恋愛のお悩み lovelessen恋愛のお悩み

デリケートゾーンの悩み

先月6月と言えばジューンブライドでしたね✨ 今年、めでたくジューンブライドを迎え、幸せな新婚生活が始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。   愛するパートナーと愛する時間を過ごし、その結果、新しい命にも恵まれたらこんなに嬉しいことはないですね。   そこで今日は、妊娠に備えての身体づくり!その中でも膣を柔らかくすることの大切さについてお伝えしたいと思います。   膣を柔らかくすること   えっ?膣を柔らかく?   もしかしたら、今までご自身の膣を柔らかくするなんて考えたことがなかったかもしれません。   私も、膣はどこか恥ずかしいもの、汚い部分などのイメージがあり、自分で触ることに抵抗がありました。ましてやデリケートゾーンのケアをするなんて、そんな意識は全くなかったのです。   でも仕事柄、産後女性の骨盤ケアをする中で、この膣や会陰部の柔らかさが大切だと実感するようになりました。   では、なぜ柔らかくすることが大切なのでしょう?そしてどうしたらいいのでしょうか?     出産時の膣の状態をご存知ですか?   まずは、出産時の膣がどんな状態がいいのかみてみましょう。   妊娠すると、子宮(子宮体部)が大きくなります。通常出産時は、   子宮体部-子宮下部-子宮頸部-膣-外陰(会陰)   というラインを通って胎児が産まれてきます。   この中で一番胎児が出てくるときに抵抗になるのが、子宮頸部です。   子宮頸管は、妊娠中に子どもが出てきてしまわないように、しっかりと出口をしめてくれています。子宮頸管は、妊娠していない時は鼻翼(こばな)のような硬さと言われています。   それが出産にむけて徐々に唇のような柔らかさになり、最終的に出産時にはマシュマロのような柔らかさになるのです。   一番抵抗(硬さ)のある子宮頸管でもマシュマロのような柔らかさになるので、膣もそれくらい柔らかい状態でいる事が大切です。   みなさんの膣はいかがでしょうか?     膣が硬いとどうなる?   では、膣が硬いとどうなるのでしょう?   先ほどお伝えしたように、胎児は、   子宮体部-子宮下部-子宮頸部-膣-外陰(会陰)   というラインを通って産まれてきます。   膣から外陰(会陰)は繋がっているので、この膣から会陰の部分が硬いと、赤ちゃんが通る際に裂傷がおこったり、切開をしないといけなくなります。これが、いわゆる会陰裂傷・会陰切開と言われるものです。   私は、産後女性の骨盤底筋エクササイズや骨盤ケアをしているのですが、施術に来られる多くの方は、会陰切開をしています。   会陰裂傷においては、約80%の方が経験しているという報告もあります(裂傷の程度に差はあります)。   会陰部の中でも会陰腱中心(会陰体)と言われる膣のすぐ後ろの部分は、骨盤底筋群がたくさん付着しています。   ということは、会陰裂傷や会陰切開をすることで、この骨盤底筋群が働きにくくなり、それが腰痛、尿漏れそして性交痛の原因になるのです。     会陰裂傷の原因は?   会陰裂傷には様々な原因がありますが、その中の一つに、膣の入口が狭い・会陰の伸展性が乏しいということが挙げられます。   初産婦や高齢出産の方は、そうでない方と比べると膣の入口が狭いと言われています。   膣はケアをしていないと年齢とともに乾燥して委縮しやすくなります。そうすると弾力性も低下し、伸展性が悪くなるのです。   では、どうしたら会陰裂傷や会陰切開を予防できるのでしょうか?   マッサージケアで予防する   会陰裂傷の予防には、妊娠後期にオイルなどの潤滑剤を使用して会陰部をマッサージすることが推奨されています(マッサージをする場合は、医師の許可を得てください)。   ある研究では、会陰マッサージを行うと、行わなかった場合と比較し会陰裂傷が約2割減少していると報告されています。   妊娠してから会陰マッサージで柔らかい膣の状態にしておくことはとても大切ですね。   では、妊娠する前からできることはないのでしょうか?   先ほど、妊娠後期に会陰マッサージをするとお伝えしましたが、それまで会陰マッサージをしていなかった方が、妊娠後期に入っていきなり自分の会陰と向き合うというのは、心理的にもそして技術的にもハードルが高いのではないでしょうか?   できることなら、妊娠する前から会陰マッサージをすることをおススメします。     マッサージのやり方   まず、リラックスした姿勢になります。背もたれやクッションにもたれたり、温かいお風呂場で行うのもおススメです。   <会陰マッサージ> ●人差し指か中指の腹に2~3滴オイルをつけ、会陰の周囲をUの字を描くように左右にマッサージします。   ●慣れてきたら、小さな円を描くようにクルクルマッサージします。     ちなみに、会陰マッサージと合わせて膣口のマッサージもおススメです。     <膣口マッサージ> ●オイルを親指と人差し指につけ、親指の先を膣入口に軽くひっかけます。   ●人差し指で膣口を挟むようにして、そのままゆっくりUの字を描くように左右にマッサージします。     この際に使用するオイル選びも大切です。   経皮吸収という言葉を聞いたことがあるでしょうか?皮膚を通して吸収される率が、腕の内側を1とするとデリケートゾーンは42倍と言われています。 そんなにデリケートな部分につけるオイルは慎重に選びたいですよね。     こうして妊娠前からマッサージしておくことで、柔軟性のあるやわらかい膣になり、出産時の会陰部のダメージを予防することができますね。   ちなみに!膣や会陰部をマッサージすることは、出産時のためだけでなく、普段パートナーと愛し合う時にも良い影響を及ぼします。楽しみながらマッサージケアをしてみてください。     【プロフィール】 漆川沙弥香 理学療法士 39歳   女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。     エナシリーズの美膣マッサージオイルはオーガニック100%!マッサージケアで美しい潤いを♪

>記事を読む

デリケートゾーンの悩み『産後の尿漏れ』   妊娠・出産は、新しい命の誕生という喜びとともに、女性にとって、とても大きなライフイベントの一つですね。   日々、子供の成長に幸せを感じる反面、腰痛や肩こり、手首の痛みなどマイナートラブルに悩む女性も多くいます。   その中でも特に気になるのが、デリケートゾーンの悩み“尿漏れ”。   くしゃみや咳をしたときに“あっ!”と思うことはありませんか?   もしくは、“おしっこにいきたい”と感じてから、我慢できる時間が短くなったなど、産後に尿漏れで悩む方は、少なくありません。   そこで!   産後の尿漏れ対策に大切になるのが骨盤底筋群です。     妊娠出産に大きく影響をうける骨盤底筋群   妊娠出産によって、骨盤底筋群はダメージを受けます。骨盤底筋群への影響は、大きく『妊娠中』と『出産時』にわけられます。   まずは、『妊娠中』 妊娠すると胎児の成長とともに子宮は大きくなり、一般的には5~6㎏の重さになると言われています。 子宮が大きくなると、骨盤底筋群は引き延ばされて脆弱化します。   しかも、骨盤底筋群は体幹のコアを構成する筋肉の一つであるため、腹筋との関連もあり、腹筋が弱く前方からしっかりとお腹を支えられないと、より骨盤底への負荷が大きくなります。   骨盤底筋群だけの問題かと思いきや、じつは腹筋との兼ね合いもあるのです。   さらには、子宮の増大とともに呼吸の筋肉である“横隔膜”が上方に押し上げられるため(人によっても違いますが、約4㎝押し上げられると言われています)、横隔膜を使った呼吸が上手く行えなくなります。   横隔膜と骨盤底筋群は連動して働きますので、横隔膜が働きにくいと、骨盤底筋群も働きにくくなるのです。     次に、『出産時』 自然分娩だと、出産第2期(赤ちゃんが産道を通って出てくるとき)には、骨盤底筋群の一つである恥骨内臓筋(深層の筋肉)は、3.26の伸び率になります。   びっくりですね。よく、昔のたとえで『鼻からスイカ』と言われますが、骨盤底筋群は約3倍にも伸びるというわけです。   それでも赤ちゃんが出てきにくい場合は、会陰裂傷が起こったり、会陰切開をすることになり、骨盤底へのダメージは大きくなります。     このように妊娠出産によって、骨盤底筋群はダイナミックな変化を起こすため、産後のケアが大切です。     知っておきたい骨盤底筋群の役割   骨盤底筋群は、靱帯や筋膜などと協力しながら、子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えてくれています。また、排泄機能やオーガズムを感じるなどの性的機能もあります。   骨盤底筋群は、前方は恥骨・側方は左右の坐骨・後方は尾骨に◇型についており、一般的に3層に分けられます。   1.一番表層(表面から触れるところ)は、前方は尿道・膣、後方は肛門の穴を8の字に巻いてくれている筋肉で、主に性的機能と排泄機能を担います。   2.次に中層(表層より内臓側)は、◇型の前方の△を担っていて、尿生殖隔膜という組織で尿漏れなどが起こらないように働いてくれます。   3.一番深層が、いわゆる骨盤底筋を収縮する際の代名詞とされている肛門挙筋です。ダイレクトに内臓を支えてくれ、また排泄などの尿漏れ予防にも関与します。     産後の骨盤底筋群ってどうなってるの?   産後は、会陰裂傷や会陰切開があれば、膣周囲の切開創や瘢痕となった部分が硬くなり、骨盤底筋群が上手く働かないことがあります。もしくは、膣が緩んで感覚が低下し、しまりが悪いと感じることもあります。   通常、外陰・会陰部といわれる膣周囲や膣内部の組織の回復には、経腟分娩後、最低でも4週間は要します。   会陰切開を受けたり、膣壁の過剰な伸びによる会陰裂傷があったり、吸引や鉗子を使用したような困難な分娩であると6週間以上になります。   骨盤底筋群について、女性が経験する問題は2つに分けられます。   1つ目は、膣と外陰・会陰部組織の可動性の制限によるもの 2つ目は、筋力低下と筋、筋膜、靱帯の伸張を原因とした緩みによるもの   このような骨盤底筋群への産後早期からのアプローチは有効で、セルフケアによって症状が改善します。     産後におすすめの骨盤底筋エクササイズ   1.可動性の制限によるものの場合は、まずは骨盤底筋群を緩める必要があります。   ●仰向けになり、リラックスします。   ●息を吸いながらお腹を膨らませ、骨盤底筋が柔らかくなっているイメージで、足のほうに向かって骨盤底筋群が伸びていくように動かします。 この際、坐骨が広がり、筋肉によって骨盤底にスペースができるような感覚です。   ●これを1回1~5分、1日3回繰り返します。     2.緩みによるものの場合は、骨盤底筋群を引き締める必要があります。   ●仰向けになり、膝を立てます。   ●表層の骨盤底筋群をイメージし、膣口と尿道口を絞めてエレベーターのドアのように閉鎖します。   ●次に深層の骨盤底筋群を引き上げて、中に引き入れるように働かせます。   エレベーターが上昇するイメージです。 1階⇒2階⇒3階と徐々に引き上げていくようにすると、より骨盤底筋群の働きが増していきます。   その際、肩に力が入りすぎないように気を付けてくださいね。   もし仰向けで分かりにくい場合は、椅子に座って、ハンドタオルをロール状にしたものを骨盤底に縦におき、そのタオルを引き上げるように意識すると、骨盤底筋群の収縮を感じやすくなります。     尿漏れは、産後だから当たり前にあるものではなく、エクササイズをすれば改善する可能性が高いものです。まずは、骨盤底筋群を意識して収縮するところから始めてみましょう。     【プロフィール】 漆川沙弥香 理学療法士 39歳   女性が健康で美しく輝くためのサポートがしたいという想いで、健やかに月経を迎えるための骨盤ケアや、産後のマイナートラブルに対する骨盤ケアを中心とした施術やエクササイズ指導をしている。また、「生理周期に合わせた身体のメンテナンス講座」や「女性ホルモンと自律神経」など、女性向けの講演活動を通して、女性が自身でセルフケアできるよう啓蒙活動を行っている。     産後のケアにもおすすめ!デリケートゾーンのケアはエナシリーズで!

>記事を読む

デリケートゾーンのケアは何のために行うの?   前回は、膣のケア(会陰マッサージ)について、それが女性にとってとても関わりの深い大切なものだとお伝えしました。   妊娠出産、豊かなパートナーシップ、閉経前後の体の変化など、年代に関わらず、すべての女性にとって、膣が潤って、健康であることは、体全体の健康や女性としての幸福感にも直結しています。   さて、今回は、なぜ「美膣ケア」をするのか、その効果を探っていきましょう。   何よりも、健康な膣、女性器を保つ効果、そして劣化によるトラブルを改善させ健康な女性器を取り戻す効果があるのですが、具体的にはピンときませんね。   そもそも健康な状態がはっきり分からない上に、膣の劣化なんていう言葉も聞きなれないし、それによって起こるトラブルも意識することは少ないと思います。   定期的に婦人科を受診していたとしても、自信をもって、わたしの膣は健康です!という方はどれくらいいらっしゃるでしょう。   自分の膣の健康状態は気にしたことがない方も、健康かと聞かれれば、何となく健康だと思っていますし、自覚症状もないのに、わざわざその真実を、確認するわけもありません。   デリケートゾーンの健康診断?   聞かれれば健康だと思う。 けれど、健康な膣の状態はどんな状態かと聞かれて、すらすら答えられる方は稀ではないでしょうか。   お肌なら目で見れば一目瞭然ですが、女性器はそもそも見えにくいですし、膣に至っては外から見えないので、どんな状態が健康なのかも、みえにくいものです。   簡単に言うと、うるおっていて、やわらかで、伸縮性に富んでいるのが健康な膣です。   自分の指の感覚で確かめることもできますが、健康な膣、女性器についての詳しいことは、別回に譲るといたしますね。   さて、こうして膣が健康だと、女性にとっては、イロイロとうれしいことがあります。   粘液力は免疫力とも言われるほど、膣の粘液力は大切で、膣がうるおって健康なことで、細菌や病原体などの異物から子宮は守られますし、順調で快適な生理にも一役かっています。 妊娠する力や、出産時の生む力、更年期をスムーズに乗り越えられる女性力も高まります。もちろん性交も優雅に楽しめ、エクスタシーも感じやすくなります。     女性ホルモンと膣の粘液力   膣の粘液力は、ホルモンバランスの目安でもあります。 生理や妊娠、出産に関わるリズムを整え、女性らしい体を作り上げてくれる女性ホルモン。   女性ホルモンは、多いことが良いように思われがちですが、女性ホルモンの分泌は多いか・少ないかという基準ではなく、正常か・そうでないかという基準でみていきます。年齢と共に減少していくことも正常なことです。   増加させるという発想ではなく、年齢と共に変化していくホルモン分泌と上手につきあっていく。ホルモン分泌のバランスを整えていくという考え方をしていきます。   分泌が正常で、ホルモンバランスが良いと、肌や髪のツヤも良くなりますし、シミ・シワも防いでくれます。 女性ホルモンは美しいバストラインにも関係していますし、骨や血管を強くする働きもあります。   また、自律神経の働きも活発にしてくれ、冷えやむくみも起こりにくくなります。 精神状態も安定させてくれますし、脳細胞の機能を維持し、記憶力も高めてくれています。   女性ホルモンは多岐にわたって大活躍です。   膣の健康な粘液力は、これほど大活躍している女性ホルモンの働きとも密接に関連しています。 女性ホルモンには、粘膜を守る力もあるのです。   美膣ケアとホルモンバランス   大活躍しているからこそ、その反面、女性ホルモンのバランスが崩れたりすると、色々な症状もあらわれてきます。   肌や髪のハリがなくなってくる、肌や粘膜の乾燥、シミやシワ、バストやヒップラインの崩れ、生理不順、自律神経の乱れ、便秘、下痢、頻尿、冷え、ほてり、むくみ、不安定な精神状態、集中力が続かない、などなど、女性なら誰しも少なからず体験したことのある症状ではないでしょうか。   最近では、30代後半~40代前半にかけてのプレ更年期も増えてきていますし、ライフスタイルの変化にともない、ホルモンバランスも乱れやすくなってきています。   美膣ケアは、健康な膣のため。   それは、女性ホルモンの働きを促進し、女性の気になる症状を改善することにも繋がっています。     骨盤底筋と膣のカンケイ   そしてもう一つ、膣と関連の深い部分、 それが、骨盤底筋群。   骨盤底筋群とは、骨盤の下にあり、女性の子宮、膀胱、直腸、小腸、大腸など骨盤内にある臓器を下から支えてくれている、とても重要な筋肉の総称です。 尿道括約筋や肛門括約筋なども含まれているので、排泄のコントロールにも重要です。   骨盤底筋には、膣まわりと肛門まわりを8の字のように囲って見える筋肉があり、ふたつの円が接している部分が会陰の部分にあたります。 この会陰が硬いと、8の字に見える筋肉全体の柔軟性が失われていると考えられます。   これら骨盤底筋群は、なんと、膣のトレーニングをすることで鍛えることができるのです。   骨盤底筋群を鍛えておくことは、妊娠・出産を安全に乗り越える膣力を上げるだけでなく、骨盤底筋が衰えることによって起きる、頻尿、尿もれや、便もれ、骨盤臓器脱といった病気を予防するためにも大切です。   昨今では、出産経験のある人は、閉経する前の30代~40代でも、子宮下垂を含めた子宮脱を患う人が多くなっています。   スウェーデンでは、20歳~59歳の出産経験者のうち、44%が骨盤臓器脱の症状を持っているとされ、アメリカでも、閉経後の女性の約40%が骨盤臓器脱になっているといいます。   だからこそ、今のうちから意識して骨盤底筋群を鍛える膣トレーニングも含めて、膣のケアをしておくことが、いつまでも若々しく自立した人生を歩んでいく秘訣ではないでしょうか。   美膣ケアの第一歩   美膣ケアをすることのイメージが何となく湧いてくるでしょうか。   美しく健康になることなら、早速始めてみたい!と思われる方も、いまひとつピンとこないなと思われる方も、デリケートゾーンのムレ、かゆみ、ニオイ、黒ずみについては、身近なトラブルや気になる事柄として体験されている方が多いと思います。   美膣ケアの第一歩は、女性の外性器を綺麗に洗うこと。   デリケートソープで、外性器をやさしく洗浄することだけでも、かゆみやニオイ、黒ずみの予防や軽快につながります。   そして、外性器の保湿までされてみることがおすすめです。   膣や会陰のマッサージには抵抗がある方も、まずはやさしく丁寧に洗うことから始めてみてはいかがでしょうか。   ジョンアンドマリーの提案している美膣ケアの進め方は、 1 洗浄 2 保湿 3 マッサージ 4 エクササイズ パリ式のデリケートケア方法です。   不思議と女性として生まれてきた自分を、愛おしく、大切に思う気持ちも豊かになってくる美膣ケア。   大切なカラダをケアして、ますます素敵な貴女らしく輝いていただきたいと願っています。     “女性性が開花する”デリケートケアコスメのエナシリーズはこちらから↓  

>記事を読む

美膣とは、どんな膣のことをいうのでしょう。   その名の通り美しい膣、または膣の美しさと言っても良いかもしれません。 膣はもともと美しいのです。   美膣はひとりひとりの女性の中に、もともとあるものなのです。   そんな美しい膣を、慈しみ、大切にしながら、自分自身を大切にすること。 そして、いつまでもしあわせな、愛し愛されるあなたでいてくださることをジョンアンドマリーは願っています。   膣をケアすること=自分を大切にすること   膣のケア、されたことありますか?   そもそも、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、女性として生まれたあなたにとって、デリケートゾーンのケアは実はものすごく大切なケア。   女性の体の中で、一番大切な部分と言ってもいいかもしれません。 命が産まれ、つながるところ。それが女性の膣。   このコラムを開いてくださったあなたは、自分の体と向き合い、大切に慈しむ時期にあるのかもしれません。 膣のケアでしあわせな女性の扉をひらいていきましょう。     デリケートゾーンにもある体の穴のこと   一生お世話になる、たったひとつのあなたの体。その体のなかで、大切にケアする必要がある、10個の穴をご存じですか?   鼻や耳はわかりやすいですが、その他に、目、口、デリケートゾーンにある尿道口、肛門、そして膣。   これら10個の穴は、健康であれば、常に粘液を出して内側の粘膜は潤っています。それが穴の機能が正常である証です。   けれども、これらの穴もお肌と同じように、放っておけば乾燥してきます。   しかも乾燥状態が続くと、それが体調不良の原因になったり、しいては精神状態にまで影響を及ぼしたりするというのですから、侮れません。   最近日本でも注目されているアーユルヴェーダでは、人間の体にある穴をケアすることが非常に重要と考えられていて、体を若く美しく健康に保つためには、穴のケアを日常的に行う必要があるとされています。   なぜケアをする必要があるのか?   それは、それらの穴すべては、“体全体”と深く関わっているからです。   注目したいのは女性だけがもつ膣のケア   鎖骨から上にある穴は、目、耳、鼻、口。 脳と深い関わりがあるのは、イメージできますが、実は骨盤内の臓器とも深いつながりがあるのです。   例えば、脳の中心にある視床下部や下垂体は、目から入ってくる光に反応してホルモンバランスを整えていて、女性ホルモンも、そこで調整されています。 つまり、目は女性の生殖機能と密接に結びついているのです。   鼻は“脳の入り口”とも言われていますが、鼻がつまっていると頭がぼーっとしたり、頭痛がしたり、鼻の機能が正常でないと脳の活動にも支障がでるということです。   それだけでなく、鼻と女性器は昔から深いつながりがあると言われていて、産後に体調を崩す妊婦さんはたいてい鼻がつまっています。   産後の乳房のトラブルも、鼻づまりを治し、鼻呼吸がしっかりできるようになると多くの場合、改善されるのです。   耳は、自律神経と深いつながりがありますし、腎臓とも関係しているとされています。 また、口は体の中の老廃物がでてくる場所のひとつでもあります。   “健康とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感すべてが健康であること”とされているアーユルヴェーダでは、それゆえにデリケートゾーンも含めた穴のケアが非常に重要視されているのですね。   そして、ジョンアンドマリーでは、その10個の穴の中でも、女性しかもっていない膣のケアに注目しています。     デリケートゾーンもお肌とおなじでケアが必要です   なんと、膣はお手入れをしないとすぐに乾いたり硬くなったりするのです。   ん?それがどうしたの? 別に今は、パートナーもいないし、または、パートナーはいるけれど、セックスする予定はないから困らないけど。   もしかしたら、そんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれません。   けれど、膣の問題は、セックスのことだけではないのですね。   膣が不健康な状態になると、女性の体にはセックスよりも、もっとずっと困った問題が起きてきますし、膣の状態は女性の艶やかな美しさにも直結しています。   最近は尿もれを起こす女性が増えていて、痔や便秘、便もれだって珍しくありません。それにも女性器、膣の冷えや乾燥が関係しているというのです。   膣や会陰が乾燥したり、硬くなったりすれば、体だけでなく、脳にも精神にも影響がでてくるのです。 女性器が硬くなると、脳も硬くなり、記憶力も衰えるし、精神的にも不安定になって不定愁訴やイライラにもつながってきます。   これを聞いたとき、たしかに・・・思い当たる節がある気がしました。 また逆に、不安やイライラなどストレスが溜ると、膣が硬くなるような気もしました。   怖がらせるわけでは、ありませんよ。 ただ、女性として知っていてほしいことなのです。   けれど、今まで、どこでもそんなことは習わなかった、もしくは、妊婦さんに必要なケアだと思っていた、という方が多いと思います。 デリケートゾーンのマッサージをご存知ですか?   最近では、出産をひかえた妊婦さんには、産婦人科医院から会陰マッサージなるデリケートゾーンのケア、膣のケアが勧められるようになってきています。     会陰マッサージ   こちらも初めて耳にした方がいらっしゃるかもしれません。 どんなことかというと、膣口と肛門のあいだにある会陰だけでなく、肛門付近をすべて含む女性の外性器と、膣の中にもオイルを塗りこんでマッサージを行うというものです。   なんとなく、膣のマッサージには抵抗がありますか?   実際、妊婦さんには、どれくらい膣のケアが浸透しているのでしょうか。   日本人は特に、自分の膣を触ることに抵抗を感じる人が、欧米などに比べて多い傾向にあるようです。   聖路加国際大学と、聖路加産科クリニックが行った実態調査では、効果が明らかに示されているにも関わらず、会陰マッサージをためらう妊婦さんが少なくないという結果が出ています。   約8割の方はやり方を知っていましたが、 やり方も効果も知っていてなお、そのうちの半数の人しか実行しなかったという結果でした。   また、実行していた人の中にも、「どれくらい膣に指を入れていいのか」「力加減はどのくらいなのか」などが分からなかった点として挙げられています。   膣のケアはしなかったけど無事に出産できたし、産後の肥立ちも良くて大丈夫だったかもしれません。   けれど、膣のケアは妊婦さんだけに必要なものではありません。   すべての女性にとって膣のケアは効果があるのです。   膣を大切にするジョンアンドマリーは、デリケートゾーンの 1 洗浄 2 保湿 3 マッサージ 4 エクササイズ   このパリ式のデリケートケア方法を美膣ケアと呼んでいます。   デリケートゾーンのケア、膣のケアを通して、あなたのもつ膣の美しさは、より潤いと輝きを増して、あなた自身も、より潤って輝いていく。   それが、美膣のすすめ、美膣ケアです。   美膣ケアの効果について、次回詳しくご紹介していきますね。     “女性性が開花する”デリケートケアコスメのエナシリーズはこちらから↓  

>記事を読む

こんにちは。 ジョン&マリーオーガニック、製品開発スタッフからです。   2年の歳月をかけて開発してきたオーガニック・デリケートゾーンのケア製品ですが、5月の発売にむけて、今月から50名の方に最終のサンプルテストをお願いしています。   ケアの進め方はパリ式のデリケートケアの方法(洗浄・保湿・マッサージ・エクササイズ)をお伝えしています。   モニター様の感想がぞくぞくと届いていますので、その一部をご紹介させていただきます。   今回ご紹介するのは、モニター様が初めてデリケートゾーンケアをした翌朝(2日目)の感想です。 (ご本人様には掲載の許可をいただいております)     デリケートゾーンケア新製品 モニター A様 40代 女性 出産経験あり     ■ 2日目の感想 (2018-03-08)   デリケートゾーン ケアのサンプルは   1.洗浄 ウォッシュエッセンスオイル (美容液オイルで洗ってニオイ・汚れのもとをシャットアウト)   2.保湿 ブライトニングセラム (保湿と美白のための乳液)   3.マッサージ センシュアル・マッサージオイル (膣・会陰のホルモンバランス用オイル)   4.ニオイ消し デオドラント・スプレー (外出時の気になるニオイ消し)     【デリケートケアの行程】   ①ウォッシュエッセンスオイルで洗う ②ブライトニングセラムで保湿&美白する ③センシュアル・マッサージオイルでマッサージする ④体を拭く、風呂場にてエクササイズする (*4つの流れで、フランス式デリケートケアをお伝えしています)       デリケートゾーン はじめてケアをした翌朝 布団で目覚めて、最初に膣が温かいことに気がついた。膣の存在感。 挿入前のうずきというよりも挿入後の充実感に似ている。 マスターベーションしたいような、このままが気持ちいいようなそんな目覚め。 さわってみるとしっかり潤っていた。   昨年の初夏の頃だったかデリケートゾーンにかゆみがあり、生理や季節柄のムレ、年齢的に肌のバリア機能が低下するらしいことを知ったことを思い出した。なつかしい。 その後、ジョン&マリーの酵素玄米ジャムウソープにお世話になり、すっかりかゆみとはおさらばして今がある。   この潤いはセンシュアル・マッサージオイルのなせる技か。 いろんな事を思いながら、手のひらに残った昨夜のセンシュアル・マッサージオイルの香りを探しあてて安心する。恋人同士か親子のようだ。     サンプルテストで使っていただいたお客様からの感想Part.2でした。 つづきはまたご紹介させていただきます!   デリケートゾーンケアの洗浄・黒ずみ・ニオイ・マッサージの製品は5月発売予定で最終のテストを行っていますので、楽しみにお待ちください。     デリケートゾーンケア新製品 モニター様の感想はこちらからどうぞ Part.1:モニターA様 1日目の感想 Pert.2:モニターA様 2日目の感想     デリケートケアのジャムウソープはこちらからどうぞ! 潤滑ゼリーならオーガニックを! 二人の愛を深めるラブローションなら、ジョン&マリー!

>記事を読む

こんにちは。 ジョン&マリーオーガニック、製品開発スタッフからです。   2年の歳月をかけて開発してきたオーガニック・デリケートゾーンのケア製品ですが、5月の発売にむけて、今月から50名の方に最終のサンプルテストをお願いしています。   ケアの進め方はパリ式のデリケートケアの方法(洗浄・保湿・マッサージ・エクササイズ)をお伝えしています。   モニター様の感想がぞくぞくと届いていますので、その一部をご紹介させていただきます。   今回のお客様はデリケートゾーンケアは初めてです。 (ご本人様には掲載の許可をいただいております)   デリケートゾーンケア新製品 モニター A様 40代 女性 出産経験あり     ■ 1日目の感想 (2018-03-07) デリケートゾーン ケアのサンプルは   1.洗浄 ウォッシュエッセンス (美容液オイルで洗ってニオイ・汚れのもとをシャットアウト)   2.保湿 ブライトニングミルク (保湿と美白のための乳液)   3.マッサージ センシュアル・マッサージオイル (膣・会陰のホルモンバランス用オイル)   4.ニオイ消し デオドラント・スプレー (外出時の気になるニオイ消し)     【デリケートケアの行程】   ①ウォッシュエッセンスで洗う ②ブライトニングミルクで保湿&美白する ③膣マッサージオイルでマッサージする ④体を拭く、風呂場にてエクササイズする (*4つの流れで、フランス式デリケートケアをお伝えしています)       デリケートゾーン 洗浄のための ウォッシュエッセンス いわゆる癒される香りというよりも主張しすぎない自然な香りの濃度。安心感がある。 手に取り泡立ててからと思いきや泡立ちが少なく、酵素玄米ジャムウソープ愛用者としては泡立ちが物足りない。 酵素玄米ジャムウソープ(ジョン&マリーのジャムウソープ)はパックするようにしばらく泡をのせたままにしているが、こちらは少ない泡立ちながらも“しっかりデリケートゾーンを洗浄しています!”という洗った感がありつつ、洗いすぎていない感覚があった。 嫌な感じは全くない。すき。 肌に触れる感覚の違いだろうか?明日は量を増やしてみようか。     デリケートゾーン 黒ずみ・美白のための ブライトニングミルク すぐに乾きそうな気がしてわりと慌てぎみに大唇陰まわり~アナル方向、Vゾーン方向にさっと塗った。 洗浄後に保護というか、パックというか、デリケートゾーンの保湿?のようなことを初めてしたので不思議な感じがした。けっこうほったらかしに無頓着に接してきた事に思い至り「ごめんね」かつ、嬉しい気持ちが湧いてきた❤️ 祝初デリケートゾーンケア❤️     デリケートゾーン マッサージのための センシュアル・マッサージオイル  今回もっとも使用を楽しみにしていました。 いちど脱衣スペースに戻り会陰マッサージに挑む。 バスタブの縁に腰をかけて、手のひらで温めてオイルをのばしつつ大唇陰外側内側をゆっくりもみもみ。 上から下、下から上へと2往復くらい?オイルを追加で1プッシュ、今度は会陰を縦横になぞり、アナル周りをぐるっとなぞる。   最後に1プッシュを小唇陰をなぞりつつ膣に人差し指を挿入、第一関節までいれて上、左、右に膣の壁を押してみるが、第二関節までも入れてみようと思い入れてみて、先程と同様に膣の壁を押してみた。   マスターベーションや愛撫ではなくケアで触っていること自体がなんとも不思議だった。 このように丁寧に自分の体に触れることは自分の体を知ることなんだと今更ながら実感。 手に残っているオイルの感触もさらっと、しかししっかり皮膚が保護されていたため、さっとデリケートゾーンを温める程度にシャワーをあててから体を拭いた。   エクササイズをしているとデリケートゾーンがほんわり温かくなりそれでいてさっぱりした香りに海外の高級スパの湯上がりのイメージがした。   このオイルが一番の肝?!   そして、膣を動かしていたら下半身全体が温かいことに気が付き「なんだぁ、こんな簡単なことだったのか!」と発見。直接温めたことでデリケートゾーンの皮膚や細胞たちが一斉に歓喜の声をあげているかのような温もり。 書き出してから一時間以上経過するが今も温かい♨️☀️もちろん暖かくはしていますが。   わお、明日も楽しみだなあ!   サンプルテストで使っていただいたお客様からの感想Part.1でした。 つづきはまたご紹介させていただきます!   デリケートゾーンケアの洗浄・黒ずみ・ニオイ・マッサージの製品は5月発売予定で最終のテストを行っていますので、楽しみにお待ちください。  

>記事を読む

ボディローションとして超・優秀♡スキンケア オーガニックの無添加・潤滑ゼリーローション 肌が敏感なのに…SEXに自信が持てる うるうるボディに   「ここのLOVEローションって無添加でオーガニックと聞きましたが、全身にも使えるんですか?」   ↑私達に1番多く寄せられる声が、このご相談です。 もちろんです! 99、5%以上、オーガニック成分で出来ていて 指定成分不使用、しかも製造途中のキャリーオーバーにも気遣っているローションは 日本では我が社だけだと自負しております。 安心で全身にお使いいただける、無添加ローションなんです♪   「私…とても敏感肌なんですが、どのローションを選べば良いですか?」 はい! 元々、女性のデリケートゾーンに使用しても大丈夫なくらい安全性にこだわった製品ばかりですが、 中でも1番の低刺激は「ピュア」になります。 *ピュア*の特徴   ♡アロエベラ・トウモロコシ・コンブで出来ています。 ♡天然水ベースで、肌の負担を最小限に。 ♡無味無臭、アレルギーが起こりにくい。 ♡ご自身で、こっそりお使いいただけます♪ 他のラインナップと違い、花のアロマの香りはありませんが…その、すべすべ感は天下一品。 スタッフはお風呂上がりに使用してる人が多く、私もあまりにもの心地よさから、ちょこちょこ手の甲や首のデコルテに塗り直してしまいます。 「サッと一瞬」で塗れるほど簡単・伸びが良いんです。 保湿効果はバツグンですが、サラッとしてます。刺激がほとんどなく毛穴に詰まったりいたしません。   ♪乾燥肌で敏感肌な女性 ♪大人ニキビが気になる女性 ↑今までボディローションを諦めてた、皆さまにとって使いやすい製品を目指し、お陰さまで喜びのお声を沢山いただいております!   オールシーズン使いやすいボディローション兼LOVEローションです。 (LOVEローションですので…1人エッチや、ラブタイムにも、使える所がオススメなところです♡)   保湿・美肌効果の高いアロエベラに加えて、自社独自のコンブエキスを加えたのが大きな効果をもたらしてくれます。 伸びが良いので、一般のオーガニッククリームよりもコスパが良いんですよ!   肘、膝だけでなく、バスト、ヒップも彼氏が驚いてくれるほど、すべすべ・うるうるに♪こんなに手軽にボディケアが出来る製品は、正直いって他に見当たりません。   ご安心して全身にお使いいただける無添加「ピュア」 ジョン&マリーの中で、1番お求めやすい製品ですので「ジョンマリ初心者さん」は、ぜひお試しいただいて大満足されてくださいね♡

>記事を読む

あなたは大好きな人のどこを一番見ていますか?     ちなみに、デート中に一番見られているのは、 【横顔】 だそうです。     では・・・ SEX中に見られてる【部位】はどこでしょう。       気になりませんか? ベッドの中で見られてるところって・・・。     パートナーから見られている、その場所ですよ!!       とあるコラムで、伏し目がモテる!!と書いているのを見かけたことはあります。 セックス中もその伏し目を使って、攻めると良いのだとか♡     だけど。 攻めてる時でもどこを見られてるのかって、気になりますよね。     女性としては、 贅肉が目立っていないかとか おっぱいが小さい、垂れているのが見られてるんじゃないかとか ムダ毛の処理ができていないのが嫌われるんじゃないかとか 気になりますよね!     これは考えだしたら、セックスにも消極的になったり、気もそぞろになるでしょう。           それで!です。 セックスの時に実はどこを一番見ているのか、なのですが。   もちろん個人差はあるでしょうが、 意外と見ているのが、おしりなんですって! 自分ではあまり見ない場所ですよね。       なんと、なんと!!   男性からの声では、 「彼女とSEXした時、お尻で引いた…。」 とかあるらしいのです。     バストが好みでなかった ウエストがちょっと なら許容範囲なのに、 お尻は幻滅のレベルだというじゃないですか!!       気にしてケアをしていますか? あなたのお尻。   意外と見られていますよ!       ヒップラインだけではなく、 ザラザラ・ブツブツがありませんか?     実は、お尻に自信が持てないという女性は半数にも達するんだそう。       そこで、おすすめなのが ジョン&マリーの【酵素玄米ジャムウソープ】       セックスのために開発した商品です♡   デリケートゾーンやヒップだけでなく、全身にも使えますよ♪             《ジョン&マリーの酵素玄米ジャムウ石鹸》   ヒップのトラブル肌の原因は「不衛生」と「乾燥」であることがほとんどです。   改善するためには「優しく洗浄」して「保湿」すること。       「ジョン&マリーのジャムウ石鹸」は、オーガニック成分100%の原料。   優しく洗い上げ、デリケートゾーンの匂いを、希少植物《キンマ》で殺菌します。 さらに「酵素玄米エキス」の力で色素沈着を改善させる働きも備えてますよ☆彡 もちもち美白肌に導きます。       効果が早い方は、一回目からすべすべを実感できますよ♪ 合成成分でなく、無添加オーガニックの植物エキスで、体にも安心・安全です。 セックス お尻 す   ぜひ、あなたも、ぷるぷるとしたヒップを手に入れてくださいね!! べすべ 方法 改善 ブツブツ貴女も、ぷるぷるプリンのような美味しいプティング・ヒップを、是非、手に入れてくださいね。 自分に自信が持てるとセックスも楽しめますよね。 そのお手伝いとしてをどうぞお役立てください♡       ちなみに。 素敵なパートナーが幻滅しないように自分磨きをするのも大事ですが。   まずは、自分のために、自分磨きをして、自分を好きになっていってくださいね♡       そして、ド――――ンと自信を持てる自分になっちゃいましょう♡♡♡   体型って、程よい感じが好きな男性もいますからね♪♪♪       素敵なラブライフを☆彡    

>記事を読む

彼からデリケートゾーンのニオイを指摘されたことがトラウマに。   突然ですが……。あなたはパートナーに「デリケートゾーンのニオイ」を指摘されてしまった経験はありますか?   大好きなパートナーから「クサイ」と言われた経験のあるあなた。さぞかしショックを受けたことでしょう。 特に指摘されたことはないというあなたも、パートナーとのオーラルセックスの時などは「実はクサイと思われているのかも」「我慢させているのかも……」と不安になっていることと思います。   また、デリケートゾーンのニオイは、パートナーに対してだけではなく自分でも気になってしまうくらいの強いにおいであることも多いです。   トイレの時やしゃがんだ時などに、ふと自分のデリケートゾーンのニオイを鼻に感じて、焦ってしまった経験は誰しも一度はあるはず。   デリケートゾーンのニオイのせいで、自分の身体に自信をなくしてしまったり、セックスのたびに不安を感じてしまったり、焦ってしまったり。   デリケートゾーンの悩みは、年代を問わず女性にとって「永遠のテーマ」と言ってもよいのかもしれません。     デリケートゾーンのニオイは誰にでもあるもの! デリケートゾーンのニオイは誰しもあるもの   この記事を読んでくれているあなたも、もしかしたら彼から実際に「クサイ」と言われてしまって傷ついた経験のあるひとりなのかもしれません。   でも、気にしないでください。デリケートゾーンのニオイは女性なら誰しもあるものです。   確かにパートナーの言葉は悪かったかもしれませんが、言われてしまったものはもうどうしようもないので、日々のデリケートゾーンに対するケアを見直すきっかけになったとポジティブに捉えましょう。   仕事で上司からダメ出しをされて改善するのと同じようなものだと考えて、気持ちを切り替えてくださいね。   それに正しいケアをすることによって、デリケートゾーンはニオイはかなり抑えることができますから。安心してください!   デリケートゾーンの正しい洗い方 ニオイを防ぐ方法……それはボディと同じように、とにかく「デリケートゾーンを清潔に保つこと」、このひと言に尽きます。   パートナーとのラブタイムの前にはできるだけシャワーを浴びるようにして、普段のお風呂でもデリケートゾーンを入念に洗う習慣をつけましょう。   女性器は複雑な形をしているので、シャワーの流水でささっと洗い流したくらいでは汚れは落ちません。   特に大陰唇・小陰唇・クリトリスなどの溝のある部分には恥垢(ちこう)や汚れが溜まりやすいですから、石けんをたっぷりと泡立て、指の腹を使って丁寧に優しく洗い、丁寧に汚れを落とすようにしてくださいね。   それだけでも、ニオイはかなり抑えられるはずです。   デリケートゾーン専用ソープを使えばさらにニオイを撃退! さきほども言いましたが、パートナーにニオイを悟られないためには、ラブタイムの前にシャワーを浴びて清潔にするのが一番です。 でも、必ずしも浴びることができるとは限りませんよね。 イチャイチャしているうちに気持ちが盛り上がって、もう我慢できない! 今すぐセックスしたい! なんて時もありますし、必ずしもお風呂のある場所でセックスが始まるとも限りませんし……(笑)   そんな「セックスの前にシャワーなんか浴びてられない」「ニオイを気にせずいつでもセックスができる状態にしたい!」という欲張りでちょっぴりせっかちなあなた、そしてカップルは、特別な「デリケートゾーン専用ソープ」を使うことをオススメします♡   酵素玄米ジャムウソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん “オーガニック100%・完全無添加”のケアソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん!ジョン&マリーの自社特許成分の「コメ発酵液」を配合した、肌思いのケアソープです。素敵なラブタイムを過ごすために、身も心もきれいに。100%オーガニックの植物成分で、ラブタイムの最中に気になる、デリケートゾーンの『臭い』や『黒ずみ』を押さえ、肌にしっとりとした潤いを残します。   「酵素玄米ジャムウソープ」は、その名の通り、敏感なデリケートゾーンに優しく、でもしっかり汚れを落としてくれる天然成分である「ジャムウ」を配合した完全無添加のデリケートゾーン専用石けん。   ジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる、植物の実や皮、葉、根などのハーブを使った民間伝承薬のことで、同製品はジャムウに使われるハーブの中でも特に消臭・殺菌効果の高い「キンマ」のエキスを配合しており、ニオイのもとになる雑菌を退治して気になるボディやデリケートゾーンのニオイを綺麗さっぱり消し去ってくれて、ニオイの発生を長い時間抑えてくれます。   もちろんデリケートゾーンだけではなく、全身洗えます。 美肌効果を持つ「酵素玄米エキス」をはじめとした10種類のハーブと天然植物オイル配合で、デリケートゾーンのニオイと黒ずみをケアしながら全身つるつるモチモチのベビースキンに整えてくれますよ!   だから、日々のバスタイムやデート前のシャワータイムにこのソープで念入りに洗っておくことで、いつでも「スタンバイOK」」になれるのです♡   「酵素玄米ジャムウソープ」は新たな恋も呼ぶ!? 実はこの「酵素玄米ジャムウソープ」開発段階の最中に、ジョン&マリーのCEOであるジョン・サンデーはひとりの傷ついた女性と出会いました。   そのとき彼女はパートナーから、「君のデリケートゾーンはクサイ」と言われてショックを受けていたのです、結局そのことも原因になって、彼女はパートナーとの別れを選ぶことになります。   ジョンは彼女の話を聞いて心を痛め「ぜひこれを使って欲しい!」と「酵素玄米ジャムウソープ」プレゼントしました。   パートナーの心無いひと言で傷つき悩んでいた彼女ですが、「酵素玄米ジャムウソープ」を使うことによってデリケートゾーンの悩みを解消することができ、再び自信を取り戻すことができたのです!   みるみる彼女は本来の明るさと前向きな心を取り戻していき、なんとジョンとの出会いからわずか数週間後、新しパートナーとの交際をスタートさせました。 新しいパートナーはとても優しくすばらしい青年で、彼女は今とても幸せとのことです。   この一連の出来事から、ジョン&マリーのスタッフたちの間では「酵素玄米ジャムウソープを使うと恋人ができる」というジンクスがあると信じられています。   デリケートゾーンのコンプレックスにおさらばして、自信を取り戻そう! デリケートゾーンの悩みやコンプレックスを抱える女性のために作られた石けんです。 「お風呂で洗うだけ!」そんな毎日の簡単ケアで、恋人とのラブタイムも自信を持って、リラックスして楽しめるようになれますよ♡

>記事を読む

突然始まるラブタイム。でも自分のニオイが気になって……。   セックスの始まりは突然です。   パートナーとベッドで横になっているとき、ソファーでくつろいでいるとき、ふとお互いの目が合ったり、肩が当たったり、指先と指先が触れたり……。   そんなふとしたきっかけで情欲のスイッチが入り、見つめ合って激しいキスをして始まる甘いラブタイム。   普段は見せないセクシーな表情で激しく求めてくるパートナーにドキドキして、一気に私たちの気持ちも昂ぶって燃えてきますよね。   でも、もしそんな突然のセックスモードに、しばらくシャワーを浴びていなかったり、汗ばんでいたりしたら……。   自分のニオイが気になってセックスに集中できない! ニオイが気になって集中できない……。   いざセックスが始まるとなっても、自分のボディやデリケートゾーンのニオイが気になると、せっかく昂ぶった気持ちも沈んできてしまいます。   「臭うって思われたらどうしよう……」なんて不安になったり、パートナーの顔がデリケートゾーンに近付くと「今、舐めちゃダメ!」なんてパニックになったりしてしまいますよね。   でも激しくあなたの身体を求めてくるパートナーを制して、「待って!シャワー浴びさせて!」なんて言ったらせっかく盛り上がったムードが台なしになりそう。   う~ん。何かいい対策はないのでしょうか?   お風呂で必ず使う「◯◯」を変えるだけでいつでもセックスOKボディに! 「いつセックスしてもいいカラダになりたい」そんな願いを叶えてくれるのが、この「酵素玄米ジャムウソープ」。   酵素玄米ジャムウソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん “オーガニック100%・完全無添加”のケアソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん!ジョン&マリーの自社特許成分の「コメ発酵液」を配合した、肌思いのケアソープです。素敵なラブタイムを過ごすために、身も心もきれいに。100%オーガニックの植物成分で、ラブタイムの最中に気になる、デリケートゾーンの『臭い』や『黒ずみ』を押さえ、肌にしっとりとした潤いを残します。   ジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる、植物の実や皮、葉、根などのハーブを使った民間伝承薬のこと。   この「酵素玄米ジャムウソープ」は、そのジャムウに使われるハーブの中でも特に消臭・殺菌効果の高い「キンマ」のエキスを配合しており、ニオイのもとになる雑菌を撃退して気になるボディやデリケートゾーンのニオイを綺麗さっぱり消し去ってくれて、ニオイの発生を長い時間抑えてくれます。   また、美肌効果を持つ乳酸菌が豊富に含まれた、「酵素玄米」を世界で初めて石けんに配合しており、全身をきめ細かくうるおいのある肌に導いてくれて、気になるデリケートゾーンの黒ずみもケアしてくれます。   さらに、高いデオドラント効果と美肌効果を持ちながらも、石けん素地から消臭成分、香り成分まですべて自然由来成分で作り上げた100%オーガニック石けん。 身体に負担をかけず、気になる部分をケアすることができるのです。   そしてボディを洗う石けんに大切な「香り」にもこだわり抜きました。 ダマスクローズをベースに、ピーチ・カーネーション・ジャスミン・ゼラニウム・ハイビスカスの天然精油やエキスを絶妙なバランスで配合。 洗い上がりの肌は、まるで海外メゾンのフレグランスを全身にふわりとまとったよう。女性らしいたおやかなローズの香りで女性の気分を上げてくれます。   「全身に香りをまとう」のがパリジェンヌのお作法 洗うだけで気分はパリジェンヌ   パリの女性たちは香りをまとうのが世界一上手だと言われていて、お風呂から上がった後、うなじや胸元、太もも、足首などにほんの少しずつフレグランスをつけ、全身からさりげなく匂い立つように香りをまといます。 そして、パリの男性たちはパリジェンヌから漂うふんわりとした香りに引き寄せられ、魅了されるのです。   花々の精油とエキスをぜいたくに配合した「酵素玄米ジャムウソープ」でボディを磨けば、あなたも香りで男を虜にするパリジェンヌです。 ラブタイムの最中、あなたの全身からさりげなく漂ういい香りに、パートナーもますますあなたに魅了されるでしょう。   世界初の「セックスのために作られた石けん」 「酵素玄米ジャムウソープ」は、デオドラント効果・美肌効果・香りであなたの身体を清潔に美しくしてくれる、世界初「女性のセックスのために開発された石けん」。   いつものバスタイムにこれでボディを洗うだけで、簡単に「いつラブタイムが始まってもいいボディ」を手に入れることができるのです。   いつどんなタイミングでラブタイムが始まっても、ニオイや黒ずみを気にせず集中できて、いつもより大胆でセクシュアルな自分になれるでしょう。 「酵素玄米ジャムウソープ」は、気になるニオイと黒ずみを解消して、あなたのコンプレックスも解消してくれます。   「酵素玄米ジャムウソープ」は、「パートナーとのラブタイムをもっと楽しみたい」「もっと自分のボディに自信を持ちたい」と思っているあなたにとって、心強い味方になってくれるはずですよ。  

>記事を読む

デリケートゾーンのニオイが気になる……。   言わないだけで、女性はみんなデリケートゾーンに関する何らかの悩みを抱えているもの。黒ずみや形、毛深さ、ニオイ……と色々ありますが、自分のデリケートゾーンのニオイが気になっている、という人が多いのではないでしょうか。   生理前はオリモノの量も増え、どうしてもニオイも強くなるものですし、個人差はあれど多少のニオイは皆あるものなので、そんなに気にする必要はないのですが。 それでも、「他の人よりニオイが強いのでは?」「彼に『クサイ』って思われていたらどうしよう……」などと、考えて、不安になってしまいますよね。   この「デリケートゾーンのニオイ」の悩みを解消する方法はないのでしょうか?   デリケートゾーンのニオイの原因って? まずは気になる「デリケートゾーンのニオイ」の原因から探っていきましょう。 「雑菌」です。女性器というものはどうしても下着でぴったりと覆われていて熱がこもりやすく、オリモノの分泌物により常に湿っている状態です。   この、「温度が高く、湿度も高い」という状態は、雑菌が繁殖するのに最適な環境なのです……。そしてこの雑菌が、女性期から分泌されるオリモノや経血、汗、垢などをエサにして繁殖することによって排出される「老廃物」、これがにおいの発生源! 特にオリモノは雑菌が好むタンパク質が豊富に含まれているので、ニオイの大きな原因になりやすいのです。   また、デリケートゾーンの汗は、女性器に多く分布している「アポクリン腺」という汗腺からは分泌されていて、この汗には脂肪やアンモニアなど雑菌が好む成分が多く含まれています。   このように女性器の構造上的にも、高温多湿という環境的にも、女性器からニオイを完全に発しないようにするのはなかなか難しいです。ですが雑菌に栄養を与えず、ニオイの元となる老廃物を分泌させないようにすれば、ニオイはかなり軽減されます!   においの対策・解消法 デリケートゾーンのニオイにおさらば! 雑菌を増やさない方法……。それはとにかく「デリケートゾーンを清潔に保つこと」、それしかありません。お風呂ではデリケートゾーンを丹念に洗いましょう。 女性器は複雑な形をしているので、シャワーでささっと洗い流したくらいでは汚れは落ちません。特に大陰唇・小陰唇・クリトリスなどの溝のある部分には恥垢(ちこう)や汚れが溜まりやすいですから、石けんをたっぷりと泡立て、指の腹を使って丁寧に優しく洗い、丁寧に汚れを落とすようにしてくださいね。   ただし膣の中はデリケートゾーンの中でも一番デリケートな部分なので、石けんを使って洗うのはおすすめできません。外陰部を丹念に洗ってあげるだけでニオイは充分に取れますので、膣の中まで洗わなくても大丈夫です。   デリケートゾーンのニオイを防ぐ石けん選び 洗浄力と消臭力が強く、さらに低刺激なデリケートゾーン専用の石けんを使うようにしましょう。またデリケートゾーンはその名の通りとっても敏感な部分ですから、できるだけ天然由来、自然由来の成分が配合された製品がいいですね。   デリケートゾーンのニオイを撃退する石けんはコレ! デリケートな部分に優しい洗い心地で、でもしっかり汚れを落としてくれて、気になるニオイは徹底的に抑えたい。そんなワガママな希望にオススメなのがこの石けん。   酵素玄米ジャムウソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん “オーガニック100%・完全無添加”のケアソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん!ジョン&マリーの自社特許成分の「コメ発酵液」を配合した、肌思いのケアソープです。素敵なラブタイムを過ごすために、身も心もきれいに。100%オーガニックの植物成分で、ラブタイムの最中に気になる、デリケートゾーンの『臭い』や『黒ずみ』を押さえ、肌にしっとりとした潤いを残します。   「酵素玄米ジャムウソープ」は、その名の通り、敏感なデリケートゾーンに優しく、でもしっかり汚れを落としてくれる天然成分である「ジャムウ」を配合したデリケートゾーン専用石けん。   ジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる、植物の実や皮、葉、根などのハーブを使った民間伝承薬のことで、同製品はジャムウに使われるハーブの中でも特に消臭・殺菌効果の高い「キンマ」のエキスを配合しており、ニオイのもとになる雑菌を退治して気になるボディやデリケートゾーンのニオイを綺麗さっぱり消し去ってくれて、ニオイの発生を長い時間抑えてくれます。   さらに、高いデオドラント効果と美肌効果を持ちながらも、石けん素地から消臭成分、香り成分まですべて自然由来成分で作り上げた100%オーガニック石けん。 石けんでデリケートゾーンを洗うときに、沁みたり刺激を感じたりすることも多いですが、この「酵素玄米ジャムウソープ」は菜種・大豆・パームから作った無添加石けん素地を使用しているので、沁みたり痛みを感じたりしにくいのも特長。 デリケートな部分を安心して洗うことができますよ。   また、美肌効果を持つ乳酸菌が豊富に含まれた、「コメ発酵液」を世界で初めて石けんに配合しているので、きめ細かくうるおいのある肌に導いてくれて、ニオイだけではなく気になるデリケートゾーンの黒ずみにも効果を発揮してくれるのです!   身体に負担をかけず、気になる部分をケアすることができますよ。 香りも上品なローズを貴重にした爽やかなフローラル。うっとりするようないい香りで、毎日のバスタイムが楽しみになるはずです!   「酵素玄米ジャムウソープ」は、デリケートゾーンの悩みやコンプレックスを抱える女性のために作られた石けんです。「お風呂で洗うだけ!」そんな毎日の簡単ケアで、恋人とのラブタイムも自信を持って楽しめるようになれますよ♡

>記事を読む

デリケートゾーンの黒ずみが気になる……。   普段は見えない場所ではあるけれど、やっぱり気になる「デリケートゾーンの黒ずみ」。「デリケートゾーンをバージンみたいなピンク色にしたい!」と思っている人は多いはず。   白く美しい肌と同じように、バージンみたいにきれいなピンク色のデリケートゾーンは女性の永遠の憧れのひとつかもしれません。でもデリケートゾーンの黒ずみって、普段のケアでどうにかできるようなものなのでしょうか? 肌の色と同じように生まれつきのものだったりしないのでしょうか?   大丈夫です。実はデリケートゾーンの肌も、顔やボディと同じできちんとお手入れをすることで、キレイにしてあげることができますよ。   そのためは、まずはどうして黒ずんでしまったのか、その「原因」を探ってみる必要があります。   デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因って? デリケートゾーンの黒ずみの一番の元になっているもの。それは「メラニン色素」。   日焼けやシミ・ほくろの原因にもなるメラニン色素ですが、デリケートゾーンの黒ずみもこのメラニン色素が深く関係しているのです。 メラニン色素は顔や手足など、全身どの部分の肌の奥にも存在する物質。 そして本来、メラニン色素は日光などを浴びたときに、紫外線から肌を守るために作られるものなのですが、摩擦で刺激を受けたときにもメラニン色素の活動が活発になってしまうのです。   特にデリケートゾーンは、下着による擦れは避けられない部分。 デリケートゾーンはもともとメラニン色素の活動が活発で、一日中下着や衣服に肌が擦れてしまうことで常にメラニン色素が活動している状態となり、さらに摩擦によって皮膚全体のターンオーバー(新陳代謝)も乱れ、黒ずみが発生しやすく消えにくいのです……。     メラニンの活動を抑えて、黒ずみを改善するにはどうすればいい? 日焼けで肌が黒くなってしまった場合は、ターンオーバーによってメラニンが排出されることによって徐々に元の色に戻っていきますよね。 それと同じで、デリケートゾーンもメラニン色素の活動を抑えて、デリケートゾーンの肌のターンオーバーを正常にしてあげることができればちゃんとピンク色に近づけることができますよ。 ではデリケートゾーンの黒ずみ、摩擦による刺激から皮膚を守り、肌のメラニン色素の生成を正常化するにはどんなケアが良いのでしょうか?   まずはデリケートゾーンの「洗い方」を見直そう 日々の洗い方を見直そう!   デリケートゾーン部分の皮膚はとっても薄くて敏感です。ですから、ボディ用の洗浄力の強い石けんを使うと乾燥を引き起こし、摩擦や刺激の影響を受けやすくなってしまいます。 ですから、デリケートゾーンを洗うときは専用の石鹸を使うようにしましょう。   デリケートゾーン用の石けんは、乾燥の原因になる界面活性剤や添加物など肌に負担になる成分が配合されておらず、自然由来の洗浄成分や殺菌成分で作られているので気になるニオイも防ぎつつ、敏感な部分を優しく洗い上げることができます。   そして、「洗い方」にもコツがあります。ボディと同じようにボディタオル等でゴシゴシとこすり洗いをしてしまうと、摩擦による刺激でメラニンが活性化されてしまい、黒ずみの原因になってしまいます。   ですから、洗うときは石けんを泡立てネットなどを使ってよく泡立て、たっぷりの泡をデリケートゾーンの部分に塗り残しのないようまんべんなく乗せて2分ほど泡パックをするとよいでしょう。   泡パックで皮膚の表面のしっかり落とすことができて、正常なターンオーバーをうながすことができます。   もし念入りに洗いたいという人は、指の腹などを使って泡のクッションでデリケートゾーンを優しく押すように洗ってください。 強くこすらなくても、泡を乗せるだけで肌の汚れはちゃんと落とすことができますので、刺激を与えないように、優しく優しく洗うことが黒ずみ解消への一番の近道です。   オススメのデリケートゾーン専用石けんはコレ! これから紹介する「酵素玄米ジャムウソープ」は、キンマエキス配合でデリケートゾーンの汚れとニオイをしっかりと落とし、さらに美肌成分「コメ発酵液」で黒ずみをケアしてくれる、デリケートゾーンに悩みを持つ女性のために作られた石けんです。 酵素玄米ジャムウソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん “オーガニック100%・完全無添加”のケアソープ 日本初!”LOVE&SEX”のために開発された石けん!ジョン&マリーの自社特許成分の「コメ発酵液」を配合した、肌思いのケアソープです。素敵なラブタイムを過ごすために、身も心もきれいに。100%オーガニックの植物成分で、ラブタイムの最中に気になる、デリケートゾーンの『臭い』や『黒ずみ』を押さえ、肌にしっとりとした潤いを残します。 キンマエキスは、インドネシアに古くから伝わる、植物の実や皮、葉、根などのハーブを使った民間伝承薬「ジャムウ」のひとつで、高い消臭効果と洗浄効果を持っています。   また、「コメ発酵液」は、美肌効果を持つ乳酸菌が豊富に含まれた美肌成分で、白くきめ細かくうるおいのある肌に導いてくれて、気になるデリケートゾーンの黒ずみをしっかりケアしてくれます。   高いデオドラント効果と美肌効果を持ちながらも、石けん素地から消臭成分、香り成分まですべて自然由来成分で作り上げた100%オーガニック石けん。 身体に負担をかけず、気になる部分をしっかりとケアすることができるのです。   「酵素玄米ジャムウソープ」は、デリケートゾーン用に開発された石けんではありますが、もちろん全身洗うこともできます! 潤い成分や美肌成分を豊富に配合しているので、嫌なニオイや汚れはスッキリ落としてくれるのに、洗い上がりはモチモチしっとり。ボディからはダマスクローズの清潔感ある香りがほんのり漂います。       石けんを変えるだけで、簡単黒ずみケア! デリケートゾーンは顔と違って、化粧水やクリームでのお手入れが難しい場所でもあります。ですから、保湿成分が豊富に配合されたデリケートゾーン専用石けんで、必要な美肌成分やうるおい成分も補ってあげましょう。   デリケートゾーンの気になる黒ずみを解消するには、まずは日々の洗い方を見直すことがいちばん大切、かつ一番の近道でもあります。   「酵素玄米ジャムウソープ」で、簡単にきれいなバージンピンクを手に入れましょう♡

>記事を読む

オススメ商品

ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
ビギナーにオススメ定番ラブラローション

ランキング

ページトップへ