デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

妻がある日、愚痴を言わなくなった?|愛とオーガズムと夫婦生活!

「気を失うほどのセックス」これが男と女の本物の愛の姿。

 

ジョン&マリーオーガニック社長のブログへ、ようこそ!

 

「セックスで、気を失ったことある?」なんて友達同士でも聴けませんが、ジョン&マリーはラブローション(潤滑ゼリー)の専門ブランドなので、そんな相談がたくさん舞い込んできます。

 

気を失うほどの、セックスをした事がありますか?

 

女性

「イキたいけど、いけないんです」どうすれば、いいのでしょうか?

女性

「エクスタシーって、どんな感じですか?」どうすれば、イケるのでしょうか?

 

男性

「一度もイカしたことがないのですが、どうすれば彼女(妻)を、いかせられるのでしょうか?」

 

女性

「イッタふりをしてしまうのですが?」いいのでしょうか?

女性

「感じない私は、不感症なのでしょうか?」

 

男性

「彼女にもっと、エッチになって欲しいけど言えなくて!」

 

などのご質問を頂きます。

 

セックスにおいて、愛しあう二人にとって、気を失うほどのオーガズムは素晴らしいことだと思っています。

 

もっと、大胆に愛し合っていい!

感じていい!

 

でも、エクスタシーを感じたことのない人は、頭の中に「性行為はいけないこと?」「感じることは、いやらしい事」だと、刷り込まれたブロックがあるようです。

 

性に関するブロックがかかっていて、それで自分を責めている方もいます。気を失うほどの快感を、感じてはいけないと思い込んでいる。

 

その他にも「これは、いけない」「こうしなければ、ならない」等のブロックもあるようです。

 

好きなのに、素直に欲求を伝えられない方もいます。

相手に遠慮して、言えない方もいます。

 

 

気を失うほどのセックスのコツとは?

①とろけるくらい、優しく触れること

②じらして快感を、高めること

③後はマッサージのツボと同じ、相手が感じるポイントをみつけて的を外さないこと

④そして、時間をかけること!

 

 

そして!

 

│セックスは、おしゃべりで相手の心を溶かしてから!

 

蜂蜜よりも甘い言葉で心をオープンにして、おしゃべりで相手の心を溶かしてから!

 

気を失うほどのセックスとは、会話で心を解き放つこと。

 

心のブロックをオープンにするには、忍耐も必要。

時間も必要です!

 

ゆっくりと時間をかけ、パートナーの心をおしゃべりで優しく溶かすこと。

 

会話が弾まないと、セックスも楽しくなれないし、結局、セックスとは精神的な高揚感と心が溶けあって、心が繋がるような感覚でオーガズムを迎えるようなものだと思います。

 

ちょっとしたユーモアのある会話で、相手の心を軽くする。スピリチュアルな会話もすべて相手と繋がるためにあるもの。

 

最初は良かったけど、そのうちに何かが違う?と感じるのは、おしゃべりが楽しくないか、話の話題がかみ合わない、深い話ができない。 心と心が繋がらない状態だと思います。

 

この人とはなんだか合うかも!と感じるのはおしゃべりの楽しさからですよね。なんとなく繋がった感じがして、ハートが心地いい!と感じる瞬間が誰にでもあると思います。

 

この人となら、セックスしてみてもいい。してみたい~!

 

 

話がそれますが、道教の修行の一つに、男女が裸に近い(エロい)状態で向き合い、30センチのひもをお互いの口でくわえ、そのまま1時間ほど瞑想する。というのがあります。

 

肉体に影響されない精神的な心の繋がりを感じるための修行なのですが、経験の浅い男は勃起してしまい、修行にならないそうです(笑)

 

セックスも宗教も求めている先は同じなのですね。

神とひとつになること、男女がひとつになることを、求めているのですね!

 

 

|セックスをしても、相手は「私」のものではない!

従属の関係の二人なら、本物のエクスタシーには到達しないように思います。

 

男女の関係に、縦社会の関係を持ち込むことは「私は、あなたを束縛しますよ!」「私もあなたに、束縛をされますね!」ということ。

 

この関係性だと、気を失うほどのエクスタシーにはいけないように思います。

 

なぜなら、彼女や妻は所有物ではないから!

 

所有物だと思うと、我や問題が生じて、深い快楽の世界にはいけないのだと思います。

 

性的な関係があると「あの女は、俺のものだ」「あの人は、私のものよ」と思いがちですが、性的な関係があったからと言って、人が他人を所有することはできない。それは夫婦であっても同じです。

 

セックスをしても、その人は自分のものではない。

 

心理学では、エクスタシーに到達できない人の感情の中には「所有・嫉妬」という感情が、強いと言われています。

 

それは怒りの感情であり、嫉妬とは怒りの感情を使って、相手の愛情を取り戻そうとすることです。

 

失うかもしれないパートナーを「私を、愛するのよ!」と脅しているようなものです。

 

そんな関係性では、奥深い性の解放には程遠い。

 

 

例えば、

「男であれ女であれ、浮気に嫉妬して相手を責めている限り、その夫婦は本当の愛を知ることはない」

 

「その夫婦は初めから本物の愛の関係ではなかった。だから浮気があった。夫婦が本当の愛の関係にあるならば、浮気ははじめからないだろう」というのが、心理学上の恋愛感情だと言われています。

 

でも、浮気されれば誰だって

腹が立つ!

頭にくる!

浮気を赦す?

 

何が心理学だ!わかったようなことを、言うんじゃない!と叫びたくなりますが、本物の愛で結ばれていれば、浮気はないと心理学では言いたいのですね。

 

話が少しそれましたが、気を失うほどのセックスには深い信頼関係が必要だということです。全てをさらけ出し、身を任せてもいい。と思える安心感。

 

幼いころから教えられた間違った心のブロックを外して、深いエクスタシーを感じることを人は求めているように思います。

 

高学歴の男女ほど、深いエクスタシーを感じることができないと言われているのは、なんだか頷けますね。

 

 

|女性の愚痴は、寂しいから!

長年連れそった妻に、愚痴が多いのは寂しいからです。

 

それを夫は知るべきです。

 

毎日毎日、愚痴ばかり。いい加減にしてくれ!というのは夫目線ですが、妻が愚痴を言うのは、寂しいからなのです。ただ話を聞いてほしいだけ!

 

まだ貴男のことを、愛しているからです。

 

妻の愚痴は夫に、かまってほしいから!

 

でも?

今まで愚痴を言っていた女性が、ある日言わなくなる!

あれ?

 

理由は、貴男を嫌いになったか、他に好きな男性ができたから!

 

妻の愚痴は可愛いもの!

だと受け止めて、妻から浮気されないように愚痴も楽しく聞いてあげてください。心が満足すれば愚痴が出なくなるのが女性です。

 

妻を妻としてみるのではなく、いつまでも一人の女性として接してみてください。それが、いつまでもエクスタシーを感じて、仲良くいられる秘訣だと思います。

 

 

セックスには、肉体の快楽もありますが、その先には精神的な充足感もあります。肉体的な快楽から精神的な満足へとシフトして、気を失うほどのセックスを体験してみるのも人生に与えられた神様のプレゼントだと思いますよ!

 

人生もセックスもパートナーと二人で、ゆっくりと時間をかけて、オーガズムに到達することも性の楽しさであり、愛の道筋だと思います。

 

夫婦ケンカって、お互いの心のブロックを外すための遊びのようなものだと思います。

 

心のブロックとは、自己嫌悪のこと。

つまらない常識やルールを外して、ありのままの姿でいられたらどんなに自由か!

 

セックスで感じるとは、「ありのままの私」になることですよね!

 

ジョン&マリーはラブローション(潤滑ゼリー)やデリケートゾーンケアを通して、男女の愛と幸せをお伝えしています。

 

焦らず、ゆっくりと、ジョンマリと一緒に「永遠の愛」を見つけていきましょう!

 

あなたは必ず、幸せになれます!

絶対に、なれます!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ