デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

愛のないキスは、女をブスにする!|オーガニック潤滑ゼリー

この人なら!と、思ってエッチをしてみたら相性が悪い。体の相性が合わなかったということは、よくあることです。

 

例えば男は、初めてのキスは相手を知るために、舌を入れてみる。それに応えてくれる女性であれば性に関して積極的な女性だと判断します。この女性とは、次に進んでもいいという安心感につながります。

 

またキスをしても唇があかない女性、舌は交わすけれど全然動かさない女性は、セックスになれていない人だと判断します。

 

男はそんなことを、考えながらキスをするんですね!

 

 

ラブローション社長のブログへ、ようこそ!

 

 

|男の優しさは、最初のキスでわかる!

初めてのキスの時に、強引に口の奥に舌を入れて来るような男、女性の舌を噛んでくる男、激しくむさぼるようなキスをする男のセックスは独善的で単純です。

 

ただ、一方的に攻めるだけのキス。

 

彼らのセックスは射精すればおしまい。自分だけが満足する愛のないセックスです。

 

女性のことを考えないキス、ただ舌を入れて唇をこじ開けるようなキス。これはキスではなく、マスターベーションと同じ行為です。

 

愛のないキスは、あなたをブスにする!

 

もし?

貴女が男性とつきあおうか、迷ったら?

とりあえずキスをしてみることで、その男性のことは大体わかります。

 

不器用だけど、あなたを気づかうキスをしてくれる男性なら、セックスも一緒にいても貴女を大切に扱ってくれるはずです。

 

もし男性と出会ったときに「この人、いいな」と感じたら、セックスをする前に、どんなキスをするのか確かめてからでもおそくはない!

 

キスがダメなら、サヨナラする!

 

貴女を思いやるキスをする男性だったら、その先にすすんでみる。

つきあっても損をするだけの男なら、早い段階で見切りをつける。

 

いい男は、他にもいるから!

 

 

セックスに自信がない人の共通点、女性ならカラダが固くなり、男なら触れる指先が強すぎる!

なんとなく、ぎこちない。

 

経験の浅い男女なら仕方ない?なんて言わないで、高校野球でもいきなり甲子園にはでれない。セックスもスポーツも本番の前には猛特訓をして練習を重ねて、上手くなって試合に挑むものです。

 

練習もなしにセックスをするなんて、そりゃ女性がかわいそう!

だから、男はテクニックを磨かないといけない。

 

イケメンでもお金持ちでも、セックスの下手な男なら恋愛も長くは続かない。

 

考えてほしい!

結婚すれば、その男性と一生セックスをすることになる!

50年間はセックスをする、それが楽しくないと苦痛に変わる!

 

下手な男性とのセックス、

これがセックス?

セックスって、こんなものなの?

痛い! 気持ちよくないという女性が多数。

 

だから、男は女性が満足するセックスを習得しなければならない。

 

世の中には、セックスの技を磨くスクールもあるので、ぜひ学んでほしい。

(*アダム徳永さんのスローセックスはいい本です、おススメします!)

 

 

別れた後に、セックスの下手な男だった!と言われないためにも、男は女性が喜ぶ性テクニックを学びいつまでも愛しあい、喜びあるラブタイムを送ってください。

 

別れても、あの優しい指の感触が忘れられない。

もう一度、キスをされたい!

もう一度、抱かれたい!

もう一度、ドキドキしたい!

 

色々な都合で別れても、もう一度再会してみたいと言われる男になりたいものです。

 

 

|男は仕事が一番、女は恋愛が一番

男と女の基本的な違いは?

男は仕事が一番。その次が恋愛です。

 

それに対し女性は、キャリアウーマンでも99%の女性は、恋愛が主で仕事は二の次。恋愛が上手くいかないと、仕事も気持ちが乗らなくなる。

 

「私と仕事、どっちが大切なの!」と女性は詰め寄るけれど、その質問は男には意味不明なのです。

だって、長女と次女どっちが可愛いの!と質問されているようなもの。

 

どちらも可愛い、どちらも一番!

 

だから仕事も貴女も、どちらも大切!これが答えなのです。

 

でも、女心は言ってほしい!「当然、君だよ」と。

 

男はそんな女性の気持ちを理解して、女性に優しく接して仕事を頑張ればいい。

 

 

|セックスで満たされた女は可愛くなる。

言い争うよりも、愛しあう!

 

満ち足りたセックスは、最高に気持ちいいものです。

男は元気になり、女性は可愛くなる。

 

セックスが満足すると、仲良くなるのが男と女。それは世界共通。
性生活が楽しければ、旦那の為に食事を作るのも楽しいのが女心。

 

夫婦の幸せは、性生活から。

性生活が充実していれば、男の自信もつく。

 

「人生の幸せ」をセックスを中心に考えてみることで、今までの生き方も変わってきます。

 

欧米なら週に2回~3回が平均ですが、日本では月に2回~3回が平均、疲れているから勘弁して!というのが夫婦のベッドの会話なんてモッタイナイ!ですね。

 

女性はもっと、愛し合いたいと願っている!

 

ぜひ、満たして潤わせてください。

女性が潤えば、家庭も潤いに満ちてくる

 

 

満たしてあげたいけれど、仕事が忙しくて疲れているから!なんて、男の言い訳!

フランスの男女のように、疲れた時こそ愛し合ってエネルギー補充をしてください!

フランス女性がセクシーで可愛いのは、セックスで満たされているからですね!

 

 

|セックスレスには、ラブローション!

セックスレスは男にとっても女性にとっても、悩みのタネ!

誰にも言えないし、相談できない。

 

実はストレスの原因が、セックスレスなんてこともあります。

医者もわかんない。

医者もセックスしてますか? なんて絶対に聞けないから!(笑)

 

 

セックスは大切なエクササイズです。

それがチグハグだと、些細なことで二人の仲はすれ違ったり、残念な結果になることもあります。

 

幸せな恋愛を手に入れるためには、セックスの相性のよい男性と巡り合うことは必要不可欠。

パリの女性達のように、セックスの相性を確かめてからお付き合いをする、と言うのもなんだかうなずけます。

 

日本人はパリの女性のように、大らかにはなれませんが、性の相性は二人の幸せにとって大切なこと。

 

 

ジョン&マリーのラブローション(潤滑ゼリー)は、そんな二人の相性を近づけるアイテムとして使ってほしい!

 

せっかく巡り合えた二人、セックスの相性が悪いから別れるなんて残念です!そうならないためにも、ラブローションやラブグッズを使ってみてはどうでしょうか?

 

ケンカした二人が、美味しい料理で仲良しになることもある。ラブローションもそれと同じ!

 

*実はお客様から!

「夫婦の仲が、もとに戻りました」

「セックスレスが、解消できました」

「久しぶりに、愛しあいました」

「痛くない、気持ち良かった!」

「結婚しました!」

 

という声も、続々と届いています。

 

 

*最後に!

痛いから、彼(主人)に黙ってラブローションを使うというのがこれまで。

これからは痛いことを打ち明けて、楽しんでラブローションを使ってほしいと願います。

 

 

ジョン&マリーのラブローションは、オーガニック95%。女性の体に優しい潤滑ローションです。

 

これまでの潤滑ゼリーのような「ヌルヌル感、いつまでも乾かない持続感」はありません。

ジョンマリが目指しのたは、女性の膣に安心安全な製品であること。

 

 

発がん性の物質やパラベン、防腐剤、人口保存料などの添加物を一切使用していませんので、安心してお使いになれます。

 

植物療法という考え方から生まれた、日本初の無添加ラブローション。天然ハーブの香りで心地よい香りで自然な濡れを!

 

男たちが「女性の幸せと、愛するパートナーシップ」のために作ったオーガニック・ラブローションで今夜も愛し合って、愛を深めてください!

 

一家に一本!

ラブローションで夫婦円満!

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ