デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

セックスの不満を、彼に上手に伝える方法!|無添加ラブローション

セックスの不満を、彼に上手に伝える方法!

 

オーガニック・ラブローション社長のブログへ、ようこそ!

 

セックスの不満を上手く伝えられない女性から、「どうすれば、傷つけずに伝えればいいのでしょうか?」という質問です!

 

 

愛するパートナーとのセックスを楽しむために

本当は不満があるけれど、彼との関係を壊したくないから自分が我慢すればいい……。そうやって、つい感じているフリをしたり、痛みに耐えたりしていませんか?

 

セックスは、カップルにとってもっとも大切な時間であり、お互いに深い満足感を得て、初めてコミュニケーションとして成り立つもの。

 

今、あなたの心には「もっと、こんなふうに触って欲しい」「こんな言葉をかけてほしい」「絶頂に達してみたい」という、秘めた欲望があるはずです。

 

男性の性質や気持ちを理解した上で、あなたが抱える不満や欲求を、どのようにパートナーへ伝えたらよいかを一緒に考えていきましょう。

 

|本心を伝えられないセックスは、本物の関係ではない!

 

パートナーの前戯や、体位などに不満を抱いている女性は多いものです。

 

あなたのパートナーを含むほとんどの男性は、自分の指や舌、ペニスで、相手に気持ちよくなってもらいたいと思っているのです。

 

でも男は、女性が見せる「反応」でしか、快感度を推測する方法はありません。

 

ですから、あなたのパートナーも、あなたがたとえ演技をしていたとしても表面上、感じている様子を見せてくれていたら、「きっと満足してくれているんだろう」と判断して、これからも同じやり方を続けると思います。

 

貴女がイッタふりをすれば、「俺は上手いんだ!」と勘違いしてしまうのも男です。

 

セックスに自信のある男は少ない、自信のあるフリをしているだけ。自信のない男ほど「どうだ、いいだろう!」と自分の良さを押し付ける。

 

セックスにおいて男は、察するのが苦手な生き物です、だからこそ男たちは「相手が感じているのかどうか、自分ではわからない!」「ちゃんと伝えて欲しい」と内心思っているのです。

 

ほとんどの男性は、愛する女性の身体を優しく大事に扱って、オーガズムに導きたいと思っている。だから我慢しないで、思い切ってパートナーにも「本心」を伝えることをおススメします。

 

本心を伝えられないセックスは本物の関係ではない!

 

 

|男の気持ちとは?

男はセックスの最中「メスを妊娠させたい」という生殖本能に支配され、「射精」というゴールに向けて神経を集中させているため、女性が本当に感じているのか、それとも演技しているのか、どうしても考える余裕がなくなってしまいがちになります。

 

興奮にまかせて、つい強く触りすぎてしまったり、女性の反応に注意を払えず、痛い思いをさせてしまったりすることがあります。

 

だから、射精を終えて冷静な気持ちになった時に、「気持ちよかったかな? 満足してくれたのかな?」と不安を抱くこともある。それが男です。

 

そして、セックスに集中できない時もある。

男の脳みそは、仕事が第一優先なので、仕事が順調でない時は、恋愛にもセックスにも身が入らない!

 

仕事よりも私が大切じゃないの!というのは女性の本音ですが、それを言われると、男は引いてしまうものです。

 

二人の関係が壊れない為にも、男と女の考え方の違いを知っておくことで、無駄なケンカも無くなります。

 

 

|セックスの不満を、伝えるにはどうしたらいい?

 

あなたが抱えているセックスの不満を、パートナーに「ずっと痛いと、思っていた」「正直あまり、気持ちよくない」など伝えてしまったら、相手は「俺のセックスを、否定された」「彼女は演技をして、俺に嘘をついていたんだ!」と、あなたへ不信感を募らせ、2人の信頼関係や今後のセックスライフに悪影響を与えてしまいます。

 

男はプライドが高く、そして女性以上にナイーブですから、自尊心を傷つけないように「伝え方」には注意しなければなりません。

 

 

そんなナイーブな男達に、セックスの不満や要求を彼に受け入れてもらうための「上手な伝え方」とは?

 

①「これが気持ちいい!」と、素直に伝えてみる。

「OOされた方が、うれしい!」「ここが気持ちいい!」というふうに、具体的にアナタの気持ちいいところを伝えてみてください。

 

そうすれば、彼(夫)もすんなりと、あなたを受け入れ、ぐっと二人の関係も深くなれるはずです。

 

 

②女性側から提案する

セックスの内容に物足りなさを覚えているときは、自分から「◯◯してみない?」と提案するのもいいと思います。

 

例えば、いつも自宅でのセックスだったら、行きたいホテルを自分で調べて、「ここに行ってみたい」とお願いしたり、あなたが好きな内容のアダルトDVDを一緒に見ながら「こんなセックスをしてみない?」と、自分から誘ってみたりするのです。

 

彼は、愛しいあなたからのお誘いだったら、快く受け入れてくれるはず。好きな女性がエロくなるのは男にとって嬉しいものですよ!

 

 

③セックスの最中に、自分から誘導する

自分の不満感を言葉で伝えるのに抵抗があるならば、セックスの最中に彼任せにするのではなく、女性の方から変化を作ってみること。

 

触って欲しいところに彼の指を誘導して、「ここを触って欲しい、舐めて欲しい」「もっと優しくしてて」と、色っぽくお願いしてみる。

 

挿入の最中も、騎乗位など自分がリードできる体位を取って、彼のテクニックに頼らず、あなたの力で、本当に満足できるセックスをしてみる。

 

彼も、あなたの積極的な変化を喜んでくれて、彼の方からも「今日は、こうしてみようか?」と工夫や提案をしてくれればOK!

 

 

④セックスは重要なコミュニケーション

二人にとって、セックスは重要なコミュニケーションのひとつ。協力し合い、より快感を高め合うことは何よりも大切な行為です。

 

セックスで不満やストレスを感じてしまうのは悲しいこと。遠慮しなで、自分の気持ちを伝えることです。

 

もし彼に不安や悩みがあるのなら、いいセックスはできない。セックスはコミニュケーションです。いつもと様子が違うのなら、彼の悩みを聞いてみてください。パートナーとの愛の絆はいっそう深まっていきますよ!

 

 

女性は「昼間はオードリー・ヘップバーンのように清楚に、ベッドの上ではマリリン・モンローのようにエロチックに」それが世界共通の男の願いなのです。

 

お互いのセックスの不満を言えた時、男女の関係はグッと深まります。セックスが上手くいけば幸せに一歩近づけます。ぜひいい関係を築いてください。

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ