デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

女性の幸せは、男が主導権を握らないこと!|ラブローション!

男は男を捨てたとき、本物の男になれる。

男とは、こうあらねばならない!を捨て去った時、男のエゴが消えて生まれ変われる。

 

と教えてくれたのは、東京在住の76歳になる愛とセックスの達人です。

 

 

男の生き方として、

男の鎧を取って、男は「稼ぐヒモ」になればいい!

 

稼いで経済的に不自由をさせない、そしてヒモのように尽くす。

 

男と女の幸せのコツは、男が主導権を握らないこと。

女性が決めたルールの中で、言われることをハイハイと聞いて楽しめればいい。

 

女性の意見を、どんどん肯定していくこと。

正しいとか、そんなことはどうでもいい。女性の言葉をどんどん肯定してすればいい。

 

可愛いヒモになって、甘えることが出来れば男も一人前。

男のプライドを捨てて、もっと甘えればいい。

 

セックスに男のプライドはいらない

女性に甘えられる男が、いい男だということ。

 

愛人に貢ぐのは簡単だけど、妻に貢いで甘えられる男は最高にカッコいい。

 

 

男ももっと、幸せになっていい。

もっと甘えて、いいんだということ!

どうしたら、なれるかって?

 

それは簡単だよ。

好きな女に、甘えられる男になればいい。

好きな女に甘えるために、金を稼いでいる男は色香がある。

 

稼ぐヒモになれ!

 

さすが、百戦錬磨の「愛とセックスの達人」の言うことは違います。

 

いつか僕もそんな粋な男になりたいけど、まだまだ先は遠いようです!

 

 

セクシャルコスメのジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!

 

「俺は男だ!」

俺はお前よりも上だ!と、女性を一段低くみる男はいずれ女性から愛想をつかされる。ある日、気がつけばセックスレスになっていた。そんな男ほど女性を責めるようです。

 

 

|女性の幸せには、3段階あります。

 

第1段階は「俺が食わせているという男」

経済的には安心ですが、女性の幸せとは程遠い。いつも命令ばかり、昭和生まれの男達はほとんどがこんな男です。

 

俺の言うことを聞けばいいと、古い考えを押し付けて女性の意見をジャッジして認めない男。

第一段階の男達は、セックスも独善的で下手な男が多い。女性の気持ちを察することをしない。

 

 

第2段階は「優しい普通のヒモ」

女性に食わせてもらっている男、これはこれで女性は意外と幸せです。僕の周りにも何人かいますが、女性達は意外と楽しそうにしています。

 

とにかく優しい。

家庭のことや育児のことも、ある程度はやってくれる。そしてセックスも丁寧で上手。

基本的に女性を怒ることがないので、彼女たちは心穏やかに暮らせています。

経済は女性、心の支えは男。そんな関係が心地いいようです。

 

 

第3段階は、今日のテーマである「稼ぐヒモです!」

女性の幸せにとって一番は、稼ぐヒモ! これが一番嬉しいと女性達も同意見。(笑)

 

でも、これができる男は多くはいません。同じ男として、そんな男がいたら国宝級の男、もし出会うことが出来たら「顔が好みじゃない~」とか言わずに即、自分のものにすることですよ!

 

捕まえたら、決して離さないことですね!

 

 

|男のエゴが取れた時、EDは治る!

日本で初めてオーガニック・ラブローションの専門ブランドの会社を作って3年がたちます。

 

男と女の幸せの研究をして、

女の幸せとは?

オーガズムとは?

男の幸せとは何か?

 

そしてやっとわかったことは、男のプライドというエゴが消えたとき、男は自由になれる。男のプライドが消えた時、そばにいる女性を幸せにできる!

 

と言うことです。

 

これまで実体験で感じたことをブログに書いてますが、実をいうと離婚して半年くらい勃たなくなったことがあります。

 

どうしても勃起しない。初めての経験でした。

俺も、もう終わり?そんな気分でした。

 

それからジョンマリという女性を幸せにする会社をつくる過程で、男のプライドやエゴが取れた時、またムクムクと起ち上ることが出来ました。

 

オ~~\(^_^)/!やった!

こんな感動でした。

 

男の小さな見栄やエゴが取れたことで、EDが治ったんだと思います。

殻が破れた感じですね!

 

今では、先週も5日間続けてセックスをしたり、昨夜は3回ほど愛し合いました。

 

ジョンマリ社長の僕の年齢は59歳!

今朝も、少しだけ愛しあいましたが、セックスをして疲れるということはありません。

 

こんなことを書くことに恥ずかしさもありますが、もしEDやセックスレスで悩んでいる男達の何かの手助けになれればと思い書いています。

 

男は40代、50代になると仕事のストレスで「中折れ」や「ED」になることがあります。一度なってしまうと癖になってしまい、度々勃たなくなります。

 

最近では、20代の男でもEDで悩んでいる人も多くいると聞きます。

 

「今夜も、勃起しなかったらどうしよう?」と、恐れると余計そうなってしまう厄介なものです。

 

女性が「濡れなかったら、どうしよう?」「痛くないかな?」と感じるのと、同じような感覚かもしれませんが、男にとって勃起しないというのは、もう終わりを意味しているくらい深刻な悩みなのです。

 

解決方法は!

緊張を解くこと。

 

「女だから」「男だから」とかの制約も取り払い、過去のトラウマも捨て去ることで、男はムクムクと再び起ち上ってきます。(僕の経験です)

 

いいセックスというのは、二人の枠を取り払い、自分も相手も自由にすることで、深いオーガズムに到達することができると、実体験を通して知ることができました。

 

 

肉体的な要因でのEDなら医者の助けが必要ですが、精神的なことでの中折れやEDなら、あなたを縛っている殻を破っていく、潜在意識にたまっている緊張の糸を解くことで、また復活できます!

 

だから、安心してください!

大丈夫です。

また起ち上って、男として愛し合えるようになれます!

 

バイアグラのような精力薬もありますが、副作用があるので出来れば使わない方がいいです。

 

 

男は自分のスケベさを認め、淫乱な言葉を叫んで、自らを解放すること。

徹底的にスケベになって、してほしい事、したいことを言葉で伝えあうことで、解決することが多々あります。

 

結婚していても、カッコつけて本性をさらけ出せない夫婦もいます。一度も感じたことも、イクことも、オーガズムもしらない夫婦もいます。そのことを恥ずかしくて言えない夫婦もいます。

 

本当はしたいのに、したいと言えない夫婦。

本当はもっと激しく燃えたいのに出来ない夫婦。

夫婦なのに、本音をさらけ出せない!

 

 

そんな殻のある関係から自由になるには、本音を言葉に出してみることです。

 

私、本当はもっと感じたいの!

俺も本当は、フェラチオをしてほしかった!

 

なんでも言える関係になると、男と女は理解し解放されていきます。

 

セックスをするときは、相手の顔を見て、目を見つめ愛しあってください。目を見て大きな声を出して、「愛してるぜ~!」と叫ぶことで心が繋がることができます。

 

セックスで男がプライドを捨てた時、女性は女になれる!

 

 

ラブローションという仕事を通して、多くの恋人達やご夫婦と接してきました。セックスで感じないその多くは男がプライドを捨てきれないでいることが、原因だということが分かりました。

 

男が小さな殻を破って裸になれれば、女性はオーガズムを感じやすくなります。そして小さなプライドを捨てた時、男も幸せになることが出来ます!

 

僕はラブローションというコスメを開発しようと決めた時、今までの殻が破れ自由になれました。そしてムクムクと勃起するようになりました。

 

同じ男として自らの殻を破り、ムクムクといつまでも愛し合える男になってほしい。そんな思いで今日はこのブログを書きました!

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

いつまでも熱く燃えて、愛する人とセックスを楽しんでください!

 

一家に一本!

ラブロ-ションで夫婦円満!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ