デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

彼がセックスの達人なら、ラブローションはいらない!|愛のセクシャルコスメ

痛いセックスはもう嫌!

気持ちいいセックスがしたい!

これが女性の心の声。

 

初体験の女性の99.9%が痛い思いをした、セックスって本当に気持ちいいモノなの?と思っているのです。

 

 

ラブローション&デリケートゾーンコスメの専門ブランド「ジョン&マリー社長のブログへ」ようこそ!

 

 

初体験は女性にとって、苦痛でしかありません。

セックスの経験の浅い男性から、無理に腰を動かされ痛いのを我慢して耐えている。

「彼に悪いから」

 

それが続くと、セックスが怖くなる!

性交痛は、男性が考えている以上に痛いのです。

 

バージンの方や、やっとできた彼女と初めてホテルに行くときは、必ずコンドームと潤滑ゼリー(ラブローション)を男性は用意することがセックスのマナーなのです。

 

経験豊富な女性でも、ストレスやホルモンバランスの変化、セックスが下手な男性とするときは、痛くなったりします。

 

あなたがセックスの達人なら、ラブローションは必要ありませんが、そうでないのなら潤滑ゼリーやラブローションを用意する。あれば女性の痛みは10分の1に減り、苦痛に満ちた顔が和らぎます。

 

 

今日は、痛くな~い!

セックスが気持ちいいと、女性の心は晴れ晴れとします。

女としての自信も芽生えてきます!

 

でも、今日も痛いのかな?どうしよう?

ドキドキと緊張して益々痛くなる!

 

 

そんなセックスでは、女性はいつまでも痛いまま、セックスって本当に気持ちいいの?

その結果、彼に会うことを避けたり、気持ちいいセックスを知らないままセックスレスになることもあります。

 

 

好きだけど、嫌。そうならない為にも、セックスのテクニックを磨いておくことはとても大切な事なのです。そして、コンドームとラブローションは必ずセットで準備して彼女を安心させてあげてください。それだけでも女性はリラックスできて「今日は痛くないかも!」と思うのです。

 

 

ボディと膣に十分な愛撫をして女性がリラックスしたら、ラブローションをたっぷりとデリケートゾーンに塗ってあげてください。挿入するときは、ゆっくりと少しづつ挿入することです。決して一気に挿入しないことです!

 

乱暴にしないで、ゆっくり、ゆっくりと。

愛撫は、出来れば1時間はしてあげてください。

 

*愛撫のコツは、しゃぼん玉を触れるように女性のカラダとクリトリスに触れることです。

 

 

少しづつ挿入しながら、彼女の顔を見て「痛くない?」と、何度か聞いてあげてください。

痛いようなら、それ以上挿入をしないこと、動かさないこと!

じっと、そのままの状態で膣があなたのペニスに慣れるまで待ってあげてください。

それでも、痛いようならその日は挿入をしないで、クンニやフェラチオでお互いで楽しむこと。

 

 

男の気持ちとしては、挿入して射精したいと思うのが当然ですが、女性のための気持ちいいセックスを目指している男性なら、ゆとりをもって「また、今度にしよう! 今日はクンニで気持ちよくしてあげるね」と言えばいいのです。

 

女性の気持ちを察してあげてください。

真面目な女性ほど「痛い私が悪いの。ゴメンなさい」と思ってしまいます。

そんな女性の気持ちを理解して、男性から言ってあげてください。

「ゴメンね! 僕がセックスの達人なら痛くないのに!」と言えば、女性の気持ちは笑顔になります。

 

 

大切な事は、セックスで悩まないように接してあげることなのです。

誰だって自信はありません。

セックスに自信のある女性なんていません。

セックスで、女性の自信を奪わないようにしてあげてください。

 

 

そのうち、

セックスってこんなにいいものなんだ~!気持ちいい~~って思わせてあげてください。

別れた後でも、あの時の彼とのセックスは最高だった、と思われるようなセックスをお願いします。

 

くれぐれも、下手な男だったなんて言われないように!(笑)

 

 

|セックスの3つの好み、あなたのタイプは?

気持ちいいセックスにおいて、自分がどんなタイプなのか知ることは、とても大切なことなのです。

セックスのタイプには大きく分けて3つのタイプに分かれます。

 

①時間が短いセックスが好き

②時間が長いセックスが好き

③一晩に何度もするセックスが好き

 

女性にも男性にも、色々なタイプの方がいます。

 

★短いセックスが好きな方は、長い愛撫が好きではないので、できれば早く入れたい、入れてほしいと思っているかもしれません。

★長いセックスが好きな人は、愛撫に十分な時間をかけて、ゆっくりと触れてほしいと願っているかもしれません。

★一晩に何度もセックスするのが好きな方は、②に近い方で快感が長く続く人なのかもしれません。

 

あなたは、どのタイプでしょうか?

 

お互いのセックスのタイプを知ることは、とても大切な事です。

 

ただ相手によって、自分のタイプが変わることもあります。

 

テクニックが上手い男性から究極の愛撫をしてもらえば、短いセックスが好きだった人も、長いセックスが好きになることもあります。一晩に何度もイクのが好きだった人が、一度のセックスで満たされ満足するということもあります。

 

セックスは不思議です。

 

愛とテクニックの両方が必要ですが、愛だけでは、体は満たされません。セックスのテクニックがあれば気持ちいいセックスはできますが、それでは味気ない。

 

愛とテクニックの二つがそろえば、これほど素敵なものはありません。

 

気持ちいいセックスは、女性にとって最高の美容液と同じなのです。

男性は、愛し方を知りセックスのテクニックを磨き、女性をいつまでも美しく潤す最高の美容液になってあげてください。

 

”私の彼は最高の美容液!ウフフ”

|男と女の5つの相性

男女の間には性格の相性、趣味の相性、食の相性、お金の相性、そしてセックスの相性5つがあります。5つの相性のバランスがいいと幸せになれることは間違いありませんが、そうならないのが人生。

 

経験から言うと、性格の相性は思いやりで補えますが、セックスの相性だけはどうにもならない!

 

何度もしたい女性と、淡白な男性であれば、どんなに好きな相手でも、いつしか彼に対して不満がたまるものです。あるいは自分は淫乱なのではないかと、悩んだりすることもあるかもしれません。

 

逆に長いセックスが苦手という女性は、長いセックスが好きな男性には苦痛を感じるかもしれません。短いのが好きな女性は一緒に話をしたり、イチャイチャするのが好きなので、セックスが好きな男性には不向きとなります。

 

あくまでも、セックスの相性とは右利きと左利きのようなもの。単なる「タイプ」なので、どちらがいいとか悪いとか言うものではありません。

 

相性が悪いとどちらか一方が傷ついたり、セックスの相性が合わないから別れてしまうこともあります。

 

また、相手が変われば、上手くいくこともあります。

 

相性がいいのは!

 

★短いセックスが好きな女性と早漏の男性

★長いセックスが好きな女性とテクニックでイカせる長い愛撫が好きな男性

★何度でもセックスがしたい女性なら、体育会系のエネルギッシュな男性が合います。

 

愛があっても、セックスの相性が合わないと苦しくなります。そんな時は、セックスのテクニックを磨き、相性をカバーしてください!

 

セックスの相性は、結婚生活において大切な要素なのです。できれば、相性のいい方と結ばれるのがいいのですが、今の時代ならフランスのように、セックスの相性を確かめてから、結婚を考えてみる!それでもいいと思います。

 

 

│セックスはお互いを認め合う行為

セックスはお互いを認めあう行為です。

丸裸で向き合うわけですから、自分も相手も否定しないことが何よりも大切なのです。

 

セックスの達人なら、どんな相手でも満足させることはできますが、我々のような普通の男性ならそうはいきません。

 

好きなのに、少し違うかなと感じたら早めに言葉で伝え合いましょう。

セックスにおいては「まぁ、いいか!」はそのままにしていると、後々不満が溜まってきます。

 

早めに気持ちいいセックスの感覚を確認しあって、お互いのセックスの好みを知ることが、いつまでも愛しあえる秘訣だと、セックスの達人は言っていました。

 

 

|エクスタシーを感じたことはありますか?

 

男は女性に、満足してほしいと思っています。

男は女性に、感じてほしいと思っています。

男は女性が、イッタかどうかが気になります。

 

これが男です。

 

イカせたい!

射精したい!

俺のものにしたい!
これらは男の本能ですが、男性主体のセックスから、女性主体のセックスにシフトしてほしい。

イカせるセックス、射精するセックスから、女性を満足させるセックスにステップアップしてほしいのです。

 

 

射精したい、イカせたい人は、今度は女性が満足するセックスを目指してください。それは男性として一人前になった証です。

 

 

|最高のセックスとエロス!

 

エロスとは、辞書を引けば「性欲、性愛、男女間の愛」と書いています。

 

愛だけでは、二人の関係を続けることは難しい。

愛とセックスのテクニックの二つがそろって、男女の関係は成り立つんだよ。そうセックスの達人から教えて頂きました。

 

「世の中のほとんどの男性は、セックスのテクニックを無視して女性と性交をしています。女性にとってそれは、まずい料理を出されて、我慢して食べさせられていることと同じなのです」

 

「ド素人が作ったまずい料理で、美味しいだろ!と言われても無理な話なのです」

「俺の作った料理がマズイ? ふざけるな!お前のような素人に俺の料理がわかるか!」と、そんな男性がほとんどなのです。

 

「セックスもそれと同じで、技を磨いていない男性が、自分本位でするセックスほど苦痛でしかないのです。触られても気持ちよくない。男性が射精したら終わりのセックスは女性をバカにしたセックスなのです」

 

「愛がなくても、セックスで気持ちよくなれます。そこに愛や思いやりが加われば、それが最高のセックスになります」

 

「一夜限りの相手とでも、セックスを通して愛は伝えられます。心が通いあうことはできます」

 

「最高のセックスとは、お互いが一つになる感覚、それが最高に気持ちいいセックスなのです」

 

そんなことを、セックスの達人から教えて頂きました。

 

 

男女の「愛と性とテクニック」を研究していますが、まだまだ達人の領域には達していません。多くの女性にも協力してもらい、実践もしていますがまだまだ未熟です。

 

ようやく、女性の入り口の扉をひらいただけ。それくらいの位置にいるのだと感じています。

 

性交痛のための潤滑ゼリーやラブローションをつくり、現在は、ニオイや黒ずみ解消のためのデリケートゾーンケアのコスメも開発しています。

 

愛とセックスのテクニックの二つがそろえば、女性を幸せにできる!

そう信じて、これからも真摯に学んで皆様にお伝えしたいと思います。

 

ジョン&マリーは、男たちが女性を幸せにしたいと願い作ったオーガニックコスメの会社です。

女性が痛くないセックス、気持ちいいセックスを目指して、永遠に愛される女性であるために、必ず幸せを手にできるために。

 

僕たちは心をこめて、愛の本質を発信していきます。

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ