デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

潤滑ゼリーって、こんなに簡単なんだ~|性交痛にはローションを!

海外では、潤滑ゼリーやラブローションが大人気です!

 

パリでは20代の女性二人が立ち上げたラブローション、アメリカでは30代の女性がサスティナブルなコンドームをつくったり、今ラブカルチャーが世界中に広がっています!

 

ラブローションやラブグッズは、ヨーロッパではデパートなどで簡単に手に入るアイテムです。

 

彼とコスメやジュエリーを選ぶように買うことができるんです。

 

いいですね!

 

「今日は、これで楽しんでみる?」二人で今日のプレイをイメージしながら買っている姿は素敵な光景ですよね。

 

セクシャルな文化が遅れている日本ですが、実は江戸時代までは世界で一番進んでいた国だったんですよ。

 

いつから今のように秘密にして、表現できなくなったのでしょうか?

 

とっても残念!

 

日本はセクシャルなことが大らかで寛容な国民性だったのに、明治時代から閉じた性文化になってしまったんですね。

 

そして海外では江戸時代に流行した「SHUNGA」アートが世界中で絶賛されているんです!

 

東京、京都でも展示会が開催されましたが、予想を上回る来場者数だったそうです。

 

 

今まで封印されてきた性が、表社会にでる時代がやってきたのかも?

 

日本のセックスレスは世界の人もビックリ、4割の夫婦がセックスレスだとか、、、。

 

パリやイタリアでは信じられない。

月に一度のセックスなんて、週に3回が平均のフランスやイタリア。

 

日本も海外の男女のように、もっともっと熱く燃えて愛を育んでほしいと思います。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

それから、ヨーロッパでは親から子供に性の知識を教えていますが、日本は未だにコウノトリが運んできた。そんな曖昧な性教育なんですって(笑)

 

週刊誌やAVが性の教科書なんて、ヘンですよね!

 

10代から間違った性の情報を知って、そのまま大人になって悲しい想いをするなんて絶対にいけません!!

 

性はとても大切なこと素敵なことだから、楽しく正しい情報を学んで欲しいと願います。

 

 

ジョン&マリーは恋人達がオシャレに性と愛を語れる社会を目指しています。

 

愛にあふれた世界って、なんて素敵なんでしょ。

 

性を恥ずかしがらずに楽しんで、愛を大切にする。そんな関係が理想です。

 

パリのように性を、オシャレに語れる大人が増えると楽しいですよね。

 

ラブタイムを素敵な時間にしてほしい。

愛を深めて喜びあるセックスライフをあなたに届けたい。

 

潤滑ゼリーやラブローションで、ラブラブになって欲しい!

 

それがジョンマリの願いなんです!

 

 

ラブローションの使い方はとっても簡単!

手に取ってアソコに塗るだけ。

ジョンマリのラブローションは水溶性なので、お肌になじむから安心して使ってください!

 

一般の潤滑ゼリーのように、ヌルヌル感をだす体に悪い成分、ずっ~と乾かない化学物質は一切入っていないから、どなたも安心してご使用になれます。

 

女性の大切な「膣と粘膜」に優しいオーガニック・ラブローション、楽しいセックスライフを送ってください。

 

痛いセックスにサヨナラ!

気持ちいいセックスを、すべての恋人達に届けたい!

 

 

【スタッフまゆみのワンポイント・アドバイス】

 

ラブローションは、できれば彼に塗ってもらってくださいね!

「これ、お願い!ヌッて」って言えばいいから。

 

そして男性のあなたは、スロータッチで、優し~く優し~~~くぬってあげて下さい。

ポイントは、かすかに触れるくらい「ゆっくり、ゆっくりと!」

 

それだけで、女は感じますから!

この人、上手い!(笑)って思うんですよ。

 

“LOVE

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ