恋愛のお悩み lovelessen恋愛のお悩み

愛し合うセックスと求めあうセックス 言葉のニュアンスの違いですが、愛し合うセックスには時間をかけて優しく愛撫し女性とともに深い世界へと入っていくようなイメージがあります。   求めあうセックスには本能的で野性的なものを感じます。 部屋に入った瞬間からディープなキスをしてむさぼりあうようにカラダを交わす。   最近の女性が喜ぶ恋愛とSEXのテクニック本には髪をなでてキスをして首筋から・・・・・・と細かく書かれているものがあります。 時間まで決められていてとても親切なのですが?     30代の男性からこんな疑問を受けました。   彼は有名なSEXテクの先生の本を読み、マニュアル通りにこの順番を繰り返していたそうですが、次第に女性も男性も何か物足りなくなってきた。   マンネリとは違うけど、理由は解らないという疑問でした。   僕は「感じるセックスの専門家」ではないので、詳しいことは解りませんがただ一つだけ言えることはもっと本能のままでいいのではないかと思います。 愛やセックスを頭で考えすぎない。   セックスの基本は女性のためにあるということだけ認識していれば時に本能に任せたラブタイムも必要だと思っています。 僕たちが提案している「オーガニックSEX」は女性の為にあるものですが、料理で言うなら月に一度か二度のフランス料理のフルコースのようなセックスです。   時間をたっぷりとかけて、前菜から一つ一つ楽しむいつも違う豪華なセックスです。 でも時間のない普段の二人には「カジュアルSEX」でもいいと思います。     しかし絶対にしてはいけないSEXは! 男だけが射精して終わる「ジャンキー(添加物)セックス」です。 これは本能や情熱に任せたセックスとジャンキーセックスは違うものです。   ジャンキーSEXは女性を悲しませるセックスです、これを続ければ男のあなた自身も最後は悲しむことになります。     愛し合う二人が久しぶりに会う時や 何かの衝動で燃え上がるような恋の時や ケンカしていた二人が何かのきっかけで仲直りをする時や セックスをご無沙汰していた男女や   そんな時のセックスは本能のほうがいいと僕は思います。   不思議ですが、いつもは濡れない女性でもそんなときの女性は瞬間から熱く濡れているものです。 そんなときにマニュアル通りにキスから順番になんてしていたら、かえって冷めてしまいます。   特別な夜はオーガニックSEXで優しくディープに! いつもはカジュアルSEXで楽しくエンジョイ! そして、熱く燃える本能のSEX、お互いの性の情熱を素直に見つめ隠さないディザイア (desire)SEX!   このすべてがジョン&マリーが提案している「オーガニック・セクシーライフ」なんですね。   マニュアル通りの内容で忠実に守りながら、それはそれで楽しいものだとおもいますし、性の入門偏としてはAVよりもいいと思います。 書道でも柔道でも初級・中級・上級があるように性にもあります。   是非、入門偏から始まり、段階を経て上の階級へと成長していきたいとものです。   *でも、上級偏からおかしな道にそれる方も最近はいますので、その編はご注意!   愛し合うSEXと求めあうSEXどちらも素晴らしい!   SEXから体を交わしてから愛が芽生えることもあります。 逆に愛があるはずなのに、SEXをしてから愛が冷めるときもあります。 男女の仲とは本当にわかりません。 自分自身を信じて、あなたの本能が命じるままに生きることが大切だと思います。   ラブローションを通して愛を語る。 今日も最後まで読んでくれてありがとう!

>記事を読む

ジョン&マリーでは不定期ですが多方面からゲストお呼びして、「男と女の相談室」という楽しいトークセッションを開催しています。 第2回目の今日は京都・大阪から2名のSEXの専門家をお呼びし、女性4名のオブザーバーを含めて6名。   その内容を交えながら、男女のセクシャルなことをお伝えしたいと思います。 少しでも、皆様のお役に立てれば、二人の関係がHAPPYになりますように! やはり男女の関係はとても奥が深い。 深すぎて、時々迷路にはまってしまうこともありますが。 100人いれば、100通りの男女の恋愛とSEXの関係がある。   そのなかで! 大切なことは相手に「嫌われたくないという気持ちが強すぎて、違う自分を演じてしまう」こと。 恋愛もセックスもやはり相手に好かれたい、嫌われたくないという強い想いが誰にでもあります。 その壁を乗り越えて、嫌われてもいい! これが本当の私だから! とある程度の開き直りがあったほうが、本音で話せてSEXも自分らしくなっていい。 恋愛もSEXも人間関係も嫌われることの怖さが根底にあります。 でも、この壁を超えていかないと、前に進めないのが男女の関係。 嫌われも、いい! 怖いけど、この勇気が必要ですね。   沢山の男女の関係をみていると、嫌われるのを気にして本当のことが言えない、セックスにおいても本当にどうしてほしいのかも言えない関係が多い。 恋愛でも、嫌われるのが怖くてつい嘘を言ってしまう。 嫌われるのが怖くて、自分をごまかしてしまう、または違う自分を無意識に演じてしまう。   それに疲れてしまって、、、。   「20代のころはそれでもよかったけど、30代になるとそんな自分が嫌になる」 「見かけもセンスも悪くないのに何故か?」 「好きなる相手は妻子持ちばかり」という彼女。 「30代で一度も一度もSEXが気持ちよくない。」 「40代、今まで一度もエクスタシーを感じたことがない。そんなにセックスって気持ちいいの?」   SEXの悩み=人間関係の悩み   本当の自分をさらけ出すことがとても難しい~~(怖い) 大切なことは何か?   世の中には沢山の「セックスが気持ちよくなる」テクニックが氾濫しています。 愛撫の仕方、クリトリスの舐め方、Gスポットの場所、ポルチオの攻め方等等。   ある程度の基本的なテクニックは必要ですが、その前にもっと大切なことはやっぱり、”思いやり” 男性から女性に対する、大切にする思いやり、触れる体はシャボン玉のように優しく、そして射精するためのセックスではなく、女性が感じる女性のためのSEXであること。   この前提があって、テクニックがあれば、最高の心地よさを女性が味わえるのです。 女性を安心させる、女性の心を解放させる。 心も体もリラックスさせること。 心が開くことによって、カラダの機能がいつもより感じる体になるのです。   女性が感じれれば、あとはお互いの本能のままにセクシャルな時間を楽しんでいい。遠慮せずにどうすればもっと感じるのか?大胆になって、お互いをむさぼりあってもいい。   そのために、ラブグッズやラブローションが必要なら遠慮せずに、使ってみる。 時にはプチSMもコスチュームプレイもあっていい。 感じることに遠慮はいらないということ。 「セックスは気持ちいい」 ということを知ることが大切。   最初から、上手な男女はいないので、お互いで高めあいながら、エクスタシーにいくこと。 カラダだけの快感と心の伴った快感と二つの快感がある。 そして、今日がいつも「この人とは最後のセックス」だと思って交わることで、いつもと違う奥深い快感が味わえるものです。   セックスは最高の心と体のエクササイズ。   最低でも週に2度はエクササイズとしてした方がいい。 月には2度は濃厚なラブタイムはあればもっと、いい。 何度も言うけど、セックスに嘘がないことがなによりも一番気持ちがいい。 これ以上の気持ちよさはない。   セックスは素晴らしコミニュケーション、もっと自信をもっていいんです。   以上、第2回「男と女の相談室」でした。

>記事を読む

愛するマリアの『セックスがこんなに気持ちイイなんて』 え! 気持ちいいセックスを知らない?せっかく女として生まれてきたからには、最高に感じるSEXを知ることはとても大切!!! やっぱり、女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間はとろけるようなキスからの愛撫よね! 思わず、とろけるようなキスは、気持ちいいセックスへの入口。   よく『女性はキスが好き』といわれますが、これは男性より女性の方が、『脳で感じる』からかな。   女性が『セックスで気持ちいい』と感じるためには、まず頭で『セックスに対する否定的なブロックを解放すること』そして『セックスに対しての期待感』を充分に満たしてあげること。   セックスに繋がる『キス』で、どこまで女性を気持ち良くさせることがポイントですが、基本的に『強引なキス』では、なかなか感じることができないので当たり前。   ゆっくりと、唇が触れるか触れないかのリズムキスから始まり、手で背中や首筋をそっと触れながら、力を抜いて優しく丁寧にキスしていくうちに、自然と女性の口が開き、やっと舌を挿入させることができるのです。自然に女性の口が開いてきたら、それが気持ちいいサイン。   女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間は、同時に複数箇所を刺激されること。 とろけるような愛撫して欲しい。   女性の『性の開発』が進むにつれて、『性感帯』はどんどん増えていくでしょ! 上手に感じることができるようになってくると、それまでは感じなかった『背中』や『腕の内側』や『太もも』なども感じてくるようになると思うの。 その『新たな性感帯』と、女性が最も感じる『乳首』や『クリトリス』を同時に刺激すると、女性はとても気持ち良くなることができるの。   後ろから乳首やクリトリスを刺激する方法は、男性の胸を女性の背中に密着させながら行うので、女性は背中に安心感を得ることができるから、背中に男性の暖かい肌が密着することで、とろけるような快感に身を包まれるのよね。 ワンポイント・アドバイス①【女は温かい安心感が大切】     女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、口の中も性感帯。 気持ち良くさせてもらったら、次はサービスね! 女性にフェラチオをしてもらうためには、女性のことを感じさせておくこと。女性は口の中も性感帯になるの。女性が舐め始めてくれてからも、感じ続けることができるように、乳首やクリトリスの刺激すること。   女性が一生懸命、気持ちいいことをしてくれたら、男性も声を出して素直に喜びを表現してね。 女も男性が感じている姿にはグッとくるものよ。 ワンポイント・アドバイス②【男性も声を出す】     女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、一度目の絶頂 クリトリスで充分に感じさせた前戯の後、ペニスを膣内に挿入して女性の一度目の絶頂を迎えさせてあげれれば最高! もし男性もイキそうになってしまったら、指での挿入に切り替えて、まずは女性だけをイカせてあげて。女は何度でも、気持ちよくなりたいのよ。   もちろん、イク瞬間は女性も気持ちいい瞬間だから、最高のタイミングで絶頂を迎えさせてあげられるといいよね。 『クリトリス』と『膣中』(中イキ)では、気持ち良さの感覚が違うの。一度目の絶頂はクリトリスで、その後は膣中で、いくと最高だよね。   『中イキ』では、連続して気持ち良くなることができる女性が多いみたい、何度でもまだ気持ちいいということもあるけど、中イキではイケない女性もいるので男性は焦らずに、女性の反応を待ってあげてね。 『クリトリス』でイッた後、刺激がこそばゆく感じてしまう女性がいるので、周辺の刺激を避けたほうが良いかも。 ワンポイントアドバイス③【女の感じ方は千差万別】       女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、そして絶頂の後は? 女性は一度、絶頂を迎えてからが、本当に気持ちのいいスタートなの! 一度イッた後は、『カラダ全体が性感帯』。どこを愛撫されても気持ちいいんです。   男性は一度イってしまうと、回復するまでに時間がかかりるけそ、女性は、連続して何度でもイキ続けることができるんですよ。     【愛するマリアからのメッセージ】 いかがでしたか?女性をセックスで気持ち良くさせるには、じっくりと時間をかけることがポイントだということがお分かりいただけましたか? 一度めでたく『この男性は私を気持ち良くさせてくれる人』だと女性から思われれば、二人の相性はぐっと近くなるよね。くれぐれも、簡単・早いコンビニセックスだけは、控えてくださいね。   2人の身体の相性がどんどん良くなっていくのをお祈りしています。   あっと、それからラブローションも時々、楽しんで使ってくださいね。 私のお勧めはファーストラブかな!何故って、いつも新鮮な気持ちになれるから!!!     最後に愛するマリアからの究極のアドバイスは? SEXは『気持ちを込めると、愛になる』

>記事を読む

愛するマリアの『セックスがこんなに気持ちイイなんて』 え!   気持ちいいセックスを知らない?せっかく女として生まれてきたからには、最高に感じるSEXを知ることはとても大切!!! やっぱり、女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間はとろけるようなキスからの愛撫よね! 思わず、とろけるようなキスは、気持ちいいセックスへの入口。   よく『女性はキスが好き』といわれますが、これは男性より女性の方が、『脳で感じる』からかな。   女性が『セックスで気持ちいい』と感じるためには、まず頭で『セックスに対する否定的なブロックを解放すること』そして『セックスに対しての期待感』を充分に満たしてあげること。   セックスに繋がる『キス』で、どこまで女性を気持ち良くさせることがポイントですが、基本的に『強引なキス』では、なかなか感じることができないので当たり前。   ゆっくりと、唇が触れるか触れないかのリズムキスから始まり、手で背中や首筋をそっと触れながら、力を抜いて優しく丁寧にキスしていくうちに、自然と女性の口が開き、やっと舌を挿入させることができるのです。自然に女性の口が開いてきたら、それが気持ちいいサイン。     女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間は、同時に複数箇所を刺激されること。 とろけるような愛撫して欲しい。   女性の『性の開発』が進むにつれて、『性感帯』はどんどん増えていくでしょ! 上手に感じることができるようになってくると、それまでは感じなかった『背中』や『腕の内側』や『太もも』なども感じてくるようになると思うの。 その『新たな性感帯』と、女性が最も感じる『乳首』や『クリトリス』を同時に刺激すると、女性はとても気持ち良くなることができるの。   後ろから乳首やクリトリスを刺激する方法は、男性の胸を女性の背中に密着させながら行うので、女性は背中に安心感を得ることができるから、背中に男性の暖かい肌が密着することで、とろけるような快感に身を包まれるのよね。 ワンポイント・アドバイス①【女は温かい安心感が大切】     女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、口の中も性感帯。 気持ち良くさせてもらったら、次はサービスね!   女性にフェラチオをしてもらうためには、女性のことを感じさせておくこと。女性は口の中も性感帯になるの。女性が舐め始めてくれてからも、感じ続けることができるように、乳首やクリトリスの刺激すること。 女性が一生懸命、気持ちいいことをしてくれたら、男性も声を出して素直に喜びを表現してね。 女も男性が感じている姿にはグッとくるものよ。 ワンポイント・アドバイス②【男性も声を出す】       女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、一度目の絶頂 クリトリスで充分に感じさせた前戯の後、ペニスを膣内に挿入して女性の一度目の絶頂を迎えさせてあげれれば最高! もし男性もイキそうになってしまったら、指での挿入に切り替えて、まずは女性だけをイカせてあげて。女は何度でも、気持ちよくなりたいのよ。 もちろん、イク瞬間は女性も気持ちいい瞬間だから、最高のタイミングで絶頂を迎えさせてあげられるといいよね。   『クリトリス』と『膣中』(中イキ)では、気持ち良さの感覚が違うの。一度目の絶頂はクリトリスで、その後は膣中で、いくと最高だよね。 『中イキ』では、連続して気持ち良くなることができる女性が多いみたい、何度でもまだ気持ちいいということもあるけど、中イキではイケない女性もいるので男性は焦らずに、女性の反応を待ってあげてね。 『クリトリス』でイッた後、刺激がこそばゆく感じてしまう女性がいるので、周辺の刺激を避けたほうが良いかも。 ワンポイントアドバイス③【女の感じ方は千差万別】       女性がセックスで気持ちいいと感じる瞬間、そして絶頂の後は? 女性は一度、絶頂を迎えてからが、本当に気持ちのいいスタートなの! 一度イッた後は、『カラダ全体が性感帯』。どこを愛撫されても気持ちいいんです。 男性は一度イってしまうと、回復するまでに時間がかかりるけそ、女性は、連続して何度でもイキ続けることができるんですよ。       【愛するマリアからのメッセージ】 いかがでしたか?女性をセックスで気持ち良くさせるには、じっくりと時間をかけることがポイントだということがお分かりいただけましたか?   一度めでたく『この男性は私を気持ち良くさせてくれる人』だと女性から思われれば、二人の相性はぐっと近くなるよね。くれぐれも、簡単・早いコンビニセックスだけは、控えてくださいね。 2人の身体の相性がどんどん良くなっていくのをお祈りしています。   あっと、それからラブローションも時々、楽しんで使ってくださいね。 私のお勧めはファーストラブかな!何故って、いつも新鮮な気持ちになれるから!!!   最後に愛するマリアからの究極のアドバイスは? SEXは『気持ちを込めると、愛になる』

>記事を読む

あなたは大好きな人のどこを一番見ていますか?     ちなみに、デート中に一番見られているのは、 【横顔】 だそうです。     では・・・ SEX中に見られてる【部位】はどこでしょう。       気になりませんか? ベッドの中で見られてるところって・・・。     パートナーから見られている、その場所ですよ!!       とあるコラムで、伏し目がモテる!!と書いているのを見かけたことはあります。 セックス中もその伏し目を使って、攻めると良いのだとか♡     だけど。 攻めてる時でもどこを見られてるのかって、気になりますよね。     女性としては、 贅肉が目立っていないかとか おっぱいが小さい、垂れているのが見られてるんじゃないかとか ムダ毛の処理ができていないのが嫌われるんじゃないかとか 気になりますよね!     これは考えだしたら、セックスにも消極的になったり、気もそぞろになるでしょう。           それで!です。 セックスの時に実はどこを一番見ているのか、なのですが。   もちろん個人差はあるでしょうが、 意外と見ているのが、おしりなんですって! 自分ではあまり見ない場所ですよね。       なんと、なんと!!   男性からの声では、 「彼女とSEXした時、お尻で引いた…。」 とかあるらしいのです。     バストが好みでなかった ウエストがちょっと なら許容範囲なのに、 お尻は幻滅のレベルだというじゃないですか!!       気にしてケアをしていますか? あなたのお尻。   意外と見られていますよ!       ヒップラインだけではなく、 ザラザラ・ブツブツがありませんか?     実は、お尻に自信が持てないという女性は半数にも達するんだそう。       そこで、おすすめなのが ジョン&マリーの【酵素玄米ジャムウソープ】       セックスのために開発した商品です♡   デリケートゾーンやヒップだけでなく、全身にも使えますよ♪             《ジョン&マリーの酵素玄米ジャムウ石鹸》   ヒップのトラブル肌の原因は「不衛生」と「乾燥」であることがほとんどです。   改善するためには「優しく洗浄」して「保湿」すること。       「ジョン&マリーのジャムウ石鹸」は、オーガニック成分100%の原料。   優しく洗い上げ、デリケートゾーンの匂いを、希少植物《キンマ》で殺菌します。 さらに「酵素玄米エキス」の力で色素沈着を改善させる働きも備えてますよ☆彡 もちもち美白肌に導きます。       効果が早い方は、一回目からすべすべを実感できますよ♪ 合成成分でなく、無添加オーガニックの植物エキスで、体にも安心・安全です。 セックス お尻 す   ぜひ、あなたも、ぷるぷるとしたヒップを手に入れてくださいね!! べすべ 方法 改善 ブツブツ貴女も、ぷるぷるプリンのような美味しいプティング・ヒップを、是非、手に入れてくださいね。 自分に自信が持てるとセックスも楽しめますよね。 そのお手伝いとしてをどうぞお役立てください♡       ちなみに。 素敵なパートナーが幻滅しないように自分磨きをするのも大事ですが。   まずは、自分のために、自分磨きをして、自分を好きになっていってくださいね♡       そして、ド――――ンと自信を持てる自分になっちゃいましょう♡♡♡   体型って、程よい感じが好きな男性もいますからね♪♪♪       素敵なラブライフを☆彡    

>記事を読む

パートナーがED……。   パートナーがED(勃起不全)。仕方ないことだとはわかっているけど、セックスで愛し合えないのはやっぱりつらい。 パートナーもすごく気にしているだろうし、デリケートな問題だから友達にも相談しにくいですよね。   EDに苦しむのはあなただけではない 筆者である私も、かつてパートナーのEDに苦しんだ経験がありました。「私とでは興奮しないのかな?」「私としても気持ちよくなれない?」「もう好きじゃなくなったのかな……」と、ずいぶん悩んだ記憶があります。   EDの原因はパートナーの仕事のストレスや、精神的な疲れだったのですが、パートナーが自分の悩みを言わない人だったので、原因がわからなくてどんどん悪い方向に考えてしまっていました。   EDは絶対あなたのせいではない でも、どうかこれだけは覚えておいて下さい。EDは決してあなたのせいではありません。 パートナーはあなたのことが好きでなくなったわけでも、性の対象として見られなくなったわけでもありません。 もしそうだったら、あなたと行為自体をしようとしないはずですし、普段の態度も冷たいものに変わっているはずです。   もしかすると中には、「君に色気がなくなったから」などとあなたのせいにするような言葉を投げかけるパートナーもいるかもしれませんが、それはプライドから自分に原因があることを認められなくて、あなたのせいにしようとしているだけ。   だから、どうか女性として自信を失わないでくださいね。     パートナーのEDの原因は? EDは糖尿病や高血圧など身体疾患が原因の場合もありますが、うつやストレスなど、精神的な問題の場合も多いです。   仕事や家庭のストレス、あなたとの関係がうまくいかないなど、ストレス源はさまざま。でも、本人に原因が思い当たり、かつ改善する気があれば、カウンセリングやED治療薬で解決するはずです。   あなたも彼のストレスが軽くなるように、たくさん話を聞いてあげて、穏やかな態度で接してあげるようにしてくださいね。   そして「どんなあなたも受け入れる」という気持ちを言葉と態度で示して、彼が改善へのアクションを起こすのを待ちましょう。   EDは「2人の問題」 2人で協力してEDを乗り越えよう   男の人は自分の弱みを見せられない生き物。だから本当はEDになった原因をわかっていても、それを恋人には言わないことが多いです。   でも、EDは決して男性ひとりの問題ではなく、2人の問題。だから、お互い悩みを分かち合うべき。   パートナーに不満をぶつけるのではなく、現状を受け入れ「一緒にEDを解決しよう」とあなたから声をかけてくださいね。   EDのパートナーと良いセックスライフを送るには? EDになったら、性行為自体が億劫になってしまう場合が多いとは思います。でも、性欲自体がなくなっているわけではないので、今日はあなたと楽しみたいと、セックスをするムードになることもあるでしょう。 でもいざ行為を始めても、固くならなくてうまくいかなくて、気まずくなってしまいますよね。   だから、私はEDを持った恋人と付き合っていた頃、彼とセックスをするときには「ラブローション」を使うようにしていました。   ラブローションを使って、ていねいに彼のペニスを触ってあげると、素手で触るよりも快感度が大きくなるので、勃起しやすくなりセックスがうまくいくことが多かったです。   ラブローションを使ってもペニスが固くならなくなったときは、ラブローションをマッサージオイル代わりにして、お互いの身体をマッサージし合ったものです。 お互いの愛情を感じることもできて、肉体的にも精神的にも癒やされました。ゆったりとした、素敵なスキンシップの時間だったことを今でも覚えています。   パートナーがリラックスできる雰囲気作りを大切に 前の項目で、EDのパートナーにはラブローションが効果的だったという私の経験をお話ししたので、もしかしたらこれを読んでくれているあなたも「ラブローションを買ってみよう」という気になってくれたかもしれません。   でも、ラブローションはたくさん種類がありますから、いざ買おうにも「どんな商品を選べばいいだろう?」と迷ってしまいますよね。   ナイーブな状態のパートナーとのラブタイム。できるだけリラックスした雰囲気を作りたいところ。 とびきりの良い香りがするラブローションを使いましょう。アロマの癒やし効果で不安や緊張もほぐれていきますよ。   オーガニック・ローズローション ローズの香りにうっとり包まれて… 愛が深まる夢見心地のラブタイムを 『こんなに良いバラの香りはじめて…』『高級感のある香りに彼も私もうっとり…!』そんな声を多くいただく、ジョン&マリー一番人気のラブパフュームです。古くから「芳香の女王」と愛されてきたバラの香りには、ストレスを緩和させたり、お肌を美しくする効果があるとも言われています。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   ダマスクローズのみずみずしく甘い香りはリラックス効果が高く、不安や恐れを取り除いてくれる力があります。 このラブローションをあなたの手に取り、パートナーの身体に慈しむような動作で触れてあげれば、あなたの愛情とアロマのリラックス効果でパートナーの心はどんどん解放されていくはずです。 「ジョン&マリー オーガニック  ローズ ローション」は、潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現した贅沢なオーガニック・ラブローションです。 香りもダマスクローズの天然精油を使用しており、本物のバラの花のような自然な香り。 貴重な天然由来成分を惜しみなく使用したこのオーガニック・ラブローションがあれば、あなたのラブライムは、身体も心も開放され満たされる、素晴らしいひとときとなるでしょう。   お互いに歩み寄ることが、ED改善への近道 ED改善のためには、お互いに歩み寄ることが欠かせません。だからひとりで落ち込んだり、相手を責めたりするのではなく、パートナーとよく話し合い、「自分にできること」を見つけていきましょうね。   EDは、パートナーに「治したい」という気持ちがあれば必ず改善します。ですからパートナーを信じて、あなたにできるサポートをしていきましょう!

>記事を読む

パートナーとのセックスが正直苦痛。 恋人や夫とセックスするのが苦痛になってきた。キスや触られるのすらつらい……。カップルにとって、今後の関係を揺るがす深刻な問題ですよね。   パートナーをまだ好きで、これからも一緒にいたい気持ちがあるのに、彼の要求に応えるのがつらくてしかたない。   あなたは今、パートナーへの申し訳なさや性への嫌悪感、色んな感情がごちゃごちゃになって、どうしていいかわからなくなっているかと思います。   頑張ってくれる彼に申し訳ない……。 パートナーは、あなたの本心を察して、あなたの気持ちを取り戻すために色々頑張ろうとしてくれているのではないでしょうか?   デートもセックスも一生懸命盛り上げてくれるし、楽しい話をして笑わせようとしてくれる。お洒落や体型に気を遣うようになった。あなたがセックスに気乗りしないときは、我慢してくれる。 きっとあなたにも、彼の気遣いや頑張りは痛いほど伝わっているはずです。   でも、彼が頑張って盛り上げようとする姿や気を遣ってくれる姿を見るたびに、「こんなに自分のことを好きでいてくれるのに、私はひどい」と罪悪感を抱いてしまいますよね。 また、必死になっている彼を見て鬱陶しく感じたり。 彼の気持ちに応えるためにセックスに応じても、まったく気持ちよくなれなくて焦ってしまうし。   お互いに関係をよくするために頑張ろうとしているのに、どんどん関係が悪くなってしまうという悪循環。   「これはもうダメなんだ。別れないとダメなんだ」。あなたはそんな風に思い詰めることもあると思います。 でも、できることならまた楽しんでスキンシップやセックスを楽しみたいですよね。   そのためにはまず、パートナーに対する「罪悪感」を取り払いましょう。   付き合いが長くなると性欲がなくなるのは当たり前! でも、付き合いが長くなるにつれて、性欲が少なくなってくるのは当たり前なのです。   よく言われる話ですが、恋愛感情は約3年、長くても5年で薄れると言われます。恋人というよりも、仲間や家族のような感覚になってしまうということ。ハグやキスなどのスキンシップをしたくなるのも、性欲があるからこそ。   だから恋人のことは大切なのに、どうしてもイチャイチャする気分になれないという現象が起こってしまうのです。   こうなってしまうと、相手にドキドキするのは難しくなりますよね。   産後や更年期で性欲が減退することも これは結婚しているカップルによくある話ですが、出産や更年期をきっかけに性欲がすっかりなくなってしまうこともよくあること。   産後は家事や育児に追われて疲れてパートナーに構う余裕もなくなりますよね。また、「自分は母親」という意識が強くなり、パートナーのことも「父親」として接するようになるので、性的な目で見られなくなってしまいがち。   更年期もホルモンバランスの変化によって体調も乱れます。パートナーの体臭に耐えられなくなったり、触られるだけでゾッとしてしまったり。 また、イライラや気分の落ち込みでセックスどころではなくなることもあります。   でも、産後や更年期は、女性にとって本当に大変な時期です。そういうときに無理をする必要はありません。   パートナーに「今はセックスが辛い」というのをちゃんと話して理解してもらいってくださいね。そして体調を見ながら、まずは軽いスキンシップから再開していきましょう。   また前みたいに、セックスを楽しめるようになるには? また、前みたいにセックスを楽しみたい……。   あなたがもし未婚ならば、性欲が湧かなくなった相手とはお別れするという選択肢もあります。結婚していなければ、恋愛をするのは自由ですから。   でも、できれば愛する今のパートナーとスキンシップを楽しみたいし、付き合いたての頃みたいにセックスに夢中になれるようになりたいですよね。   あなたが今、愛するパートナーとのスキンシップやセックスを億劫に感じてしまうのは、「濡れないこと」や「感じないこと」に対する不安があるからではないでしょうか。スキンシップが苦痛なのも、その先にあるセックスが不安だから。   そういうときは自分だけでどうにかしようとせず、「ラブローション」(潤滑ローション)を使ってみましょう。   あなたは今、ラブローション(潤滑ローション)と聞いて抵抗を覚えたかもしれません。 どうしても男性向けのアダルトDVDによくあるような生々しいプレイの印象が強いですよね。無理もないです。   でもラブローションは潤滑ローションと言われるように、本来は摩擦を減らし、挿入をスムーズにするために作られたもの。だから、化粧水を使って肌をお手入れするように、デリケートな部分をケアするつもりで取り入れてみてはどうでしょう?   どんなラブローションを選べばいい? ここまで読んでくれたあなたは、もしかしたら「ラブローションを使ってみようかな……」と思ってくれているかもしれません。 でも、どんなラブローションを選べばいいか悩みますよね。   ラブローションを選ぶときに抑えておくポイントは   ・乾わいてもサラサラ(せっかく塗ったのに乾いてベタベタは嫌ですね) ・オーガニックで肌に優しい、安全(デリケートな部分に触れるものだから) ・パッケージがおしゃれで可愛い(コスメ感覚で持っておきたい) ・香りがいい(香りがいいとテンションも上がる)   の4つ。   そして、このポイントをすべてクリアしているのが「ジョン&マリー ファーストラブローション」です。 ファーストラブ ローション 恋に落ちたときめきを思い出す… 初恋の香りのスペシャルローション ピュアでひたむきな『ファーストラブ(初恋)』の香り。「甘くてフルーティーな香りが、出逢った頃の気持ちを思い出させてくれる」「パートナーと新鮮な気持ちで盛り上がれた」など、たくさんのお悦びの声を頂いています。ピーチのフルーティーな香りと、ほのかに香るカーネーションの繊細な香りに胸がときめいてきます。 ピーチとストロベリー、そして甘いバニラカーネーションとサクラが織りなす、胸がキュンとするような甘酸っぱい、でも大人っぽい不思議な香り。   果実や花から抽出された天然エキスだけで香りづけしているので、複雑だけどとっても自然な香りです。   化学成分をできる限り取り除き、成分の99.5%が植物性由来。こだわりぬいた原料だけで作り上げました。 潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現した贅沢なオーガニック・ラブローション。   とろりとなめらかな気持ちいい触り心地で、美容液のようなうるおいが長く続き、乾いてもべたつきゼロ。(乾いた場合は水を塗ると元に戻ります)セックスに不安を感じるあなたの頼もしい味方になってくれるはず。   「ジョン&マリー ファーストラブローション」で、付き合い始めた頃のフレッシュな気持ちを取り戻して、パートナーとのラブタイムを心から楽しめるようになりましょう!

>記事を読む

パートナーともっとコミュニケーションを取りたい……。   付き合いが長くなるにつれて、パートナーとのコミュニケーションはどんどん希薄になっていきがちですよね。 いつしかスキンシップがなくなって、笑顔で会話することもぐっと減った。彼が義務感でセックスをしているのが伝わってくる……。   寂しい。 もう少し笑い合いたい、触れたい。   そう思って、静かに涙を流す夜もあるでしょう。   パートナーとの関係に悩んでいるあなたへ この記事を読んでくれたあなたは、パートナーとまた情熱的なセックスがしたいと強く望んでいながらも、なかなか自分からアクションを起こす勇気が持てなくて、途方にくれていることと思います。   「彼に笑われるのが怖い」 「拒否されるのが怖い」   そんな臆病になってしまったあなたの背中をそっと後押しして、一歩踏み出す勇気を与える。そのために、この「ジョン&マリー」のラブローションはあります。   気まずい沈黙も笑顔に変えるラブローション オーガニック・ピーチ シュガーローション 美味しいローションで、ラブタイムをもっと楽しもう! “オーガニック100%” の甘いピーチ味 日本初 オーガニックレベル100%の『口に入れてもOK』なローション。ピーチシュガーの甘さと、ローズのほんのり優しい香りがクセになる、大人気テイスティローションです。オーラルの臭いや味が苦手な方、甘いラブタイムを過ごしたい方におすすめ。 ※口に入っても安全な成分のみで作られています。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。 この「ジョン&マリー ピーチシュガー ローション」は、その名の通り口に入れても安心、オーラル専用の「おいしいラブローション」。フレッシュなピーチにふわりとバニラの香りをまとわせた、とっても甘くて美味しいシロップなんです。 ラブローションに必須の潤い感はコーンスターチとサトウキビで再現し、果実や植物から抽出した天然エキスや香料のみで香り付け。完全無添加・自然由来成分だけで作り上げたオーラル専用オーガニック・ラブローションなので、口に入っても安心です。   さて。今あなたはラブローションと聞いて、「ローションなんて持ってたら、彼に笑われちゃいそう」なんて躊躇しているかもしれません。   でも、パートナーに笑われるのが怖いのなら、自分から笑いに変えてしまえばいいのです。 「今日はこれ使ってみようよ」「すっごくおいしいんだよ!」なんて冗談っぽく笑いながら、パートナーの敏感な部分にひと垂らしして、あなたの唇と舌で、いつもよりもっと丹念に愛撫してあげましょう。   「お前、何でローションなんて持ってるんだよ~!」なんてパートナーに突っ込まれてしまうかもしれません。突っ込まれたら「いいじゃん、たまにはこういうのも」と軽口で返しましょう。   そうやって、2人で笑い合えばいいのです。 彼も、楽しげな笑顔で愛撫を始めるあなたを拒むことはしないでしょう。   パートナーはきっと、ラブローションの魔法にかかります 彼をラブローションの魔法にかけよう   あなたがラブローションを取り出したら、最初はパートナーもびっくりしたり、呆れ気味だったりするかもしれません。 でも、そんなのは最初だけ。   ラブローションのとろける気持ちよさにあなたの愛撫が加わって、パートナーの身体には今までにない快感が走ることでしょう。 あなたにされるがまま、切ない吐息を漏らし続けるはずです。   そして、普段とはまったく違う快感に眠っていた性衝動が目覚めたパートナーは、あなたの身体にもラブローションを垂らし、夢中で貪り始めるでしょう。   その後の2人を待っているのは、とろとろに溶けて、ひとつに混ざり合ってしまいそうなほど濃厚で官能的なセックス。   身も心も燃え尽きるような情事の後には、あなたの心は愛し合う喜びで満たされ、女性としての自信を取り戻すことができているでしょう。   ラブローションはコミュニケーション・ツールです ラブローションは、ラブタイムにおけるコミュニケーション・ツールのひとつ。電話やSNSが人をつなぐのと同じように、ラブローションもパートナーとあなたの心と身体ををつなぐのです。 ラブローションを使うことで「セックスを変えたい、もっとよくしていきたい」という気持ちを伝えることができます。 ハッキリと言葉にしなくても、パートナーに想いは充分に伝わるはず。 ラブローションはセックスだけではなく、2人のコミュニケーションをも円滑にする役割を果たしてくれるのですよ。   一生涯、愛し愛される悦びを味わい尽くそう パートナーと付き合ってからどんなに時間が経っても、結婚して家族になったとしても、出逢った頃の、燃えるような熱い恋心はずっと持ち続けていいのです。   ラブローションで恋をすることの楽しさと、愛することの素晴らしさを謳歌しましょう。   一生、大切な人に恋をし続けるために。「ジョン&マリー」のラブローションは、あなたのセンシュアル&セクシュアルなラブタイムを手助けします。

>記事を読む

  パートナーと何年もセックスレス……。   パートナーとセックスレスになってはや数年……。もうこの先セックスしないままでもいいと思うときもあるけれど、パートナーはどう思っているのでしょう? パートナーのことは愛しているから、セックスレスが原因で別れたり離婚したりするのはイヤですよね。   今や日本の半数のカップルがセックスレス。でも……。 今や半数のカップルがセックスレスという統計が出ています。セックスレスは珍しい事でもなんでもないということ。   ただ、性欲は人間が本来持っている三大欲求のひとつ。たとえお互いが納得した上で「しない」という選択をしたのであっても、愛し合う男女の間にはセックスがあるというのが自然な状態というもの。 また、一方的なセックスレスは浮気や離婚の原因にもなりかねません。   それほどセックスは、男女にとって、そして人生にとって重要なものなのです。   せっかく心から大切だと思えるパートナーがそばにいるのだから、「いまさらセックスなんて……」なんて思うのはやめて、この先歳を重ねてもセックスを楽しめる自分になりましょう。     フランスではセックスは「アンチエイジング」のひとつ フランスではセックスを「アンチエイジング」のひとつとして捉えていて、人生のあらゆるステージに組み込まれておくべきものだとされています。 つまり、セックスやオーガズムはストレスを解消して、心身を鍛え、睡眠の質を上げる「健康法」だということ。   また、性欲や性への探究心は生きる意欲と直結するから、寿命を伸ばすことにも繋がると考えられています。   だからおばあちゃんになっても、セックスを楽しむことが良しとされているのです。   いつまでも若々しい少女のような女性であるために セックスでいつまでも若々しく   アンチエイジングという観点からも、そして何よりもパートナーと円満に過ごすためにも、自分はこの先ずっとセックスレスでいいのか、もう一度真剣に考えてみましょう。   今はセックスをしない生活でも構わないかもしれません。でも、あなたがもう少し年齢を重ねて、更年期や閉経を迎えるときに「このままセックスをしないで一生を終えるの……?」と、焦ってしまう可能性も。   「女性としての人生は終わった」という意識が生まれ、必要以上に「老い」を感じて、消極的な自分になってしまうかもしれません。     セックスは、いつまでも若々しい自分であるために大切なものです。少しずつでいいので、またセックスと向き合っていきましょう。   まずは「セルフラブ」でセンシュアルな感覚を取り戻す 「でも数年単位でセックスをしていないのに、いまさらパートナーを上手に誘えるかしら?」 「そもそもセックスをしたいという気持ちになれない……」 あなたは今、そんなことを考えているかもしれません。   それにいざセックスをしても、痛かったり、濡れなかったりしたらと思うと躊躇してしまいますよね。   いきなりセックスをするのが不安、やる気が出ないというあなたは、まずはセルフラブで「予行練習」をして、センシュアルな感覚を取り戻してみてはどうでしょうか?   大人のセルフラブの「強い味方」となってくれるアイテム 年齢を重ねたり、家族が増えてひとりの時間がなくなったりして、セルフラブもご無沙汰になっている方は多いでしょう。 でも、ひとりでゆっくりできる時間を見つけたら、ぜひセルフラブをしてみて。 自分のカラダとじっくり向き合えば、眠っていたセクシャルな感覚をふたたび呼び覚ますことができるはずです。 気持ちが盛り上がるように、いい香りのアロマオイルや、気持ちいい素材の寝具、女性向けのセクシャルなDVDを準備しましょう。   そしてもうひとつ、ぜひ使ってみてほしいのが「ラブローション」です。   何年もセックスレスだと、「濡れる」ことがすっかりなくなってしまいますよね。 でも、ラブローションをデリケートな部分に塗ってみたら、膣から愛液があふれ出る感覚を久しぶりに体験して、だんだんセクシュアルな気分が高まってくるはず……。   大人の女性のために作られた、とっておきラブローション セクシャル ローション 大人のラブタイムにぴったり甘い 気持ちを高めるスペシャルローション 「今日はいつもよりセクシーな、大人の夜を過ごしたい」そんな方におすすめの、スペシャルラブローション。ヨーロッパで“誘惑の香り”と謳われるバニラとバラ、カーネーションをブレンドしたスイートな大人の香りが、恋人たちを魅惑のラブタイムへ誘います。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   「ジョン&マリー セクシャル ローション」は、自分の身体をいたわることの大切さをちゃんと知っている、大人の女性のために作られました。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現したとっても贅沢なオーガニック・ラブローションです。   原料の99.5%が身体に優しい自然由来成分なので、口の中や膣の中に入っても安全。   ダマスクローズやピーチ、バニラカーネーションなどの花々と果実が織りなす甘くセクシーな香りは、あなたの中に眠っている、恋の気分や官能を呼び覚ましてくれます。   セルフラブでセックスする勇気や意欲を取り戻せたら、次はぜひパートナーとのラブタイムに使ってみて。あなたのデリケートな部分をみずみずしいうるおいで満たしてくれて、濡れない不安を解消してくれますよ。   「ジョン&マリー セクシャル ローション」は、あなたの特別な時間をセンシュアルに彩ってくれる素敵なラブアイテムです。   パートナーとずっとドキドキできる関係でいるために。セックスレスで構わないなんて思わずに、2人の生活に、そしてあなたの人生に愛の時間を取り戻しましょう!

>記事を読む

    愛しているのにセックスに応じることができない……。     このタイトルを見て、クリックしてしまったあなたは、もしかすると 「パートナーのことは心から愛している。なのにどうしてもセックスをする気になれない」 という悩みを抱いているのではないでしょうか。       パートナーとは気も合う。 趣味も合う。 会話もたくさんする。   優しいし、仕事も頑張ってくれる。 見た目も悪くない。 むしろ、かっこいいくらい!!   一緒にいてとても居心地が良いし、尊敬できる。 本当に良いパートナー・・・・     不満はなにもない。       唯一あるのは———–セックスのことだけ。   セックスをしたくない。 セックスなんてなくてもいい。         愛しているのに・・・。     パートナーからの誘われるたびにこの苦痛と戦う。 パートナーの気分も概してしまう。     申し訳ない。 もう別れた方がいいのかな。             このセックスへの嫌悪感は、原因を探ればきっときりがないでしょう。   だけど、愛しているのに応えられていないという、パートナーへの罪悪感にさいなまれるのは苦しいですよね。         セックスはしなければならないもの!では、決してないと思うのです。       でもおそらく、パートナーに悪いからとパートナーの求めに無理をして応じる、ということもあるのでしょう。   その時に、   「また痛かったらどうしよう。」 「彼がイカない、私が満足させられていないから?」 「気持ちよくないのがバレたら嫌われるかな。」 「気がのらないな・・・。」   こういった不安が先だってしまうと、たとえセックスをしたとしても、身体が緩むことはないでしょう。 結果、気持ち良いセックスを味わうことはできないですよね。       そして、どんどんセックスを拒んでいってしまう・・・。       不安や恐怖といった、精神的要因は膣の潤いを不足させると言われています。 まず、この精神的な要因によって、性的興奮がそがれてしまうんですよね。           愛しているんだけど、 愛しているのだけど、痛くなることがつらいの。   感じれないのがつらい。       こういった想いも、実は愛なのでしょうね。       この前向きになれない想いに対して、今は前向きにローションを使うカップルが数年前よりも増えていると言います。 ご存知でしたか?       一人で悩まなくてもいいということです!!       「感じない」 「濡れない」 「痛み」 の問題をラブローションが解決するかもしれない。     ラブローションは、「セックスがしんどくなってきた」女性の強い味方なのです☆彡     ラブローション 潤滑ジェル 潤滑剤と聞くと   いやらしいプレイに使うイメージや 閉経後の女性が使うイメージなどを持たれている方は多いかもしれませんね。       でも実は、ラブローション。 ホルモン補充療法よりも、抵抗なく使えるからか手にする方が多いそう^^     婦人科など、セックスのカウンセリングの場でも、性交痛の緩和方法として推奨されてるくらいだそうです。           JOHN&MARYが提供しているのは、大人の女性のための上質な贅沢ラブローションです♡     またセックスをしたいと思えるようになる魔法のアイテム♪♪         もしセックスを拒む理由に「怖い」「不安」という思いがあるのならば、ぜひラブローションを手に取られてみてください。     セックス時の挿入が驚くほどスムーズになり、痛みも感じず、快感はぐんと深まってくるはずです。 パートナーさんから誘われたら、「今日はコレを使ってほしいな。」とラブローションを見せてみてください。       初めての時は緊張も躊躇もあるでしょう。 パートナーさんも一瞬びっくりするかもしれません。   ですが、二人のセックスをよりよくしようとしている想いが届くはず!       当社のラブローションは、社長が成分にこだわり化学成分をできる限り取り除いて作ったもので、成分の99.5%が植物性由来です。   潤滑成分に昆布エキス・トウモロコシ・アロエベラなど植物由来の原料を使用し、まるで女性の愛液のようなナチュラルな質感を再現した贅沢なオーガニック・ラブローションになっています。   とろりとなめらかな気持ちいい触り心地で、美容液のようなうるおいが長く続き、なんと、乾いてもべたつきゼロ。     きっと、セックスに不安を感じるあなたの頼もしい味方になってくれるでしょう。             そんなときに一押しなのが、 ファーストラブ ローション   恋に落ちたときめきを思い出す☆彡 初恋の香りのスペシャルローション ピュアでひたむきな『ファーストラブ』の香り。 「甘くてフルーティーな香りが、出逢った頃の気持ちを思い出させてくれる」 「パートナーと新鮮な気持ちで盛り上がれた」 など、たくさんのお悦びの声を頂いています。 ピーチのフルーティーな香りと、ほのかに香るカーネーションの繊細な香りに胸がときめいてきます。       ラブローションを使ったラブタイムの後は、きっと   「どうしてこんなに気持ちいいものをずっと拒んでいたんだろう・・・。」 と、過去の自分を不思議に思うはずです。       そんな魔法をお試しあれ♡♡♡         ローションはこちらからどうぞ!   ラブタイムにときめきと、甘美な潤いを

>記事を読む

  パートナーと何年もセックスレス……。   パートナーとセックスレスになってはや数年……。もうこの先セックスしないままでもいいと思うときもあるけれど、パートナーはどう思っているのでしょう? パートナーのことは愛しているから、セックスレスが原因で別れたり離婚したりするのはイヤですよね。   そもそも、セックスレスっていけないことなのでしょうか?   お互いに納得しているのならセックスレスでもOK 今や半数のカップルがセックスレスという統計が出ています。セックスレスは珍しい事でもなんでもないということ。 だからお互いに納得しているのなら、セックスレスでも問題ありません。セックスをしなくても違和感がなく、2人の関係も良好ならば、無理してセックスする必要もないと思います。 周りの意見は気にせず、このまま自然に任せていきましょう。お互いに愛情があれば、また肉体的にも愛し合いたいと思える日も来るかもしれません。   問題なのは、パートナーが納得していない場合 セックスレスが問題になるのは、パートナーが我慢している場合です。 パートナーは従っているけれど、あなたがどうしても応えられない。これは浮気や離婚の原因にもなりかねません。なるべく早く対策を取りましょう。   あなたはどうして、セックスレスになった? パートナーと一緒に暮らすようになって、性の対象に見られなくなった。そもそもセックスが好きではなかった。出産を経て性欲がなくなったなど、セックスに消極的になったきっかけは色々ですよね。 乗り気になれずパートナーからの誘いを断っているうちに、だんだん誘われなくなって、気付いたら何年も経っていてセックスレスに……。そんなカップルはとっても多いです。   でも、いつまでもパートナーと円満に過ごすためにも、自分はこの先ずっとこのままでいいのか、パートナーに我慢させたままでいいのか、もう一度真剣に考えてみましょう。   もう一度女性の悦びを取り戻そう 著作者:jeronimoooooooo   今はセックスをしない生活でも構わないかもしれません。でも、あなたがもう少し年齢を重ねて、更年期や閉経を迎えるときに「このままセックスをしないで一生を終えるの……?」と、焦ってしまうかもしれません。 そのときになって、いざ夫を誘っても「そんな気分になれない」と断られてしまったら、とっても悲しいですよね。 やっぱりセックスは、女性として悦びを実感できる素敵な行為です。少しずつでいいので、セックスと向き合っていきましょう。   まずは「セルフラブ」でセンシュアルな感覚を取り戻す パートナーとこれから円満にやっていくためにも、セックスレスは早めに手を打ったほうがよさそう。 でも数年単位でセックスをしていないのに、いまさらパートナーを上手に誘えるでしょうか? そもそもセックスをしたいという気持ちになれないから、セックスレスになっているわけで……。あなたは今、そんなことを思っているのかもしれません。 それにいざセックスをしても、痛かったり、濡れなかったりしたらと思うと躊躇してしまいますよね。   いきなりセックスをするのが不安というあなたは、セルフラブで「予行練習」をして、センシュアルな感覚を取り戻してみてはどうでしょうか?   大人のセルフラブの「強い味方」となってくれるアイテム 年齢を重ねたり、家族が増えてひとりの時間がなくなったりして、セルフラブもご無沙汰になっている方は多いでしょう。 でも、ひとりでゆっくりできる時間を見つけたら、ぜひセルフラブをしてみて。 自分のカラダとじっくり向き合えば、眠っていたセクシャルな感覚をふたたび呼び覚ますことができるはずです。 気持ちが盛り上がるように、いい香りのアロマオイルや、気持ちいい素材の寝具、女性向けのセクシャルなDVDを準備しましょう。   そしてもうひとつ、ぜひ使ってみてほしいのが「ラブローション」です。   何年もセックスレスだと、「濡れる」ことがすっかりなくなってしまいますよね。でも、ラブローションをデリケートな部分に塗ってみたら、膣から愛液があふれ出る感覚を久しぶりに体験して、いっそうセクシャルな気分が高まってくるはず……。   大人の女性のために作られた、とっておきラブローション セクシャル ローション 大人のラブタイムにぴったり甘い 気持ちを高めるスペシャルローション 「今日はいつもよりセクシーな、大人の夜を過ごしたい」そんな方におすすめの、スペシャルラブローション。ヨーロッパで“誘惑の香り”と謳われるバニラとバラ、カーネーションをブレンドしたスイートな大人の香りが、恋人たちを魅惑のラブタイムへ誘います。 ※口に入るとほのかな苦味があります。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。   「ジョン&マリー セクシャル ローション」は、自分の身体をいたわることの大切さをちゃんと知っている、大人の女性のために作られたラブローション。原料の99.5%が身体に優しい自然由来成分なので、口の中や膣の中に入っても安全です。 ダマスクローズやピーチ、バニラカーネーションなどの花々と果実が織りなす甘くセクシーな香りは、あなたの中に眠っている、恋の気分や官能を呼び覚ましてくれます。   もちろん、パートナーとのラブタイムに使ってもOKです。あなたのデリケートな部分をみずみずしいうるおいで満たしてくれて、濡れない不安を解消してくれますよ。   「ジョン&マリー セクシャル ローション」あなたの特別な時間をセンシュアルに彩ってくれる素敵なラブアイテムです。 パートナーとずっとドキドキできる関係でいるために。セックスレスで構わないなんて思わずに、2人の生活に愛の時間を取り戻しましょう!

>記事を読む

感じているふりをやめて、ラブタイムをハッピーに!   愛するパートナーとのセックス。本当は不満があるけれど、彼との関係を壊したくないから自分が我慢すればいい。そう思ってつい感じているフリをしたり、痛みがあっても我慢したりしてしまいますよね。 さらに演技をしているうちに、なんだか気持ちも冷静になってしまうという……。どうして私たちは、愛しいパートナーとのセックスで「演技」をしてしまうのでしょう?   私たちがつい「感じているフリ」をしてしまうのは? 私たちが感じているフリをするのには、こんな理由ではありませんか?   ・早くセックスをおしまいにしたい もちろんパートナーとのセックスは大切で大好きだけれど、どうしても疲れていたり、気乗りがしなかったりして面倒なときってありますよね。 彼の興奮を煽って、早くセックスを終わらせたいと思う気持ちから、ついオーバーなリアクションを取ってしまうのは「あるある」だと思います。   ・彼を喜ばせたい、不安にさせたくない パートナーのテクニックで感じている姿を見せて、相手に喜んでもらいたいというサービス精神で、ついついオーバーな演技をしてしまう時もありません? 反応が薄いと頑張って前戯をしてくれているパートナーに申し訳ないし、自分が感じないことで彼を不安にさせたりしたくないし……。つい気持ちいいふりをしてしまいます。   ・お互いに気分を盛り上げたい 相手に自分とのセックスを楽しんでもらえてるってうれしいですよね。正直あまり気持ちよくない時でも、自分の気持ちを高めるためについオーバーな反応をしてしまったり……。 知らず知らずのうちにセックスの時間をよくするための「演出」をしてしまうことってありますよね。 でも、そうやって演技しているうちに自分の気分がノッてきて、興奮してきたりしませんか? 女優が役になりきる、あの感覚です。   パートナーはあなたの「演技」に100%気付いてない! パートナーは「感じているフリ」に気付いていない   ズバリ断言しましょう! あなたのパートナーは、あなたの演技にほぼ気付いていません! 男性は、女性が見せる「反応」で快感度を推し量るしかないので、女性が表面上でも感じている様子を見せてくれていたら、「とりあえず満足してくれているんだろう」と思っている人がほとんど。 さらに、男性はセックスの最中、「メスを妊娠させたい」という生殖本能に支配され、「射精」というゴールに向けて神経を集中させているから、女性の反応に細かい注意を払えないのです。 ですから、射精を終えて冷静さを取り戻した後に、「気持ちよかったかな? 本当に満足してくれたかな?」と、ちょっぴり不安を抱くこともあるのです。あなたのパートナーも、密かに心配しているかもしれません。 感じているフリはほどほどに! 痛みや不満は正直に伝えよう お互いを盛り上げるための「演出」として感じているフリをするのはもちろん「アリ」。 でも感じていないのに気持ちいいふりをするのはストレスが溜まってしまい、楽しいはずのセックスの時間が苦痛になってしまいます。 そういうときは正直に自分の本音を伝えて、彼に改善や工夫をしてもらいましょう。   「感じているフリ」をしなくてよくなる魔法のアイテム 本当は演技なんてしたくない。心から気持ちよくなりたい……。そんなあなたはぜひラブローションを使用してみて。 ラブローションはデリケートな膣に優しくうるおいを与えて、挿入をスムーズにしてくれるので、濡れないことでの焦りや、痛みや摩擦などの余計な感覚を取り除いて、あなたを「快感」の一点だけに集中させてくれます。 「ローションを持つのは恥ずかしい……」なんて思っているあなた。 こんなコスメみたいなオシャレで可愛い、しかもいい香りのアイテムなら、ベッドルームに置いてもいやらしくなく、パートナーの前でも気軽に「使ってみようよ!」と差し出せると思いません? オーガニック・ジャスミンローション リラックスしながら癒されたい… そんな夜にお勧めのジャスミン ジャスミンの上品な香りが、深いリラックスへ導くラブパフューム。心を解放させてうっとりと酔わせるような香りが、ジャスミンの特徴です。人の本能・性的な部分に効果をもたらすと言われ、ヨーロッパでは「夜の女王」と呼ばれています。男性にもとても好まれる香りです。 ※口に入るとほのかな苦味があります。 ※お肌に合わない時はご使用をお止めください。 ジャスミンの香りには、リラックス効果の他にも強力な催淫作用(性欲を高め、陶酔感や幸福感をもたらす効果のこと)があります♡ だからインドやアラブ地域では、クレオパトラの時代から「媚薬」として親しまれてきた香りでもあるのです。 クレオパトラはジャスミンの香油を身にまとい、その香りで数多の男性を誘惑したと言われています。 「ジョン&マリー オーガニック ジャスミンローション」は、希少な天然ジャスミン精油をぜいたくに使用した商品で、まるでジャスミンの生花のようなさわやかで甘いフローラルの香り。 可能な限り自然由来の原料だけで作り上げた、高級美容液のようななめらかな肌触りも魅力です。 デリケートな部分にもスッと馴染む、他のラブローションとは一線を画す質感を、是非あなたのお肌で確かめてくださいね。   「ジョン&マリー オーガニック ジャスミンローション」は、オーガニックの力であなたの身も心も解きほぐし、愛しいパートナーとのラブダイムをセンシュアルに演出してくれるでしょう。   セックスは愛し合う男女だからこそできる、特別なコミュニケーションです。パートナーとの愛の絆をいっそう深めるためにも、ベッドルームにとっておきのラブローションを用意して、よりスムーズに、ルブリカントにセックスを楽しんでみませんか?

>記事を読む

オススメ商品

ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

ランキング

ページトップへ