デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

結婚とセックステクニックとオーガズム!|無添加ラブローション

先日、若い二人が「結婚します」と、あいさつに来られました。

 

何かお祝いの言葉と思ったのですが、ふっと口から出た言葉が「結婚式の鐘の音は、これから始まる戦いの合図だから…..」と、言った後にしまったと思ったのですが、若い二人が「はい、それを承知で結婚します」ときっぱり。

 

そうか!

 

この修業は永くて、時には辛く悲しいこともあるけど、いいことも楽しいこともある男と女の修行。

 

このことは僕も結婚するときに、叔父から言われた言葉ですが、その時は僕に限ってそんなことはない!なんて知らんふりをしていたのですが、実際に結婚式のゴングの鐘がなると、やっぱり戦いの合図だったんだと思いました!(笑)

 

そして、最終ラウンドはストレートパンチを食らい、床に沈みノックアウト(離婚)

 

そんなことを思い出しました。(笑)

 

今では良い思い出ですが!

 

結婚は素敵な体験です、一度は経験した方がいい。

 

 

ジョン&マリー、ラブローション社長のブログに、ようこそ!

 

男女の出会いは不思議でいっぱい。

どうして、あの時あの場所で出会うのか? それは誰にもわからない。

 

恋をすると脳から好き好きホルモンがでて、どんな人でもカッコよく見える。

好き好きホルモンは、3年経つと出なくなるそうです。

3年たつと、目が覚める。

 

「私、どうして、この人と結婚したのだろう?」って思うそうです。

 

3年たって冷静になったときに、やっぱりこの人で良かったと思えるならいいけど、そうじゃない場合が問題、その時の心の準備ができてますか?(笑)

 

まったく違う価値感の二人が、出会って一緒に暮らす。上手くいかないのが当たり前なのです!

 

努力をしても、上手くいかない時もある、愛があっても上手くいかない時もある。

 

それが結婚というもの、複雑に考える必要はない!

 

無理に感情を押し殺し、つじつまを合わせようとしても苦しくなるだけです。

 

最初から、結婚式の鐘の音は、これから始まる戦いの合図!だと、知ってれば楽になれて、不必要な喧嘩はなくなります!

 

喧嘩の時もあれば、楽しい時もあるのが結婚生活。

ジョン&マリーのラブローション(潤滑ゼリー)は、そんな喧嘩の仲直りに使ってほしい。

 

ラブローションで、喧嘩した二人が楽しい関係に戻れる。

仲直りにラブローションを、ベッドの側にそっと置いておく!

 

「そうなんだ!私と仲直りをしたいのね、ウフフ~」

 

男は素直に謝れないから、「ごめん」の代わりにラブローション(潤滑ゼリー)を!

 

「今夜は、私を食べたいのね!」

夫婦の関係は、それでいいと思います。

 

喧嘩した後は、たとえ女性が悪くても男から謝るのが男と女のマナーです!

 

 

|セックスのテクニック 男には2種類のタイプがいる!

セックスは男女の心と体がつながるもの、男が射精するためのものではありません。

 

射精は、おまけのようなもの。

男は女性に奉仕するサーバントです。女性が満足して、そのお礼として男は射精できる。

 

女性の中には、自分が満足していないけど、男性をイカせてあげたいと考えている優しい女性もいます。そんな女性と出会ったなら、宝くじで一等があたったようなものです。

 

いつまでも、大切にしてください。

 

でも甘えてばかりでは、いつか離れていきますので、やっぱり女性の満足のためのセックスを心がけることが大切です。

 

そんな男には、セックスレスはない!

 

アダルトビデオは、たまに見るには楽しいのですが、でもやっぱり 売るために作られたもの、男性が興奮するために作られたものなので、よくよく観察してみると女優さんの顔がゆがんで、苦痛に耐えているように見えます。

 

ホントに気持ちいいの? 
ホントは痛いんじゃない?

 

気持ちいいなら、うっとりとした潤いに満ちた顔になると思いますが、そうではないのでやはり演技なのですね。(当たり前ですが!)

 

女性は激しいセックスよりも、優しく包み込むようなセックスの方が好きです。大切にされていると感じれるセックスがいいんですね。

 

 

男には2種類のタイプがいます。

自分だけが満足して終わるタイプと、女性を満足させることに喜びを感じるタイプ。

 

男は射精したいという欲望や女性のカラダに触れたいと思う欲望から卒業して、女性が満足するためのセックスを心がけることで運が開けてきます。

 

そのためのセックスのテクニックは、知っておいたほうがいい。

「俺は知っているからいいよ!」と言わずに、一度真剣に学んでいてほしいと願います。

 

僕の周りの男達も、最初はそう言っていましたが、男のプライドを捨てて学んだ後は「本物の自信がついた」「女性がイク姿を初めて見た」「男らしくなった、以前よりもモテるようになった」と感想を述べています。

 

”男は女性が満足するセックスをすると、人生にも仕事にも自信がつくんですね。そしてどんな女性と出会っても慌てることなく、優しく接することができるようになる” 

 

本物のテクニックは優しさからです!

 

優しさが伴わないテクニックを実践したところで、女性を奥深いオーガズム(天国)に導くことは不可能。セックスは、男と女が一つになるためのもの、つながるためのものです。二人の生命エネルギーを与えあい循環し、尊いエクスタシーに到達するものです。

 

エクスタシーには、射精は必要ありません。

 

挿入して、そのままじっとして感じあうだけでもいいのです。

 

 

|セックスで一番大切なことは?

女性の心のブロックを外してあげることです!

そのためには、優しい愛の言葉は大切です。

 

どんなに、セックスのテクニックを使っても、心のブロックが外れない限り満足は得られません。

 

それが女性です。

 

優しく優しく優しく、もっと優しく。

触れる感触に「痛くない?」「綺麗だね!」

 

女性は好きな男の言葉で、もっと美しくなれる!

 

 

心のブロックを外すために、指で行うアナルセックスがあります。アナルは女性にとって一番恥ずかしい場所、そこを愛撫し女性の感情をオープンにして心のブロックを外す方法もあります。

(*挿入は禁止です)

 

アナルセックスの恥ずかしさで心のブロックが外れ、オーガズムを初めて感じたという女性もいます。

 

ほとんどの女性の頭と心には、過去の嫌な体験や厳しいルールなどで、鉄のブロックがかかっているんですね。そんな女性達のブロックを取り払うことができるのが、愛のあるセックスだと思います。

 

愛でしか、女性の心を解放することはできません!

男はそんなセックスを、目指してほしいと願います。

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ