デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

女は女を、否定されたら生きていけない|ラブローション

自尊心は女性の中で最も大切なもの、守らなければならないもの。

なぜなら、他人からの評価で自信を失ったり、好きな男性からの失言で自信を無くしたりします。

 

自尊心は誰もが持っているもの。

「持っていない」という人でも、価値観を否定されるとムッとくるものです。

 

いままで自信を持っていた考えや、誇らしい自分が維持できなくなる。自尊心を傷つけられることは、精神的な危機を招くので、誰もが敏感に反応してしまうものです。

 

 

男は女性の自尊心に疎く、知らずに傷つけることがあります。

傷つけたつもりでなくても、傷つけてしまうこともあります。

 

「女ごころ」が分からない。

セックスが下手な男ほど、女ごころが分からない

 

言葉で傷つけたり、ユーモアのつもりでも、女性にすればブラックユーモアだったり。

 

セクハラで訴えられるような男は、こんな女心がわからない。

 

自尊心を傷つけていないか、今一度振り返ってみる。

もし傷つけれていれば、素直に「ごめん」と謝れば、大抵の女性は許してくれるはずです。

 

なぜなら女性の方が、男よりも心が広いから!

 

ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!

 

性的マイノリティの時代に、男と女とかで区別をされたくない。そう考える方も多いと思いますが、あえて男と女の違いを知って、人間関係を円滑にすることはとても大切だと感じます。

 

世界の半分は女性、嫌われるよりも好かれた方がいい。

モテないよりも、モテた方がいい。

男はもっと、女性の気持ちを理解して優しくしたほうがいい。

 

 

|女は「女」を、否定されたら生きていけない。

 

男と女の違いは何か?

 

男の自尊心は、仕事、地位、名誉、お金に向かいます。

自分に誇れるものがあれば男は元気ですが、誇れるものがないと、どこか自信が持てないものです。

 

 

女性の場合は男と違って、身体的な魅力によりどころを求めます。

 

男は外見的な「いい家に住んでる」「いい車に乗っている」「役職」「有名である」などの人に評価されることで満足しますが、女性は「年齢や若さ、容姿・スタイル、センス」といった女としての身体的な評価で満足します。

 

女性は若さや美しさを否定されると、男性以上に怒ったり落ち込んで自分の殻に閉じこもったりします。

 

だから、女性は褒められると嬉しい。

いつも褒めてほしい。

綺麗でいたいんです。

 

セックスにおいても女性は、カラダを褒められると嬉しい。

 

ですから、必ずセックスでは女性のカラダを隅から隅まで褒めること。それも具体的に褒めることが大切なのです。

 

「君のカラダは、キレイだね」「肌がしっとりとして、気持ちイイね」

褒めることで女としてのプライドが高まり、よりエクスタシーに到達しやすいものです。

 

目を見て、小さな声でゆっくりと褒めること。女性は、ゆっくりと会話されると大切にされていると感じます。

 

女性は目を合わせることで、男性の真意を知りたいと思ってます。だから、必ず目を見て「僕はアナタを大切にしているよ」と、伝えることで安心が芽生えます。

 

潤うセックス、感じるセックスはリラックスから!

安らがないセックスでは、女性を深いオーガズムに導くことはできません。

 

女性が、楽に生きられる環境であること。安らぎの中で心からセックスを、楽しむ事ができること。

何をしても自由であること。何をしても否定されないこと。

 

それが「女が女として生きられる」こと。

「女性の心の居場所」を作ること、「女性が安らぐこと」それが男の生きがいだと思います。

 

 

|女はいつまでも、美しくありたい生き物!

全ての女性は年齢に関係なく、いつまでも若く美しくありたいと願っています。

 

男はハゲてもシワが増えても肌が黒くても、それほど気にしませんが女性が違います。

 

女性は美しくなるために、生まれてきのです。

 

男はそのことを理解して接することです。

「君をきれいにするために、仕事を頑張る!」と、ウソでもいいから言ってほしい。

 

日本の男はもっと、もっと、女性を褒めること。

結婚した後も、妻を褒め続けること。

 

「毎日、毎日、言葉に出して言ってほしい」それが女心なのです。

 

妻をオバサンにするのか、可愛いい女のままでいられるのか?

それは、男次第。

セックスレスにならない為にも、日ごろから褒めてあげてください。

 

 

恥ずかしがらないで、褒めること。

 

褒めることは、相手の心を自由にすることです。

欠点を注意するよりも、いいところを見つけて褒める!

 

褒めた後は、美味しいものでも食べて愛しあう!

 

今日は、どんなプレイにする?

SMもいい、濃厚なフェラもいい。

 

二人で燃えるセクシーな夜を!

ベッドの横には、いつものジョンマリのラブローション(潤滑ゼリー)とプレイジェル!

 

女であることの楽しみと喜びを、味わせてあげてください。

「女に生まれて良かった」と言える人生。

「貴男と出会えてよかった」と言われるように。

 

女性を幸せにすることは、男の楽しみ。

女性を天国にイカせるのは、男は喜び。

 

そして、いつまでも可愛いままの女でいられることは、女性にとって最高のプレゼントです。

 

そんな男性とのセックスなら、女性も安心してエクスタシーを感じられます。

 

一家に一本!

ラブローションで夫婦円満

セックスレスにサヨナラ!

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ