デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

本物の恋とは、感情が理性を超える時!|愛し愛されるセクシャルコスメ

実話をもとにした映画のワンシーンで、ガンで余命半年の主人公がもし浮気をするなら、妻としたい」というセリフがでてきます。

 

もし、自分の命があと半年だったら、どうするだろうか?

大切な人と、どう過ごすだろうか?

残った家族の未来に、何を残せるのだろうか?

 

 

ようこそ、ジョン&マリーセクシャルコスメ社長ジョン・サンデーのブログへ!

 

頑固者の父が、母に伝えた最後の言葉は

「幸せに出来なくて、ごめんな」

「お前と出逢えて、幸せだったよ」

と言ってこの世を去りました。

 

出来れば、もっともっと幸せにしてあげたかった。それが父の本音だったと思います。

 

心の奥底で思っているけど恥ずかしくて、妻に甘い言葉も優しい言葉もかけたことがない男、そんなシャイで武骨な硬派な男たちの生き方もあると思います。

 

でも、どんな男も最後に伝えたい妻への気持ちは「感謝」しかないんだと思いました。

 

「もう、苦労ばかりかけて…..」

と母の言葉を聞きながら、笑顔で目を閉じた父の顔は今でも覚えています。

 

誰だって大切な人を幸せにしたい、苦労なんてさせたくない。男はみんなそう考えているのだと思います。

 

 

長い人生の中で本音で語り本気で愛し合う。そんな人と出逢える。

それが、幸せな人生だと感じます。

 

 

今日は、先日出逢った年の離れたご夫婦をご紹介したい思います。

 

妻37才、旦那75才。年齢差38才

 

結婚6年目、子供一人。

幸せに満ちあふれているご夫婦。

これほど幸せな女性の笑顔を、僕は見たことがありません。

話を聞いているだけで、幸せな気分になります。

 

愛することに年齢は関係ない!と小説の世界では何とでも言えますが、現実的にはどうなのか?

 

その辺のところを奥さんにお聞きしてみると?

「もう、勇気いりました~!」と大笑いする横顔には、女として満ち足りた人生を生きているように思いました。

 

未来に対して不安もあるかも知れないけど、でもあるのは「今ココ」を生きていくパワーと未来の不安を吹き飛ばす笑顔。そんな感じの印象を受けました。

 

軽やかで、素直で、大地に根をおろして生きている。

そして、超美人!

 

 

二人のことを少しだけ説明すると、旦那さんのお仕事はお茶の栽培と加工。

結婚後すぐ震災で工場から家からすべて失い、大きなマイナスからの再スタート。

多額の借金をして工場を再建して、ようやくお店をオープン。お茶は無農薬・無化学肥料。

 

もう、大変なんです~と言いながら、未来にあるのは夢と希望。

 

大きなものを背負いながら、こんなに笑顔で元気で美しく生きている女性。

 

こんなに女性を幸せにしている75歳の男の魅力とは?

38歳も年が離れた都会っ子の女性が、この人と結ばれてもいいと決断できた男の魅力とは何だったのか?

とても興味がわいてきて、その魅力の正体を知りたいと思いました。

 

 

愛の形は人それぞれですが、こんな愛の形もあるんだ!

出来ればこんな男になりたいものだと思います。

 

女性の立場からすれば、不安や世間の目も、親の反対もあったと思います。

 

九州の田舎にある小さなお茶の栽培と加工の仕事、彼女も栽培と採取、加工から商品企画・営業とすべてをこなしているようです。子育てと仕事の両方をこなしながらイキイキと日々を生きている。

 

女としての美しさも忘れてはいない。

 

元々、都会で美に関する仕事をしていたそうですが、現在はお日様の下で草むしりにお茶の採取、でもお肌は透明感のあるツルツルの白肌。

 

こんな女性なら、どんな男でも惚れるよなぁ~と思いました。(笑)

75才の老年男が惚れたのも、わかる気がしました。

 

彼だって常識的な人、葛藤もあったと思いますが、感情が理性を超えたのだと思いました。

 

「感情が理性を超える」それが、本物の恋だと思う。

そうでなければ、お互い惹かれない。

 

頭で考えて人を好きになる?

そんな恋愛をしている人もいますが、果たしてそれが本当の恋愛だと言えるのでしょうか?

 

恋愛はハートでしたい。

恋はゲームじゃなく、生きてる証だと思います。

心で感じて、ありのままに人を好きになって愛を知る。

 

そう感じました。

 

歳の離れた二人も結婚を決心するまでに、3年ほどの期間があったようです。

その間には迷ったり、悩んだり、喜んだり、悲しんだり。互いの心の整理をするには、そんな時間が必要だったと思います。

 

そして、感情が理性を超える瞬間が訪れた

 

この人と一緒に生きたいと。

 

 

この二人のように、自分の心に正直に生きることは、とても勇気のいることだと思います。

自分の感情を隠して生きた方が楽な時もありますが、恋の喜びだけは心に素直に生きたその先に味わえるものだと思います。

 

 

人生は一度しかない!

「生まれ変わったら、また会いましょう」と言われても!

「前世でもお前、同じこと言って俺をフッたよな!」(笑)

 

そんな冗談でも言いながら、恋を来世までも持ち越さないで、ぜひ今世で楽しんでください!(笑)

 

 

|人の数だけ愛し方がある

桜のように、パッと咲いてバッと散るたった2週間だけの恋愛もある。

二人の先が見えないモヤモヤの恋もあるけれど、桜の花のように咲いて終わる恋もいいものです。

 

人の数だけ、愛し方がある。

一人の人を一生大切にする愛し方もある

恋多き人もいる。

 

 

ヨガにいったジョンマリのスタッフが!

「ヨガに行ったらですね!ジョンマリを知っている方がいて、もうビックリです!」

「社長のファンなんだって、毎日ブログを読んでいるってですよ!」

「ラブローションも買ったことがあって、使っているんですって!」

「敏感肌なので怖かったけど、イイ感じだそうです」

「旦那さんも気にいってて、楽しんでいるそうですよ!」

「おまけに、とっても美人でしたよ!」

 

え、ホント?

嬉しいね!

 

俺のつたないブログを、読んでくれている人がいるんだ!

 

ジョンマリさんのおかげで結婚できました!

旦那と愛し合いました!

子供が出来ました!

彼氏が出来ました!

病院に行かなくてよくなりました!

 

人に喜んでもらえたり、誰かの役に立っているって、やっぱり嬉しい。

時々めげることもありますが、こんなことを言われると本当に嬉しい!それが人の気持ちですね。

 

 

僕は20代の頃、2週間だけの恋をしたことがあります。

親の反対もあって2週間の恋はあっという間に終わりました。それから4年後に、離婚した妻と出会って20年過ごしました。

 

(*少しだけ詳しく説明すると、その2週間だけの恋の女性とは、2年ほど挨拶だけの日々。 僕が担当するスポーツクラブのメンバーで週3回は必ず来るお客様。 

 

そんなある日、ちょっとしたきっかけで話が弾み2週間後にデートをすることに。でもデートの当日に彼女の親の反対でデートはダメになりました。でもその2週間は夢のような気分でワクワクして楽しかった)

 

(実は彼女も、僕に会うのが楽しみで来ていた。僕も彼女が来るのが楽しみだった。お互い惹かれあっていたんですね!)

 

たった2週間の恋もある、20年の恋もある。

叶わぬ恋もある、偶然の出会いと必然の別れもある。

 

人生とは不思議だと思います。

 

「男と女は何のために、この世で出会うのか?」

 

男と女は、悪口を言い合うために、出会ったわけではないのに、ケンカするために、結婚したわけでもないのに。

セックスをするだけ? それだけでは味気ない。

 

男と女は、

「二人で美しいものを見たり、聞いたり、感動を分かち合うために」人は出逢い恋に堕ちる。そう思います。

 

 

愛の形は千差万別、人の数だけ愛の形があります。

人生も仕事も小さな愛の積み重ね、せっかく積み重ねてきたのに、ある日突然、壊れてしまうこともあります。

 

そんな苦い経験を重ねて人は優しくなって、人の気持ちがわかるようになっていくんですね。(辛いけれど!)

 

 

そして、
振り返って思うことは、

小さなプライドを捨てて自分をさらけ出して、枠にとらわれずに自分の個性を出してトコトン生きる。

 

人の意見なんか気にしないで、自分の目指した道を進んでいく。

仕事も恋も本気で打ち込み、誰かを好きになる。

 

好きな人がいるのなら、勇気を出して声をかけてみる。

失敗(失恋)したらまた立ち上がればいい。

 

好きな人の心をつかむことは、たやすいことではありませんが自信をもって前に進んでいって欲しいと思います。

 

自分らしくあること、これが私なの!と言える恋がいい。でも、そんなに人は強くはない!

 

落ち込んだら、誰だって愛のエネルギーがほし~い!

愛のエネルギーでまた頑張れる!

そんな人と出逢えることが幸せだと思います。

 

 

|愛することに国籍も年齢も関係ない

その人が好きだから好き。好きになった人の年が離れていたというだけ!

 

ジョン&マリーと言う仕事を通して、多くの男女の恋物語と触れ合う機会があります。

恋の悩みに効く特効薬はありませんが、ただ言えることは心に素直に人を愛することは素晴らしい。ということ。

 

人を好きになると、失う怖さで心が不安になったりしますが、そんな不安も跳ね飛ばして「私は最高にいい女」だと思って恋をする!

 

ワタシを好きじゃない!

あ~、きっと恥ずかしいのね!

それくらい私のことが好きなのね!

いいわ、私も好きになってあげる!

 

時には、これくらいの強気でいってみる!

 

今日は、結婚6年目。

妻37才、旦那75才の二人にお逢いして、思ったことを書いてみました。

 

最後にココだけの話ですが、僕も27歳離れた女性と恋をしたことがあります。だから、言えることがある。

 

年の差なんて気にすることはない!

外見や容姿も気にすることなんかない!

太っていようが痩せていようが、気にすることはない!

学歴も仕事も気にすることはない!

バツイチでも、子持ちでも、ぜんぜん大丈夫!

 

バツイチでももう一度、運命の人を見つけて人生を楽しもう!

 

愛しあって、愛しあってトコトン愛しあう!

それが人生!

 

運命の人と出逢ったら、ジョンマリのセクシャルコスメで、熱く熱く燃えてください!

人生は一度きり、愛し愛されて、熱く燃えてとろけ合いましょう!

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ