デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

恋は言葉の愛撫、セックスは心の愛撫!|デリケートゾーン専門ブランド

誰だってトラウマがあります。

特に性に関するトラウマは誰にも相談できない。一流企業に勤めようが、医者だろうが性が原因で悩んでいる人は意外と多いものです。

 

そして真面目な人ほど「恋愛とセックス」をマニュアルに頼る、セックスをマニュアルで教えられた通りにするなんて?

 

ジョン&マリーが伝えたいのは、心で繋がる二人の関係です。

 

20代は恋愛のテクニックを学んだり、セックスのテクニックを知りたいと願うのはいいけど。だけど、いつまでもそればかり続けていたら、ある日自分を嫌になる時がくる。だって僕らは人間だから、心から誰かと繋がりたいと思う時が必ずやってくる。

 

20代で覚えた幼稚な愛のテクニックは大人になると通用しないから、35歳でそれまで覚えたものは捨てて、「アナと雪の女王」の歌ではないけど「ありのままで~いいの~」そんな大人の女性になることだと思います。

 

10代、20代で自分を守るために必要だった鎧を脱ぎ捨てて、ありのままの自分を見つけることだ。でも鎧(トラウマ)が重すぎて簡単には脱げない人もいる。そんな人は「セックスでも感じれない」と言う。男はそんな女性と愛し合う時が来たら、彼女のトラウマをそっと脱げるように心を温めて欲しい。

 

彼女のトラウマが外れるまで、心がオープンになるまで挿入をしないで愛撫をしてほしい。だから「セックスは心の愛撫」だと僕は思う。

 

心がつながる愛撫には、頭で考えたテクニックなんていらない。「愛してるよ、キレイだよ~」と目を見つめ合って何度もキスして抱きしめるだけでいい。そうすることで少しづつ分厚い殻(トラウマ)が解けてくる。

 

トラウマが完全に無くなることはないけど、いつか赦せる時がくるから。それまでは許せない自分の心をゆるして、”私はワタシでいいんだ!”そんな気持ちになれれば心で繋がれる。

 

男なら体の愛撫も大切だけど、心を愛撫してほしい。一度の愛撫で、心が繋がるときもあるけど、根気が必要な場合もあります。そんな時は二度、三度、待ってあげること。「待つこと」も愛だと思います。

 

”潤滑ゼリーローションの社長ごときが偉そうなことを!”と突っ込まれそうだけど、そう言わずに女性の心を愛撫してください。今の時代は恋愛もセックスも電子レンジでチン!として終わりのようなものばかりだから、このブログを読んでいる男性なら、ぜひ「心の愛撫」を目指してください。

 

ぼくも若い頃は、つまらないセックスをしたこともあります。その時のことを思い出すと申し訳ないと思う。恥ずかしですが50歳を過ぎて「恋は言葉の愛撫、セックスは心の愛撫」だと知りました。

 

人を赦すことは簡単ではありません、自分を許すことはもっと難しいけど、あなたを傷つけた大人達は未熟だったんだと思う。彼らだって自分を許せないから、もっと弱い人を傷つけてしまったのだと思います。

 

夫婦の場合、セックスでイクことが出来ないという妻は、旦那に心を開いていないことが原因の場合もあります。男性は心を開いていない妻(女性)とのセックスは場合によってはEDになることもあります。

 

理由はセックスはお互いのエネルギーの交換だから、心を閉ざしていると相手のエネルギーも自分のエネルギーも循環できないからです。男性は女性のエネルギーが入ってこないと、勃起しないことがあるんですね。それが続くと心理的なEDになることもあります。

 

例えば、ハリウッド映画のように、セックスレスの夫婦がジャングルで遭難して、本能むき出しに生きなければならない状況になったら、セックレスが無くなり激しく愛し合うようになった。映画の中の世界でですが、あながち本当だと思います。

 

最後に!

僕らが作っているジョンマリのラブローション(潤滑ゼリー)は、女性の心を開くための愛撫のためのコスメです。デリケートゾーンケアも、バストケアも、ヒップ&レッグスリムジェルも僕らが作っているセクシャルコスメは、すべて女性の心を解放するための大切なアイテムだと思って作っています。

 

ジョンマリが提案している”潤うカラダ”とは心を満たすこと。女性が身も心も「うっとり」すること、それをサポートするのが男の生き方だと思って頑張っています。

 

大切なことは「目と目を見つめ合うセックス」をしているかどうか!。

そして男は女性がイケば自信につながり、イカなければ自信を失ったりします。それが男の本質なんですね。

 

EDもパートナーとの協力で心で繋がるセックスが出来るようになると治ります。男も女も本音で会話して、もっと自由になれれば心は自然と繋がり、二人でイクことができると思います。

 

トラウマや常識(社会性)に縛られた生き方をしていると、自分を解放することが出来なくなってきます。

 

情報を入れすぎて頭で考えすぎて、心が動かなくなっているんですね。そんな人はパソコンもスマホもこれまでの知識も置いて、田舎にでも行って自然と触れ合えば、すぐに心が繋がったりする。そんな時にいいセックスができると思います。

 

どんな人間でも、いいセックスをして心が溶けてオーガズムを感じることができたら、人は幸せになれると思う。そんな人が増えれば、社会も家庭も幸せになって笑顔があふれだす。そんな愛のある世界がジョンマリが目指すワクワクする未来なんです。

 

愛する人の心を軽くするために言葉を使い、心を自由にするために愛撫をする。だからセックスは心の愛撫なのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ