デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

セックスとは、男が女を征服する事じゃない|セクシャルコスメ

誰でもセックスをする!

セックスは世界中の誰もが求めていること!

 

王女様も大統領もハリウッドスターも、学校の先生もお寺の坊さんもみんな好き。

 

セックスとは男が、女を征服する事ではない。

 

声をあげヨガって、イッたことのない男は、まだまだ本当のセックスを知らない。

見栄もプライドも地位も、倫理や社会的な道徳もみんな捨てて、女性に自分の全てをさらけ出す。

目の前にいる女性が愛おしくて、自然に涙が溢れ出る。

 

そんなセックスをした事のない男は、素直になって女性に甘えてイかせてもらう方がいい。

 

男が女をいかせる事が、セックスだと本気で思っているのなら、考え直した方がいい。

それは、本当のセックスではない。

 

男のプライドという鎧を脇に置き、自然体の自分をだして、愛し合ってみたとき、男も解放されてイク事ができる。オーガズムを体験できる。

 

社会性も脱ぎ捨てて、裸になって男だからという観念さえ捨てて、目の前にいるひとりの女性と向き合ってみる。

 

いやらしい言葉で攻め合い、汗だくになって大きな声をあげて、夢中に女性にしがみつく!

 

男としてのプライドを捨てて、自分を縛っているものから自由になってみる。

 

手放すこと。

 

それが出来れば、自分も相手も自由になって、ひとつになれる。繋がれる。

 

|セックスのマニュアルを捨てる!

女性をヒーヒー言わせて、男が射精して終わり。

 

覚えたばかりの性テクニックをマニュアル通りに「キスして、次はこれして、その次は….」頭で考えながらのセックスは、愛しあう行為とは程遠いものです。

 

性のマニュアルを忘れて、本能で愛し合うことを勧めたい。

 

恋愛のマニュアルに沿って、「レストランを予約して、女性が好きな話題や会話を覚えて、そのあと、どうしてホテルに誘おうか?」と考える。

 

無事、ホテルまで行けたとしても「今度はキスの仕方から、愛撫の仕方まで、最初はどこを撫でて、体位はなどなど」マニュアル通りにする。

 

それはセックスではない。愛する行為ではない。

 

もっと、自由に本能のままに、女性を愛すること。

 

経験が浅いのなら、それを告げてみる。

セックスの達人でもないのに、知ったふりをする必要はない。

 

本能のまま、人を愛すること。

それでいい。

 

 

|愛とは、溶け合うこと!

愛とは、相手を自由にする事。

 

地位の高い人ほど、鎧を着たままセックスをしている。

自分の殻が破れない。

それでは、女性を幸せにする事は出来ない。

 

好きな人を幸せにしたいなら、まず最初に貴男から鎧と武器を捨てて、女性に素の自分を見せること、心の奥底にあるものをオープンにして、自分自身を明け渡す事が大切だと思う。

 

日本人の45%はセックスレスや仮面の夫婦だといわれているけど、そうなる前に夫から全てを明け渡し、相手を受け入れ、ひとつに溶け合うことをやってみること。

 

愛とは、心をオープンにして「溶け合うこと」です。

 

 

セックスとは、これまでの常識や道徳といったものを、二人で楽しみながら壊していく行為だと思う。

 

「女はこうあらねば、ならない!」「男とは、こうだ!」と、今まで世間の目に合わせて生きてきた人たちも、そんなものをぶっ壊して自分を縛っていたものを「なくしていく」こと。

 

「ありのままの自分でいい」と思い出すこと。

壁をなくせば、新しい自分に出会うことになる。

 

 

男だからと言うプライドを捨てて「EDでもいい、短小でもいい、早漏でもいい」「下手でもいい、自信がなくてもいい」

 

そんなことも、すべてさらけ出して「目の前にいる、一人の女」を愛すること。

 

そうすることで、男も女も溶け合い、ひとつになれる。

 

 

本能が目覚めるには、

「強い男で、なければならない!」そんな思い込みを捨てて、男の殻を脱ぎ捨てて裸になってみることだ。

 

男もセックスで「感じる、イク、もっと奥まで!」と、声に出して悶えてみる。

自分からヨガって、もだえてみる。

 

セックスって、男がテクニックを使って、女性を攻めて感じさせる事ではない。

 

男も、気を失うほどの快感とオーガズムを感じていい。

 

男も、

もっと、エロく燃えてみる!

それは、卑猥とか下品になることではない。

 

セックスとは、社会的な側面からの脱却の部分もある。人生という鎧を着たまま、あの世に行く前に、好きな女の前で鎧を捨てて、感じてみることだ。

 

 

女性の本質は、共感だと思う。

女性は相手の気持ちを感じ取り、共感することができるから、男が壁をオープンにすれば女性も共感してオープンになれる。

 

男が性のテクニックだけで、愛も情もなくイカせることができるという人もいるが、それはただの女性の体を使った遊びであり、ただの快感だと思う。

 

それは、本物のオーガズムではない。

 

女性がイクということは、お互いの心と心の波長が共鳴し共感して、その振動で奥深いオーガズムに達する事だと思う。

 

 

|最後に、一番伝えたいこと!

今日は、経験の浅いラブローションの社長の僕が、「イク」ということ「オーガズム」について、偉そうに書いてみました。

 

書いたことは、すべて自分の経験です。

 

殻を破ることで、本当の自分を発見していく。

 

今も次の殻を破るために、試行錯誤はしていますが、ただ言えるのは「男だからというプライド」を捨てたとき、何かが大きく変わったのは事実です。

 

頭で考えすぎて、EDになったこともあります。

全く反応しない時もあって「これで俺も終わり?」そんなことを思ったこともあります。

 

男にとって、勃起しないというのは、かなりのストレスです。

精神的ダメージは大きいものです。

勃起しないと自信までも、失ってしまうのが男なのです。

 

 

そんな経験をしてわかったことは、

 

男だって、本気でヨガっていいんだ!

男も大きな声を出して、感じていいんだ!

男も女性に、もっと甘えていいんだ!

 

つまらないプライドを捨てて、自由になろう!

「男だからというプライド」を捨てたとき、EDが治りまた愛し合えるようになりました。

 

こうあらねばならない!という頭の思考を手放して、自由になることで、心の壁が壊れた!

 

「恋とセックス」は、頭で考えてするものではない。

男のプライドという壁を、ぶち破って自由になる。

 

男の壁が壊れたとき、パートナーも共鳴して、二人がひとつになれる!

 

恋愛が下手でもいい!

セックスが下手でもいい!

勃起しなくてもいい!

イクこと、イカせることに、こだわらない!

 

男も女も自由になって、縛っている見えないものを手放し開放すること。

過去を忘れ、世間の常識も捨てて、野生のごとく生きればいい。

 

 

いいセックスとは、人間関係に恩恵をもたらすものだと思います。

いいセックスは人を豊かにして、本当の幸せとは何かを教えてくれます。

 

いいセックスは、肌のぬくもりを感じ、人に愛されたいと願い、同時に人を愛することができる行為です。

 

いいセックスとは、相手の体を使ったオナニーのような一方的なものではなく、二人で溶け合う行為です。

 

 

セックスとは、男が女性を征服する事ではありません。

愛とは、二人で溶け合うことです。

 

 

マニュアルもテクニックも、誰かが考えた教えも捨てて、裸のアナタで愛し合う。

分からなければ、目の前の相手に聞けばいい!

 

 

恋愛に、上手いも下手もない!

好きなら「お前を抱きたい」と言えばいい。

「今日、お前と愛し合いたい!」と言えばいい。

 

そんな関係を、僕らジョン&マリーはこれからもサポートしていきたいと思います。

 

 

追伸!

僕らはオーガニック・ラブローション(潤滑ゼリー)から出発した小さな会社です。

 

男達が「女性の永遠の潤いと、幸せなパートナーシップ」を願い、日本で初めてのセクシャルコスメの専門ブランドとして商品の開発をしています。

 

添加物や化学的な成分を使わないで、自然なままのセクシャルコスメを作ろう。

 

世界最高のオーガニック品質のものを作ろう!

 

それが男として、これまで支えてくれた女性にできる恩返しだと思っています。

 

そんなジョンマリのセクシャルコスメを、ぜひ一度、使ってみてください!

 

もっと自由に愛し合って、人生を素晴らしいものにしてください!!

 

ジョン&マリーオーガニック

代表 ジョンサンデー

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ