美味しいスイーツに仕立ててみてはどうでしょうか? フェラもクンニもデザート感覚で楽しめて、お互いの身体をよりじっくりと、長く深く味わうことができますよ。   オーガニック・グレープ シュガー ローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の大人のぶどう味 日本初 オーガニックレベル100%の『食べられる』ローション。甘美なブドウの味にうっとりする、アダルトセクシーな大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。キスも愛撫も五感で味わって満たされたいアナタへ。 ※口に入っても安全な成分のみで作られています。 ※お肌に合わないときはご使用をお止めください。   ジョン&マリーのオーガニック・グレープシュガーローションは、100%自然由来成分だけで作り上げた、食べても安心なオーガニックローション。ブドウとマスカットのエキスをブレンドした、本物のブドウを食べているような芳醇でジューシーな香りと味はやみつきになります♡   ひと塗りすれば、たちまちあなたの身体とデリケートな部分はたちまちみずみずしいフルーツに大変身! 彼も甘い香りに誘われて、あなたをむしゃぶりつくように味わってくれるはず。   いつもとひと味もふた味もちがう、身も心もとろけるような濃密なラブタイムとなるでしょう。 マンネリ解消のための一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか♪   ピーチ味が好きな方にはこちらもおすすめです♡   オーガニック・ピーチ シュガーローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の甘いピーチ味 日本初 オーガニックレベル100%の『食べられる』ローション。ピーチシュガーの甘さと、ローズのほんのり優しい香りがクセになる、大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。  

>記事を読む

みんな悩んでいるセックスの痛み【性交痛】 あなたも性交痛で悩んでいませんか?   大好きなパートナーのペニスで痛くなってしまう…つらいですよね。 膣の入り口が裂けるように痛くなったり、子宮の奥のほうやお腹がジンジンしてきたり。   痛みがあると興奮も冷めてしまって、 冷める → 濡れなくなる → 余計に痛みが増す という悪循環に陥ってしまいますよね。   幸せなはずの彼とのセックスの時間が苦痛で仕方がない! これはなんとかしなければ。   今回はつらい性交痛の原因と、痛みを感じなくする解消法を一緒に考えていきましょう!     性交痛の原因は千差万別、婦人科系疾患が隠れていることも 性交痛の症状は、主に次の3つです。   1.膣の入り口の痛み 2.膣の奥の痛み 3.下腹部の痛み     膣の入り口が痛いというあなたは、濡れてなくて膣の潤滑が足りていないのに挿入を許していませんか? 摩擦で入り口付近に痛みが生じます。充分に濡れていないから痛いのは当たり前。   彼に充分な前戯をしてもらってしっかり濡れた状態で挿入するか、挿入の際に潤滑ローションを使用すると解決しますよ。   疲労やストレス、更年期で女性ホルモンのバランスが崩れて濡れにくかったり、コンドームのアレルギーにより粘膜が過敏になっているのかもしれません。我慢しないで身体を充分にいたわってあげましょう。     膣の奥や下腹部が痛いというあなた。   デリケートな質問で申し訳ないのですが、もしかして、婦人科系疾患の持病を抱えていませんか?   子宮内膜症や卵巣腫瘍の病変部が痛む場合や、婦人科系の手術によって生じた骨盤内臓器の癒着によって痛みが引き起こされているかもしれません。   婦人科系の持病がある方で、彼にそれを言えないままつらいセックスに応じている方は、できるだけ早く包み隠さず彼にお話しして、持病のせいで痛いということをきちんと理解してもらってくださいね。     性交痛は我慢しないでパートナーに伝えよう! あなたがずっと痛みを我慢していることを知ったら、パートナーは「どうして言ってくれなかったの?」と悲しくなってしまいますし、「痛いのに無理にセックスさせてたんだ」と罪悪感も覚えてしまいます。   だから彼に切り出すときは「最近ちょっと痛くて…」という言い方をするとよいかもしれません。   女性の身体のことって男性には未知で、ピンとこないものなのです。つまり察するのは不可能に近いということ。   パートナーはあなたの「自己申告」を待っているのですよ。   ふたりで力を合わせて性交痛を解消しよう 性交痛の原因は、婦人科の病気やホルモンバランスの乱れのほかにも、パートナーの前戯が気持ちよくなくて濡れなかったり、あなたの膣の奥行きに比べて相手のペニスが大きすぎて痛くなっている場合もあります。   そういうときも「もっとこういうふうに触って欲しい」と、ちゃんと言葉で彼に伝えることが大切です。そうやってあなたが充分に満足できる前戯をしてもらいましょう。   また、挿入の際にはあなたの身体がペニスに慣れるまでしばらくそのまま動かずにいてもらう、ゆっくりピストンをしてもらう、深く強く突き上げるような動きは控えてもらうなど、挿入時の工夫にも協力してもらってくださいね。   どうしても膣への挿入がつらいというときは、彼にお願いして、軽いペッティングやスキンシップだけにしてもらうといいですよ。意外にも、スキンシップだけでも精神的に満たされるという男性は多いので、心配しなくても大丈夫です!   セックスはふたりの大切なコミュニケーションなので、お互いの協力や意思疎通は欠かせません。快適なセックスライフが送れるように、あなたの思いや要望はちゃんと言葉で伝えて、パートナーに理解と協力をしてもらえるようにしましょうね。     性交痛はラブローションでも解決できます! 特に原因となる疾患などがない場合は、性交痛はラブローションで解決する可能性が大きいです! ラブローションはデリケートな部分に潤いを与え、挿入をスムーズにしてくれて、摩擦による痛みをなくしてくれます。   ただ気になるのは… パートナーに「ローションを使いたい」なんて自分からお願いするのに、ちょっぴり抵抗があったり心配になったりしますよね。   でも、大丈夫ですよ。ストレートに「痛くなっちゃうから使ってみたい」とお願いしましょう。彼もすんなりと受け入れてくれますから。   ラブローションがあれば「痛かったらどうしよう」という不安もなくなるので、身体も心もリラックスして彼を受け入れることができますよ。   コスメ感覚でラブローションを使ってみよう!   オーガニック・ピュアローション オーガニック潤滑ローション ‟ビギナーにおすすめ” 無味無臭のピュアローション コンブエキス・トウモロコシ・アロエが基本成分。デリケートな部分に触れるからこそ、安心安全な“オーガニックの品質”にこだわりました。『いつもの痛みをちょっと和らげたい』『ラブローションを少し取り入れてみたい』そんなファーストステップに最適。 *使用後は保湿成分によって肌をしっとりと保ちます。 ※口に入るとほのかな苦味があります。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ジョン&マリーのラブローションはとってもおしゃれなデザインだから、コスメ感覚で使えますよ。これだったら、彼に差し出す時も恥ずかしくないですよね。   こんなフランスのオーガニックコスメみたいな洗練されたアイテムだったら、ドレッサーに置いていてもまったく違和感ありません。むしろ並べて飾りたくなってしまうくらい。   デザインだけではなく、品質も文句なしです!   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現したとっても贅沢なオーガニック・ラブローション。   添加物や化学薬品を可能な限り取り除き、全成分の99.5%が植物性由来です。世界でも類を見ない高いオーガニックレベルを誇る、とっても身体に優しいラブローションなんです。   触り心地もサラリとしていてとっても自然。美容液のような質感です。乾いたときにまったくベタつきを感じないので、きっとびっくりすると思いますよ。(乾いたときは水を塗ると元通りになります)   香りもないので、ラブローション初心者のあなたも気軽に使うことができるはずです♪     ベッドルームにはいつもラブローションのご用意を♡ 彼と愛し合うときには、いつもラブローションを用意しておきましょう。   外に出るときに日焼け止めを塗るのと同じように、セックスのときにはラブローションであなたのデリケートな部分もケアをしてあげるのです。   痛みや不安を取り除くことに成功したら、気持ちいいセックスを堪能することができます。   ラブローションの魔法で快適で幸せな愛の時間を楽しみましょう♡  

>記事を読む

 気持ち良くないセックス セックスはしたいのに、いざセックスをしても気持ちよくなれない。   「愛する人と抱き合いたい!」「触れ合いたい!」と思うのに…   どうしてセックスが気持ちよくないの?気持ちよくなれない私がおかしいの?   気持ちよくなりたいと思うほど焦ってきて、身体がカチコチになって、セックスに集中できなくなりますよね。   セックスをしたい気持ちはあるのに、気持ちよくなれないのには何か深いワケがあるのでしょうか?     ※セックスで気持ちよくなりたい!もっと感じてみたい!そんなあなたにはこちらの記事がおすすめ♡   セックスの感度がアップする♡ ○○○のマッサージ セックスでオーガズムを感じるには/ 快感を感じるために大切な○○○     性欲があるのに気持ちよくなれない3つの理由 1.心がセックスを拒否している   実は、心の奥の奥の方にセックスに対する嫌悪感を持っているのかもしれません。頭では抱きしめられたい、触れ合いたいと思っている。   でも、無意識下で 「セックスは汚らしいもの」 「気持ちよさを感じるのは恥ずかしいこと」 「汚らわしいこと」 そんな風に思い込んでしまっているのかもしれないのです。   この無意識下の想いが原因で、身体が拒否をして固くなってしまい、セックスで痛みを感じてしまうことにもなりかねません。   この想いは自分で気づかないことも多いです。 でもよく考えてみると、セックスというのは命が産まれる前に皆していることなのです。必ずされているもの。   なので、恥ずかしがる必要はまったくありません。 むしろ、大事なことなんだ!という想いをもって、セックスを楽しむ気持ちを持ちましょう♡     2.悩みや心配事を抱えている   そもそも、セックスに集中できないほどの悩みや不安があるときは、セックスでの快感は得られません!   仕事で大きな責任を感じていたり、家族のことで心配事があったり、お金の心配など・・・ ちょっとでも心に引っかかることがあったら、セックスの最中に気になってしまいますよね。 いろいろと考えていると、セックスをする気にもなりませんよね。   なにか考え事をすることで、交感神経が優位になって興奮状態になりますので、リラックスしたセックスができません。 一人で悩んでいないでパートナーにも打ち明けてみましょう。会話も大事なコミュニケーションです。 ラブタイムの最中は余計な考えが浮かばないようにできるといいですよね。     3.本当に気持ちいいセックスをしたことがない   セックスの経験はあるけれども、実は身体が本当の快感による刺激に慣れていないのかもしれません。 本当の気持ちよさを知らないために、痛みで苦痛を感じたり、セックスは男性のものなどと思ったりして、違和感を感じたままなのかもしれません。   または、パートナーの前戯が充分でなかったり、挿入が激しかったり、あなたの『感じるポイント』をことごとく外している可能性もありますよね。 自分の性感帯や本当に気持ちいいと感じる部位、自分にとっての心地よい愛撫のされ方を知らなければ相手にも伝えるのは難しいものです。   他人任せではセックスの快感はあまり得られません。 パートナーに任せっぱなしにせずに、どうしてほしいのか、お互いの気持ち良いところを探り合いっこもいいですよね。して欲しいことや変えて欲しいことがあればちゃんと伝えましょう♡   ひとりエッチ(オナニー)で自分の感じるポイントを見つけることも大切ですよ。     ※ひとりエッチをもっと楽しみたいあなたへおすすめの記事♡ 【キレイな女性の美のヒミツ】ひとりエッチはご褒美の時間です   セックスに対して消極的な女性にならないように! 消極的なセックスから卒業しよう! あなたがセックスで気持ちよくなれない色々な理由を挙げてみましたが、あなたが集中できなかったり、気分が乗らなかったりするのは、   セックスに対して能動的になれていないから   これに尽きると思います。 自分から積極的になるのは恥ずかしい、彼に色々お願いするのは恥ずかしい。夢中になるのが恥ずかしい。   でも、これって全部、持たなくていい羞恥心です。そんな固定観念は捨ててしまいましょう。   セックスに消極的なあなたを変えるラブローションの魔法 人って、好奇心が刺激されないと積極的になれない生き物。だからセックスを変えるためには、好奇心を刺激してくれる新しい何かが欲しいところ。   ラブタイムを変えるのに一番簡単なのは「ラブグッズ」を使うことだと思います。   けれども、いきなり道具に挑戦するのは怖いし、ハードルも高い。   そんなときは、ラブローション(潤滑ローション)だったら気軽に始められそうですよね。それも美味しいラブローションだったら、口に入れて美味しい、塗って楽しいでワクワクしながら使うことができそう。   オーガニック・グレープ シュガー ローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の甘いピーチ味 日本初 オーガニックレベル100%の『口に入れても安心』なローション。甘美なブドウの味にうっとりする、アダルトセクシーな、大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。キスも愛撫も五感で味わって満たされたいアナタへ。 ※口に入っても安全な成分のみで作られています。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   食べられる潤滑ゼリーローションおすすめはコレ! ちょっと、苦手なフェラ。臭いが気になるクンニ。そんな二人のために作ったラブローション。デリケートな部分やちょっといやらしい部分にたっぷりと塗って二人のカラダがもっと美味しくなる!…続きを読む     セックスが気持ちよくなれない問題はオシャレに楽しく解決! こんなおしゃれなパッケージのラブローションだったら、ポーチに入れておくのも恥ずかしくないし、なんだか使ってみるのが楽しみになってきますよね。   見た目のかわいさだけではなく、「ジョン&マリーオーガニック グレープシュガーローション」は、100%自然由来成分だけで作り上げたとっても身体にやさしいローション。 合成香料・合成着色料・防腐剤などの化学成分は一切使用していません!  サトウキビやコーンスターチなどの植物由来の成分を潤滑剤に使用し、美味しいフレーバーは花と果実のエキスで再現。完全無添加、正真正銘のオーラルプレイ専用のオーガニック・テイスティローションです。   ジューシーなグレープの香りと味で、気になるデリケートゾーンのニオイが気にならないようにしてくれるので、彼にいつもはできないセクシャルなお願いもたくさんしちゃいましょう。   じっくりオーラルをしてもらったり、お互いの全身舐め合ったり…いつもより情熱的で濃厚なラブタイムになるはず。   また、デリケートゾーンを潤いで満たしてくれるので、挿入の痛みやつらさもしっかりケアすることができますよ。   性欲があるのに気持ちよくなれない、そんなもどかしさは、ジョン&マリーの美味しいラブローションで、オシャレに、そして楽しく解決しちゃいましょう♡

>記事を読む

セックスでオーガズムを感じたいけどイケない あなたはセックスでオーガズムを感じたことはありますか? 「ない」というあなたは、「セックスでイケないなんて、ひょっとしておかしい?」なんて、密かに悩んでいるのではないでしょうか。   友達にも「イッたことある? どうやったらイケるの?」なんてなかなか聞けませんよね。   他の人はどうなのでしょうか? オーガズムって、そんなに簡単に体験できるものなのでしょうか?     日本の女性は7人に1人がオーガズムを経験していない 全国の20~30代女性300人にアンケートを取ったところ、14パーセント、つまり7人に1人の女性が「今まで一度もセックスでイッたことがない」と回答してくれました。   また、前戯やオナニーでの絶頂体験はあるけれど、ペニスの挿入でオーガズムを感じたことはないという女性は3人に1人(33パーセント)にものぼりました。   オーガズムを体験したことがないというのは、決して珍しいことではないのです。悩んでいるのはあなただけではありません。だからコンプレックスに感じなくても大丈夫です。     セックスでイケないのはあなたのせいではありません もしかしてあなたは「彼がこんなに頑張ってくれているのに、イカないなんて申し訳ない…」なんて、自分がイケないことに罪悪感を抱いていませんか?   そんな罪悪感は、すぐに捨ててください。 むしろ「私がイカないのは彼が悪い」くらいに思っちゃいましょう。   本当にセックスの上手な男の人は、問答無用であなたをイカせてくれます。あなたの頭が真っ白になるほどの快感に酔いしれさせてくれるのですから。   運動が得意な人や勉強が得意な人など、色んな人がいるように、セックスの上手い下手も「生まれ持ったセンス」に左右されます。   セックスの才能とは、あなたの反応を注意深く観察しながら、どこをどのタイミングで刺激すればよいか、瞬時に判断する能力があること。 だからあなたがイケないのは、パートナーの洞察力が足りなくて、独りよがりのセックスをしているからなのです。      才能がなくても努力でカバーできる! セックスでイケないのはパートナーにセックスの才能がないだけなんて、なんだか身も蓋もないことを言ってしまいましたね。   でも、大丈夫! セックスの才能は努力でカバーできるものです。   まずは、パートナーに「正しいセックスの頑張り方」を学んでもらいましょう。   今は女性目線のSEXハウツー本がたくさん発売されています。探せば「私の気持ちを代弁してくれている!」とあなたが感動するような内容のものも見つかるでしょう。   そういったハウツー本を「これ面白かったから、読んでみて」と彼にさりげなく手渡したり、あなたが気持ちよくなれそうな愛撫や体位についてのページを見せながら「こんな風にしてほしい」とお願いして、セックスのお勉強にさりげなく誘導しちゃいましょう。   こんなふうにあなたの方からアクションを起こすことで、あなたが「セックスを変えたい」「もっとよくしたい」と思っていることが伝わって、彼のセックスに対する意識も変わってくるはずですよ。   彼に独りよがりなプレイをやめてもらう 前戯で彼が「よかれ」と思ってしていることでも、あなたはイマイチ快感を覚えない。そんなことがあったら「それはあんまり気持ちよくない」ときっぱり伝えてしまって大丈夫です。 あなたが感じるところだけを気持ちよくなれるやり方で彼に触ってもらいましょう。   色々なやり方を試す必要はありません。大切なのは、あなたの性感帯をじっくりと刺激してもらうこと。そういうシンプルなやり方をコツコツ続けることが、オーガズムへの一番の近道なのです。   お互いにオーガズムにこだわるのをやめよう あなたがイクことにこだわっているのと同じように、彼もあなたをイカせることに執着しているはず。 男性は征服欲が強い生き物なので、女性をイカせて身体も心も制したいと本能的に思っているのです。   でも、「イクこと/イカされること」にこだわりすぎると、女性は焦ってプレッシャーを感じてしまうし、男性は独りよがりなセックスをすることになってしまいます。   だから、イクことにこだわるよりも、ゆっくりと愛撫してもらって、長くじっくり感じさせてもらえるようにしましょう。 たとえイカなくても、今の何倍も満たされるセックスができるはずです。   オーガズムは、ちゃんとお互い心が通じ合い、安心できるセックスができるようになって初めて体験することができるのです。     安心できるセックスのために…ラブローションを使ってみて あなたがイケなかったり、パートナーに安心して身を任せることができなかったりするのは、痛みや感じない不安、濡れない不安でセックスに集中しきれていないからかもしれません。   もしそうなら、ラブローション(潤滑ローション)を使うことで、2人のセックスは劇的に変わるはずですよ。   ラブローションは、摩擦による痛みや不快感などの余計な感覚をなくして性感だけをアップしてくれる、とっても便利なアイテムなんです。   オーガニック・ジャスミンローション リラックスしながら癒されたい… そんな夜にお勧めのジャスミン ジャスミンの上品な香りが、深いリラックスへ導くラブパフューム。心を解放させてうっとりと酔わせるような香りが、ジャスミンの特徴です。人の本能・性的な部分に効果をもたらすと言われ、ヨーロッパでは「夜の女王」と呼ばれています。男性にもとても好まれる香りです。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ジョン&マリーのオーガニック・ジャスミン ローションは、99.5%オーガニック成分だからこそ実現できたベルベットのようななめらかな触り心地が特徴です。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現した贅沢なオーガニック・ラブローションです。   化粧品にも使われる保湿成分をふんだんに配合。スキンローションのようなみずみずしい質感はずっと触っていたくなる心地よさ。   一度塗るだけで長い時間に渡って潤いが持続するので、セックスの途中で乾いて痛くなる…なんてことも起こりません。(もし乾いてしまった場合も水を塗ってあげると戻ります) スムーズな挿入をサポートしてくれて、ラブタイムの間ずっと塗りたてのなめらかな質感が続きます。   さらに、天然ジャスミン精油のリラックス効果で、緊張で固くなってしまいがちな身体を解きほぐしてくれますよ。   ジョン&マリーのオーガニック・ジャスミン ローションは、上質な肌触りと香りであなたの特別なひとときを、そしてあなた自身を美しくセンシュアルに彩ります。   あなたのラブタイムに安心とリラックスをもたらして、オーガズムへまでの道のりの心強いサポート役となってくれるはずですよ。  

>記事を読む

セックスレスを解消したい パートナーとセックスレスになってはや数年… もうこの先セックスしないままでもいいと思うときもあるけれど、パートナーはどう思っているのでしょう?   パートナーのことは愛しているから、セックスレスが原因で別れたり離婚したりするのはイヤですよね。     カップルの半数がセックスレス いまや日本のカップルの半数がセックスレスという統計が出ています。セックスレスは珍しい事でもなんでもないということ。   ただ、性欲は人間が本来持っている三大欲求のひとつ。 たとえお互いが納得した上で「しない」という選択をしたのであっても、愛し合う男女の間にはセックスがあるというのが自然な状態というもの。また、一方的なセックスレスは浮気や離婚の原因にもなりかねません。   セックスは男女にとって、そして人生にとって重要なものなのです。   せっかく心から大切だと思えるパートナーがそばにいるのだから、「いまさらセックスなんて」と思うのはやめて、この先歳を重ねてもセックスを楽しめる自分になりましょう。     フランスではセックスはアンチエイジングのひとつ フランスではセックスをアンチエイジングのひとつとして捉えていて、人生のあらゆるステージに組み込まれておくべきものだとされています。 つまり、セックスやオーガズムはストレスを解消して、心身を鍛え、睡眠の質を上げる健康法だということ。   また、性欲や性への探究心は生きる意欲と直結するから、寿命を伸ばすことにも繋がると考えられています。 そのため、おばあちゃんになってもセックスを楽しむことが良しとされているのです。   いつまでも若々しい少女のような女性であるために アンチエイジングという観点からも、そして何よりもパートナーと円満に過ごすためにも、自分はこの先ずっとセックスレスでいいのか、もう一度真剣に考えてみましょう。   いまはセックスをしない生活でも構わないかもしれません。でも、あなたがもう少し年齢を重ねて、更年期や閉経を迎えるときに「このままセックスをしないで一生を終えるの?」と、焦ってしまう可能性も。   「女性としての人生は終わった」という意識が生まれ、必要以上に「老い」を感じて、消極的な自分になってしまうかもしれません。   セックスは、いつまでも若々しい自分であるために大切なものです。少しずつでいいのでまたセックスと向き合っていきましょう。     まずはセルフプレジャー(ひとりエッチ)でセンシュアルな感覚を取り戻す 長い間セックスレスだったあなたはこんなことを考えているかもしれません。   「数年単位でセックスをしていないのに、いまさらパートナーを上手に誘えるかしら…」 「そもそもセックスをしたいという気持ちになれない…」   いざセックスをしても、痛かったり濡れなかったりしたらと思うと躊躇してしまいますよね。   いきなりセックスをするのが不安、やる気が出ないというあなたは、まずはセルフプレジャー(ひとりエッチ)で予行練習をして、センシュアルな感覚を取り戻してみてはどうでしょうか?     大人のセルフプレジャーの強い味方となってくれるアイテム 年齢を重ねたり、家族が増えてひとりの時間がなくなったりして、セルフプレジャー(ひとりエッチ)もご無沙汰になっている方は多いでしょう。 でも、ひとりでゆっくりできる時間を見つけたら、ぜひセルフプレジャーをしてみて。   自分のカラダとじっくり向き合えば、眠っていたセクシャルな感覚をふたたび呼び覚ますことができるはずです。 気持ちが盛り上がるように、いい香りのアロマオイルや気持ちいい素材の寝具、女性向けのセクシャルなDVDを準備しましょう。   そしてもうひとつ、ぜひ使ってみてほしいのがラブローションです。   何年もセックスレスだと、濡れることがすっかりなくなってしまいますよね。 でもラブローションをデリケートな部分に塗ってみると、膣から愛液があふれ出る感覚を久しぶりに体験して、だんだんセクシャルな気分が高まってきます。   大人の女性のために作られた、とっておきのラブローション♡   セクシャル ローション 大人のラブタイムにぴったり♡甘い 気持ちを高めるスペシャルローション 「今日はいつもよりセクシーな、大人の夜を過ごしたい」そんな方におすすめの、スペシャルラブローション。ヨーロッパで“誘惑の香り”と謳われるバニラとバラ、カーネーションをブレンドしたスイートな大人の香りが、恋人たちを魅惑のラブタイムへ誘います。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ジョン&マリーのセクシャルローションは、自分の身体をいたわることの大切さをちゃんと知っている、大人の女性のために作られました。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現したとっても贅沢なオーガニック・ラブローションです。   原料の99.5%が身体に優しい自然由来成分なので、口の中や膣の中に入っても安全。   ダマスクローズやピーチ、バニラカーネーションなどの花々と果実が織りなす甘くセクシーな香りは、あなたの中に眠っている恋の気分や官能を呼び覚ましてくれます。   セルフプレジャー(ひとりエッチ)でセックスする勇気や意欲を取り戻せたら、次はぜひパートナーとのラブタイムに使ってみて。あなたのデリケートな部分をみずみずしい潤いで満たしてくれて、濡れない不安を解消してくれますよ。   ジョン&マリーのセクシャルローションは、あなたの特別な時間をセンシュアルに彩ってくれる素敵なラブアイテムです。   パートナーとずっとドキドキできる関係でいるために。セックスレスで構わないなんて思わずに、ふたりの生活とあなたの人生に愛の時間を取り戻しましょう!  

>記事を読む

好きだけどセックスはしたくない 彼のことが大好きなのにエッチだけはどうしてもイヤ! 旦那のことを愛しているのにセックスはしたくない…   タイトルを見て、クリックしてしまったあなたは、もしかすると パートナーのことは心から愛している。なのにどうしてもセックスをする気になれない。 そんな悩みを抱いているのではないでしょうか。     パートナーとは気も合う。趣味も合う。会話もたくさんする。 優しいし、仕事も頑張ってくれる。見た目も悪くない。むしろ、かっこいいくらい!! 一緒にいてとても居心地が良いし、尊敬できる。本当に良いパートナー。   不満はなにもない。     唯一あるのは、セックスのことだけ。 セックスをしたくない。セックスなんてなくてもいい。   愛しているのに…   パートナーから誘われるたびにこの苦痛と戦う。パートナーの気分も害してしまう。   申し訳ない。もう別れた方がいいのかな。     セックスしたくない理由がわかれば大丈夫? このセックスへの嫌悪感は、原因を探ればきっときりがないでしょう。 だけど、愛しているのに応えられていないという、パートナーへの罪悪感にさいなまれるのは苦しいですよね。   セックスはしなければならないもの!では、決してないと思うのです。   でもおそらく、相手に悪いからとパートナーの求めに無理をして応じる、ということもあるのでしょう。   その時に、 「また痛かったらどうしよう」 「彼がイカない、私が満足させられていないから?」 「気持ちよくないのがバレたら嫌われるかな」 「気分がのらないな…」   こういった不安が湧いてしまうと、セックスをしたとしても身体が緩むことはないでしょう。 結果として、気持ちいいセックスを味わうことはできないですよね。   そして、どんどんセックスを拒んでいってしまう…     セックスのときの精神状態が体に与える影響 不安や恐怖といった精神的要因は、膣の潤いを不足させると言われています。 まず、この精神的な要因によって性的興奮がそがれてしまうんですよね。   愛しているんだけど、痛くなることがつらいの。感じれないのがつらい。   こういった想いも、実は愛なのだと思います。   この前向きになれない想いに対して、今は前向きにローションを使うカップルが増えているようです。ご存知でしたか?   もう一人で悩まなくても大丈夫です!   セックスで感じない、濡れない、痛い。そんなセックスの問題をラブローションが解決するかもしれません。   ラブローションは女性の強い味方です ラブローションは、「セックスが辛くなってきた」女性の強い味方なのです☆彡   ラブローション、潤滑ジェル、潤滑剤と聞くと、いやらしいプレイに使うイメージや閉経後の女性が使うイメージを持たれている方は多いかもしれませんね。   そんなラブローションですが、実はホルモン補充療法よりも抵抗なく使えるからと、手にする方が多いようです。 婦人科など、セックスのカウンセリングの場でも、性交痛の緩和方法としてラブローションが推奨されてるところもあります。     オトナのためのラブローション JOHN&MARYが提供しているのは、大人の女性のための上質な贅沢ラブローションです♡     またセックスをしたいと思えるようになる魔法のアイテム♪♪   もしセックスを拒む理由に「怖い」「不安」という思いがあるなら、ぜひラブローションを手に取ってみてください。   セックス時の挿入が驚くほどスムーズになり、痛みも感じず、快感はぐんと深まってくるはずです。 パートナーから誘われたら、「今日はコレを使ってほしいな」とラブローションを見せてみてください。   初めての時は緊張感も躊躇する気持ちもあるでしょう。パートナーも一瞬ビックリするかもしれません。 ですが、二人のセックスをより良くしたいという想いが届くはず!     ジョン&マリーのラブローションは、99.5%がオーガニック成分。残りの0.5%も植物由来の成分なので安心です。   潤滑成分には昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなどの植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現した贅沢なオーガニック・ラブローションです。   とろりとなめらかな触り心地が気持ち良く、美容液のような潤いが長続き。ウォーターベースなので乾いてもべたつきません。   きっと、セックスに不安を感じるあなたの頼もしい味方になってくれます。     おすすめはコレ!二人のはじめてを思い出すラブローション♡   ファーストラブ ローション 恋に落ちたときめきを思い出す…初恋の香りのスペシャルローション ピュアでひたむきな『ファーストラブ(初恋)』の香り。「甘くてフルーティな香りが、初恋の気持ちを思い出させてくれる」「パートナーと新鮮な気持ちで盛り上がれた」など、たくさんのお悦びの声を頂いています。ピーチのフルーティな香りと、ほのかに香るカーネーションの繊細な香り…     ラブローションを使ったラブタイムの後は、きっと「どうしてこんなに気持ちいいものをずっと拒んでいたんだろう…」と過去の自分を不思議に思うはずです。     そんな魔法をお試しあれ♡♡♡  

>記事を読む

彼とのセックスに満足していますか? あなたはパートナーとのセックスに満足してますか?物足りないと感じていませんか?   彼の持続時間が短すぎたり、前戯が淡白すぎると感じたり。そんな物足りないセックスに不満は感じても「性欲が強い女」だと思われたくなくて、なかなか彼に気持ちを伝えられませんよね。     ふたりでコミュニケーションをとってお互いに満足できるセックスを あなたが一人で我慢する必要はまったくありません。彼の前戯・挿入・持続時間に満足できない場合は、ちゃんとそれを伝えていくべきです。   「もっと気持ちよくなりたい」という気持ちは非常にポジティブな欲求です。 そして色々なプレイにチャレンジする好奇心は、パートナーにいつまでも新鮮な気持ちを持ち続けるためにとっても大切なこと。だから自信を持ってくださいね。     どんな風に気持ちを伝えるのがベスト? もしあなたとパートナーが何でも言い合える関係なら、ハッキリと言葉で「ここが不満」「もっとこうしたい」という気持ちを伝えれば大丈夫です。   でも付き合って間もないとか、パートナーが少し傷つきやすい性格をしているならば、彼の積極性を引き出すためにあなたがさりげなく誘導してあげましょう。   例えば、ホテルでのお泊まりデートや旅行に誘っていつもと違うシチュエーションになれば、彼の気持ちも盛り上がっていつもより濃厚なセックスをしてくれる可能性がぐんとアップします。   パートナーの持続時間に不満がある場合は? 彼がすぐにイってしまう、いわゆる早漏。これはとてもデリケートな問題です。   精神的なストレスや体調不良が早漏の原因の場合もありますし、またパートナー自身がコンプレックスに感じていることも多いので、うかつに指摘しないほうがよさそうですね。   前戯をじっくりしてもらうとか、セックスの最中にキスや会話をして、休憩を挟むと良いでしょう。動きを止めると持続時間も伸びますし、スキンシップをすると精神的にも満たされるので、あなたの不満も解消するはずです。   コンドームの使用も、持続時間を伸ばすのに効果的です。いまは持続時間アップを狙った厚手のコンドームもたくさん発売されていますので、ぜひ試してみてくださいね。     ラブローションで淡白なセックスに愛の革命を♡ ちょっぴり大胆な提案として、ラブローションをたっぷり使ったプレイもおすすめします。   オーラル専用の甘くておいしいローションをお互いの身体に塗り合って、美味しいスイーツを頬張るようにお互いの身体にむしゃぶりつく。そんな大胆でとっても楽しいプレイを試してみませんか?   彼といい雰囲気になっている最中、あなたが「これおいしいんだよ~♡」なんていたずらっぽく笑いながらローションを取り出して、おもむろに彼の身体に垂らし、まるでキャンデーを舐めるように彼のペニスを舐め始めたならば…♡   最初は彼もびっくりしてうろたえてしまうかもしれません。でも、彼の動揺はすぐ興奮に変わるでしょう。   あなたが彼にしたように、彼もあなたの感じる部分にラブローションを垂らし、その唇と舌で味わい尽くしてくれるはずです。   甘いラブローションを使えば前戯を濃厚に、かつ長い時間楽しめるので、持続時間の悩みもしっかりカバーすることができますよ。   大人のマンネリセックス解消に、とろけるようなピーチの甘さにローズの華やかな香りを加えた、こんな大人でリッチなシュガーローションはいかがでしょうか?   オーガニック・ピーチ シュガーローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の甘いピーチ味 日本初 オーガニックレベル100%の『食べられる』ローション。ピーチシュガーの甘さと、ローズのほんのり優しい香りがクセになる、大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。 ※口に入っても安全な成分のみで作られています。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ジョン&マリーのピーチシュガーローションは、その名の通り口に入れても安心、オーラル専用の美味しいラブローション。フレッシュなピーチにふわりとバニラの香りをまとわせた、とっても甘くて美味しいシロップなんです。   ラブローションに必須の潤い感はコーンスターチとサトウキビで再現し、果実や植物から抽出した天然エキスや香料のみで香り付け。   完全無添加・自然由来成分だけで作り上げたオーラル専用オーガニック・ラブローションなので、口に入っても安心です。     シュガーローションの甘い魔法で物足りない不満を解決♡ 彼に「もっとこうしてみたいな」と伝えたり、「これを使ってみよう」とラブローションを差し出す。そんな少しの勇気があれば、あなたの長年の不満はすぐに解決するかもしれません。   パートナーのあなたへの愛は、あなたが正直な思いを伝えたり、ちょっとエッチな提案をしたところで簡単に崩れたりはしません! むしろあなたが自分の気持ちを言ってくれた、大胆になってくれたと嬉しく思うはずですよ。   ふたりで力を合わせてセックスの問題を乗り越えて、愛するパートナーといつまでも仲睦まじいカップルでいてくださいね♡  

>記事を読む

  セックスは気持ちいい?気持ちよくない? パートナーとセックスがしたいという気持ちはあるのに、いざセックスしても気持ちよくなれないってこと、ありませんか?   久しぶりのセックスなのに… 彼のことが好きなのに… なんだか集中できない… いまいち感じることができない… なかなか濡れない…   集中しようとすればするほど焦ってきて、空回りしてしまうこともあると思います。 もどかしいですよね、あのしっくりこない感じ。   性欲があってセックスもしたいのにカラダが気持ちよくなれないのには、何か理由があるのでしょうか?       セックスをしても気持ちよく感じない3つの理由 1.心がセックスを拒否している あなたは、心の奥の方でセックスに嫌悪感を持っているのかもしれません。 頭ではセックスがしたいと思っているのに、無意識のうちに「セックスは汚らわしい」「快感を覚えるのは恥ずかしいこと」だと思い込んでしまっているのです。   こんなふうに心が拒んでいると、体は固くなってしまい、快感を伝達する神経もブロックされてしまいます。 セックスはみんなしていることなので、恥ずかしいことではありません。心のブレーキを取り払い、セックスを楽しむ気持ちを持ちましょう。     2.悩みや心配事を抱えている これはよくありますよね。心に悩みや不安があるときは、なかなかセックスに集中できない。   明日の仕事や、家族のこと、お金の心配など、ちょっとでも心に引っかかることがあったら、セックスの最中にそのことが思い浮かんできてしまいます。「心配だな~」「どうしよう?」などとあれこれ考えているうちに、すっかり気持ちが冷めてしまいます。   女性は色々なことを同時進行で行うことができるかわりに、ひとつのことだけに集中するのは苦手です。だから行為中にまったく関係ないことを考えるのはよくあること。 でも女性は少しでも別のことを考えると性的興奮が冷めてしまう傾向があるので、ラブタイムの最中は余計な考えが思い浮かんだらすぐに振り払いましょう。     3.本当に気持ちいいセックスをしていない あなたはまだ体がセックスでの刺激に慣れていないのかもしれません。挿入中に痛かったり、違和感を覚えたりすることはないでしょうか。 もしくはパートナーの前戯や挿入が、あなたの「感じるポイント」をことごとく外している可能性も…   自分の性感帯や、自分が本当に気持ちいいと思える前戯やセックスを知らないままでは、本当に気持ちよくなるのは難しいことです。   パートナーに任せっぱなしにせず、変えてほしいこと、してほしいことがあればちゃんと伝えましょう。セルフプレジャーで自分の感じるポイントを見つけることも大切ですよ。       セックスに対して消極的な女性にならないように あなたがセックスで気持ちよくなれない色々な理由を挙げてみましたが、あなたが集中できなかったり、気分が乗らなかったりするのは、セックスに対して能動的になれていない、これに尽きると思います。   自分から積極的になるのは恥ずかしい、彼に色々お願いするのは恥ずかしい。夢中になるのが恥ずかしい。 でも、これって全部持たなくていい羞恥心です。 その固定観念を破りましょう。     消極的なあなたを変えるラブローションの魔法 人って、好奇心が刺激されないと積極的になれない生き物。だからセックスを変えるためには、好奇心を刺激してくれる新しい何かが欲しいところ。   ラブタイムを変えるのに一番簡単なのはラブグッズを使うことだと思います。   でも、いきなりバイブなどの道具に挑戦するのは怖いし、ハードルも高い。 でも、ラブローション(潤滑ゼリーローション)だったら気軽に始められそうですよね。 それも食べられるラブローションだったら、食べて美味しい、塗って楽しいでワクワクしながら使うことができますよ。   オーガニック・ピーチ シュガーローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の甘いピーチ味 日本初 オーガニックレベル100%の『食べられる』ローション。ピーチシュガーの甘さと、ローズのほんのり優しい香りがクセになる、大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。 セックスが気持ちよくない問題はオシャレに楽しく解決! こんなおしゃれなパッケージのラブローションだったら、ポーチに入れておくのも恥ずかしくないし、なんだか使ってみるのが楽しみになりますよね。   ピーチシュガーローションは、見た目のかわいさだけではなく、100%自然由来成分だけで作り上げたとっても体にやさしいローション。 合成香料・合成着色料・防腐剤などの化学成分は一切使用していません。完全無添加で口に入れても、食べても安心。正真正銘の食べられるローションです。   ピーチシュガーの優しい味と香りのおかげで、彼もデリケートゾーンのニオイが気になりません。いつもはできないお願いもたくさんしちゃいましょう。   じっくりオーラルをしてもらったり、お互いの全身舐め合ったり…いつもより情熱的で濃厚なラブタイムになるはずです。   また、デリケートゾーンを潤いで満たしてくれるので、挿入の痛みやつらさもしっかりケアすることができますよ。   セックスが気持ちよくない、性欲があるのに気持ちよくなれない。そんなもどかしさは、ジョン&マリーの美味しいラブローションで、オシャレに楽しく解決しちゃいましょう♡  

>記事を読む

セックスで濡れない悩み 膣が濡れにくい、すぐ乾いてしまう… せっかくパートナーが気持ちよくさせてくれようとしているときに、濡れていないと申し訳なくなるし、痛みも出てきてだんだん苦痛になってきてしまいますよね。   すぐにどうにかなるものでもないし、ごまかせるものでもない。何で濡れないの? ひょっとして不感症?   愛液の量は人それぞれ。個性なんです! 愛液が分泌される量は本当に人それぞれ。だから「愛液の量が多いほど感じている」というわけではないのです。   反対に「強烈な快感を覚えているにも関わらずそれほど濡れない」という人もいます。 ですから「感じているのになぜか濡れない」というのは決しておかしいことではありません。   愛液は汗と同じようなもの。汗っかきの人とそうでない人がいるように、分泌量には個人差があるのです。 人それぞれ顔立ちやスタイルが違うのと同じように、濡れにくいのもあなたの個性の一部なんです。   ちなみに愛液は汗と同じですから、身体が水分をたっぷりと蓄えているときに濡れやすい傾向があります。ですから、セックスの前に水をたくさん飲んでみるのを試してみて。   濡れていたのに濡れなくなった 以前は濡れていたのに今は濡れなくなってしまったというあなたは、原因を探ってみる必要があるかもしれません。濡れなくなる主な原因には次のようなものがあります。   ・加齢によるホルモンバランスの変化 加齢によって女性ホルモンのエストロゲンは徐々に減少し、閉経を迎えると激減して膣が乾燥しやすくなります。 また、性欲を高める作用がある男性ホルモンの分泌も低下するので、性欲自体が弱くなってそれが濡れない原因となるようです。   ・疲労や空腹など肉体的な原因 身体が疲れていたり眠気が強かったりすると、脳が休息を必要としていて、セックスに集中できないことがあります。   ・精神的ストレス 悩みやストレスで精神的に問題を抱えている場合も、それが気がかりになるせいで濡れにくくなるという場合もあります。 濡れるためには脳から「性的興奮を起こす指令」を出す必要があるのですが、ストレスを抱えているときは「心身を休めたい」という欲求が一番大きくなります。そのため、性欲自体が湧きにくくなってしまい、結果として濡れないという状態が引き起こされるのです。   仕事や私生活、人間関係でトラブルを抱えてつらいときは、セックス以外で気分転換をしたほうがよいかもしれませんね。   また、パートナーとの付き合いが短い、セックスの経験自体が少ないという場合にも、緊張して濡れにくくなることもあります。     濡れない悩みを楽しく解決!ラブローションを使ってみよう どうしても濡れないときは、無理せず潤滑ゼリーやラブローションを使うことをおすすめします。 痛みも感じなくて済みますし、ローションが呼び水となってちゃんと濡れ始めることもあるからです。   彼が頑張って前戯をしてくれているのに濡れないとなると、お互いに焦ってしまいますよね。 そんなときのために、ベッドルームにラブローションを用意しておくと便利です。プレッシャーを感じることなくラブタイムを楽しむことができますよ。     濡れないときはどんなローションを使えばいいの? ジョン&マリーのオーガニック・ピュア ローションは、厳選した植物性成分で作り上げたとっておきのラブローション。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現したとっても体に優しいオーガニック・ラブローションなんです。   スキンローションのようなみずみずしくサラリとした質感で、「ラブローション独特のぬるぬるとした質感が苦手」という人でも大丈夫。   原料の99.5%が自然由来のもので、オーガニックレベルは世界最高!   自分の愛液のようにお肌と心に馴染む、オーガニックなラブローション♡   オーガニック・ピュアローション ビギナーにもおすすめ! 無香料・無着色の定番ピュアローション 『まずはシンプルなものから試してみたい…』『香りがないものを使いたい…』そんなあなたにおすすめ。無香料・無着色のジョン&マリー定番ピュアローションです。デリケートな部分に触れるからこそ、安心・安全な原料の選定、“オーガニックの品質”にとことんこだわりました。 ※お肌に合わないときはご使用をお止めください。   濡れなくても自分に優しく 自分をちゃんといたわってあげることが、官能の世界への入り口です。   濡れないことを必要以上に気にする必要はありません。 濡れない悩みは、ラブローションで簡単に解決できてしまいます。   ベッドルームにいつもラブローションを用意しておいて、「あれ?今日は濡れないな…」というときには、パートナーに「今日はこれ、使ってほしいな♡」と、可愛くお願いできるようになりましょう!   我慢のセックスはもうおしまい。 心と身体に優しいオーガニックなラブアイテムで、ナチュラルに、お洒落に、そして官能的にセックスを楽しむ。それがジョン&マリーが提案するオーガニック・セクシーライフです。   オーガニックなラブローションで、大人のセックスライフを楽しんでいきましょうね!  

>記事を読む

オススメ商品

デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

ランキング

ページトップへ