デリケートケア一覧
ビギナーにオススメ定番ラブラローション
バストリッチケア
ジャウムソープ

セックスが愛に変わるために、女性が心から求めているものは~

セックスのテクニックを磨けば、女をイカせることができる。

こうすれば女は歓ぶ。と本気で思い込んでいる男性が多いと女性達は言います。

 

ネットやAVの見過ぎ?

 

セックスは本能でするものだよ~

男らしさとか、女らしさとかの殻を捨てて、裸の自分で愛し合うこと。

 

そして、「愛はテクニックじゃない」女性たちの声が聞こえてきますが、それでもいいから愛されたいという女性もいるのも事実。

 

嘘でもいいから、愛されたい。

嘘でもいいから、今夜だけでも綺麗になりたい。

それが女性の気持ちなのかもしれないと思います。

 

 

ジョン&マリー社長のブログへ、ようこそ!

 

時々、

”セックスはテクニックだよ、女性が喜んでくれるよ!”

”やっぱり、Gスポットを責めるとスゴイね!”

と言う男がいる。

 

でも、

女性は共感する生き物だから、男が感じれば女性も感じだす。この感じるスイッチが入れば女性は全身が性感帯になるのでテクニックはかえって邪魔になるだけだと思う。

 

セックスはテクニックだよ。と言っている男はセックスとは男が女性を征服する事?だと考えているのかもしれない。

 

自分の気持ちを相手に明け渡すこと。ある意味、弱さや恥ずかしさもさらけ出し、お互いの内面を見せることで、心が解放されて心地いいオーガズムという領域に行くのだと思う。

 

だから、

セックスにテクニックはいらないと言いたいけど、テクニックがないと女性を抱けない男もいるので、それはそれで、必要不可欠なものだろう。

 

 

「セックスは裸の自分をさらけ出す行為である」

女性なら彼の前では何をしてもいい、どんな私でも愛される。そんな安心感に女性は癒されオーガズムに到達するのだと思う。

 

男なら起たなくてもいい。

女性に甘えて恥ずかしい自分をさらけ出し、男のプライドを捨て去ることで自らの本能が目覚める。

殻を破るということは、勇気のいることだけど、一度しかない人生を目覚めないまま生きることに何の価値があるのだろうと思う。

 

誰だって大好きな彼の本当の姿(本音)を見たい!

それが愛する女の本音だと思う。

 

 

目を合わせないセックスや心が共わないテクニックのせいで、傷ついている女性は多い。

俺は300人の女とヤッタ!と、セックスを女性の人数で計ろうとする。

 

どうだ!俺はスゴイだろ~と

 

もうそろそろ、そんな幻想から卒業したほうがいい。テクニックや人数で競うことに、男としての価値はない。

 

たった一人でいい、どれだけ深く愛を深めたか。

心から通じ合ったか、愛しあったか。

 

そんな男の方が僕はいいと思う。

 

 

もしテクニックといものがあるのなら、ひとつになりたいという想いが、人と人を結びつける。

「つながりたい」それだけでいい。

”今夜は、お前と一つになりたい”

 その言葉で女性は救われると思う。

 

 

僕たちは小さい頃からマニュアルという教育を受けてきた。

マニュアル通りに、なんでもこなす男がスゴイ!と言われ仕事をしてきた。だから潜在意識にテクニックという幻想をインプットしてしまったのだろう。

 

そんなマニュアル人間から本物の人間として目覚めさ、あるがまま男と女として生きてほしいと思う。

男のつまらないプライドや見栄を捨てさり、裸の男として女に抱かれてみることで、自分を取り戻せるのではないかと思う。

 

ゴメン。

今日は、お前に甘えてもいいかな?

 

それが言えれば、男も一人前だと思う。

 

 

セックスで幸せになってほしい。人生の幸せというものをセックス(愛)を中心に考えてみる。

セックスを中心に、家族のこと、仕事の事、未来のことを考えてみることで今までの生き方がきっと変わってくる。

 

愛することは素晴らしい出来事、感情をむき出しにして心から叫んで愛する人と無我夢中で愛し合ってほしい。

そこには頭で考えたマニュアルのテクニックなんて入り込む余地はない。

 

 

最後に、

セックスが愛に変わるために、妻が本当に求めているものは?

 

女性は本当の貴男と愛し合いたいと願っている。

テクニックやマニュアルで武装した男ではなく、偽りのない生身の人と触れ合いたいと願っている。

 

強さも弱さをみせても安心できる。

バカなことをしても許してくれる。

失敗しても何も怒られない。

いつも笑顔でいられる。

 

心から繋がれる関係。

 

アナタの前では自由でいられる。

いつも笑っていられる。

そんな男の愛を、妻(彼女)は求めているだと思う。

 

この記事が気に入ったらいいね!



ランキング

ページトップへ