デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

愛とセックスの基本は女性を大切にすること!|無添加ラブローション

男は、女性の為に頑張りたい。

好きな女性に喜んでもらいたいから、夢を追いかけ結果を出したい。

男とは、そんなことを思い描いているものなのです。

誰かのために…..。

 

 

ローマ皇帝カエサルもナポレオンも豊臣秀吉も皆、女性のために戦い勝利しています。

ジョンレノンやピカソ、作家の谷崎潤一郎などの音楽家や芸術家、小説家も女性から大きな影響を受けています。

 

 

ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!

 

男は好きな女性の為に成功したいと考えています。

愛する女性のために男は変われるものなのです。それほどまでに女性は、男にとって大きな存在なんです。

 

好きな女性に見ていて欲しい。

 

先日も、お笑い芸能人の美人の奥様がテレビ出演されていました。

 

金なし、人気なし、芸無しの3流芸人。

 

彼も男として奥さんの為に頑張って、国籍を変えマラソンでリオオリンピックに出場され見事完走されたそうです。

その光景を見ていると、やはり男とは女性のために頑張れるんだなあと思いました。

その美人の奥さんの旦那を愛する気持ちが伝わり、その芸人が何だかとてもカッコよく見えました。

 

「女性から愛されている男」

 

この放送後、彼は高感度が上がって人気がでると思います、愛する女性がいるから苦しいことでも頑張れる。

落ち込んでも、また這い上がれる。

 

結局、男は女性の手の上で育てられ、成長していく生き物だと痛感します。

男の成功の陰には必ず、支えてくれる女性がいる。

男は女性なしでは、生きていけない生き物なのです。

 

 

私たちジョン&マリーは、ラブローションやデリケートゾーンケアなどのセクシャルコスメの開発をしています。日本ではとても珍しいオーガニック95%以上に、トコトンこだわった女性の肌に優しいセクシャルコスメです。

 

ヨーロッパではラブローションは男性が女性のために準備するものですが、日本では女性が用意するものと言う認識があるようです。

 

セックスにおいても男性がリードして、女性が受け身。痛くても気持ちよくなくても、セックスが下手な男性でも、女性は我慢して彼が終わるまで待つ。それがセックスだと誤解している女性も沢山います。

 

 

 

|セックスのテクニックの基本とは?

男性は女性の愛し方を学び、セックスのテクニックを磨くことが、とても大切だと痛感します。

 

愛し方とか、セックスのテクニックとかいうと、大変そうに思われるかもしれませんがそうではありません。

セックス嫌いな男性なら仕方ありませんが、そんな男性はいないと思います。

 

好きな事なら打ち込める。サッカーでも野球でも、毎日練習して上手くなのですから、セックスもそれと同じように日々練習して、上手くなって欲しいと願います。

 

セックスのテクニックとは女性を大切に、この世で一番尊いものとして触れる事それがセックスのテクニックの基本だと思っています。

 

男性はそどうしても力が強くなってしまいます。その力を弱めて優しく触れることです。口からでる言葉も優しくささやく。なれないうちは失敗ばかりかもしれませんが、そのうちに上手くなっていくと思います。

 

 

日本には世界に誇れる「まぐ愛」という平安時代から伝わる素晴らしい性文化がありました。残念ながら今の日本には残っていませんが、その遺伝子は今の日本人の中にもあるので、女性をいたわり、美しく性愛する素晴らしさを思い出してほしいと思います。

 

 

 

|愛し合うセックス。求めあうセックス。

愛し合うセックスは、時間をかけてゆっくりと優しく愛撫し、女性とともに深く気持ちいい世界へと入っていくようなイメージがあります。

 

求めあうセックスには、本能的で野性的なものを感じます。

燃え上がった二人が、部屋に入った瞬間にディープなキスをして、むさぼりあうようにカラダを交わす。

本能や感情をむき出しのままに相手を求める。そんなセックスもあります。

 

時には本能のまま、熱く燃えるようなセックスもいいものです。

 

 

セックスにも、カジュアルなものから、時にはフルコースのようなセックスがあってもいいと思います。

時間をたっぷりとかけて、前菜から一つ一つ楽しむ豪華なフルコースセックスも月に数回はあってもいい。

でも、時間のない二人には、ライト感覚で楽しむ「カジュアルセックス」もいいものです。

 

フルコースとカジュアルを組み合わせて、二人で楽しんでください。

 

 

しかし、男性だけが射精して終わるセックス、女性がポツンと取り残されたようなセックスだけは、気つけてほしい。女性にとって苦痛でしかないものです。

 

 

女性を悲しませるセックスを続ければ、男性のあなた自身も最後は悲しむ結果になりますので、くれぐれも思いやりのあるセックスを心がけてラブタイムを楽しんでください。

 

 

|セックスのテクニックを磨く!

お花もお茶の作法も初級・中級・上級があるようにセックスにもあります。入門偏から始まり、段階を経て上の階級へと成長していきたいものです。

 

セックスのテクニックを磨くことは、男女の関係において大切なことなのです。

 

下手なまま、痛い思いをさせていることに気が付かない。

一度も感じないまま人生を終わる? これこそ悲劇です!

 

そんな悲しい結果を避けるためにも、男性も女性もセックスの知識を高めて、もっと素直に感じ合ってください。

 

 

セックスのテクニックを磨くこととは?

①女性を世界で一番大切にすること、触れること

②言葉にだして、コミケーションをすること(どこが気持ちいのか、どうして欲しいのか)

③言葉で女性を傷つけないこと

 

この3つが基本!

 

セックスの感動は、神様がくれた最高のプレゼントなのです。セックス以上の喜びはありません。

その結果として、子供を授かり、さらに喜びがあふれるのです。

 

愛を育むために、子を授かるために、エクスタシーを知るために、人は誰かと出逢い恋をして愛し合うのです。

 

 

いつどこで誰と出逢うのか? そして、なぜ恋に堕ちるのか?

男と女の関係は誰にもわかりません。

 

どんなときも自分を信じて、本能が命じるままに生きることが大切だと思います。

 

★もっと、チャレンジしておけばよかった!

★もっと、愛しあっていれば良かった!

 

この二つは、世界中のほとんどの人が死ぬ間際に思うことだそうです。人生を後悔する前に、もっとチャレンジして愛し合ってください。

 

愛こそ、人生で最も尊いものなのです。

 

 

|女は、もっと素直に感じてイイ!

私たちは小さい時から、色々な殻を覆って生きています。大人になって、振り返ってみると随分と色々なものをしょっていると感じるものです。

 

「随分と重い荷物をしょってしまった」と、思うことがあります。

 

生まれた時は、何もなく生まれてきたのに、いつの間にか「こうでなければならない」「長女だから」「女だから」「妻だから」「男だから」という多くの重荷を抱えてしまって、その重さに泣きそうなときもあります。

 

その大きな荷物を一つ一つ降ろしていく、一つ軽くなると少しだけ素直になれる。そうするとキラキラと周りが輝きだす。どんどん思い荷物を降ろしていくと、少しづつ見えてくる本当の自分。

 

でも、背負った荷物を降ろすことはとても勇気のいることです。本当の自分を見たい、でも本当の自分がどんなものなのかを見るのが怖い。

 

素直になることが、いつのまにか怖くなっている人もいます。

裸になることが怖い、そんな時もあります。

愛しあうことに、素直になれない人もいます。

 

 

ジョン&マリーは、潤滑ゼリーやラブローションを通して女性が女性らしく、安心して輝けるための提案しています。

 

あるがままの自分になる、本当の私に出逢う。

自分を愛すること!

 

素直になれば、今まで見ていた景色が、まるで違う景色に変わることがあります。

素直になれば、昨日言えなかった「ごめんなさい」と「ありがとう」が言えるようになります。

素直になれば、好きな人に愛を伝えることができるます。

素直になれば、本当の自分を思い出すことができます。

 

愛し方とは技術的な事ではなく、心のありようです。

 

素直になること、自分らしくあること。これこそがジョン&マリーの願いなのです!

 

 

男と女の悩みは

愛の悩み、セックスの悩み、妊活の悩み。幸せなパートナーシップの悩みは、この3つです。これにお金と健康の悩みが加わって、人生というイベントになります。(笑)

 

妊活とセックスは同じ行為。ただ目的と悩みの種類が違うだけです!

 

私たちジョン&マリーは「愛とセックスと妊活に関する男と女の幸せ」をテーマに、女性の心がキュンと軽くなって、パートナーと幸せな日々が送られることを願って、これからも頑張って伝えていきたいと思います。

 


 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ