デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

妻は、夫の癒し係じゃない!|愛し愛される二人のために~

「派遣スタッフは、モテない社員の癒し係じゃない!」というテレビドラマのフレーズが胸に突き刺さり、ひらめいたのが今日のタイトル「妻は、ダメ夫の癒し係じゃない!」(笑)

 

もっと言うなら、「女は、男の癒し係じゃない!」

 

そう言えば、僕も以前、元妻に言われたことがあった!

 

「私は、アンタの癒し係じゃないわよ!」

 

仕事で落ち込んでいた時に、元気がなかった僕に活を入れるために言われた言葉だったけど、、、。

 

ガツンと、胸に突き刺さった!(笑)

 

好きな女性に癒されたい、元気をもらいたい。

それは女性も同じだと思う。

 

 

アナタがいなくても私は幸せ!

いればもっと幸せ!

これが男と女の正解だと思う。

 

 

話はそれますが、

インドには、「四住期」と言う考え方があり、人生を「住む」「期間」ということで、4つの時期に分けて考える教えがあります。

 

人生における4つのステージ

 

1学生期(がくしょうき)

(25歳くらいまでの期間)

社会に出るために学ぶ期間。いろんな知識を学び、体も鍛え社会に出て生活できる準備をする時期。

 

2家住期(かじゅうき)

(48歳くらいまでの期間)

就職、結婚を経て、家庭を大切にし、夢中で働き一家を構える時期。

 

3林住期(りんじゅうき)

(70歳くらいまで期間)

これまでの人生を振返り、家族から手も離れ、自分の生きがいを見つける時期。職業や家庭、世間の付き合いやしがらみから自由になって、じっくりと己の人生を見つめなおす時期。

 

4遊行期(ゆぎょうき)

何事にもとらわれず、思うがままに楽しみ、我も捨てあの世にいくまでの間を遊ぶように暮らす時期。

死に向かって帰ってゆく時期、成長する中で身につけた知識と記憶を少しづつ世間に返してゆく。子供に還り、誕生した場所に還るための時間。

 

 

僕は林住期の時に離婚を言われたけど、今思えば離婚の時期としては丁度いいタイミングだったのではないかと思う。

 

 

男と女で言い換えれば!

未熟な二人が出会いラブラブな時期があり、そしてケンカして泣いたり、愛を知って喜んだり、幸せって何かを知る時期がある。

 

長年一緒にいれば、それぞれの価値観が変化し、生きる目標が違ってくる。夫婦が離れて男と女が自立する時期がくる。

 

そして最後は、男とか女とかの関係も超えて、子供のように無邪気な関係になる時が夫婦や恋愛の最終章なのではないかと思う。

 

 

出逢って、恋愛して、はげしく愛し合う。

そして、一度離れて、自立し、また子供のように無邪気な関係になる。

 

妻も、夫に癒されたい。

 

男がお金を稼ぐ目的は愛する人を癒すために必要だから、男は愛する家族の為に仕事をする。

女はそれより優しい言葉が欲しい。と言う。

 

しかし男は金を稼ぐようになると傲慢(ごうまん)になる。

「俺が食わせてやっているんだ!」となる。

 

優しくて、金も稼いで、セックスも上手い!

これが理想の男の姿だけど、三拍子そろっている男はいない!(笑)

 

女性を優しさで癒すか?

お金を稼いで癒すか?

それとも、セックスで癒すか?

 

アナタなら、何で癒されたいですか?

ぜんぶ~~!

 

女性は心の平安(愛)が欲しい。

そして、

デパートまるごと欲しい、欲張りな生き物です(笑)

 

そんな女性を理解して丸ごと受け止めて、癒して(愛)あげてください。

 

男と女の愛にはゴールはない。

 

最後に

以前、35歳の女性に言われたことがある!

社長のブログって、昭和男みたいで考え方古い~

 

「え?君も昭和生まれだろ!」と心の中で叫んだ。

 

愛に時代も国境もない。

2000年前も今も、人を愛する気持ちは同じだ。

つまらないプライドを捨てて、好きな女の幸せのために生きる!

 

好きな女性のためにお金を稼ぐ。

それが難しいなら、優しく愛すればいい。

 

そんな男なら、女性(妻)から癒される。

 

 

無添加のラブローションを作った理由!

僕らが作っているジョン&マリーオーガニックは、日本で初めての「セクシャルコスメ」という考え方の化粧品です。

 

男女が愛し合って、仲良くなって、感じて、幸せを感じるオーガニックコスメ。そんなコスメが、この世にあってもいいと思う。

 

ラブローションで、もう一度愛を結んでほしい。

癒し癒され、(愛し愛され)二人で幸せをつかんでほしい。

 

人生は一度しかないから、思いきり愛しあってほしい。難しいことは考えず、夢中になって目の前にいる人を大切にすることだと思う。

 

”愛こそすべて”

 

ジョン&マリーは、本物の愛を伝える会社でありたい。

いつまでも、いつまでも、二人で愛を楽しんで欲しいと願います。

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ