デリケートゾーン
ラブローション/潤滑ゼリー
キスリップ
ラブロソープ/ジャムウソープ
フェロモン香水
キスリップ
セットアイテム

ランキング

人気記事 ジョン&マリー セクシーYUKO 愛するマリア

最新記事一覧

100万ドルのダイヤよりも、10秒の熱いキスの方がいい? なんて考えるのは、経験の浅い男だけです。(笑)   ジョンマリ社長のブログへ、ようこそ!   僕も20代の頃は、そんな事を考えていましたが、、、   女性は、10秒の熱きキスよりも100万ドルのダイヤの方が好き。   それが女心。 悪気はない。   男は『君さえいれば、あとは何もいらない』と、ドラマようなのセリフをいうけど、『女性はデパート丸ごと欲しい~!』と内心思っているのものなんです!   男と女は違う生き物。   よ~し、それなら100万ドルのダイヤを買うぞ~と気合を入れてもいいけど、女は毎年100万ドルのダイヤが欲しいい!と言うことだけは、忘れないように。(笑)   男と女、違うから面白い。   違うから、分かりあいたい。だからケンカする。   それも楽しい。と思えれば夫婦もいい関係。   夫婦関係で幸せになる方法はたった1つ!   相手を変えようとしない事。 相手を変えようとして、みんな悩んでケンカになるんですね。   「お前、また服を買ったのか!」 と言う前に、「来年はもっと買えるように頑張るよ!」と言えば夫婦生活は幸せになれる。   100万ドルのダイヤは中々買えませんが、100万ドルの笑顔で旦那を元気にさせてください。 そしていつか100万ドルのダイヤが買えるように、男は頑張っていきましょう!   女はズルい、でもそこが可愛い!   くれぐれも、バラの花束でごまかさないように、女性は愛の形をモノで判断する生き物。 女は怖い、でもそこが可愛い!(笑)   いつまでも、女性を可愛いままの女でいさせてあげて下さい。60歳になっても70歳になっても可愛い女性のままで、決してオバサンにしないように!   妻をオバサンにするのも可愛い女にするのも、男の力量次第です。     可愛い妻といつまでも幸せに! ジョンマリのラブローションでいつまでも健やかに愛を育んで欲しいと願います。   一家に一本、 オーガニック ラブローションで家庭円満(笑) 明日も元気!

>記事を読む

セックスのテクニックを磨けば、女をイカせることができる。 こうすれば女は歓ぶ。と本気で思い込んでいる男性が多いと女性達は言います。   ネットやAVの見過ぎ?   セックスは本能でするものだよ~ 男らしさとか、女らしさとかの殻を捨てて、裸の自分で愛し合うこと。   そして、「愛はテクニックじゃない」と女性たちの声が聞こえてきますが、それでもいいから愛されたいという女性もいるのも事実。   嘘でもいいから、愛されたい。 嘘でもいいから、今夜だけでも綺麗になりたい。 それが女性の気持ちなのかもしれないと思います。     ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!   時々、 ”セックスはテクニックだよ、女性が喜んでくれるよ!” ”やっぱり、Gスポットを責めるとスゴイね!” と言う男がいる。   でも、 女性は共感する生き物だから、男が感じれば女性も感じだす。この感じるスイッチが入れば女性は全身が性感帯になるのでテクニックはかえって邪魔になるだけだと思う。   セックスはテクニックだよ。と言っている男はセックスとは男が女性を征服する事?だと考えているのかもしれない。   自分の気持ちを相手に明け渡すこと。ある意味、弱さや恥ずかしさもさらけ出し、お互いの内面を見せることで、心が解放されて心地いいオーガズムという領域に行くのだと思う。   だから、 セックスにテクニックはいらないと言いたいけど、テクニックがないと女性を抱けない男もいるので、それはそれで、必要不可欠なものだろう。     「セックスは裸の自分をさらけ出す行為である」 女性なら彼の前では何をしてもいい、どんな私でも愛される。そんな安心感に女性は癒されオーガズムに到達するのだと思う。   男なら起たなくてもいい。 女性に甘えて恥ずかしい自分をさらけ出し、男のプライドを捨て去ることで自らの本能が目覚める。 殻を破るということは、勇気のいることだけど、一度しかない人生を目覚めないまま生きることに何の価値があるのだろうと思う。   誰だって大好きな彼の本当の姿(本音)を見たい! それが愛する女の本音だと思う。     目を合わせないセックスや心が共わないテクニックのせいで、傷ついている女性は多い。 俺は300人の女とヤッタ!と、セックスを女性の人数で計ろうとする。   どうだ!俺はスゴイだろ~と   もうそろそろ、そんな幻想から卒業したほうがいい。テクニックや人数で競うことに、男としての価値はない。   たった一人でいい、どれだけ深く愛を深めたか。 心から通じ合ったか、愛しあったか。   そんな男の方が僕はいいと思う。     もしテクニックといものがあるのなら、ひとつになりたいという想いが、人と人を結びつける。 「つながりたい」それだけでいい。 ”今夜は、お前と一つになりたい”  その言葉で女性は救われると思う。     僕たちは小さい頃からマニュアルという教育を受けてきた。 マニュアル通りに、なんでもこなす男がスゴイ!と言われ仕事をしてきた。だから潜在意識にテクニックという幻想をインプットしてしまったのだろう。   そんなマニュアル人間から本物の人間として目覚めさ、あるがまま男と女として生きてほしいと思う。 男のつまらないプライドや見栄を捨てさり、裸の男として女に抱かれてみることで、自分を取り戻せるのではないかと思う。   ゴメン。 今日は、お前に甘えてもいいかな?   それが言えれば、男も一人前だと思う。     セックスで幸せになってほしい。人生の幸せというものをセックス(愛)を中心に考えてみる。 セックスを中心に、家族のこと、仕事の事、未来のことを考えてみることで今までの生き方がきっと変わってくる。   愛することは素晴らしい出来事、感情をむき出しにして心から叫んで愛する人と無我夢中で愛し合ってほしい。 そこには頭で考えたマニュアルのテクニックなんて入り込む余地はない。     最後に、 セックスが愛に変わるために、妻が本当に求めているものは?   女性は本当の貴男と愛し合いたいと願っている。 テクニックやマニュアルで武装した男ではなく、偽りのない生身の人と触れ合いたいと願っている。   強さも弱さをみせても安心できる。 バカなことをしても許してくれる。 失敗しても何も怒られない。 いつも笑顔でいられる。   心から繋がれる関係。   アナタの前では自由でいられる。 いつも笑っていられる。 そんな男の愛を、妻(彼女)は求めているだと思う。  

>記事を読む

ジョン&マリー・オーガニック社長のブログへ、ようこそ!   安心安全なデリケーゾーンケア、女性の肌と膣に優しいラブローション(潤滑ゼリー)を開発して5年が経ちました。   もともとセックスも下手、女性の気持ちも理解できない男が、離婚をきっかけに女性の幸せのために作ったのがジョンマリの「デリケートゾーン&ラブローション」なんです。   セクシャル・ウエルネスという考え方を取り入れ、オシャレにSEXYに、性を健康的に語り合える男女が増えてほしい。   そして、運命の人に出逢い幸せになってほしい。 もっともっと愛しあって、素直にオーガズムを感じてほしい。 いつまでも永遠に輝き、愛し愛される関係を楽しんでほしい。   そんな気持ちです。   でも、 ラブローションの社長って言われることに、少しの抵抗と恥ずかしさもありましたが、愛と性は人間にとって一番大切ことだと思うので、これでいいと思います。   天職を探しているアナタへ! 僕も55歳を過ぎて、このジョン&マリーという天職に出会いました。それまでの経験はこの仕事をするために必要なスキルだったのだと今は思います。   だから何一つ無駄なことはありません。結婚も離婚も失恋もリストラも、すべてはジョン&マリーと言う会社を作るための長い長い準備をしていたんですね。   悩んだ時期もありました、随分と遠回りもしましたが、やっと天職に巡り合えたのですね。   だから僕よりも若い人で、天職を探して迷っているのなら安心して下さい。今のあなたの仕事は、必ず未来のあなたの役に立つから!   それを信じて心配しないで、今の仕事をワクワクして、楽しんで下さいね。     そして誰もが心から望んでいる、運命の人とは?   僕も運命の人に出逢いました。 とても幸せであり楽しい毎日でしたが、運命の人だから永遠に幸せだとは限りません!(笑)ホントですよ。   経験から言うと、 運命の人っていうのは、『今世、私はこの人と楽しく魂の修行をします!』という人が現れると、恋のスイッチが入って、好きになるんですね!   そして、その人との魂の修行が終わると別れる時がくる、それが離婚です。 また次に修行をする人と巡り合うと恋のスイッチが入る! それが恋愛の法則です(笑)   だから、いつでも「自分らしく、あるがままの貴女」でいることが、一番大切なことだと思います。   最近、 ブレてはいけない! 迷ってはいけない! というような風潮がありますが、本当でしょうか?   僕は思います。迷っていもいいし、ブレてもいい。 生きると言うことは、迷ったりブレたり、しながら本当の自分を見つけ発見することだと思うんです。   ブレても、私は幸せ! 迷っても、私は幸せ!    真面目に生きている人に、もっと真面目になりなさい!と言う人がいますが、それって追い詰めているだけですよ! 真面目な人は、もっとワクワクして遊んでください!自分を解放して、自由にしてあげて下さい。   妻や彼女が真面目になって、詰まっているのなら遊びに連れてあげてください。心をワクワクしてあげてください。それが男の役目です。 人生はスピリチュアル的に考えないと、答えが出ない時があります。   そして、やっと分かったことですが、 自分の弱さを隠すために、カッコつけたり、気取ったり、大きなこと言ってごまかしたりしますが、時にはそれも自分を守るために必要なこと。   ただ、 人には今世の課題というものがあります。 クリアしなければならない課題を、ごまかして逃げようとしても逃げられないんだ~ということだけは知っておいてくださいね!(笑)   人によっては今世の課題が「恋愛だったり」「病気だったり」「お金だったり」「仕事だったり」「夫婦関係だったり」それぞれ違うけれど、言えるのは今世の課題はどんなに逃げようとしても形を変えて、あなたの前に現れクリアしなければならないんですね。   人生の課題を一つ一つクリアしていくと、そのあとには必ず良いことが起きるんですね! 神様からのプレゼントがあるんですね!     最後に、 自分を好きになれば、「運命の人」に出会える確率が高まりますよ! それからこの世に産まれるときに、今世はこの課題をクリアしようね!と約束して生まれてきたから、ぜひ楽しんでクリアしてくださいね!決して深刻になることはありません!   誰にでも「運命の人、天職」はあります。   ジョンマリ社長の「運命の仕事」は、誰もが安心して使用できる無添加デリケートゾーンケアとラブローションの開発です。プロダクツを通して「愛と性と男と女の幸せ」を伝えるのが、僕の産まれてきた意味だったんですね。(笑)     最後の最後に!もう一つだけ 何をしても思う通りに行かない時は、その道は違うよ!とお空の神様が教えてくれているんだと思うんです。 そんな時は、冷静になって違う選択をしてみてください。ぱ~っと道が開けてくるときがありますよ。   それが僕のように、ラブローションかもしれませんが(笑)   では、今夜も素敵な愛を楽しんでください!

>記事を読む

こんにちは、ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!   「潤滑ゼリー、ラブローションの使い方が分かりません」「夫が、ひいてしまわないでしょうか」というご質問がありました。     37歳 夫とはセックスレスです。 でも、誰かと飲んで酔って帰ってきた時だけ求めてくるんです。 その時には、前戯もなくエッチをしてきます。 夫は眼をつぶったまま言葉もありません。   私は抱かれている感じがしないので、すごく寂しく痛くて、とても辛くなります。濡れにくいのかなと思うのですが、スキンシップやキスなどがあれば少しは違うような気がするんです。   でも夫に嫌な顔をされるのもイヤだし、ますます求められなくなるのは避けたいので言えないでいます。   だけど、いつ求められてもいいようにとラブローションを買いました。ただのはけ口で抱かれてるように感じているのに、それでもセックスで求められることが嬉しいのも確かです。   ラブローションを買ったことがセックスを期待しているみたいで、恥ずかしいと思ってしまいます。   こんな思いで買ったラブローションなので、いつどこで、どこに塗ったらいいのか、夫がラブローションを見たらひいてしまうのではないかと心配です。   夫に分からないように塗る方法はあるのでしょうか。 ラブローションを用意して、コソコソ塗るような妻を夫はどう思うのでしょうか。   男性のご意見をお聞かせください。 宜しくお願いいたします。     男と女の世界には、色々とあります。あまり真剣に悩まないでほしいと思います。   濡れないのは、旦那が下手だから? それくらいの余裕で接してみてください。(決して言葉にだして言わないように!(笑))   潤滑ゼリー、ラブローションは堂々と自由に使ってみてほしいのですが、最初はやっぱり抵抗があると思います。   だから言葉で伝えてみてください。 「ゴメンね、体調が悪い時は痛い時があるの」ってことを。   夫婦関係は修行、この修行には終わりがありません。いい時もあれば悪い時もあってもう大変です。 僕も「ゴジラとガメラ」のような喧嘩を沢山したので、、、   ありきたりかもしれませんが、素直になって気持ちを伝えることが一番だと思います。 出逢ったときのように、恋をした時のように伝えてみてはどうでしょうか?     アドバイスとしては・・・ あまり考え込まずに、楽しめる気持ちをもっていただけたら!と思います。   授乳中は旦那が敵に見える!それは女性が幼子を守る本能だと思います。   「今日、ドラッグストアで潤滑ゼリーを貰ったの!」と言って、堂々と使ってみるのもいいと思います。「せっかくなら、使ってみない?楽しそうよ!」と。   買ったとは言えなくても、「友達にもらったんだ!」でもいいじゃないですか。子育てと家事とご主人。両立は大変かもしれませんが、家庭にユーモアを取り入れる努力をしてみて欲しいと思います。   そして、大切なことは会話をすること。 本当の気持ちを伝えてみること。 お互いの気持ちのズレを伝え合ってみること。   好きで夫婦になった二人ですから、きっと良い方向へと向かいます。   幸せなラブタイムを過ごせますように。ジョン&マリーはいつまでも応援しています。     最後に! 男は何歳になっても子供です。甘えん坊なのです! 偉そうに「俺が働いて家族を養っているんだ!」なんて言っていますが、本当は男は怖いんです。   怖いから、吠えるんですね!(笑) それが男というものですから、だから安心して下さい。   真面目に考えすぎないように! ワクワクして、楽しいことをいつもイメージしてください。 だって、僕らは楽しむために産まれてきたのだから! もっとワクワクして、楽しんで欲しいと願います!

>記事を読む

お悩み相談室

ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。
ラブローション/潤滑ゼリー
貴方は気を失うほどのセックスをした事がありますか?
ラブローション/潤滑ゼリー
間違いだらけのデリケートゾーンの洗い方!
ラブローション/潤滑ゼリー
性交痛や濡れにくくセックスを楽しめていない貴方へ。



ページトップへ