デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

愛液のニオイ、気になっていませんか?|最新デリケートゾーンケア

ジョンマリ社長のブログへ、ようこそ!

 

今日は愛液について!

 

愛液の「ニオイ・味」が、気になったことはありませんか?

また、パートナーや彼から「気になる」と言われたことはありませんか?

 

「愛液のニオイや色」は幸せなセックスにおいて、とても大切ですが、でもガサツな夫や彼の一言で傷ついたことがある女性もいると思います。

 

 

愛液の成分や特徴

愛液はラブジュースとも呼ばれ、膣液が主成分なんです。

膣液とは、汗に似たものなんですね!

 

膣液以外の成分を見てみると、

・スキーン腺液
・膣内分泌物
・子宮頸管粘液
・汗

 

などが愛液の成分ですが、愛液は膣口近くにあるバルトリン腺から分泌されているバルトリン腺液だと思われていましたが、最近では膣壁からも愛液が分泌されることが分かってきました。

 

愛液は好きな人と見つめ合ったり、愛撫やキスなどの性的な刺激によって膣壁から分泌されます。ウットリするような言葉の愛撫、時間をかけた優しい愛撫で潤ってきます。

 

濡れないのは、貴女の責任ではない!

それは、セックスが下手な彼の責任だということですね!

 

 

愛撫の時間が長ければ妊娠しやすくなる!

愛液の役割は?

男性器(ペニス)の挿入のためが一番ですが、妊娠しやすくする働きもあります。愛液があることで、ペニスを膣内への挿入をスムーズにするので、潤っていると痛くない!

 

そして、

通常、膣の中は酸性に保たれていますが、妊娠するために必要な精液は弱アルカリ性なんですね。愛液は膣内の酸性度を下げる作用があるため、たくさん出るほど膣内の酸性度はおだやかになります。その結果、弱アルカリ性の精液が子宮まで届く可能性が高まり、妊娠しやすくなるんですね!

 

男性が愛撫に時間をかけると、妊娠しやすくなるということですね!

 

愛液のニオイと味

ジョンマリのアンケートで「愛液の臭いや味は気になりますか?」という質問に対して、約8割の女性が「気になる」と回答して頂きました。

 

特に生理後のセックスやシャワーを、浴びていない状態でセックスするときに気になっているという女性が目立つようです。

 

だから、ベッドに入る前はセックスのマナーとして女性には「シャワーする?」と聞いてあげるといいですね。できれば「シャワーの用意が出来たよ!」と言えば彼女は嬉しいはずですよ!

 

 

また「パートナーに愛液のにおいや味について指摘されたことがありますか?」との質問には、約4割の女性が「指摘されたことがある」と回答。

 

パートナーも気になる愛液のにおい、本来は無臭なんですね。愛液のニオイが気になる方は、膣まわりを清潔に保ち、臭いの元となる雑菌などが繁殖しないように気をつけることが重要です。

 

あと食事も大切です、バランスのとれた酵素が生きている食事を心がけるといいようです。ファーストフードはほどほどにして、野菜や穀物が女性の身体にはいいとされています。

 

 

液も個性のひとつなので!

体質によって愛液のにおいや粘度、分泌量、色、味などには個性があるので、それほど気にすることはありませんが!

 

それでも、やっぱり気になるのならデリケートゾーンケアがおすすめ!

 

 

デリケートゾーンケアの正しい洗い方は?

1.洗浄

弱酸性の専用ウオッシュで、膣まわりを清潔に保つことから始めてください。特に汚れが溜まりやすいヒダは丁寧に、洗いすぎないように注意も必要です。

 

2.保湿

洗浄の後は、保湿が大切です。黒ずみが気になる人は、専用の美肌クリームを塗ってください。

 

3.マッサージ

最後にマッサージをおススメします。

マッサージは女性ホルモンの分泌も促すので、年齢とともに老化する膣まわりのケアには大切です。

そして妊娠中なら、6か月目くらいから会陰マッサージをおススメします。出産時に会陰を切らなくていいように心がけてください。

 

4.食と運動

栄養のバランスを欠いた食事や、油(唐揚げなど)・肉食・チーズ・乳製品などのを多く取る方はニオイがきつくなる傾向はあるので、食のバランスには気を付けるといいですね!

 

マクロビオチックやローフードの食生活を取り入れることをおススメします。

 

 

エナ ウォッシュエッセンスオイル

大人女性の贅沢な美容オイルウォッシュ “弱酸性のデリケートゾーン専用洗浄オイル”

肌になじみ、しっとりと洗い上げる低刺激のエッセンスオイル。デリケートゾーンに塗ってしばらくおくだけで、汚れやニオイの元となる古い角質を浮き上がらせて清潔をキープ。天然の有効成分が臭いの元を直接洗浄します。こすり洗い不要だから黒ずみがひどくなる心配もありません。

乾燥しがちなデリケートゾーンには潤いを。お顔と同じように保湿することが大切です。

 

 

エナ ブライトニングセラム

保湿と美肌ケアで潤うカラダづくり “黒ずみ・乾燥が気になる方に”

「黒ずみ」と「乾燥」を引き起こす様々な原因にアプローチして作られたデリケートゾーンケア専用の保湿・美白クリームです。100%天然の美肌成分と保湿成分を配合。繊細な部分に使用するため、女性のカラダに合わせた優しい成分と植物の力を最大限に引き出しました。デリケートゾーン以外のVゾーンや気になるお尻の黒ずみにも安心してご使用いただけます。

 

 

愛液が少なくて痛い方には!

セックスが痛いときは無理をせずにラブローション(潤滑ゼリー)を使うことをオススメします。繊細なデリケートゾーンに使用するものですので、もちろんオーガニックで安心・安全なものを選んでくださいね。

 

「もっと、早く使えばよかった!」という女性は意外と多いのも事実です。

年齢に関係なく、濡れなくて痛い。緊張して痛い、体調が悪くて痛い。そんな時にも!潤滑ゼリーを!

 

オーガニック・ピュアローション

オーガニック・ピュアローション

オーガニック潤滑ローション ‟ビギナーにおすすめ” 無味無臭のピュアローション

コンブエキス・トウモロコシ・アロエが基本成分。デリケートな部分に触れるからこそ、安心安全な“オーガニックの品質”にこだわりました。『いつもの痛みをちょっと和らげたい』『ラブローションを少し取り入れてみたい』そんなファーストステップに最適。使用後は保湿成分によって肌をしっとりと保ちます。

最後に!

愛液は、ホルモンのバランスとも無関係ではありません。年齢を重ねることで愛液の臭いも量も変わり、過剰なダイエットでホルモンバランスが乱れて生理が止まっているような人だと、愛液の分泌量が少ないことも多いようです。

ストレスのない生活、安らぎのある睡眠、健康的な食生活、そして最後はやっぱり「愛するパートナーからの優しい言葉」があれば、潤いのある日々がおくれると思います。

女性には、優しい言葉と愛を!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ