デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

妊活のローションなら無添加が安心|濡れない悩みに潤滑ゼリーを

妊活の悩み ~ セックスのこと


妊活に取り組んでいるけれど、なかなか妊娠しなくて…

 

妊活中の方で、セックスに悩みを持たれている人も多いのではないでしょうか。

 

✓ 不安や焦りがあって、充分に濡れないときがある

✓ 充分に濡れないまま無理に挿入することで、痛みを感じることがある(性交痛)

✓ タイミングを気にしすぎてしまい、セックスが義務的になっている気がする

自然な性欲がわかなくて、セックスをしたくないときがある

 

 

妊活をはじめると、セックスの悩みに直面することがあります。

特に、濡れにくいときの無理なセックスで痛みが生じてしまうことはとても辛いことです。

 

そんなときには痛みを我慢せずに、妊活をサポートしてくれるラブローション・潤滑ゼリーを使ってほしいと思います。

 

妊活で潤滑ゼリーを使うときに気になること


妊活で潤滑ゼリー・ラブローションを選ぶときに、必ず確認してほしいことがあります。

 

✓ お肌にとって安全か

✓ 膣内に入っても大丈夫か

✓ 精子に害はないか

 

ジョン&マリーのオーガニック・ラブローションなら大丈夫です。妊活中の方にも安心してお使いいただけます。

 

妊活中でも安心して使える理由


1.厳しい基準をクリアした安全性の高さ

膣内の経皮吸収率は、腕の皮膚の42倍。顔よりもデリケートだから、潤滑ゼリーは美容液よりも繊細でなければなりません。

 

ジョン&マリーでは自社独自の厳しい基準を設けており、全成分を公開しています。女性のお肌のことを第一に考えて、オーガニックにとことんこだわったラブローションです。

 

主要成分は、昆布、トウモロコシ、アロエ。

香りもジャスミン、ローズ、カーネーションなどの天然成分のエキスだけを抽出しています。

 

もちろん、パラベン(防腐剤)や人工香料、合成剤は使用していません。

 

■ジョン&マリーの7つの品質基準

① 遺伝子組み換えされた原料は使用しない

② 動物実験はしない

③ 合成剤などの化学成分を使用しない

④ すべての原材料は明確な材料でなければならない

⑤ すべて成分は情報開示しなければならない

⑥ 可能な限り植物原料を使用すること(100%ボタニカル)

⑦ 原料の95%以上がオーガニックであること

 

2.膣内の環境にあわせた弱酸性

膣内のpH値は、5.4~5.9の弱酸性。

ジョン&マリーのラブローションは、膣内の環境にあわせて弱酸性になるように考えられています。

 

3.精子に害を与えない安全な成分

精子に害のある化学薬品、パラベン(防腐剤)、人工香料、合成剤などは一切使用していません。

 

 

潤滑ゼリー・ラブローションの使い心地は?


過剰にぬるぬるしていて、いつまでも乾かないような潤滑ゼリーと違い、ジョン&マリーのラブローションは自然な状態に近いものです。そのため、強いぬるぬる感が好きな男性には向いていないと思います。

 

目指したのは、女性の愛液と同じようなラブローション。

 

■特徴

① ぬるぬるしすぎない。

② 女性の愛液と同じように自然に乾く。

③ 愛液と混ざっても違和感がない。

④ 男性がしっかりと挿入感も味わえる。

 

少し多めにお使いいただくと、ハーブの香りとオーガニック成分が充分な潤いを与えてくれます。

 

 

妊活中の方におすすめしたいオーガニックにこだわったラブローション


妊活に一番おすすめしたいのはこちら!オーガニック・ローズローション🌹

オーガニック・ローズローション

オーガニック・ローズローション

『癒される香りに彼も私もうっとり…♡』

人気No.1のラブローション “女性の魅力アップ” 植物療法の考えを取り入れ自然な潤いを。

古くから「芳香の女王」と愛されてきたバラの香りには、ストレスを緩和させたり女性ホルモンを整えたり、お肌を美しくする効果があります。パートナーと一緒にバラの香りに癒されながら、夢見る心地でいつもと違うラブタイムをお過ごしください。

*妊活中の方にも安心してご使用になれます。

 

オーガニックにこだわった安心・安全な潤滑ゼリー(ラブローション)で、恋人たちの妊活ライフを応援しています!


 

妊娠に備えてのからだづくりのために、こちらの記事もチェック!

 

愛し合うセックスがとても大切なひと時となりますように。妊活中の方でも安心して使える潤滑ローションはこちらから👇👇

“LOVE

 

会陰マッサージで膣を柔らかく、妊娠に備えてのからだづくりを。デリケートゾーンのケアコスメ!

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ